[GMEV] 逆転裁判 特別法廷2008 オーケストラコンサート

GBA, DSのADV「逆転裁判」のオーケストラコンサートに行ってきました。
会場は新宿文化センター。
開場は11:30。
開演は13:00で、まずは新作「逆転検事」の発表会。
その後20分の休憩を挟み、結局コンサートの実質的な開演は14:00。
終了は16:00頃でした。

セットリストは、次の通り。
-----
1. 王泥喜 法介 新章開廷
2. 逆転裁判1~3 法廷組曲
3. 芝九蔵虎ノ助~スウィング・ゼニトラ
4. ゴドー~珈琲は闇色の香り
5. 大いなる復活~御剣怜侍
(休憩)
6. 逆転裁判4 法廷組曲
7. 悪漢組曲
8. 恋するギターのセレナード
9. 綾里真宵~逆転姉妹のテーマ
10. 逆転裁判3 エンディング
(アンコール)
11. 大江戸戦士 トノサマン
12. 成歩堂龍一~異議あり!
-----

TGSでおなじみの特別法廷(アニメーションによる寸劇のあれ)が、
曲の要所要所に挟み込まれてました。
その特別法廷の出演キャラは、
成歩堂(弁護士のみ)、御剣、王泥喜、牙琉(弟)、サイバンチョの5人。
個人的には、33歳成歩堂も見たかったなぁ。
カプコン的には4のネタバレがいまだNGのため出せなかったっぽいけど。


以下、印象に残った曲ごとに雑感。

-----
[王泥喜 法介 新章開廷]
一発目に持ってくるならこの曲しか、つーか一発目以外でこの曲入れるところないだろう、
と思ってたら、案の定一発目でした。
元々すごく好きな曲だからというのもあるけど、鳥肌が立ちました。
やっぱり生音はいいなー。

[逆転裁判1?3 法廷組曲]
いきなりパイプオルガンによる「トッカータとフーガ」(2のOPのあれ)から始まり、
なんで会場が新宿文化センターなのか納得しました。
今回の曲目の中では、これが時間的に最長だったのかな。
さすがに1?3の法廷内BGMをメドレーにしてるだけあって、いろいろ感慨深かったです。

[逆転裁判4 法廷組曲]
ゲームプレイ中はあまり気に留めてなかったけど、
4のBGMって結構良曲が揃ってたんだなぁ、と
これを聴きながらしみじみしてました。
曲は3と4あたりが一番好みかもしれない。

[悪漢組曲]
蘇る逆転の「厳徒海慈~みんな、泳いでる?」、
2の「虎狼死家左々右エ門 ~殺人的紳士の愉しみ」、
3の「怪人☆仮面マスク ~聞いてくださーーーい!」のメドレー。
仮面マスクが悪漢かどうかはさておいて、曲のアレンジはすごく良かったです。
妙に印象に残った曲でした。

[恋するギターのセレナード]
生しもつきん! で内心バタバタしてました。

あの「問題作」をオーケストラバック+ボーカル付きで演奏するというのは、
正直なところ原曲が原曲なので興味半分・不安半分でした。特に歌詞。
しかし実際に演奏を聴いて、「こんなに化けるんだっ!?」と驚きました。
情緒的にしっとりとしてて、不思議と歌詞もうまくマッチしてて。
一周目が英語訳版だったのも功を奏してました。
これは良かったです。聴き惚れました。

あと、ラミロアさんのイメージがファンタジックよりは民族的だったので、
霜月さんよりは志方あきこさんの方が合うんじゃないか? と聴く前は思ってたんですけど、
ごめんなさい、俺が間違ってました。霜月さんで良かったです、すごく。

[綾里真宵?逆転姉妹のテーマ]
岩元さんが指揮をされてました。
さすがに指揮者を目指したことがあるだけあって、結構サマになってました。

[大江戸戦士 トノサマン]
こっちは巧舟さんが指揮を担当。
見てるこっちがヒヤヒヤしてましたw 無事に終わって何よりです。

[成歩堂龍一?異議あり!]
パンフの曲目リストにこの曲が入ってなかった時点で、
「あ、アンコールか」とすぐに気づきました。この曲は外せないでしょう。
基本的にオーケストラアルバムと同じだったけれど、
生音で聴くと結構印象が違ったというか。重厚な感じ。
-----

今回のこのコンサートは、後日CDとDVDで発売されるそうな。
CDは7/16、DVDは10/30。
カプコンの販売戦略にハメられてるとはわかっているが、どっちも欲しいな。


同時開設された物販コーナー。長蛇の列になってました。
俺が11時半に列に並んで、ぎりぎり開演前販売に間に合ったぐらい。
あと10分遅れてたら、きっと開演前には間に合わなかっただろう。
実はあまり買う予定じゃなかったんだけど、
とりあえずかりんとうとタンブラー購入。
まぁ、タンブラーは使うことないだろうなぁ。

ちなみに、一番最初に完売したのが「ニット帽」でした。
・・・・・・よりによって、なんでそれ? 使える場所なんて1つに限られるやんw


開催記念品のCDの中身は、
「恋するギターのセレナード」と「大江戸戦士トノサマンの唄」の2曲でした。
オーケストラバージョンではなく打ち込み版。
さすが岩垂さん、っていう感じにアレンジされてます。

[GMCD] THE BLACK MAGES III -Darkness and Starlight-

FFのコンポーザとしてお馴染みの植松伸夫さん率いる
バンド「THE BLACK MAGES」の3枚目のアルバム。
前作「The Skies Above」から3年3ヶ月ぶりのアルバムだそうです。
あー、もうそんなに経つのか。。。

その間に植松さんがスクエニから独立したから、
スクエニ社員が何人かメンバーに入ってるTHE BLACK MAGESもまた
自動的に活動停止したのかと思ってました。まだ活動してたんだ。。。
しかも本作はスクエニのレーベルではなく、植松さんのドッグイヤーレーベルからの発売。
スクエニ、意外と懐が広い・・・・・・のか?


内容は、いつも通り歴代FF曲のロックアレンジ集。
ロックという曲調だけあって、バトル曲がメインです。
しかも今回はラストバトル曲が結構集まってる気がする。
FFのラストバトル曲はどれも迫力のある名曲だし、
激しい曲なだけあってロックとの相性が抜群に良い。
ただ、3, 5, 8, 9のラストバトル曲が一気に集結してるところは、
ちょっと穿った見方をしてしまいそう。

バトル曲が揃ってる中で異彩を放ってるのが、表題作でもある「Darkness and Starlight」。
6のオペライベントの曲をメドレーで声入り。しかも15分の大作。
第1弾アルバム「THE BLACK MAGES」収録の
「Dancing Mad」の12分を超える曲が来るとは。
そーいや、あれも6の曲だったな。

個人的には、妙に野太いマリアの声と妙に恥ずかしい歌詞に内心ちょっと引きました。
同じオペライベントメドレーでも、オーケストラだった「More Friends」の方は
特に引くことはなかったんだけど。
まぁ、あっちは歌詞が日本語じゃなかったからなぁ。


オススメは、どれも甲乙付けがたいんだけど「Distant Worlds」かなぁ。
激しさはまったくないので、本作でこの曲を推すのは間違ってる気もする。

[GMCD] drammatica - the Very Best of Yoko Shimomura -

下村陽子さんのベストアルバム「drammatica」購入。
ベスト盤ということになっているけれど、実態はオーケストラアレンジアルバム。
下村さんが担当したスクエニの作品のうち

  FRONT MISSION
  LIVE A LIVE
  聖剣伝説Legend of MANA
  聖剣伝説HEROS of MANA
  Kingdom Heartsシリーズ
  FINAL FANTASY Versus 13

から1~4曲選んでアレンジを加え、オーケストラで演奏したものを収録。
選曲は下村さんご本人がやったそうです。

最近、ゲーム系コンポーザのベストアルバムが頻繁に出るようになったので、
そのうち下村さんのも出そうだなぁ、と思っていたら、やっぱり出ました。
ただ、LAL(LIVE A LIVE)収録作品の中に含まれていることには驚きました。
曲は良いし、SFC中期のゲームとしてはいろいろすごい展開だったけれど、
FFや聖剣、KH(Kingdom Hearts)に比べると知名度は低いから、
入ってくれればいいなぁ、ぐらいの淡い期待しか持っていなかったので。

収録作品といえば、一つ気になったのは、
どうしてパラサイト・イヴが入ってないのか? というところ。
アレンジしにくそうではあるけれど、1曲ぐらい入れても良かったんじゃないの、とも思う。


収録作品のうち、サントラ持ってないのはFRONT MISSIONぐらいだけど、
ちゃんと聴き込んでるのはLAL、聖剣LOMとHOM、KHの1ぐらいなので、
3分の2は懐かしさがあるけれど、3分の1は新曲を聴いているような感覚でした。

下村さんと言えばバトル曲に定評があるので、
本作もバトル曲ばっかりになるのかな、と予想していたのだけれど、
思っていたより少ないような。
LALの「MEGALOMANIA」や聖剣LOMの「Pain the Universe」あたりは
確実かと思ってたんだけどなぁ。ちょっと意外。

まぁ、個人的には、
LALの「Forgotten Wings~忘れられた翼~」が目当てだったので、
わりと満足してます。
この曲、俺の好きな「届かぬ翼」のアレンジで、
今となっては高値で取引されている攻略本の付録CDにのみ収録された作品だったから、
以前から気になっていたけれど聴けずに悔しい想いをしていたので。

嬉しい選曲といえば、聖剣LOMの「滅びし煌きの都市」もうれしかったです。
「涙色した輝きの・・・」とどちらかが入ってくれればいいなぁ、と期待していたので。

意外だったのはLALの「鳥児在天空飛翔 魚児在河里游泳」。
そっちが来たかー、て感じでした。
いや実は好きなんですけど、この曲も。


曲が全てオケなので、爆音推奨です。
最初、スピーカーで聴いていたときは「なんだか迫力に欠けるなぁ」と感じたけれど、
ヘッドホン視聴に切り替えたら印象ががらっと変わりました。
やっぱりオケはヘッドホンだな。うん。


オススメは、正直なところ全部と言いたいところだけど、
絞り込むなら「Forgotten Wings ~忘れられた翼~」と「The Other Promise」。
どっちも盛り上がりが鳥肌級。

[ゲームRev] 奈落の城 - 一柳和、2度目の受難 -

日本一ソフトウェアの推理系ADV「奈落の城」を全ルートクリア。
一柳和シリーズとしては2作目の本作。
前作「雨格子の館」が思いのほか面白かったので、
「雨格子」をとりあえずクリアしたその勢いのまま、気が付いたら購入してました。

総プレイ時間は・・・どれくらいだろう。30~40時間ぐらいかなぁ。
クリアルートの順番は、
ヴィンス → ティーロ → クレア → 三笠 → アル (→ 和 → 日織) → ザック
でした。


システムは前作をほぼそのまま継承。
前作で1~2回しか連続で使えなかった「話す」コマンドが
好感度次第で2~10回程度まで連続で使えるようになったりと、
いくつかの改良点が加わったくらい。
3Dの廊下を自由に歩けるから3D酔いになりやすい、という意見もよく見たけれど、
車だけじゃなく電車や人混みでも簡単に酔うし、
PS初期の頃の3Dゲーで酔ってばっかりだった俺でも、
こっちはまったく酔いませんでした。
あれこれ考えながらの移動だったからか、単に3Dに慣れたからか。
ただ、なかなか真っ直ぐに歩けなくてふらふらした挙句
ドアのヘリに引っかかっるということが多かったので、
斜め方向に伸びる廊下がないんなら、アナログスティックで視点を回すのではなく、
前後左右の4方向限定で方向切り替えできるとよかったなぁ、とちょっと感じました。


ストーリーは、なんだかいろいろ絡み合ってて一言では表現し難いです。
なんというか、お腹一杯っていうか。いろいろすごい、というか。
ただ、前作と違って目的がイマイチぱっとしないため、
あれもこれもと聞き込んだり調べたりしてたら、
いつの間にか真相に近づいていた、という展開が多かったような。

シナリオ構成上、1周目で真相ルートにたどり着くことはできず、
真相ルートをクリアするには最低でも3周しなければならない。
こういう構成になったのは、おそらく事件を詰め込み過ぎたからだと思う。
プレイヤーに容易く真相を理解してもらうための配慮なんだろう、とは思うのだけど、
やっぱり前作みたいに1周目でも真相解明可の状態にしてほしかったなぁ。

あと、真相ルート以外はどれも後味の悪い終わり方をするので、
それもまた、繰り返しやろうという意欲を削がれるような。
とはいえ、真相ルートの動機解明前後の展開は結構見ものでした。
犯人については、推理もの禁忌に触れてる気がしないでもないけど、
なんというか、和ががんばったというか、
「外野の100の助言よりも、監督の1の命令」つーかw
本作の真価は真相ルートを解明しないとわからない気もする。

謎解きは、真相ルート以外は自力でもどうにかなったけど、
真相ルートは攻略サイト必須でした。特に暗号解読。
時計の暗号は比較的簡単なものだったけど、
魔法使いと最後のは自力じゃ難しい。特に最後の。時間制限つきだし。
最後のイベントの暗号文見たとき、あまりの難解さに心の中で、
「俺(プレイヤー)は名探偵じゃねーし」
って思わずツッコミ入れてました。


登場人物は、前作よりかなり大人しい感じがしました。
前作が個性的過ぎた感もあるけれどw
個人的には三笠がお気に入り。真相ルートEDの一枚絵は思わず吹いた。

レギュラーの和・日織コンビは、日織がストーリー序盤で姿を消してしまうので、
コンビとして威力を発揮するのは真相ルートぐらいだったような。
日織好きとしては少々寂しかった。。。
# もっとも、推理ものに慣れてるせいか、
# 日織の居場所はすぐに気が付いたけれど。ヒントは全て人物ファイルにあるし。
# 同じ理由で、ストーリー上の必須アイテムの一つも一番最初に見つけてたけどw


クリア後のおまけは、CG集とBGM集、フロー図の閲覧、
それと北速水涼介の小説が読めるくらい。
前作にはあったおまけルートはどうやらない模様。
あの本編の破壊っぷりを今作でも期待してただけに、ちょっと残念。
廉価版におまけルート入れてくれないかね。入ったらきっと買う(ぁ


「奈落の城」は、真相ルートまでクリアしないと良さのわからないゲームなので、
プレイの際はぜひとも真相解明までやってほしいところ。
あと、ある程度自力で解くならメモ帳は必携アイテムかとw