[GMCD] 文豪とアルケミスト 劇伴音樂集

スマホゲーム「文豪とアルケミスト」(以下、文アル)のOSTをゲットし、一通り聴いてみました。
収録曲数は、全18曲(未発表曲4曲、ボーナストラック4曲含む)。
再生時間は、トータルで57分ほどです。

文アルのゲーム自体は未プレイです。
ゲーム系ニュースサイトやTwitterで時々名前を見かけるので存在自体は知っていますが、一体どんなゲームなのかすら知らなかったりします。

そんな自分がこのOSTを買おうと思い至った理由は、主に3つ。
・曲が良いと評判だから。
・作曲が坂本英城さんだから。
・上記2点を踏まえて、なんとなく勢いで。

ゲームを知らなくても曲の評判が良ければOSTを買ってしまうのはゲーム音楽好きの性だから仕方ありません、てことにしておこう。

全体的な曲調は、和風オーケストラ。
管弦楽+ピアノの中に、時々チェンバロか三味線のような音が混じっているような、そんな感じです。
オケ調のゲーム音楽好きにとってはとても聴きやすいし、それでいて聴いていなんだか心が躍ります。

曲の雰囲気は、一言で言い表すならば「ノスタルジック」。
明治~大正時代っぽい、近代化の波に乗った頃の空気感を感じます。
古色蒼然としていて、言葉は悪いのですが、古臭さや黴臭さが音色から感じられるほど。
古い書物から漂ってくる匂いが、音の中から湧き出てくるように感じられました。
その点は、ゲームタイトル名にある「文豪」を反映しているのでしょうか。
名は体を表すを地で驀進している感じがして、腑に落ちる以前に違和感が全くありませんでした。

ノスタルジックと言っても、穏やかな曲ばかりではなく、激しい曲もあります。
そして、激しい曲は大体格好良いです。
ノスタルジックで古色蒼然としているのだけど、スタイリッシュさもあって疾走感があって、要するに格好良い。
「破綻スル齒車」や「開進止メヌ文士タレ」が、個人的には特に好みな曲です。

ボーナストラックは4曲とも、原曲のアレンジ版になります。
内訳は、「文豪とアルケミスト」のピアノソロバージョンとオーケストラバージョン、「憩」の弦楽バージョン、「破綻スル齒車」のオーケストラバージョンの4曲。
その中でも妙に印象に残ったのは、「文豪とアルケミスト」のピアノソロバージョンと、「破綻スル齒車」のオーケストラバージョンです。

「文豪とアルケミスト」のピアノバージョンは、初めて聴いたときは軽くスルーしてしまっていたのですが、何度か聴いているうちに「あ、これ、いいかも」と感じるようになりました。
哀愁すら感じられる主旋律としっとりとした演奏が良い感じに抒情感を醸し出していて、これはこれで好きというか。
あまりキャッチ―なアレンジではありませんが、原曲を聴いた上でこのアレンジ聴くと、なんだかより強く心に響く感じがしました。

「破綻スル齒車」のオーケストラバージョンは、問答無用で格好良いです。
原曲も結構好きですが、それを上回る格好良さがあります。
かなり本気のオーケストラにコーラスまであって、その荘厳さと勇壮さには身悶えするほど。
聴いて一発で「なにこれ超格好良い」と惚れました。
これ、生オケで聴きたいです。
坂本英城さんだから、きっといつか何かの機会に演奏してくれると期待しています。

ゲームを知らずに勢いで購入した文アルのOSTですが、評判に違わないとても良いOSTでした。
オーケストラ調の古色蒼然とした曲が好みの方にはオススメです。
ゲームを知らなくても、結構聴けるOSTだと思います。

[GMCD] XenobladeX Original Soundtrack

WiiUのオープンワールドRPG「ゼノブレイドクロス」(以下、ゼノブレX)のOSTを、今になってようやく一通り聴きました。
CD4枚組で、全55曲収録。
再生時間は、約4時間23分です。

ゼノブレX自体は未プレイです。
気になっている作品ではあるのですが、そもそもWiiU未所持のためプレイできていません。
Switchが発売された今更になってWiiUを買うのもなぁ・・・というわけで、現時点ではプレイする目途すらたっていません。
ゼノブレ(無印)もWiiやNew3DS未所持でプレイできていないので、ゼノブレ(無印)と一緒にSwitchに移植してもらえると嬉しいのですが。
2発売の機に、ぜひ。

そんなわけでゲームに関しては全くの無知という状態ですが、OSTは気になったので買ってみた次第です。
前作のOSTの評判が良かったので、ゼノブレXのOSTも発売日に購入。
とはいえ、発売日に買っておきながら、今の今まで放置し続けていたわけですが。
ゲーム未プレイだから気後れしてしまい、なんとなく後回しにしていました。

そんな風にずるずると後回しにしてきたけれど、最近になってようやく意を決して紐解き、そして一通り聴いてみたのですが、想像以上に自分の好みの曲が多かったです。
ゲームプレイ時の思い出補正がなくても、OST単体で普通にツボにはまりました。
CD4枚組という大ボリュームだけど、聴いていてそれをあまり感じないくらい、1周分聴くのがあっという間です。

ただ、CD4枚組というのも伊達ではなく、開封してから曲が耳に馴染むまで1ヶ月ほどかかっています。
時間を見つけては作業用BGMとしてちまちま聴いていたのですが、気が付けば約1ヶ月ずっとこのOSTを聴き続けていたような気がします。
でも、それくらい聴き続けていても、飽きることはなかったです。

曲の雰囲気としては、どことなくゲーム音楽っぽくなくて、どちらかといえばアニメや映画のBGMのように感じました。
裏方に徹したループ系という感じではなくて、前面に出てくるようなドラマティックなタイプというか。
ゲームをプレイしていたらまた印象が違うのかもしれませんが、ゲーム未プレイとしては逆に非常に聴きやすかったです。
ついでに、ゲームの方でこのBGMがどのように使われているのか、これまで以上に気になりました。
やっぱりSwitchに移植してくれないかなぁ。

一曲一曲は様々な雰囲気を持っていて、壮大なオケ調だったり、しっとりしたピアノ曲だったり、熱くたぎるロック調だったりします。
ただ、大体どの曲にも共通して言えることは、聴いていてなんだかワクワクする、でした。
言葉にするのが難しいのだけど、冒険心を煽るような前向きさ、広大なフィールドを感じさせる音の広がりに、ワクワクさせられたような気がします。
個人的には、このポジティブ感、嫌いではないです。むしろ好みです。
それでいて、ただ100%にポジティブというだけではなく、得体のしれない何かがあるかもしれないという危機感もほんのり含んでいるところが、良いアクセントになっています。

まぁ、なんというか、率直に言えば「格好良い!」の一言に集約されます。
うん、格好良いです。どの曲も男前で格好良い。

そんなわけで、ゼノクロXのOSTをようやく聴き終わったわけですが、思っていた以上に良曲が揃っていて聴き応えのあるOSTでした。
ゲーム未プレイでも十分聴けるOSTになっていると思うので、ゲーム音楽とかそういうジャンル分け関係なく、Instrumentalの格好良い曲が聴きたい方にはオススメです。

[GMCD] ひぐらしのなく頃に奏

同人ゲームとして発表された後に数々のコンシューマ機に移植されたテキスト型アドベンチャーゲーム「ひぐらしのなく頃に」の弦楽アレンジ盤「ひぐらしのなく頃に奏」を一通り聴いてみました。
収録曲数は13曲で、再生時間はトータルで約55分。

「ひぐらしのなく頃に」の原作ゲームの方は、現在PS Vitaで「ひぐらしのなく頃に粋」を鋭意プレイ中です。
アニメ化された頃から存在は知っていたのですが、なかなか手を出せずに今日まで至ってしまいました。
「確かコンシューマ機でDL配信されていたはずだから、他にも積みゲーあるし、まぁ後回しでもいっか」とタカをくくっていたら、開発会社倒産の影響を受けて気が付いたときには配信停止。
最近(2017年春頃)ようやく配信再開されたのを機に、「今やっておかないとプレイできなくなるかも・・・」という危機感を煽られてプレイに至った次第です。
現時点ではまだクリアしておらず、ようやく罪滅し編のENDにたどり着けそうな目途がたったところです。
そして、プレイ時間は80時間を超えました。長い。。。

ついでに言えば、アニメはどれも未視聴です。
いつかゲームをプレイするつもりでいたので、あえてアニメ自体は避けて通っていました。
プレイする気のあるゲームについては、琴線に触れたその時点から、ゲーム内容に関する一切の事前情報を遮断しておきたくなる性質のようです、自分。

それでも、「ひぐらしのなく頃に」の超有名曲「You」は知っていました。
というか、むしろゲームをプレイするずっと前から大好きだった曲です。
アニメ化された際に発売されたイメージソングアルバム「かけらむすび」に収録されていた「you -Visionen im Spiegel-」がとても強烈に心に響いて、一発で惚れ込んでいました。
それ以来の大好きな曲で、原曲や他のアレンジも気になって聴き漁ったこともあるくらいです。

そんなわけで、今回のアルバムをゲットした目的の半分は、「You」の弦楽アレンジが聴きたかったことです。

そして、目的の残り半分は「why, or why not」でした。
こちらは、コンポーザさん目当てで原曲CDを買って好きになった曲です。
そもそも「ひぐらしのなく頃に」を知ったキッカケである「かけらむすび」をゲットしたのも、同じコンポーザさんが参加されていたからだったりします。
「かけらむすび」が想像以上に良いアルバムだったので、そのときに原作ゲームやアニメにも興味を抱いたのですが、何のボタンの掛け違いからか、結局今に至るまで先送りになってしまったわけですが。

今回のアルバム自体はゲームプレイ開始前に購入しました。
その直後に一通り聴いた後、ゲームプレイし始めたのを機に少し寝かせて、最近また聴き始めています。

ゲーム音楽ではよくあることだけど、ゲームをプレイする前と後とで、曲に対する印象がかなり変わりました。
弦楽器+ピアノというシンプルな編成のため、音色が非常にシンプル。
ゲームプレイ前に聴いたときはもうちょっと音の厚みが欲しいなと感じたほどに、シンプルさが際立っています。
そのため、最初は物足りなさを感じました。
もっとこう、ドーンとしたインパクトが欲しいな、と思ったこともあります。

が、ゲームをある程度プレイした今聴いてみたら、逆にこのシンプルさが「ひぐらしのなく頃に」らしい味わいを醸し出しているようにも思えます。
原曲も、しっとりとしたシンプルなBGMが多いし。
原作ゲームと原曲を重視した結果のシンプルなアレンジだとしたら、納得です。

原作がゲームということもあって、ここではゲーム音楽のアルバムとして取り上げましたが、収録曲の中にはアニメのOP/EDも含まれています。
前述の「why, or why not」も、確かアニメ1期のED曲だったと思いますし。
原曲を知っていると、今回のアコースティックなアレンジは新鮮に感じました。
耳に馴染んでいる原曲の面影を残したまま、弦楽器+ピアノによるしっとりとしたアレンジになっているので、興味深いという意味で面白く、そしてすんなり聴けました。
ただし、ボーカルは基本的に不在なので、そこは注意が必要かもしれません。
例外的に「You」だけVocalバージョンも収録されています。

それと、「You」のアレンジ違い、またはそのフレーズを使用した曲が思ったより多数収録されています。
「You」という名前を冠した曲だけでも3曲あり、さらに「Thanks」や「こころむすび」まであります。
アルバムの後半は、本当に「You」無双状態です。
「ひぐらしのなく頃に」って他にも多数の曲があるのに、こんなに「You」無双状態でいいのかな、とほんのり不安に感じたほど。
いやまぁ、「You」は好きな曲なので、個人的には問題ないしうれしいくらいですが。

そんなわけで、曲の構成比としては、アニメ・ゲームのOP/ED曲が4割、「You」とそのフレーズを含む曲が4割、残りの2割がその他というような感じです。
「You」以外の他のBGMをもっと聴きたかったなぁと思いはするけれど、「You」があまりにも有名だから仕方ないのかなと思うところもあり、絶賛ゲームプレイ中の身としては少々複雑な印象を否めません。
まぁ、「You」が神曲なのは揺ぎ無いのですが。

一通り聴いて一番印象的だった曲は「You-Destructive」。
聴き馴染みな「You」でありながら、切なさの裏に見える隠しきれない破壊衝動のような黒さが、妙に印象に残りました。
このアルバムにおいては珍しく激しい曲でもあります。
これが、すこぶる格好良い曲でした。
ゲームプレイ前も後も、この曲には妙に魅了されています。

弦楽アレンジ盤「ひぐらしのなく頃に」でしたが、シンプルながらもゲームの世界観が上手く表現されていて、面白い作品でした。
自分がそうであったように、聴くならばゲームをある程度プレイした後をオススメします。
また、「You」をたっぷり聴けるので、「You」が好きな方にもオススメかもしれません。

[GMCD] WORLD OF FINAL FANTASY Original Soundtrack

PS4/PS VitaのRPG「ワールド オブ ファイナルファンタジー」(以下、WoFF)のOSTを発売日直後に買ったきり放置していたのですが、ようやく最近になって一通り聴き終わりました。
CD4枚組で、収録曲数は全93曲収録。
再生時間は、トータルで4時間強です。
FFのスピンオフ作品の楽曲にしては、ボリュームがかなりあります。

ゲームは、PS4版をクリア済みです。
このOSTの一番最後に収録されている曲が流れるエンディングまでプレイしたので、たぶん最後までプレイしたと思います。
サブクエストやミラージュのコンプリートのようなやり込み要素は、それほどやり込んでいませんが。

収録曲のおよそ半分はWoFFオリジナルの楽曲、残りの半分はFFナンバリングタイトルのアレンジ曲です。
オリジナル楽曲は、主に浜渦正志氏が担当。
アレンジ曲は、主に片岡真悟氏が担当されています。

WoFFオリジナル楽曲は、全体的には明るくポジティブで、ちまちまぴょこぴょこしている感じです。
ゲームに登場するあの2頭身サイズのキャラクターたちがちまちま動いている様子を、そのまま曲として表現しているような。
音があちこちに飛び跳ね回っている感じがします。
ずっと聴いていたら、なんというか、こう、小動物の動いている様を眺めているような気分になりました。
小動物の動画のBGMにとても合いそうな曲が多いです。

そういう意味では、正しい意味でゲームのBGMに徹している感じです。
自己主張の強い派手さはあまりありません。

とはいえ、例外もあります。
「ランウェイ・メロディ」は激しい曲ですし、「メガミラージュ・メロディ」や「ギガバトル・ワールド」は正統派バトル曲といった趣の格好良さがあります。
バトル曲は大体どれも格好良いです。
浜渦さんのバトル曲が好きな方であれば、気に入るのではないかと。

というか、バトル曲に限らず、曲のあちこちから浜渦さんらしさが滲み出ています。
高音域が強くて煌びやかなところとか、曲の展開が時々ものすごくトリッキーなところとか。
浜渦さんらしさが強く感じられる曲ばかりです。

FFのナンバリングタイトルのBGMのアレンジの方は、原曲の主旋律を残したまま、かなり大胆にアレンジされています。
こちらもWoFFオリジナル曲に合わせたかのような、ぴょこぴょこした感じになっています。
格好良い曲もしっとりした曲も、大体どことなく可愛い要素が加わっている気がします。

ただ、アレンジとしては悪くないです。
原曲の良さを残して懐かしさを感じさせつつも、ゲームの可愛い世界観とマッチさせているところは、よくできていると思いました。

WoFFオリジナル楽曲もアレンジ曲も、例外はありつつもそんな可愛らしいちまっとした曲ばかりですが、きちんと耳に残るところがなんとも不思議な感じです。
ゲームをプレイしていたときにはあまり意識していませんでしたが、改めてOSTで聴き直してみたら結構耳に残っている曲が多くて驚きました。
OSTを紐解くまではゲームプレイ時の記憶を結構忘れかけていたのですが、OSTを聴き始めたら「そういえば、あのシーンでこの曲が流れていたなぁ」とプレイ時のことを思い出すことが多かったです。
やはり、ゲームプレイ中に長時間耳にしているから、耳に刷り込まれているのでしょうか。

あと、OSTで改めてBGMを聴き直して、良曲が多かったことにも気付かされました。
ゲームプレイ時はそれどころではなかったこともあり、あまり意識してBGMを聴いていなかったのですが、曲単体で聴き直したら「この曲、結構良いな」と感じることがしばしば。
「ノリノリ・メロディ」は、OSTで初めて良さを実感しました。この曲、今回のOSTの中ではかなり好きな曲です。

WoFFの曲は、可愛らしいちまっとした雰囲気の曲ばかりなので、そういう曲が好みの方にはオススメです。
ゲームをプレイしていないと入り込み難い類のOSTですが、ゲームをプレイしていて「この曲良いな」と思ったことが何度かあったなら、買いかもしれません。

[GMCD] テイルズ オブ オーケストラコンサート2016 コンサートアルバム

昨年2016年11月30日に開催された「テイルズ オブ オーケストラコンサート2016」の模様を収録したアルバムが発売されたので、ゲットして一通り聴いてみました。
収録曲数は、全15曲。
再生時間は、トータルで約79分です。

ちなみに、開催されたコンサート自体には参加しませんでした。
今回は「テイルズ オブ ゼスティリア」(以下、TOZ)と「テイルズ オブ ベルセリア」(以下、TOB)の楽曲がメインになると事前に発表されており、開催された頃はまだTOBをクリアしていなかったからです。
TOZの曲は分かるし大好きだけど、もう一方のメインであるTOBの曲を全く知らずに行ってもなぁ、と考えた結果、今回は参加を見送りました。

その後、ようやくTOBをクリア。
そうしたら、TOBの曲が意外と良曲が多かったので、今回のコンサートアルバムの購入に至りました。
もしオケコン前にTOBをクリアしていたら、おそらくオケコン自体に参加していたかもしれません。

なんて、まだTOBのOST買ってない身で言っても、あまり説得力がありませんが。
いつか買うつもりでいます。

このアルバムの収録曲の半分近くはTOBの曲です。
残りの半分はTOZから数曲と、「テイルズ オブ」シリーズの初期作品(TOP、TOD、TOE)から1曲ずつ(OP曲)収録されています。
まぁ、コンサート開催のキッカケが”TOB発売記念”だったので、構成比としては妥当なところかと。

なお、コンサートで演奏されたはずのFLOWの楽曲は、このアルバムには収録されていません。
「BURN」と「風ノ唄」を演奏したと思うのですが。
「風ノ唄」だけでも聴いてみたかったです。サビのハンドクラップが大好きなので。
まぁ、大人の事情というヤツなのでしょう。仕方ありません。

TOBの曲はどの曲も、とても格好良くアレンジされ、そしてとても格好良く演奏されています。
TOBの楽曲が好きならば買って損はないと思いました。
確かにゲームプレイ中に良曲が多いなぁとは思いましたが、オーケストラ版はさらに格好良さに磨きがかかっています。
これは、現地で聴いてみたかったです。
もう少し開催日が後ろ倒しになって、TOBをクリアした後だったら、確実にチケットと休暇を取得して会場に行ってました。

特に「The way of the embodied dragon」がお気に入りです。
原曲はあまり覚えていないのですが、原曲に記憶がなくても魅了されるくらい、とにかく格好良いです。
Aメロの最後の「ダン、ダン、ダン、ダン」ていう部分が、聴いていて気持ち良いです。
打楽器と金管楽器の合わせ技の迫力がたまりません。

それと、順当に「Theme of Velvet」が良曲でした。
1分30秒からのメインテーマが最高潮に雄々しく鳴り響くところは、本当に聴きどころです。
この曲はゲームをプレイしていたときから好きな曲で、この曲のためにOSTが欲しいなと思っていたくらいなので、それをオケ版で聴けて満足です。
やっぱりOST欲しいな、買おうかな。デジタル配信してくれれば、軽率に買っているところなのですが。

TOZの曲は4曲収録。
そのうち、「スレイのテーマ ~導師~」と「『テイルズ オブ ゼスティリア』試練神殿メドレー」は、2015年に開催されたオーケストラコンサートの譜面とほぼ同じと思われます。
新しくオーケストラ用に編曲され演奏された曲は「Rising Up」と「ねこにん道」。
どちらも好きな曲なので、このセットリストには拍手喝采です。

特に「ねこにん道」は可愛さが溢れていて必聴です。
さすがに8bit音源ぽい部分は省略されていましたが、曲調が気紛れに変わっていくなど大体原曲に似た形で演奏されています。
また、「にゃにゃにゃーんにん♪」というコーラスも入っているので、さらに可愛さ倍増です。
観客の喝采の声や手拍子も入っているところからすると、現地でも大盛況だった模様。
その喝采や手拍子のおかげか、アルバム越しに聴いていてもまるでコンサート会場にいるかのような臨場感があります。
しかも、すごく楽しそうです。
いいなぁ、この曲も生演奏で聴きたかったなぁ。

TOZ、TOB以外の3曲のうち、TOPの「夢は終わらない ~こぼれ落ちる時の雫~」とTODの「夢であるように」は、2015年からの再演かと。
TOEの「flying」は新規に編曲された譜面になります。
「flying」はTOEをプレイして以来、久しぶりに聴いたので、非常に懐かしかったです。
OPムービーの脳内再生余裕でした。

そんなわけで、2回目となる「テイルズ オブ」シリーズのオーケストラコンサートの模様を収めた本作ですが、「テイルズ オブ」シリーズ好きとしても満足したアルバムでした。
特にTOZやTOBが好き、もしくはそのBGMが好きな方にはオススメです。
また、原曲を知らなくてもオーケストラ調のゲーム音楽が好きな方であれば、聴きやすいアルバムではないかと思います。