[本] バグ

2006/09/30(土) 00:50:00 | カテゴリ:
松岡圭祐「バグ」(徳間文庫)読了。

人気ゲームシリーズの最新作「アクセラ4」が発売された。その直後、子供たちの間で奇妙な事件が同時多発的に発生する。子供たちは一様に「黒いコートの男を見た」と証言した。
アクセラシリーズの開発会社であるフォレストは、事件を受けて調査に乗り出さざるを得なくなる。そこで浮上した開発部長の津久井の謎の行動。フォレスト社長の桐生は彼を信じようとするが、その矢先、彼のスキャンダルが週刊誌に掲載され、津久井自信が行方をくらましてしまう。


松岡さんって、TVゲーム(ビデオゲーム)否定派なんですかね。
作中に出てくるフォレスト社のゲーム機「プロシード」は売れないと思います。
どんな人間であれ動物であれ、殺生シーンは絶対禁止って、
そりゃ、サードパーティはやり難くって逃げるのでは?
サードに逃げられたら、ハードだって売れません。
ちょうどこの本がハードカバーで刊行された1998年前後に、いい例があったのに。

俺にとってゲームをプレイすることは、読書するのと同じ感覚です。
ストーリー性のあるゲームにしか興味ないですから。
なので、ゲームをプレイすることを否定されることは、
俺の中では読書を否定されることと同じだったりします。

ので、途中で出てくる桐生とライバル会社社長の神埼の将棋シーンでの会話は、
神崎意見に賛成でした。
それ以外のシーンでの神崎は全く好きになれなかったですが。


そんなこんなで。
ゲーム好きとしては受け入れ難い描写が多々あったんですが、
まぁそのへんに目を瞑れば、後半は結構おもしろかったです。
前半はひたすら暗中模索状態だったのが、
ある境を越えると一気に話が回転し始めるので、
その後は一気に読みました。
話が進み始めたところの桐生社長がいい感じでした。
特に神崎社長に対する嫌味っぷりがw

[音楽] ひぐらしのなく頃にイメージアルバム「かけらむすび」

2006/09/30(土) 00:14:14 | カテゴリ:音楽
「ひぐらしのなく頃に」のゲームは未プレイだし、
アニメは未視聴だし、
マンガも未読だし、
いまだに本編には一切手を触れていない罰当たりな俺ですが、
イメージアルバムはしっかり購入。
えぇもう大嶋信者ですともっ(ぁ

まぁ、きっといつか、オヤシロ様の祟りが降りかかるに違いな(ry


ネット上で活動している音系アーティストが一同に会した感のあるこのアルバム。
己の才能だけをを武器に活動してきた実力派が揃っているだけあって、
垂れ流してるといろいろ呪われそうです(特に後半)
# ↑ゲームがゲームなので、きっと褒め言葉。


以下、気に入った曲ごとに雑感。

緑の色のやさしい風
月の夜のつめたい風
なんというか、ものすごく天門さんっぽい。
天門さんっぽいというか、「雲の向こう、約束の場所」っぽい。
雰囲気が激似な気が。
まぁ、「雲の向こう」の楽曲好きなんで、俺的にはOKです。

when they cry
Rockだ。すごい勢いでRockだ。どーしたんですか大嶋さん。
昔Diverseで活動されてたし、1stの「Vanity Fair」がTechno系アルバムだったから
TechnoとかTranceとかならわかるけど、
Dist.G(多分)を多用したRockってのは、実はこれまでないのでは?
でも、かっこいいです。サビの変わりっぷりというか落ちっぷりが。

一つだけ、終わり方がちょっと気になりました。
最後のひぐらしの後の一音(一拍?)、いらなくないですか?

蝕み
このアルバムの中で一番呪われそうな曲。サイケなインスト。
最後の「ごめんなさい」が効果的です。一瞬ビビりました。

いろんなGMCD聴いてていつも思うけれど、
ベースとなるイメージがありつつ、かつ自分のセンスに逆らわず、
それでいてサイケデリックなインスト曲が書けるっていうのは、
実はすごいんじゃなかろうか?

hymn
聴き始め、「こんなジメっとした暗い曲がonokenさんの?」と驚いたけれど、
よくよく聴いてみたら、リズムはいかにもonokenさんっぽかったです。
今までの曲の雰囲気もあるんだけど、今までにはなかった曲というか。
なんて言うか、その辺の諸々も全部含めて、不思議な感じでした。

you -Visionen im Spiegel
このアルバムで一番のヒットでした。これは良い。すごく良い。
サビの部分の壮大な感じが、完全に好みです。Strings万歳。
ボーカルの癒月さんの声も、やわらかくて耳に心地いいし。
なんかもう、全部ツボです。
いっそ、「when they cry」と両A面でシングルカットとかどうですk(ry

ところで、これ、原曲はゲーム「ひぐらし」挿入曲ですか? よく知らないんですが。

[ドラマCD] テイルズ オブ ジ アビス ドラマCD vol.1

「ガイ様、華麗に参上」が2回も出てきたことにまずびっくり。
シナリオライターのお気に入りか?


というわけで。
とりあえず1通り聴きました。
個人的には、ゲームプレイしてからの視聴をオススメします。
CDにして全4巻と、ボリュームがあらかじめ決められているからか、
初っ端からかなりネタばらしされてます。

ストーリーはうまくアレンジされていたので、
ゲームを知らなければ単純に「ほぉ?」と引き込まれていたかもしれないけれど、
ゲームを知ってしまった今となっては
「なんでそれをここでバラすかなぁ、もったいない」
という気がしないでもないです。
俺自身はゲームのストーリー展開にいたく感動したクチなので、
その点は不満と言えば不満。
でもCD4枚に収めなければならないという点も理解できるので、
仕方ないという気もする。


そいえば。
ミュウの存在が完全に抹殺されてます。一切出てきません。
ミュウは、ゲームのシステム上必要な存在ではあったけれど、
ストーリー上それほど重要でもなかったから、
この扱いになったのはわからないでもないけれど。
尺も決まってることだし。
とはいえ、あの「○○ですの?」が聴けないのは、少々寂しい。


ゲームのストーリーを超えてるということは決してないけれど、
ストーリーのアレンジ自体は良い感じだと思うので、
多少の不満は残りつつも、まずまずといったところじゃなかろうかと。
ゲーム終盤のレムの塔イベントが、
ドラマCDではどんな感じになるのか期待しているので、
このテンポが2巻も続けば、きっと4巻全て買うと思う。

[GMCD] FINAL FANTASY 3 Original Soundtrack

NDS版FF3のサントラです。FC版ではありません。

FC版との違いは、
 ・音が違う(FCとNDSではそもそも音源も同時発音数も違うので)
 ・小曲が数曲追加
 ・「最後の死闘」と「エンディングテーマ」が3分割
 ・ボーナストラック2曲追加
ぐらいだろうか。
メロディラインはそれほど変わっていなくて、ほぼFC版のまま。
音色を変えて音に厚みを持たせた感じ。
FF1や2がPS版に移植されたときほどの変化はないかと。

アレンジ自体は、まぁ無難といえば無難なアレンジだけど、
それだけ安定しているというか。
FC版サントラやアレンジCD「悠久の風伝説」を知っていても、
さほど違和感は感じません。
ゲームはまだ未プレイなので、ゲームと合っているかどうかは不明だけど、
結構いい感じなのでは?

オススメは「禁断の地エウレカ」。
エウレカはFC版の時から好きな曲だったけど、
NDS版アレンジが素晴らし過ぎ。
次点で「オープニング・テーマ」、「悠久の風」、「クリスタルタワー」。

[ゲームEV] 東京ゲームショウ 2006

とりあえず。
CESAは入場をもうちょっと考えるべきかと。
さしあたって当日券販売所。
会場の当日券販売所はもっと駅寄りに設けないと。

 最後尾を横目に見つつ、入場口近くの当日券販売所へ
 →最後尾を探しつつ戻る
 →2倍長く伸びてるよっΣ
 →(号泣)

というパターンは改善すべき。
あと、海浜幕張駅改札出てすぐの当日券販売所は
混雑の原因の1つだと思うのです。

同様の理由でMicrosoft。
超絶に混雑してる駅構内で紙バッグ配布はやめてくれ。
これも混雑のもとです。
せめて混雑してる間だけは、駅構内ではなく外で配布してくれ。


ふぅ、ちょっとすっきりした。


というわけで、行ってきましたTGS。
入場してからの滞在時間は2時間。
ざっくり映像見てきただけだけど、去年よりはおもしろかったかな。

◆カプコンブース
逆転裁判のTGS特別法廷の映像を流してました。
後半半分しか見られなかったけど、
この特別法廷のメインキャラは成歩堂たちなので、ちょっと安心した。
ギャグセンスは相変わらず。
あとは、ドリマガに期待。

4の映像も流れたけれど、ストーリーが結構おもしろそう。
別に牙琉霧人がいいと思ったわけでは決してない。

◆SCEブース
「The Eye of Judgement」にかなり衝撃を受けた。
あれはおもしろそう。
カードバトル用のスペースが絶対必須なので、
1人暮らしの狭い部屋ではスペース作りに苦心しそうだけど、
TCGが好きならハマるかもしれない。
音声認識か音声通話もあると、なお良いかもしれない。

PS3は映像がかなり綺麗でした。
だけど、劇的に違いがわかるわけでもないので、
正直PS2でもはや十分な気もする。

◆バイダイナムコブース
IDOL M@STERのイベント待ちだろうか、ものすごい人だかりができてました。

TOWレディアントマイソロジーは、完全にテイルズファンを対象にしている感じ。
映像しか見てないけれど、
作品を超えてキャラ同士が協力し合うところを前面に出してました。
混雑してなければ、もうちょっとじっくり見たかったかも。

◆スクウェア・エニックスブース
映像出展だけ見てきたけど、いくつも抱え過ぎだと思いますスクエニ様。

・アドバンス版FF6
キャッチコピーの「近づく予感」にニヤリとさせられました。わかる人にはわかるハズ。
BGMに使われたティナのテーマを聴いただけで、やりたい衝動にかられました。
やっぱりあれは名曲かと。

・FF13
映像美は素晴らしかったです。
FF7ACよりは滑らか、映画版FFよりはやや無機的といった感じ。
ムービーオンリーだったので、
ゲームとしての中身がどんなもんなのかは結局わからず。

・すばらしきこのせかい
曲に惚れました。ちょっとサイケっぽさもあるポップな曲。誰だ、コンポザ?
ゲーム自体もおもしろそうです。今後チェックしとこう。

・聖剣伝説4
3DのアクションRPGのせいか、どことなくKHっぽさを感じました。
マイコニドやラビがつるんとしているのが気になった。
もうちょっとザラザラした質感の方がいいなぁ。

・聖剣伝説 HEROS of MANA
ペダンが舞台というから、3の流れを汲むのかね。
ストラテジーはあまり体験がないので、ちょっと不安も感じるけど、
ストーリーは俺好みの痛い話っぽい。

◆ファミ通ブース
みずしな孝之さんを生で見られただけで満足。お腹一杯。

◆物販ブース
逆転裁判のオケアレンジCDが欲しくて見てみたけど、
2時間待ちの前にあえなく敗北。。。orz

もういいよ。11月に一般販売されたら買うよ。

[ゲームRev] ペルソナ3

や、やっと終わった、クリアした。。。_○□=

総プレイ時間は、ラストバトル直前の最終セーブで142時間だったので、
エンディング含めて143時間ぐらいだろうか。
ペルソナ1ほどではないけれど、アホみたいに時間かかりました。
時間かかった原因は、最初の頃、2日に一回タルタロス潜ってたからだと思われ。
# 1タルタロス = 約1時間。


最終レベルは主人公がMAXの99、他のメンバーも90以上。
なので、ラストバトルは楽勝でした。
ラスボスのダイン系魔法でも100以上当たらないし。
1月4日頃から深層モナド(強敵揃いの隠しダンジョン)に篭っていりゃ、
そりゃイヤでも上がります。

とはいえ、最終形態のラスボスは、
サタンとルシファーのミックスレイド「ハルマゲドン」で仕留めましたが(ぁ
最終形態戦、フツーに戦うと面倒くさそうだったので。
# ←基本的にバトルに楽しみを見出さない人


ストーリーは、結構おもしろかったです。
予想通り、痛い話が盛り沢山で。
学園もの特有の痛さもあり、そうでない痛さもあり。
11月頃からバックグラウンドがはっきりしてくるんだけど、
そこからのストーリー展開がいい感じでした。

ストーリーとは直接関係ないけれど、1月以降もわりと好きです。
1月になると最後の敵がはっきり定まって、
1月31日以外はストーリー上何か大きなことがあるというわけでもなく、
ひたすら鍛錬するしかやることないんだけど、
荒廃していく街の雰囲気の生々しさがすごいなぁ、と。
これまでゲームで語られていた「滅び」というと、
何か災厄が降りかかって一気に滅ぶというものが多いと思うけど、
このゲームでは緩やかに、でも確実に、「滅び」に侵食されて崩壊していく、
その過程が紡ぎ出す寂しさが妙にリアルというか。
BGMによる効果も大きいけれど、それだけじゃないような気もする。


BGMといえば、音楽も素晴らしく良いです。
これまでのペルソナシリーズは、音楽にさほど期待していなかったけれど、
今作はすごくいい。
どの曲もゲームの雰囲気とよく合ってる。
さっきも書いたけど、特に1月以降の各所で流れるBGMが素晴らしい。
街とか学校とかで流れるBGM聴こえてくるだけで、
何かぐっとくるものを感じる。


そーいや、ゲームやってて常々疑問だったのだが、
主人公たちが通ってる学校、
いろんな意味で大丈夫なんだろうか。。。
戦国時代しか教えない日本史教師とか、
修学旅行は京都しか認めない古文教師とか、
滅びを確率論で語る数学教師とか、
魔術を大真面目に語る保健体育教師とか、
電波な教師しかいねーっていうアレな状態なわけで。
これで進学とか、よほど自分で努力しないとムリだと思うんだが。。。w


まぁ、そんなこんなで。
さほど期待せずに購入した割には、かなり楽しめました。

[TV] 死亡推定時刻

2006/09/10(日) 00:03:53 | カテゴリ:TV
今日21時からCX系でOAされた2時間半の特別ドラマ。
2003年の「コトー」以来、吉岡秀隆さんの丁寧な演技にベタぼれしてまして、
その影響+ミステリものということで鑑賞。

地味だけど重厚な作品で、
CMがものすごく邪魔だと感じたドラマでした。
雰囲気はNHKのドラマみたいで、だからこそCMが邪魔で。
民放だからCMが挟まるのは仕方ないとはわかっていても、
そう感じずにはいられませんでした。
OAとリアルタイムじゃなくて、CMカットで録画して一気に見た方が良かったかも。


ストーリーは、なんというか、いろいろやるせなかったです。
極貧でも精錬潔白に生きようとして結局何も残らなかった兄と、
極貧だったから金に執着して生きてきて大事な何かを見失った弟の確執が、
すごくやるせなさというか、無情さを表していて。
犯行理由も、その背景も、何もかも色々救われないというか。

まぁ、それでもこのドラマ、
身内の数々の失態を隠そうとして事実を捻じ曲げて無実の罪を人に負わせた
警察と検察の偉い人と、それに逆らえなかった偉い人が
一番の悪役でしたが。
ほんとにもう、殴り倒してやりたかったです。


吉岡さんの演技はやっぱすごい。特に泣きの演技。
ただ涙を流すだけが「泣く」っていうことじゃないんだなぁ、と感じたり。
あと、苛立ちからバスの窓を叩くシーンも印象的でした。

松平健さんは、ハマリ役だと思いました。
成り上がり社長役にぴったりの威圧感と強面で、いい味出てたかと。
でも、小林薫さんと兄弟ってのは、ちとムリが。。。全然似てない。。。


「ドラマの結末はすっきりしなきゃヤだ」という人にはオススメしませんが、
久しぶりにいいドラマ見たと言う気分です。

[ゲームRev] TOPフルボイスエディション予約特典 ドラマチックDVD

PSP版テイルズ オブ ファンタジア。
明日かと思ったら、今日Amazonから届いてた。
発売日ぴったりですな、珍しく。

そもそもの目当ては予約特典の「ドラマチックDVD -アップルグミ篇-」なので、
まずはそっちから鑑賞。

やー、なんつーか。
子安ボイスはいいなぁ・・・・・・(それかよ
ジェイドのアクはもうちょっと強い方がいいかもとか感じたけど、
主役はTOPメンバーなので、まぁ、あれくらいが限度か。

ゼロスはTOA予約特典に続いてのチャットボイス参加だけど、
今回はちょっと抑え気味っぽい気が。
声優インタビューでしきりにTOSのOVA化を宣伝してたのが印象的でした。

TOPメンバーでは、藤林すずの直球過ぎるツッコミに全世界が涙するかと(ぇ


そうそう。
PS2版TODの予約特典「オレンジグミ篇」のキャストも発表され、
チャットドラマの司会進行は、アップルグミ篇に続いてジェイドとゼロスなんだそうな。
予約しちゃいましたよ。えぇ。ほんとにありがとうございました。

[雑記] mixiの学友探し

2006/09/07(木) 23:52:53 | カテゴリ:雑記
ぼへら?っとmixiで母校のフォーラムを眺めてみた。
懐かしい面々が結構いるっぽい気がする。

でも、見てるだけ。参加しません。


・・・・・・や、だって、なんかね。怖いじゃん。
# 数年前からややネット対人恐怖症気味。
個人的に会いたいヤツはいるけど、
きっと会いたくないヤツもいると思うので、
グループに飛び込むほどぼ勇気はありません。

それに、俺の周りのマイナー集団はいなさそうだし。
なので、見てるだけ決定。


小学校・中学校のフォーラムがあったら、参加してたかも。
とはいえ、小学校はねーな。
俺が卒業した時点で全校児童25人だったし。もう廃校になったし。

[雑記] 浅見光彦の住民票

2006/09/05(火) 22:42:26 | カテゴリ:雑記
060905.jpg
誕生日と血液型が浅見さんと同じで、現在北区在住の友人からもらった。
ファン以外に誰がもらうんだろう、とは思いつつも、ここにもらってきてもらった人がいるので、「必死だな北区」なんて言えません。
にしても、今のところ何枚発行しているのだろう。2桁ってことはあるまいが、5桁ってこともあるまい。


つわけで、ありがとなのです。
十分拝み倒したら、大事に保管しときます。

さしあたって、今年の正月の帰省に持ち帰って母に見せびらかすか(ぁ

[TV] 岡部警部シリーズ 倉敷殺人事件

2006/09/02(土) 00:10:46 | カテゴリ:TV
まだ映像化第一作目なのに「岡部警部シリーズ」て。。。w


原作の岡部警部とはちょっと違う感じだったけど、
特に違和感は感じなかったから、これはこれでアリかなぁ、とも思う。
原作が骨太なダンディなら、今回OAされたドラマ版はキザなダンディ。

神谷刑事はもうちょっと若いイメージだったし、
坂口刑事はもうちょっと都会っ子でヤサ男なイメージでした。
# 坂口刑事は「十三の墓標」のイメージが強いせいか、
# さらに泣き虫属性付加だったりそうでもなかったり(ぇ
とはいえ、あの近藤版岡部警部なら、ドラマの神谷+坂口でもいいかな。
泉谷さんの神谷刑事は、どう見ても刑事には見えなかったですがw


「倉敷・・・」の原作版ストーリーは忘れてしまったのだけど、
ドラマ版は普通に楽しめました。
2時間ドラマ慣れしてるからか、忘れてる割にはトリックはすぐにわかりましたが。


これくらいの質なら、まぁシリーズ化するのもいいかも。
いっそ、フジ系でも竹村警部シリーズやって、
浅見+竹村、竹村+岡部共演作も映像化してみるべきかと。
つーかむしろしてくれ。見てみたい。「軽井沢・・・」とか「死者の木霊」とか。