[本] GOTH

2006/02/28(火) 23:46:26 | カテゴリ:
乙一「GOTH 夜の章」と「GOTH 僕の章」(ともに角川文庫)読了。

人の本質は全て手に宿る。手が人の全てであり、他の部位はオプションにすぎない・・・・・・。
手に魅せられた篠原は、ありとあらゆる手を本体から「解放」するため、ついに行動を起こす。人形から始まり、ぬいぐるみ、猫、乳児、成人女性・・・あらゆる手を切断し、自宅の冷蔵庫でそれらをコレクションにしていた。
しかし、ある日自宅に何者かが侵入し、手のコレクションだけが全て盗まれた。篠原は、何よりも大事な手を盗んだ犯人に復讐を誓う・・・。(リストカット事件)
猟奇的な事件と「死」に対してのみ興味を抱く少年と少女の6編の物語。


やっぱり短編集のあらすじって難しい。。。

文庫で2分冊にする必要があったのか?
という疑問は地平線の彼方に放り投げておいて(ぇ
「乙一の小説がおもしろい」という友人の薦めに加え、
暗黒系小説として本屋に平積みされていたのを見つけたことと、
たまたま読む本が手元になかったこととが重なったため、
気が付いたら買っていました。。。まぁ、ホラー好きですから。

後日、薦めてきた友人にGOTHを買ったことを報告したら、
「なんでよりによってGOTHを最初に選ぶかなぁ?」と怒られました。。。
なんでも、GOTHは乙一さんの作品の中で最もグロいから、らしいです。

実際のところどうだったかと言えば、
乙一さんの一作目として選んじゃいけないと怒られるほどには
グロくはなかったように思うです。
(元)活字中毒(ホラー・ミステリ・ファンタジー限定)をナメちゃいけないw
綾辻行人さんの「殺人鬼」2作品や、
平山夢明さんの「SINKER -沈むもの」が読めれば、大丈夫かと。。。多分。

グロいグロくないという話はともかく、
ストーリー展開にホラー的要素はあまりなく、
むしろ完全にミステリの範疇だったけれど、結構おもしろかったです。
不思議な雰囲気の中で展開する不思議な話のラストには
必ず二転、三転するオチがあって、
それが各話で非常に楽しみでした。
ダマされるのが楽しいというか。
ダマされないぞと身構えつつ読み進めて、
ラスト付近で自分の思惑が当たったと喜んだ先でどんでん返しがあったりして、
それが逆に心地いいというか。
結構楽しみながら読めたです。

あと、主人公の少年に共感持てたてのも、楽しめた理由の一つかと。
自分の考えが、あの主人公にわりと近いかもしれないです。
# 同じではないけれど。

乙一さんの作品、他のも読んでみようかな。

[RO] 数ヶ月ぶりに

2006/02/27(月) 22:52:17 | カテゴリ:RO
Lvアップ時のファンファーレ聴きました。
ようやく92。
一体何ヶ月かかったかは、数えると凹むからあえて考えないことにする。
うんまぁ、3ヶ月もかかってるなんて考えた日にゃ、
今日一日きっと立ち直れないに違いな・・・・・・orz
92かぁ・・・92ねぇ・・・・・・廃もいいとこだよなぁ・・・・・・・しんみり。

というか、時計で時計とか時計とか時計とか箱とか本とか狩るの
いい加減飽きました。。。o,,,rz
Lv92のパッシブバカモンクに最適な狩場って、どっかにないもんかな。

[音楽] ORBITAL MANEUVER phase two : anemotaxis

2006/02/23(木) 23:43:37 | カテゴリ:音楽
Amaz○nからようやく届きました。
手元に届いたのが今週月曜。
発売1ヶ月前に予約し、届いてみれば発売日から10日遅れ。
待ってるだけでひどく疲れた気がする。。。orz


とまぁ、ショップに対するグチはともかく。


「ORBITAL MANEUVER」3部作の2作目「anemotaxis」。
前作「geotaxis」より待つこと4ヶ月。
ボーカル3曲にセルフアレンジ2曲、ボーカルレスが3曲という構成は前作と同じ。
コンポザも前作と同じく大嶋啓之さん。ボーカルは茶太さん

表題作「anemotaxis」は前作と同じような雰囲気で、
無機的で幻想的な透明感のあるTechno調の曲。
今作も収録曲全てがこの調子なのかと思ったら、
2曲目「風タチヌ」と3曲目「amrita」はNew Age色がやや強く、
「geotaxis」とは毛色の異なる面を見せてくれる。
まぁ、TechnoであってもNew Ageであっても、
収録されているどの曲も茶太さんの透明な声がよく合ってます。
すごく綺麗です。ヒーリング効果ばっちり。

というか、大嶋さんはNew Age系の曲の方がうまいと思うです。
Technoも素晴らしい曲多いんだけど、
そのさらに上をいくのがNew Ageの曲じゃないかと。
# NewAgeというよりは民族系だけど、
# 大嶋さんの2ndアルバム収録の「天路歴程」は名曲だと思う。
## 「amrita」がアムリタって名前なのはきっと偶然に違いないと思ってみる。


このシリーズのコンセプト、実は最近知りました(遅
知ってから歌詞を読んでみたら、スケールの大きさに感動。
一度は歌詞を読んで、じっくり聴くべき曲なのかも。

[GMCD] beatmania IIDX 7th style Original Soundtrack

このエントリ書く前に、Wikipediaで「beatmania IIDX」の項目を見てきたんだけど、
なかなか複雑な歴史があったんだ、BMて。
というか、IIIの存在はWikipediaで初めて知りました。

というわけで、7thです。
曲の好みにもよるんだろうけれど、ハズレ曲が極端に少ないです、このCD。
平均的にどれもレベルが高いというか。どれも聴きやすいというか。
BGMにはいい感じです。
まぁ、あえて難点をあげるとすれば、
どれもいい曲だけに、他よりもちょっといい曲があってもあまり目立たないところか。

以下、例によって楽曲単位で。

[Disc1-02 Never Look Back]
2, 3年前の俺だったら確実に一押ししていたであろうエピトラ。
最近、シンセ炸裂なエピトラに耳が慣れてしまったせいか、
どこかに一捻りないと記憶に残らなくなってしまってる気がする。
いいものはいいと言えるようにリセットしたいな。ちょい反省。

[Disc1-13 foreplay]
テンポ速めのjazzyな曲。Technoが大多数を占めるBMの中では異色かな。
ピアノがすごいことになってる。これって人が弾けるBPMなのかな。

[Disc1-14 2002]
冒頭と1分30秒あたりからが猛烈に好きです。オケテクノ万歳。

[Disc2-11 A]
直球のオケトランス。オケ色の方がやや強いかな。
オケトラ好きとしては、これにハマらないわけがありません。かっこいい。
このCDの中では一番気に入りました。

[小説] 風の盆幻想

2006/02/19(日) 19:46:18 | カテゴリ:
内田康夫「風の盆幻想」(幻冬舎)読了。

富山県八尾町(現・富山市)の風の盆祭り。その幽玄な祭りの裏で、2大流派の権利争いが勃発していた。風の盆祭りが目の前に迫ってきたある日、一方の流派の中心的人物の息子が死体となって発見された。警察はそれを「自殺」と断定する。
「自殺なわけがない」と「軽井沢のセンセ」こと内田から調査依頼を押し付けられた浅見は、事件調査のため一路富山へ向かう。


これを読んでる最中に、
東京のある区で計画されていた「風の盆祭り」が本家八尾からクレームがつき
開催の危機に直面している、という記事がYahoo! ニュースに掲載された。
作中でも、風の盆祭りが阿波踊りやよさこいソーランなどと比較されて
「他地方での開催がない」と書かれていたので、
あまりのタイムリーさにちょっとビビったりも。

閑話休題。

今回の旅は、終始コブ(= 軽井沢のセンセ)付きです。
「熊野古道」とか、過去にもセンセがずっと出ずっぱりな作品はあったし、
浅見さんのソアラぶっ壊したり、色々やらかしてくれてたりしたけれど、
今回はなんともハタ迷惑な役回りというか。。。w
こんな人が近くにいたら、俺なら共に行動を始めた初日で蹴り飛ばしてます、多分。

軽井沢のセンセが出てくるから、比較的軽い話なのかと思ったら、
ミステリー部分はしっかりミステリーでした。
作中のトリックが成立するのはきっとレアケースなんだろうけれど、
その成立に納得できてしまう説得力もあって、
トリックが解けたときは感心しました。
前半から続く軽井沢のセンセのはた迷惑っぷりに耐えられれば、
後半の怒涛の展開は楽しめるかと。

[GMCD] pop'n music13 カーニバル AC/CS pop'n music11

このサントラ、オリコンの総合アルバムチャートの30位ぐらいにいましたね。

それはさておき。
pop'nの最新版のサントラです。
ある理由から会社同期のnagyu嬢から奪い取る借りようと頼んだら、
なんだかまとめてあれこれいろいろ、おまけの方がたくさんついてきた、
ていううちのおまけじゃない作品です。


前作のpop'nサントラ聴いてたときも思ったんだけど、
なんでこうボーカルの惜しい曲が多いんだろう、pop'nて。
もちろん、全部が全部そうだとは言わない。いい曲はすこぶるいい。
ただ、メロディラインはいいのに、ボーカルがぶち壊してる作品がいくつかあって、
聴いててもどかしいというか。
もうちょっとボーカルも選ぶなり育てるなりした方がいいんじゃなかろうか?

とまぁ、そんなことはおいといて。
気になった曲を片っ端から。

[Disc1-12] 向谷 実/Railroad Force
ちょっとSUPER BELL'Zの曲を想像してしまった。。。特にアナウンス。
踏み切りの音とかアナウンスとかって、
使い方ミスるとそこだけ浮いてしまう音素材だけど、
電子音にうまく組み込んであって聴きやすかったです。

[Disc1-31] Akino/Dar[k]wish -Long Version-
黒ミサっぽいけど、ミサってカーニバル?
・・・・・・見方変えればカーニバルみたいなもんか(ぇ
Longの方が好きです。妖しさが倍増で。

[Disc2-06] ポップン電機CMソング
いま「微妙な曲まで」とか言ってたよな。それCMになってない。
まぁ、おもしろいのでそれも良し(ぁ

[Disc2-09] cutie smashers/ランブルメドレー
この元曲て、あの例のゲームのですよね。曲はかっこいいのになぁ(ぼそ
3曲のメドレーかな。最初と最後が好きです。

[Disc2-19] 下村陽子/Majestic Fire
これ、nagyu嬢がプレイしてたのを聴いてたときは
ジャンルが「格ゲー」になってるので、無条件でスト2っぽいて思ったけど、
改めて聴いてみたら、むしろ聖剣LOMの中ボス戦ぽい気がしました。

[Disc2-26] 伊藤賢治/バトル XIII (Long Version)
イトケンの曲として聴くならかなりツボなんです。オケバトルだし。SF1だし(ぁ
が、pop'nの曲としてはどーなんだろう。すごく複雑。
そして、聴けば聴くほどSF1の没曲なんじゃないかという疑念が。。。
いや、曲はほんとにいい曲です。マジで。だから、いい曲だけに。。。ねぇ。
いっそ、ソロアルバム出した方がファンのためにもいいんじゃないかと思ってみたり。

[Disc3-18] 猫叉Master/サヨナラ・ヘヴン~original long ver.~
うわ、きたこれ。最後の最後で。
エスニック調でちょっと哀愁漂う雰囲気がもう。
最後のサビの2ループ前に転調が欲しかったかも。でもツボです。

[雑記] あまぞn。

2006/02/15(水) 22:54:27 | カテゴリ:雑記
1月?3月にかけて、あり得ない勢いで音楽CD買い込んでます。
音楽CDつーか、ゲームミュージックなんですが。
それにしても、なんでこう立て続けに出すかなぁ。。。


で。
音楽CDは基本的にAmazonで予約購入することが多いのですが、
最近のAmazonには裏切られてばっかりで凹み気味です。
その極めつけ、
先週金曜の2/10発売日だった「ORBITAL MANEUVER phase:two」よりも先に
今日発売日の「FF7DC」のサントラの方が先に届いた件について小一時間(ry
FF7DCのサントラは発売2週間前の予約、
ORBITALは発売1ヶ月前(予約開始直後)に予約したってのに、
なにこのあまりにひど過ぎる差は。
Amazonは、予約降順に発送してんじゃないかとすら思える。


ここまでひどいと、今後Amazonで予約するのやめようかと考えてしまうが、
あちこちにアカウントばら撒くのもイヤだったり。うーむ。

[ゲームRev] テイルズ・オブ・シンフォニア

「テイルズ・オブ・シンフォニア」(以下TOS)クリア。
PS2版の方です。GCは本体自体持ってないので。
昨年暮れにベスト版TOS購入。TOA発売記念に。
・・・そこツッコミ入れない。


これまでのテイルズシリーズにおいて最高傑作
という話はあちこちで耳にしていたのですが、
なるほど、それも肯けるゲームでした。
2転3転するストーリーはテンポが良くて飽きを感じなかったし、
戦闘も、攻撃ボタンしか連打しないヘナちょこな俺でも十分なんとかなりました。
もっとも、戦闘の内容で左右されるGRADEは、常に底辺でしたが。
# そしてボス戦では常にマイナス。。。orz
パーティーキャラも一人一人バックボーンがしっかりしてて、
どれも好感が持てました。
イラストが藤島康介さんていうのも安心だったし。
# SFC版TOPにどっぷりハマってた時期があるので、
# 俺の中では「テイルズのイラスト = 藤島さん」のイメージが強い。

一つ難点があったとすれば、
舞台がシルヴァラントからテセアラに移動するときのストーリーの流れが早くて、
途中、「ディザイアン」「レネゲード」「クルシス」の区別がつけられなかったこと。
EDを見終わった今でも、ユアンがどこに所属していたのか理解してません。。。orz

サントラマニア(ぁ)としては逃せない音楽ですが、
なかなか良かったです。
ラストに近づくにつれて壮大になるところがたまりません。
激しいというよりは、壮大と表した方が合ってる、そんな感じ。
また、TOSはTOPの遥か過去の話(と思われる)なので、
TOPに使われた曲のアレンジも入ってて、
TOPどっぷりプレイヤーとしてはうれしかったり。

サントラは・・・・・・どーしようかな。
TOEのサントラの音質があまりにアレでソレだったことが、未だにひっかかってて。
それに、ゲームクリアすると最初のメニュー項目に追加されるサウンドテストが
内蔵プレイヤーとしてはかなり使えるシステムなので、
ムリに買う必要もなかったり。。。


さて、友人から借りたTOAをやるか。

[雑記] 身長

2006/02/11(土) 01:00:53 | カテゴリ:雑記
「記述内容に多数の誤りがある」と言われて久しいフリー百科事典Wikipedia
そのシステムの特徴故に誤りは仕方ないとはいえ、
確かに素人の俺が読んでも「ぇー」という記述はそこかしこに見受けられるが、
記述内容に限りなく100%に近い厳密性を要求しないなら、
わりと便利でおもしろいシステムだと思うのです。
読み物として眺めてみたり、
軽く調べものをするときとか、
些細なことでググるのも面倒なときに重宝していてりして。


そんなWikipediaだけど、
浅見光彦の身長175cm説はちょっと許せません。
178cm説と176cm説は一般的によく言われてることだけど、
175cm説てのはWikipediaで初めて見ました。
175cmなんて言ったら、
長身と描写されている浅見さんが、俺より確実に低くなってしまうじゃんかっ。
それだけはちょっと。。。せっかくギリギリ176cmで成長止まったんだから。。。
# 170cmや175cm越えようとさほど気にしなかった(一応)♀の俺だけど、
# 浅見さんの身長超えるのだけはどうしても避けたかったんです。いやマジで。
## てゆーか、さすがにもう止まったよな俺の身長(ぼそ


そいや、そのWikipediaによると、
昨日2/10は浅見さんの誕生日だったそうですよ。へぇー。

[雑記] 一寸一服

2006/02/07(火) 08:28:49 | カテゴリ:雑記
昨夜。風呂上りの寝る前15分。
ミルクティーを飲みながらほっと一息ついたときのこと。


奥歯の詰め物が取れました。


なにこの残念極まりない一日のオチ。。。orz

[GMCD] KINGDOM HEARTS 2 ORIGINAL SOUNDTRACK

このサントラ聴いて、一つ気付きました。

ディズニーアニメ映画にほぼ入っているミュージカル。
ストーリーの流れを無神経に分断しているようで
元々好きになれなかったけれど、
どうやら曲も苦手みたいですよ、俺。


というわけで。
スクエニとディズニーの合作A・RPG「Kingdom Hearts 2」のサントラです。
ゲーム自体はまだ未プレイ・・・つか、それ以前に買ってもいないですが、
いずれプレイする予定です。
この冬~春にかけて、現在プレイ中も含めて5本控えてるので、
プレイするのはきっとその後・・・えーと、夏頃ですか?(遅

相変わらず、下村さん、いい仕事してますな。
曲の雰囲気は、ほぼ1と一緒。
ややオケ色が強くなっているくらいかな。
1の曲のリメイクもいくつかあるので、
全部が全部書き下ろしというわけではないですが、
それも含めた下村さんオリジナル曲は、比較的どれもいい感じ。
# でも「Hollow Bastion」は1の時の方が好みだなぁ。暗いから(ぇ

と思って聴き続けていたんだけど、
Disc2の序盤数曲が完全にミュージカル曲なのは、個人的にはちょっと。。。
そーいや、ゲームにもミュージカル要素を取り入れてるとかなんとか。
その記事を読んだとき感じた「ぇー」という気分が甦ったのか、
曲に対しても拒絶反応が出たっぽい。。。
ミュージカル曲の多くは、どうやらディズニー映画の楽曲をアレンジしたものらしく、
よって冒頭のような結論が出たというか。

主題歌である宇多田ヒカルさんの曲「Passion」は、
最初CDTVで聴いたときはリズムが取り難くて「?」だったけど、
ゲームには合ってる気がしました。
サントラで聴いたらすんなり受け入れられて、いい意味で拍子抜け。


オススメは、「Passion -KINGDOM Orchestra Instrumental Version-」。
短いのが残念だけど、「Riku」も割と好み。
あとは、1のリメイク「Dearly Beloved」とか「Dive into the Heart」とか。

[GMCD] 星詠/月奏 アルトネリコ ヒュムノスコンサート

「星詠~ホシヨミ~ アルトネリコ ヒュムノスコンサート Side蒼」と
「月奏~ツキカナデ~ アルトネリコ ヒュムノスコンサート Side紅」をゲット。
それぞれボーカル曲7曲+インスト3曲収録。
2枚合わせると全20曲。かなりのボリュームです。

「アルトネリコ」に使われている楽曲の中から、
ボーカル曲+αを収録したもので、
9割がサントラ未収録曲。
# サントラの「謳う丘」と「ファンタスマゴリア」だけが再録かな。

全体的にオケ+民族曲調。
その手のジャンルが好みなら、かなりオススメです。つか、むしろ聴かなきゃ損。
サントラでも感じたけれど、驚くくらいハズレ曲のないアルバム。
ここまでハズレがないのも、本当に珍しいです。

しかもこの2枚は、そもそもの出展は「アルトネリコ」というゲームだけれど、
「ゲームミュージック」というジャンルにあることに疑問を感じるくらい
ゲームサントラっぽさがないです。
Easy Listeningとしても強く推せます。


個人的に特にオススメは、
星詠の「EXEC_CHRONICLE_KEY/.」、
月奏の「EXEC_RIG=VEDA/.」。
まぁ、ぶっちゃけてしまうと、全部オススメです。

[本] 人形はライブハウスで推理する

2006/02/01(水) 00:12:08 | カテゴリ:
我孫子武丸「人形はライブハウスで推理する」(講談社文庫)読了。

妹尾睦月の弟・葉月が突然東京にやってくる。どこへ行くにもついてくる葉月に睦月は業を煮やし、ついに彼を放り出してしまう。
数時間後の夜。警察からの連絡が入る。葉月が殺人の嫌疑で警察から事情聴取を受けているという。睦月は片思いの相手である腹話術師の朝永と、彼が操る人形・鞠夫を連れて、事件解決に乗り出す。


・・・・・・短編集って、あらすじ書くの難しいな。

人形シリーズの4作目。
4作目のためか、朝永さんと鞠夫の関係がほとんど説明されていません。
ので、このシリーズを初めて読むなら、
前3作のうちのどれかに目を通しておいた方が無難かも。
もしくは、河内美加さんがマンガ化した作品を入手するか。
# 俺はこのシリーズ、マンガから入った身だったり。

基本的な展開は、
事件が起こって、探偵(今シリーズでは鞠夫)が現れて、謎を解くという、
本格ミステリの基本を一直線に貫いてる感じ。
新鮮さはそれほどないけれど、
その分安定感があるというか。
個人的には、もうちょっと一編あたりの分量が多い方がいいかな、とも思ったけど。
まぁ、雑誌掲載作品でページの都合とかもあっただろうから、
ムリは言えないか。

この作品、これで完結っぽい雰囲気なんだけど、
これ以上は続かないのかな?
長編でもう一本ぐらい読んでみたい気もするです。