[本] CHAOS;CHILD -Children's Revive-

2017/04/08(土) 11:31:37 | カテゴリ:
原作・MAGES/著・梅原英司「CHAOS;CHILD -Children's Revive-」(講談社ラノベ文庫)読了。

Xbox One/PS3/PS4/PS Vita他で展開されているADVゲーム「CHAOS;CHILD」(以下、カオチャ)の後日談を描いたノベライズ「CHAOS;CHILD -Children's Revive-」が発売されたので、発売日に買って一気に読みました。
遅読っぷりには自信のある自分ですが、読み終わるまでにかかった時間は5時間ぐらい。
クセのない文体なので読みやすくて、ラノベにしてはさくっと読めました。

ちなみに、読み終わったのは発売日の4日後で、それからこのレビューを投下するまで少し時間が経っているのは、1日違いで発売された「CHAOS;CHILD らぶchu☆chu」を絶賛プレイ中のためです。
そっちは現在進行形で、ようやく半分ぐらいまで進んだかな、というあたりです。
正直なところ、SNSやニコ動のコメントなど受動的に目に入ってきてしまう情報から極力ネタバレを回避し続けるのにも若干疲れを感じてきていて、なんかもういっそネット絶ちしたいなと思いつつあるところです。

閑話休題。

舞台は、カオチャのトゥルーエンド後。
あの印象的なエンディングから、それほど時間の経っていない頃です。
主要登場人物たちそれぞれの身に起きた出来事が、オムニバス形式で綴られています。

カオチャ本編トゥルーエンド後の話という事情もあるため、本書はカオチャ本編をトゥルーまでクリア済みであることが前提です。
というか、裏表紙のあらすじに本編のネタバレが掲載されているので、それ以前に本編未プレイの方は本書を手に取ってはいけないレベルかもしれません。
内容自体もカオチャ本編とかなり密接に繋がっています。
本編を知らないと、内容の半分も理解できないと思います。

逆に言えば、カオチャ本編をクリア済みで、あの後の彼ら彼女らが気になる方には、オススメの作品です。
カオチャのメインシナリオライターさん直々に書かれた作品ですし、内容もハッと考えさせられるものがあちこちに散りばめられていて面白かったです。

本書に綴られている物語はどれも、カオチャ本編ほどセンセーショナルなものではありません。
各登場人物たちの”日常”生活の中で起こった、ちょっとした変化の物語です。
ただ、それだけに、どの物語も心にズシンと来ました。
”ちょっとした変化”の匙加減が絶妙で、なんだか妙なリアル感がありました。
カオチャ本編も第三者的立場で物語を読み進めていったら最後にぐっさりと心を抉られたのですが、本書の後日談の場合は少しずつ優しく心を削がれていくような感じがしました。
カオチャ本編のようなセンセーショナル感が低減されている分、より一層「あ、あり得そう」というリアル感を強く感じました。
特に、カオチャ本編を現実で報道されている事件に置き換えて考えると、さらにそれが強くなるかと。

ただ、カオチャ本編と異なり、読みながら心を削がれつつも、削がれた先から削がれた分だけ修復させられます。
その点では、読者にとっても登場人物たちにとっても優しい作品だったと思います。

読後感は、なんというか、いろいろな感情が入り混じって言葉にするのが難しいのですが、「良かった」でしょうか。
一抹の寂しさと侘しさがありつつも、救いも感じました。
カオチャ本編の延長線上の物語なので、完全にすっきりさっぱり綺麗に完結させることは、まずできません。
第三者による興味本位の汚い部分も、あちこちで結構描かれています。
それと比較するような形で、当事者同士で互いに助け合いながら、周囲の逆境に毅然と立ち向かっていく強さもあったり。
あの事件が残した傷痕を抱えつつも、それでも地道に、普通に、前向きに生きていくいく姿には、感動を覚えました。

しかし、カオチャ本編でもそうだったけれど、本書もネタバレをしないように気を付けて感想を書くのが難しい作品です。
気になったら、カオチャ本編クリア後にぜひ読んでみてください。
カオチャ本編トゥルーED後、残された当事者たちのその後の生き様が気になる方にはオススメです。


これより下の追記は、ネタバレ満載の感想になります。
本書だけでなく、カオチャ本編のネタバレにも触れることになるので、読み進める場合は注意してください。
LCCはまだプレイ中だから、そっちにあまり触れないと思います。

[本] CHAOS;CHILD とある情弱の記録

2015/12/12(土) 20:17:07 | カテゴリ:
藤井三打「CHAOS;CHILD とある情弱の記録」(電撃ゲーム文庫)読了。

当初はレビューを投下するつもりはなかったのですが、読了後1時間ほど経過するうちに語りたい欲求が膨れ上がってきたので、その欲求に従ってレビューを投下することにしました。
こじらせる前に吐き出せるだけ吐き出しておかないと、これからプレイしようとしているシュタゲゼロに集中できない気もしていて。
しかも、ゲームクリア時にヘタに我慢しちゃったから、後々になって盛大にこじらせたという前科もあるので。

ちなみに、「CHAOS;CHILD」(以下カオチャ)のゲーム本編や本作品のネタバレに触れそうな語りは、下の追記に書く予定です。
嫌な予感がしたら、素直にブラウザをそっ閉じしてください。

というか、カオチャのゲーム自体未プレイな方は、こんなブログを見ている時間があるならゲームプレイしてください本当にお願いします。
カオチャはもっと売れて良いゲームだと、わりと本気で思ってます。
いやホントに勿体無いよ。もっとみんなプレイしようよ。シュタゲ楽しめた方なら楽しめると思いますよ。もっとみんなプレイしようよ(大事なことなので

閑話休題。

本作は、2014年にXbox Oneで、2015年にPS3/PS4/PSVitaで発売されたADVゲーム「CHAOS;CHILD」のノベライズになります。
ゲーム本編をざっくりと追いつつ、ゲーム内では詳細に語られなかった点を掘り下げた感じの構成になっています。
ノベライズというほどゲーム本編を完全に追っているわけじゃないし、かといってスピンオフというほど別の話でもなく。
なんて言えばいいんだろう、これ。

とりあえず、ゲーム本編部分は本当にざっくりとしか描かれていない点は、注意が必要です。
ノベライズとしての側面はあるものの、ゲームの代替にはならないと思います。
STEINS;GATE(以下シュタゲ)のノベライズ「円環連鎖のウロボロス」のような立ち位置にはなっていません。
そもそもカオチャのテキスト量は約3MBと膨大なのに、それをたった300ページの小説に落とし込むという時点で、どだい無理な話で。
※最近のノベルゲームのテキスト量は、通常1~1.5MBなのだそうです。ちなみにシュタゲ(無印)は約1.5MBだとか。
その上、ゲーム本編では触れられなかった要素がふんだんに盛り込まれているので、当然しわ寄せはゲーム本編部分にくるわけで。
結果、ゲーム本編部分はものすごいジェットコースター展開になっています。
かなり端折られているので、言うなれば「300ページでは解らないカオチャ」状態です。

そんなわけで、本作はゲームクリア済みの方向けの作品です。
というか、率直に言って、ゲームのトゥルーEDまでクリアしてからでないと、読んではいけない作品かもしれません。

ただ、本作で重要なのはゲーム本編部分ではなく、むしろゲーム内で語られなかった部分だと思います。
事件の被害者のバックボーンや経緯、ゲーム内ではさらりと流されてしまった過去話などが、深堀りされています。
その点は、ゲームクリア済みの方にとっては、色々と興味深く感じることができるのではないかと。

まぁ、結構「うわぁ・・・」と呻かざるを得ないようなエグいシーンもあるので、そこは覚悟が必要ですが。
もっとも、カオチャを最後までプレイできた方なら余裕だと思います。

俺はわりと遅読な方ですが、読了までにかかった時間は4~5時間ぐらい。
文体はクセのないものだったので、さらりと読めました。
ちょっと説明不足なところがあって、「この台詞、誰の台詞?」というところは何箇所かありましたが、口調や文脈からおおよそ推察できたのであまり問題にならず。

ただ、誤字脱字がちょっと多いような気がしました。
初版だから、という言い訳が成立しないレベルで、誤字脱字が目立ったような。
校正さんの時間不足でしょうか。

本作はカオチャ初のノベライズ作品でしたが、カオチャ好きとしては良い感じに琴線を揺さぶられた作品でした。
これまで明らかにされていなかった深堀り部分が丁寧に描かれていて、「なるほど」と思わせられることが多かったです。
カオチャ好きならば、一読の価値があるのではないかと。
カオチャ考察が一層捗ると思います。

というわけで。
この勢いで、サントラのDL配信はよ。


これより下の追記部分は、本作およびゲームのネタバレに触れる内容になります。
読み進める場合は、ご注意ください。

[本] STEINS;GATE 無限遠点のアルタイル

2013/09/30(月) 01:00:55 | カテゴリ:
たきもとまさし「STEINS;GATE 無限遠点のアルタイル」(MAGES.)読了。
シュタゲ外伝小説の第3巻、最終巻です。
例によって例の如く、ちょっとでも内容に触れるとネタバレに抵触しそうなので、あらすじは割愛。

9月28日(土)午前中に入手して、それからずーっと読みふけって、その日の日没直後ぐらいに読み終わりました。
途中、買い物に行ったり飯食ったりしてたから、読書時間は実質7~8時間ぐらいでしょうか。
遅読な俺でもそれくらいなので、通常はもうちょっと早く読み終わるかも。

公式Twitterで発売前から頻繁に呟かれていたことですが、前2巻に比べると圧倒的に分厚い(500ページ強)です。
その分厚さは、かなりの重量感があります。
が、「魍魎の○」など”枕本”として名の知れた某シリーズ作品に比べれば、文字は大きいしさらっと読めるしで、正直チョロかったです。怖るるに足りません。
まぁ、比べる対象が間違っている気がしないでもないですが。

内容は最初からクライマックス。
そして、最後まで白熱の展開が続きます。
ゲーム本編の後半部分を進めていたときのような展開です。
どこを切り取ってもネタバレに触れそうな、非常にレビュアー泣かせでした。
なので、ネタバレ全開の感想は、このエントリの追記部分に記載します。

まぁ、そもそもシュタゲはゲーム本編からして、レビュアーに対してドSだったけれども。
いや、違うな、ツンデレか。
周りに人がいるときは(ネタバレを許さないという意味で)ツンツンしてるけれど、2人きりになると(深みのある面白いストーリーを提供してくれるという意味で)超デレる。そんな感じ。

前作「永劫回帰のパンドラ」を読み終えたときは、あまりの風呂敷の広げっぷりに「これ、伏線全部回収できるのか?」と不安に思ったりもしたのですが、そこはさすがプロ、全体的に綺麗に回収されたいたのではないかと。
なんとなく多少残っているような感触もするのですが、そこは妄想力で補完すればなんとかなりそうな程度かな。

というわけで、これ以上の小説について書いてるとうっかりネタバレに触れそうなので、あとは追記に任せるとして。
初回限定版の特典ドラマCD「時限輪転のアルペジオ」についても少し感想を。


これまでの特典ドラマCDと同様に、小説本編の鬱々とした雰囲気とは180度変わって、全体的にギャグです。
なので、しばらく小説の余韻に浸りたいという方は、読了直後のドラマCD鑑賞は避けた方がいいです。
一方で、小説読後特有の現実離れした感覚からすぐに三次元に戻りたいという方にとっては、いい引き上げ役になってくれそうです。

登場人物もこれまでと同様に、ラボメン8人+比屋定真帆。
9人で東京電機大の学園祭に乗り込んで、ワイワイやらかす話です。
「ワイワイ楽しむ」でも間違っちゃいないけれど、「ワイワイやらかす」と言った方がより正確かと。

ところどころに、小説本編の内容がちらっと垣間見えるところがあるのが、なんとも憎い演出。
真帆の紅莉栖に対する感情は、どの世界線でもそうなるように収束するのかな。

以下、箇条書きで感想列記。

・オカリンの中の人のノリノリっぷりがwww
・さすがに3作目ともなると、ラボに真帆がいても違和感感じなくなってきた。
・「オカリン以外みんな女子」・・・ルカ子がナチュラルに女子としてカウントされとる。
・ダルがリア充。そもそも交友関係広そうではあったけれど。
・ぼっちオカリン、マジで痛々しい。。。なんだろう、目から汗が。。。
・確かにメンタルはタフだな。
・萌郁さんは落語好き。
・萌郁さん、格闘技いけるんか!?
・ていうか、通信教育でチャンピオンに勝っちゃうとか!?
・ルカ子を推薦したの誰だ? ダルか?
・ルカ子の水着撮影会って・・・ちょっと見ていたい気も。
・ラボメンNo.009の座って、世界線によって異なるのかな。


もう一つの特典、小冊子「次元階差のテスティモニー」についても。

ゲストイラスト9点と、かつて公式から発表され、今となっては入手困難な短編小説「遙遠のヴァルハラ」を収録。

ゲストイラストのイラストレーターさんは、そっち方面にそれほど明るくない俺でも名前を知ってるような方々がズラリ。すごく、豪華です。
全体的に紅莉栖率が高めでしょうか。
個人的には、広江礼威さんの作品と、秋 赤音さんの作品が好きかな。

「遙遠のヴァルハラ」は以前から読みたくて仕方なかった作品だったので、もう感謝感激です。
内容は、世界線変動率0.334581%で、オカリンが諦めた後の話。
俺好みの、切なくて胸が痛くなるような話でした。
あと、ゲーム本編などでも薄々感じてたけれど、林直孝さんって、オカリンを容赦なく追い詰めるよね。
精神的にも身体的にも。

そういえば、作中にSERNのLHC内部が舞台になるシーンがあるけれど、タイミングを見計らったかのように、本作発売日の翌日あたりにGoogleストリートビューでCERNの施設内部(LHC含む)が公開されたため、すごくイメージを膨らませやすかったです。


シュタゲ外伝小説の最終巻ということで、これ以上刊行されないのが本当に名残惜しいのですが、きっとまた別世界線の外伝小説を発行してくれると期待しています。
個人的には、ROBOTICS;NOTESの裏で、シュタゲチームが何をやっていたのかとか、読んでみたいなぁ。


これより下は、ネタバレ満載の感想になります。
閲覧する際は、ご注意ください。

[本] 劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

2013/06/09(日) 01:16:03 | カテゴリ:
浜崎達也「劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」(角川スニーカー文庫)読了。
上下巻ともに読み終わりました。

あらすじは、劇場版アニメと同じです。
ここに掲載しても今更感満載なので、割愛。

劇場公開されたアニメ「劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」のノベライズにあたる本作。
ノベライズと言いながら、上巻の最初の4分の3は、劇場版のストーリーに触れていません。
上巻の冒頭から4分の3には、本編後の後日談、アニメ版STEINS;GATEの未放送エピソードである第25話、第25話と劇場版の間の話が入っています。
第25話を絡めてくるとは思っていなかったので、これにはちょっと驚きました。

劇場版の部分は、上巻の残り4分の1から下巻にかけて描かれています。
上巻では岡部の最初の消失まで、それ以降は下巻。
上巻の発売日が劇場版公開直後だったので、本作発売当時は「このタイミングでネタバレ満載になるであろうノベライズを発表していいんか? 早過ぎだろ?」と思っていましたが、蓋を明けてみたら劇場版部分は触りだけだったので、「まぁ、これならいいか」と思い直しました。
軽く、タイトル詐欺じゃないか?って頭を過ぎりましたが、それはそれ。

劇場版アニメだけでは分かり難い部分が補完されていたりして、その辺はなるほどと唸らせられました。
岡部消失の原因であるRSの暴走について、劇場版アニメではイマイチ理解できていなかったのですが、本作を読んで疑問が晴れた気がします。
もっとも、この小説で補完された点のどこまでが実際の公式設定で、どこまでが作者の独自要素なのか、ちょっと判別付かないので、どこまで鵜呑みにしていいのかわかりませんが。
まぁ、少なくとも公認ではあると思うので、ある程度は信用していいのかな。

あと、登場人物の心情が掘り下げられていて、劇場版アニメよりも胸を打たれるシーンもありました。
特に自分がヒットしたのが、下巻で綴られる岡部の孤独感の描写。
劇場版でも精神的に痛かったシーンだったけれど、ノベライズでは更に輪をかけて痛くて苦しかったです。
読んでいて本当に切なくて、劇場版の結末を知っていても「オカリン、超幸せになるべき!」と改めて思わずにはいられませんでした。

ノベライズとして良かった点の多い本作ですが、ちょっと文章表現が分かり難くて、情景がうまく頭に思い描けない部分もちらほらありました。
第25話や劇場版を見ずに読むと、そのあたりは苦労するかもしれません。
個人的な感覚では、第25話や劇場版鑑賞後に補完のために読んだ方がいいと思います。

[本] STEINS;GATE 変移空間のオクテット

2013/03/02(土) 12:55:34 | カテゴリ:
明時士栄「STEINS;GATE 変移空間のオクテット」(全2巻・富士見ドラゴンブック)読了。

タイムマシンを巡る過酷な戦いが明け、岡部は平凡な毎日を満喫していた。
そんなある日、秋葉原駅に到着する寸前の電車内で、岡部は突如強烈な眩暈を感じた。
かつての戦いで何度も経験した、リーディング・シュタイナーの発動。
その直後、2025年の自分自身からのDメールを受信。
そこには、何者かにIBN5100が持ち去られたことで世界線が変動し、前代未聞の世界恐慌に陥っていることが綴られていた。


ドラゴンブックからのSTEINS;GATEノベライズ第三弾。
本編、「比翼恋理のだ~りん」(ノベライズは「比翼連理のアンダーリン」)に続いて、まさか「変移空間のオクテット」までノベライズするとは。
まずはそこに驚きました。
この流れだと、4月に発売される「線形拘束のフェノグラム」もノベライズされそうな予感しかしません。
コミカライズは決定しているらしいですし。

今回は、本編、比翼連理の作者とは異なる作者が執筆。
海羽さんの独特な表現が結構好きだったので、ほんのり残念。
今回の明時さんの文体は、こう言っては何ですが、いたって普通にラノベ調でした。
そのためか、普通にさらりと読めました。

本作の中身は、第一巻はゲームの内容にかなり沿ったものでしたが、第二巻は半分以上がオリジナル。
第二巻の展開は、ゲーム以上にトンデモカオスでした。
ルカ子がすごく凛々しかったり、ダルがダルなんだけどダルじゃなかったり。
この辺のカオスっぷりは、読んでいただいた方がきっと早いです。

大体カオスなドタバタ劇なので、深刻なシーンはほとんどありません。
見ようによっては、ほぼ全部ギャグです。
かなり気楽に読めます。

ゲーム版自体がシュタゲ本編クリア済み推奨だったので、ノベライズの本作も本編クリア済み推奨です。
あと、ゲーム版同様、「CHAOS;HEAD」の要素も多少絡んできます。
その一方で、ノベライズの「円環連鎖のウロボロス」や「比翼連理のアンダーリン」との繋がりはありません。

「変移空間のオクテット」未プレイだけど、どんな内容なのか軽く知っておきたい方には良いかもしれません。
とはいえ、半分はノベライズオリジナルであることは、認識しておく必要があるけれど。