[本] 捩れ屋敷の利鈍

2007/05/20(日) 13:28:14 | カテゴリ:
森博嗣「捩れ屋敷の利鈍」(講談社ノベルス)読了。

熊野御堂家の別荘へ招かれた保呂草は、そこで西ノ園萌絵と出会う。彼女もまた、熊野御堂当主の譲に招待された客の一人だった。
熊野御堂譲は、招待客に「メビウスの輪」構造に捩れた巨大建造物を披露する。その建物最奥部には、秘宝「エンジェル・マヌーバ」が厳重に安置されていた。
翌朝、捩れ屋敷の中から死体が発見される。また同時に、エンジェル・マヌーバが消失してしまうという事態が発覚する。


実は3週間ほど前に読み終わっていたんだけど、
読了直後にリプレイし始めた逆転裁判1?4が(ry


そんなことはさておき。
今作はVシリーズの番外編。
どうやらいわゆる企画モノ、らしいです。
なので、Vシリーズのレギュラーメンバーの中からは保呂草と紅子しか出きません。
代わりにS&Mシリーズの萌絵、国枝、犀川が出てきます。
S&Mシリーズも読んでた身としては、すこぶる懐かしかったです。
「有限と微小のパン」以来見てなかったから特に。

公式ではVシリーズに組み込まれてるけれど、
メインは萌絵と保呂草なので
VシリーズでもありS&Mシリーズでもあり、みたいな。

そんなわけで。
みどころは、密室の謎解きというよりは、S&MとVの共演じゃなかろうかと。
逆にいえば、S&MもVも読んでないと、魅力が半減どころか8割減かもしれない。


とりあえず、本作を読んで、
Vシリーズの第一作目ぐらい読まなきゃなぁと、ひしひしと感じました。
シリーズの途中から読み始めたせいか、
いまだに保呂草のスタンスが理解できてない。。。orz

[GMCD] 聖剣伝説 HEROES of MANA Original Soundtrack

ゲームはまだ未プレイです。
Amazonで50%引きになってるから、そろそろ買い時かなぁと思いつつ。
なので、ゲームとどれだけマッチしているかはわかりません。


聖剣伝説3の数年前がこのゲームの舞台だということで、
3の曲のアレンジが入ってないかなぁ、と淡い期待もしていたのですが、
ざっくり聴いた限りではカケラも入ってないような。。。
コンポーザが違うからそんなことも想定済みだったし、納得済みなんだけど。
ただ、3の曲を下村陽子さんがアレンジしたらどうなるかなぁ、と。
それに、3の曲はピンポイントで猛烈に好きな曲が多かったので。
# Meridian Child とか Different Road とかが好き。


全体の曲調は、シンフォニックかつアコースティックでしっとりした感じ。
聖剣LOMからエレクトロニカルな部分を削ぎ落とし、
シンフォニック部分を抽出するとこうなるんじゃなかろうか、みたいな。
コンポーザが同じだからだと思うけれど、
LOMっぽさをベースに、2っぽさ1割、3っぽさ1割を
エッセンスに加えてみましたっていう印象でした。
だからこそ「3っぽさがない」っていう人がいるかもしれないけれど、
比較せず聴けば決して悪くないと思う。
LOMの曲がヒットした人なら、聴いてみる価値はあるかと。

そういえば、聖剣4もこのゲームも
「ゲームとしてはおもしろいけれど、聖剣シリーズとしては・・・」
という評判をよく耳にするなぁ。
どっちも未プレイなので、俺にはなんとも言いようがないのだけど。


どれも結構良作揃いで、突出して「これ」っていう曲がないんだけど、
とりあえず「風が教えてくれた物語 ~Ending Theme from HEROES of MANA~」は
普通に好きかも。

[雑記] 配色変更

2007/05/13(日) 00:26:32 | カテゴリ:雑記
ここの配色を変更。
これから暑い季節になるので、寒い配色にしました(ぇ

Firefox 2.0とOpera9で最適化。
IE6(+Sleipnir2)でも問題なく見られることを確認。


サイトの色のバランスというか組み合わせというか
そういうセンスは破壊されてるんじゃないかっていうくらい壊滅的なので、
ネットで配色サンプルを載せてるところを漁ってみました。
探し方が悪いのか、あまりサンプル載せてるところが見つからず、
最終的に、↓のページのツールを参考に色を決定。

配色ツール[基礎からわかるホームページの配色]

このFlashツール、俺みたいに色センスゼロの人間にとっては
すごくありがたいツールかも。便利便利。

[ゲームRev] 逆転裁判4 つれづれ語り

発売から1ヶ月経過してるから今さらな感じもするし、
ファンサイト巡りした結果、どれが自分の感想かわからなくなってきてるし、
そもそもmixiでガリガリ語りまくってるのに改めて何やってんのさって感じだけど、
整理する意味も含めて、徒然吐き出してみる。

ついでに、限定版についても触れてみたり。

というわけで、以下ネタばれです。