[本] それでも、警官は微笑う

2008/06/29(日) 02:55:27 | カテゴリ:
日明恩「それでも、警官は微笑う」(講談社文庫)読了。

長年、密造拳銃を追っていた武本巡査部長は、同種の拳銃を持つ麻薬常習者・石島を逮捕する。しかし、石島は厚生省麻薬取締部で目を付けていたエスでもあった。
石島を尾行していた麻薬取締部の宮田には、目的があった。5年前、覚醒剤乱用防止推進員であり、かつての想い人の父親であった人物が、麻薬に手を出した挙句に拳銃自殺した事件。その真相を探り、真の犯人を捕まえること。そのために、研究者から麻薬取締官に転職した。
それを聞いた武本は、その事件の拳銃を調査する。それはやはり、武本の追っていた密造拳銃と同種であった。


感想とは全く関係ありませんが、とりあえず、著者名が読めません。

閑話休題。

某読者投稿でメインのマニアックな雑誌ファン○ードで紹介されていたのが目に止まり、
小説のストックがたまたまなかったので購入。
硬派な警察小説というところも、購入意欲をかき立てられた一因かも。

で、買ってから裏のあらすじ見て
初めてこの作品もメフィスト賞受賞作であることを知りました。
最近、どうもメフィスト付いてるなぁ。講談社文庫ばっか買ってるせいなんだろうけれど。

メフィスト賞というと新本格の登竜門というイメージが強いので、
最近本格ものが食傷気味なこともあり、ちょっと警戒しながら読んでみたのですが、
メフィストらしくなく純粋に警察小説でした。結構おもしろかったです。
冒頭のシーンがかなり衝撃的で、
「朝の満員電車でなに読んでるんだろう自分」とちょっと不安にもなったりしたけれど、
話が進むにつれて引き込まれました。
話の内容自体は重厚なんだけど、
流れがスムーズで飽きを感じることなく読み進めることができ、
しかも語り口が軽快で読みやすかったです。

登場人物の一人にミステリマニアな警部補が出てくるため、
時々、和製ミステリの刑事の名前が出てきます。
ここもなんだか、ミステリ好きの心をくすぐられました。
小ネタがわかるとニヤニヤしてしまう、あの心理ですw

警察小説は初めての人や、
世の中のハードボイルド系警察小説が硬過ぎるという人にオススメかと。

[音楽] HEAVENS WiRE×COSMO NOVA / UltraViolet

2008/06/21(土) 19:56:53 | カテゴリ:音楽
HEAVENS WiRE×COSMO NOVA「UltraViolet」購入。

ニコニコ動画で「COSMO NOVA」で検索して引っかかった
COSMO NOVAさんの楽曲をメドレー形式にMixした動画の下にこのCDを見つけて、
迷うことなく光の速さで即買いしました。
このCDの存在を全く知らなかったので、見つけることができた幸運に感謝しつつも、
これまで全く知らなかったことに凹みもしたけれど。
知ったのが発売後2年近く経過してからなんて、不覚。。。

COSMO NOVAさんの曲にはmuzieで活動されていた頃からハマってます。
昔は激しいだけの曲が苦手でTechno系にあまり魅力を感じていなかったのだけど、
COSMO NOVAさんの曲はTranceなのに壮大で神秘的で、
初めて聴いたときはかなりの衝撃を受けました。
以来、Techno系の曲に対する苦手意識が大幅改善。
COSMO NOVAさんの曲に出会ってなければきっと聴くこともなかっただろうなぁ、という
Techno系の良曲に出会うことができた気がします。

ちなみに、muzieから入手したMP3は今でも大事に持ってます。
「Smokin' Fish 2」も、HEAVENS WiREさんの「Prizm」も持ってたり。

その後、病気療養を理由にネットから姿を消してしまわれて随分寂しい想いをしたけれど、
無事復活されたようでなによりです。


このCDはHEAVENS WiREさんとCOSMO NOVAさんのコンピアルバム。
全曲Tranceです。
HEAVENS WiREさんとCOSMO NOVAさんの楽曲、数にしたら半々ぐらいだけど、
時間にしたらCOSMO NOVAさんの曲の方が長いように思える。
「ATMOSPHERE」の11分と「Lapis Lazuli(cosmonova Remix)」の10分だけで、
全68分のうちの20分に達してしまうわけで。

それにしても。
muzieに発表されていたweb edit版ですら8分以上あった「ATMOSPHERE」が、
本CD収録のdirector's cut版で11分を超えるとは。
まぁ、COSMO NOVAさんの曲の中で一番好きな曲なので、
いくら長くても全く苦になりませんが。オケトランス最高。
3分20秒あたりで入るあの印象的なフレーズは、いつ聴いても鳥肌が立つ。

欲を言えば、「Message from the Gaia」も入れて欲しかったなぁ、と思う。
あれが2番目に好きなので。


オススメはもちろん「ATMOSPHERE」。
次点で「STARGATE」。転調好きなので。
あ、「Lapis Lazuli(cosmonova Remix)」も結構好きです。
「夜明け前より瑠璃色な」収録の曲をアレンジしたものらしいけれど、
原曲知りませんがこれは好きです。

[音楽] 茶太 / 空の記憶

2008/06/15(日) 22:33:38 | カテゴリ:音楽
茶太さんのミニアルバム「空の記憶」を購入。
目当ては、大嶋啓之さんの曲ですが。

ボーカルは全て茶太さんだけど、コンポーザがある方面で地味に豪華。
前述の大嶋さんの他には、bermei.inazawaさんに下村陽子さん、など。
ここに下村さんを引っ張り出したところがすごいなぁ。
「murmur」からまだ交流続いてるのかな。

全体の雰囲気は、しっとりのどかに明るく甘酸っぱい感じ。どことなくジュブナイル的。
「あさやけぼーだーらいん」っぽいなぁ、というのが第一印象でした。
ただ、大嶋さん作曲の「モノクロ」は、「anemotaxis」の「amrita」っぽい気もする。

とりあえず、ブックレットの表紙イラストが全てを物語ってる気がします。

こういうふわんとした曲調と茶太さんの声はよく合ってると思うけれど、
そろそろこう、これまでなかったような曲調の曲とかもやってみて欲しいなぁ、と思う。

オススメは、「太陽」。冒頭がなんだか好きです。

[ゲームRev] アルトネリコ2

RPG「アルトネリコ2 ~世界に響く少女たちの創造詩~」クリア。
総プレイ時間は約55時間。
クリア時のLvは、前衛が61、後衛が75でした。


RPGの平均と言われる40時間よりちょっとかかったけれど、
親衛隊集めや調合にそれほど熱を入れなければ、あと5時間は短縮できると思う。
調合は、役に立つアイテムなんてできませんでした。
調合で作ったアイテムで使ったのは、デュアルストール用の入浴剤とおもちゃぐらい。

2の公式サイトのBGMに引かれてサントラとヒュムノスコンサートは購入し、
その関係でゲーム本体にも興味を持って購入しました。
1もサントラとヒュムノスコンサートは発売日に購入したけれど、
ゲームの評判があまり芳しくなかったので、そっちは未プレイ。
よって、いきなり2からプレイです。

ゲーム本編は結構良かったと思います。
世界観からして既に崖っぷちなので痛い話になるのは目に見えていたけれど、
話の流れが力強いので、ぐいぐい引き込まれました。
最初から最終目的が決まっているので、ストーリーが途中でブレることはほとんどなくて、
プレイする側としては物語に集中できた。
ところどころで挿入されるヒュムノスもいい感じに効果的だったし。

時々、1のネタっぽい話が出てくるので、
1プレイ済みだときっとより楽しめたんじゃないかと思うこともしばしば。
まぁ、未プレイでもあんまり問題にはならないかと思うけれど、
ジャクリの正体で驚きたいなら1を軽くおさらいしとくといいかもしれない。

本編は良かったんだけど、
本編から外れたサブシナリオ的な「コスモスフィア」がかなり美少女ゲームっぽくて、
個人的には若干引き気味でした。
Lv6以降は結構好きなんだけど、前半が、もう。
ただ、ジャクリのコスモスフィアは最初から結構おもしろかったです。
コスモスフィアといえば、そうそう、声優の無駄遣いが妙に気になりました。
遊佐さんに限らず、子安さんや緑川さんになんてこと言わすんだ、という箇所が多数。。。
まぁ、案外演ってる方はノリノリだったかもしれんけどw

システムは、戦闘システムや調合、レプレキアなど、多種多様にいろいろあって、
最初は慣れるのにたいへんだけど、慣れてしまえばなかなかおもしろかったです。
個人的にはレプレキアがかなり好きでした。
通常、1つの詩魔法でMP全部注ぎ込んでも、ダメージ5万当たればかなり大きい方なのに、
レプレキアを使うと、ゲージが150万%ぐらいまで溜まるし、ダメージも50万を軽く超える。
これがまた爽快で、大抵のボス戦はこれで一発でした。
ラスボスすらも一発でした。。。レーヴァテイル67人は集め過ぎたか。。。


EDを見る限りでは3も作る気マンマンのようなので、ちょっと期待してます。
どうも今作のあのキャラを連投させるつもりらしい?