[ドラマCD] DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 89 LIMITED

Xbox360/PS3のRPG「テイルズ オブ ヴェスペリア」(以下TOV)のコミケ恒例CD「DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 89 LIMITED」をゲット。
いつも通り、ドラマパートとラジオパートの2本立てです。

再生時間は、ドラマパートが約46分。ラジオパートが約29分。

まず、ドラマパートについて。
ストーリーは、ギルド「凛々の明星」の宣伝を行うドタバタ劇。
前回のC88版のややシリアスな趣向から、元の状態に戻りました。
前回のシナリオが結構面白かっただけに、今回はちょっとギャグ色が強くて、個人的にはあんまり。
さすがにもうネタ切れなのでしょうか。

今回は、カロルが出ずっぱりで、他のPTメンバーの出番はちょこちょこある程度。
年齢を考えると仕方ないとはいえ、カロルが少々ウザいです。
ゲーム前半の頃によく見られた場当たり的なカロルに、軽くイラッとさせられます。

意外と活躍していたのは、ウィチル。
前回のソディアに続いての、騎士団メンバーの登場です。
ウィチルは、カロル以外のPTメンバー並に活躍していたような気がします。
カロルと年齢が近いけれどカロルより人間が出来ているだけ、余計にカロルの粗忽っぷりが目立っていたような。
ちなみに、今回もソディアさんがちょっとだけ登場します。

次に、ラジオパートについて。
メンバーは、いつもの「テイルズリング・ヴェスペリア」の面々です。

今回のラジオパートは、C88版からの続きで「リタに気持ちよく勝ってもらおう」の特別編(完結編)。
これまでの勝負でずっと負け続けているリタ役のポンコツ森永理科さんを、あえて勝たせようという企画です。
C88版で鳥海さん、中原さん、竹本さんが企画した「森永さんに買ってもらえそうな勝負」を実際に行うという、いわば実践編です。

C88版からの続きとはいえ、C88版を知らなくても楽しめます。
これまでの流れを知っているとより楽しめる、という感じです。

勝負モノですが、相変わらずの和気藹々っぷり。そして、すごくゆる~い感じです。
勝負の行方は、なんというかまぁ、やっぱりいつも通りの森永さんでした。
初戦は良い感じだったのになぁ。

個人的な聴きどころは、2ヶ所。
まず1つ目、しれっと出てきた「レイヴンは3つの名前があるけれど」という竹本さんの台詞。
ダミュロンが認知されていることが、何気に嬉しかったです。

そして2つ目、鳥海さんの即興歌詞の上手さ。
即興とは思えないほどの完成度でびっくりしました。
これは、ぜひCDで聞いてほしいです。
というか、鳥海さん、全く負ける気がないw

というわけで、今回もいつも通りの緩い感じの「テイルズリング・ヴェスペリア」。
ラジオパートは一応の決着が付いた感じなので、果たしてC90版が出るのかどうかも気になりますが、罰ゲームの行方も気になるところ。
罰ゲームの内容は今後フロンティアワークスから発表されるとのことなので、さしあたって発表を待とうと思います。

[ドラマCD] DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 88 LIMITED

Xbox360/PS3のRPG「テイルズ オブ ヴェスペリア」(以下TOV)のコミケ恒例CD「DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 88 LIMITED」をゲット。
いつも通り、ドラマパートとラジオパートの2本立てです。

再生時間は、ドラマパートが52分ほど。これまでよりちょっと多め。
ラジオパートは22分ほどです。

コミケ初日に始発参加で企業ブースに行ったので、そのときについでにゲットしてきたのですが、結局開封したのは2週間後の今頃になってしまいました。
なんかもう、これならいっそ一般販売まで待っても良かったかなぁ、っていうレベルで出遅れました。
前エントリでもちょこっと書きましたが、それもこれも全部、某くそったれなゲームが悪い(最高の褒め言葉

今回のドラマパートのタイトルは「ユーリとフレンの受難の日」。
貴族とのいざこざの最中、魔導器で腕をつながれてしまったユーリとフレンの話です。
というわけで、メインはユーリとフレン。
ユーリとフレンはほぼ出ずっぱりな一方、他のメンバーの出番はわりと少な目です。
むしろ、ソディアの出番の方が多かった印象です。

ていうか、ものすごく久しぶりにソディアを見た(聞いた)ような。
「テイルズリング・ヴェスペリア」で以前に登場したことあったっけ? 初?
相変わらずのフレン偏愛ヤンデレっぷりを発揮していて、お元気そうでなによりです。

シナリオは、いつものテイルズリングに比べると渋いというか、シリアスな印象です。
TOVの世界観の特徴の一つでもある「貴族」と「平民」、「騎士団」と「ギルド」の関係が、いつも以上に強調して描かれています。
いつものほのぼのギャグ感は、それほど強くありません。
そういう点では、今回のシナリオはこれまでと少し毛色が違っていて、新鮮さを感じました。

終盤で明かされるネタは、それを膨らませればゲーム一本作れるんじゃないかというぐらいのサスペンスチック。
実際に実現していたらと思うと、軽くゾッとします。
アンリ卿みたいな小物ではなく、一向に改善されない差別社会に絶望した賢しい人が確固たる自己の「正義」をもって、強制的に平等社会の実現を画策する、みたいな展開にしたら、結構熱いシナリオになりそう。
まぁ、そうなったらテーマが「自由」と「平等」っていう、すこぶる重いものになりそうですが。

話は変わって、ラジオパートについて。
パーソナリティは中原麻衣さん、ゲストは鳥海浩輔さん、森永理科さん、竹本英史さん。
説明不要のいつものメンバーです。

ただ、いつもと異なるのは、今回は対決モノではなく企画会議みたいな感じ。
「リタに気持ちよく勝ってもらおう」というお題の通り、次回のDJCDでポンコツ森永さんに気持ちよく勝ってもらうための対決ネタをみんなで考える、という内容でした。
これは、2015年冬コミ(C89)版の制作確定と捕らえてよろしいんでしょうか? いいんですよね?

ちなみに、前回C87版の「リタに気持ちよく勝ってもらおう」はなかったことにされました。
まぁ、あれは本当に、ツッコミが追いつかなかったからなぁ。

編集されているのかもしれませんが、短時間で的確かつ面白いネタを考えられる声優さんの頭の回転の早さは、いつも感心させられます。
ネタを考えながらトークしつつ、フリップに回答を書いてるって考えると、相当器用だなぁと。

にしても、森永さんのポンコツ負けっぷりが凄まじいです。
2月に池袋で開催されたプレミアムショップでの勝負モノでも負けたとか。
森永さんの「負けたのっ!」っていう報告の直後に入ってる、鳥海さんの「ははっ」っていう気の抜けた笑いが、リスナーの気持ちを代表して的確に表していると思いました。

ちなみに、ゲストトークでテイフェス2015のことも、鳥海さんが軽く語られていました。
TOV、10周年の前にTVアニメ化されないかなぁ。
なお、テイルズ オブ 20周年展については、軽くスルーされました。

というわけで、C89版の制作がほぼ確定したとも言える今回。
ラジオパートの対決モノが今回はなかったので、いつもの茶番もといドキドキの展開はありませんでしたが、ドラマパートのシリアス展開やラジオパートのほのぼの企画会議など、相変わらずの面白さでした。
次回C89で、コミケ合わせのテイルズリング・ヴェスペリアは10本目。
その節目のCDで、ついに森永さんが勝つ日が来るのか!?
期待しています。色々な意味で。

[ドラマCD] DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 87 LIMITED

Xbox360/PS3のRPG「テイルズ オブ ヴェスペリア」(以下TOV)のコミケ恒例CD「DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 87 LIMITED」を、今日のコミックマーケット87(以下C87)1日目でゲットしてきました。
いつも通りのDJCDで、ドラマパートとラジオパートの2本立てです。

ドラマパートの再生時間はおよそ48分。
ここ数回のDJCDのドラマパートと大体同じくらいのボリュームです。

タイトルが「カロル、本当の勇気とは?」というわけで、主役はカロルです。
PTメンバー(パティ、フレン含む)は一応全員登場しますが、一番出番の多いのがカロル。次いでリタ。
他の面々は、この2人に比べると台詞が少なめな感じです。
特にフレンの登場シーンは極めて少ないです。

カロルが主役なのはまぁいいのですが、今回のカロルがゲーム前半(ゾフェル氷刃海以前)の気弱な頃のカロルに近い性格で、その頃のカロルが個人的に大の苦手だったので、ちょっと聴いていて苦痛を感じたところもありました。
ついでに、カロルが主役の似たようなドラマパートが、以前のDJCDにあったような気がします。
まぁ、一番歳若いし、他のメンバーが成熟しきってるから、成長もののストーリーを組み立てるときに便利なんだろうなぁ、カロルは。

とはいえ、ここ数回のDJCDのドラマパートに比べるとちょっと意外な展開があったりして、いつものほのぼの展開だけでは終わらせない熱いものを、今回のドラマパートからは感じました。
少なくとも、前回よりは熱い展開でした。
特にラスト、ユーリとリタが格好良かったです。
要するに、その2人が美味しいところを掻っ攫っていったわけですが。

・・・・・・あー、だからC87特典のクリアファイルのデザイン、ユーリとリタの2ショットだったのか。

美味しいところといえば、中盤のユーリは、鳥海ヴォイス好きにはたまらない聴きどころかも。
ユーリが、というよりは、鳥海さんのイケボがサービスし過ぎ。
さらに、エステルが不憫。
あの一連のシーンは、ちょっとツッコミが追いつきませんでした。

一方、ラジオパートについて。
出演者はこれまでのDJCDのラジオパートと同じで、ユーリ役の鳥海さん、エステル役の中原さん、リタ役の森永さん、そしてレイヴン役の竹本さんの4人。
相変わらずの和気藹々っぷりでした。

内容は、前回までの「ギルドの首領を目指せ!」という名の勝負モノから少し変化し、「リタに気持ちよく勝ってもらおう」というコーナー名に変更。
あるお題に対して出演者4名が回答して、誰の回答が一番かを決める、という点はこれまでと同じですが、一番を決める権利が森永さんに委任されたというところがこれまでと違うところ。
前回のDJCDラジオパートの予告にあった、「全てをお膳立てしてリタに勝ってもらう」を実践してみた感じです。

結果は・・・・・・ツッコミが追いつきません。
森永さんのド天然ぷりがヒドイ。ヒド過ぎる。
ここまでお膳立てされていて、どうしてそうなった! 本当にポンコツだよ!!

まぁ、面白いからいいんですが。

一方で、何気に感心したのは、竹本さんの営業トークの流暢さ。
普通に営業経験ありそうな喋り方がすごかったです。
自分がそういうトークスキル全然持ってないタイプなので、うらやましく思いました。

森永さんが勝つまで続く可能性すら示された今回のDJCD。
果たして森永さんが勝負に勝つ日が来るのだろうか。
ここまで付き合い続けたからには勝ったときのリアクションを見てみたい気もしますが、TOV好きとしてはこのまま負け続けてDJCDを出し続けてもらいたいという気持ちもあったりします。
とりあえず、次回C88も楽しい茶番に期待しています。

[ドラマCD] DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 86 LIMITED

Xbox360/PS3のRPG「テイルズ オブ ヴェスペリア」のドラマ+ラジオCD「DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 86 LIMITED」を先行販売でゲット。
収録内容は、ドラマパートが約50分。ラジオパートが約20分。

いつもならコミケ会場で購入しているのですが、今回は諸事情により、同時期にアニメイト池袋本店で開催されていた「アニ☆マルシェ」でゲット。
テイルズチャンネル+によると、今回はコミケだけでなく、あちこちのイベントで先行販売されているようです。
来月には一般販売されるので、ちょっと待たなければならないけれど、そちらでもゲットできると思います。

前述の通り、本作はいつものコミケ版と同様に、ドラマパートとラジオパートの2部構成。
ドラマパートの内容は、ユーリとレイヴンの偽者騒ぎ。
PTキャラ全員登場しますが、全体的にユーリとおっさんの出番が多めです。

展開は、相変わらずのほのぼの+ドタバタ+グダグダのギャグ。
シリアスなところは、ほとんどありません。
コミケ合わせのドラマCDは、DJCDの前のアンソロジードラマCDも含めると本作で10作目になるので、さすがにネタ切れ感を感じます。
あんまり新鮮味はないですが、PTメンバーの仲の良さがいつも通りで微笑ましいです。
ほんと仲良いなぁ。

以下、ドラマパートの感想を箇条書きで。

・ユーリとおっさん仲良過ぎ。
・あの仲の良さは、テイルズオブフェスティバルの2人を髣髴とさせられる。
・いつもながら、DJCDのおっさんのマダオっぷりが・・・そりゃ、ギャップ部門1位にもなるわけだ。
・死んだ魚の目の中年男w
・ユーリとレイヴンの扱いの差がw
・槍使いの美女(ドヤ
・ユーリ、カロル、ジュディス、ラピード以外も、さらっと凛々の明星の一員にされてるのも、まぁいつものことか。
・一応冒頭で、おっさんは天を射る矢の一員だってユーリには認識されているみたいだけど。
・ジュディスの「悪の組織の女幹部」のハマリっぷりが見事。絵で見たかった。
・ヒトデパティ、語呂がいいのか悪いのかすこぶるびみょーなラインw
・久川綾さん、いつになくノリノリだなぁ。
・パティの暴走っぷりで、ヒーローショーがあっという間に昼ドラ展開w
・ユーリが一番演技下手(っていう設定)だな。
・男性相手ならば、ジュディスの色仕掛けが一番強力っていう。
・(悪い人に)見える!(全会一致
・騎士団の部下の前では、フレンって「私」って言うんだな。ちょっと新鮮。
・戸惑うラピードは珍しいな。
・亀の甲より年の功なレイヴンのハッタリ。フレンやユーリにはできない機転だな。
・(広義の)凛々の明星の2トップはユーリとレイヴンっていう公式お墨付きktkr。
・まぁ、みんな強いよね。時期的には第3部の頃っぽいし。
・エーリッヒ、最後の最後で株を上げたな。しかし、なんというツンデレw
・派閥争いで負けた評議員っていうから、ちょっと違うけれど「虚空の仮面」を思い出した。
・安定のおっさんオチ。

次、ラジオパートについて。
司会は中原麻衣さんで、ゲストは鳥海浩輔さん、森永理科さん、竹本英史さん。
いつも通りの面々で、いつも通りの和気藹々っぷりです。

内容も、いつも通りの対決もの。
いつもと違うのは、いつも以上に茶番臭が強いところでしょうか。

そして、そこまでお膳立てされているにもかかわらず勝てない森永さん。
森永さんのあの勝負弱さは伝説級だと思います。
ギネスに申請したら採用されるんじゃないかと思えるレベルで伝説級。
回を重ねるごとに、出来の悪い子を見守る心境が強くなってきました。
なんかもう、いろいろ微笑ましいです。

収録がテイルズオブフェスティバル直後なのか、他シリーズ作の名言(「マモレナカッタ」と「俺は、悪くねぇーっ!」)が出てくるところも、ちょっと面白かったです。
中原さん以外は、今年のテイフェスに参加されているもんなぁ。

それにしても、公式絶賛のたけぽんのレイヴンコス、見たかったです。
来年のテイルズオブフェスティバルで是非!

コミケ恒例のいつも通りの「DJCD テイルズリング・ヴェスペリア」。
ドラマパートのほのぼのっぷりも毎回楽しみですが、ラジオパートの森永さんの今後も気になります。
次回、ドラマ仕立てならば勝てるのか!?
むしろ、それでも負けてしまう森永さんに期待します(ひどい

[ドラマCD] DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 85 LIMITED

コミックマーケットのフロンティアワークスブースで定番の「DJCD テイルズリング・ヴェスペリア」の最新作、「COMIC MARKET 85 LIMITED」をゲット。
C85初日の早朝から待機列に並んで買ってきました。
収録内容は、いつも通り録り下ろしのドラマパート1本と、ラジオパート1本。
再生時間は、ドラマパートが約46分、ラジオパートが約30分。

ドラマパートは、メインキャラ勢揃い(パティ含む)のほのぼのドタバタ劇。
フレンだけちょっと立場が異なるけれど、他の面々がギルド凛々の明星として一つの問題に取り組む、っていうあたりまでいつも通りです。

話の内容は、いろいろあってユーリが社会奉仕として祭の手伝いをフレンから命じられて、それを凛々の明星一同が協力する、というもの。
凛々の明星の相変わらずの家族っぷりを拝めます。

一通り聞いた時点での感想は、「おっさん(レイヴン)がマダオ過ぎてツッコミが追いつかない」。
ユーリが主人公のはずなのに、おっさんが役どころ的に目立ってる気がします。
トラック3のおっさんの迷演技は聞きどころです。
聞けば聞くほど「イラッ☆」とさせられます(褒め言葉

とはいえ、ユーリもユーリで、棒読み演技っぷりがかなりヒドい(褒め言葉

あと、ユーリが女装してます。
まぁ、テイルズ オブの公式が病気なのは今に始まったことではないので、それほど驚きはありませんでしたが。
ドラマCDだから絵で見られないのが少々残念。


ラジオパートの出演者は、いつもの面々です。
MCが中原さんで、ゲストは鳥海さん、森永さん、竹本さん。
やってることもいつも通りで、「ギルドの首領を目指せ!」がメイン。
お題に対して出演者4人が回答し、それをスタッフがジャッジして順位を付ける、っていうお馴染みの展開です。

今回は、前回「残念な人」として殿堂入りした森永さんが、汚名返上を目指したリベンジ回。
そのためか、「ギルドの首領を目指せ!」コーナーの最初から、森永さんいじりが炸裂していました。

トークは相変わらず爆笑モノです。
声優さんであって芸人さんではないはずなのに、なんでこんなにネタと話術が巧みなのか。
鳥海さん、竹本さんの回答が本当に素晴らしいです。面白いという意味で。

あと、鳥海さんは、言葉は悪いけど、詐欺師の素質ありそうw
1つ目のお題「森永さんをプロデュース」に対する回答の、論点のすり替えっぷりが鮮やかでした。

それにしても、森永さんの地雷踏み率の高さは異常です。
面白いくらいに地雷踏みまくってます。
なんかもう、それすら愛おしく感じられてしまうくらい。
もういっそ、トコトン「残念な人」キャラを押し通せばいいんじゃないでしょうか。

ラジオパートの「ギルドの首領を目指せ!」コーナーがいつも非常に面白いので、次回のコミケでも期待していいですか。
ていうか、森永さんが1位になるまで続ければいいんじゃないでしょうか。
・・・・・・まぁ、一生かかっても1位になれないかもしれませんが。


というわけで、相変わらずの面白いCDでした。特にラジオパート。
TOV好き、中の人好きにはオススメです。