[本] そして、警官は奔る

2008/10/27(月) 23:05:12 | カテゴリ:
日明恩「そして、警官は奔る」(講談社文庫)読了。

蒲田署管内の通報により、監禁され虐待を受けていた少女が保護された。
少女はアジア系の外国人で、密入国した母親に売られた子供であることが判明。後日、その母親が死体で発見された。
少女の人身売買事件を追う武本は、同じ署の小菅の紹介で、羽川のぞみと出会う。彼女は不法滞在の母親から児童を預かる、非合法の託児所を運営していた。


以前読んだ「それでも、警官は微笑う」の第二作。
・・・・・・あれ、続編じゃなくて第二作ってあらすじに書いてあるってことは、これシリーズ化するつもりなのか?

前作の銃密輸と麻薬事件もすごかったけれど、今回の人身売買や児童虐待もすごい。
派手さはないし、扱いも難しそうな事件だけど、最初からぐいぐい引き込まれた。
あと、作者の学習量も結構なもんなんじゃないかと。
虐待を受けている子供に日本国籍を与える方法とか、説得力があったし。
個人的には、なぜ不法滞在が罪なのかっていう説明は、目から鱗だった。

主人公は前作と変わらず武本刑事。
前作で相棒だった潮崎も結構出てくるが、さすがに今回は別行動が多い。
それよりも、武本の相棒役の和田がすごくかっこよくて惚れた。
普段はやる気なさそうな風に見えて、いざ犯罪者を目の前にすると情け容赦なく奈落に叩き落すっていう変貌っぷりがたまりません。
二面性あるキャラに弱いので、冒頭50ページだけで一発KOでした。
次回作があるんなら、ぜひ出て欲しいキャラだけど、アクが強過ぎて出なさそうな予感。。。

第三作も出るのかなぁ。
武本は主人公で不動だろうけれど、潮崎の扱いに作者が困ってそうな雰囲気。。。

[GMCD] シグマ ハーモニクス オリジナル・サウンドトラック

DSのミステリーRPG「シグマ ハーモニクス」のサントラゲット。
コンポーザは浜渦正志さん。
ちなみに、ゲーム自体は現在プレイ中。
別のゲーム(2周目)にかかりっきりで、まるで進んでいないけど・・・。

公式サイトで視聴した際に「音楽は結構良さそうだな」と思い、Amazonで予約購入。
全曲聴いてみてところ、思った通りというか、期待に違わない質でした。
浜渦節が全面にこれでもかっていうくらい出ていて、浜渦さんの曲が好きな人にはたまらないんじゃないかと。

曲調は、サガフロ2やFF10っぽい感じ?
浜渦さんらしくピアノやストリングス系を多用してるためか、しっとりした綺麗ソングが多いかな。
激しい曲はほとんどないような。戦闘曲もそんなに激しくないし。
唯一の例外は、ボーカル曲の「Harmonia vita (SIGMA Mix)」かな。
この曲だけ、他の曲となんか違う印象を受けました。

オススメは・・・・・・と言えるような突出した特徴を持つ曲がないんだけど、まぁ全体的に良曲揃い。
サガフロ2の頃の浜渦節にやられたことがある方にはオススメかも。

[ゲームEV] 東京ゲームショウ2008

東京ゲームショウ2008に行ってきました。
朝9時に幕張メッセに着き、10時ぐらいに入場。

見て回ったブースの感想を以下に徒然。


カプコンブース
10:15開始のステージイベント「東京ゲームショウ 特別法廷2008」を見ました。
05年, 06年とやった「特別法廷」の「逆転検事」版。
登場人物は、御剣、イトノコ、オバチャン、狩魔冥。喋らないけれど一条美雲と着ぐるみタイホくん(+α)も。
06年の特別法廷ほどの笑えるノリやネタはなかったけれど、まぁ、とりあえず最低限のツボはおさえていたかな。
正直なところ、もうちょっと爆笑ネタが欲しかったなぁ。
イトノコでは、御剣のボケツッコミの相手としてはちょっと役者不足かも。

開発スタッフの尋問(笑)でゲームシステム発表。
「逆転検事」はあまり興味なかったんだけど、システム概要を聞いて少し興味が沸きました。
「逆転裁判」とはかなり別物だけど、これはこれでおもしろそうかも。

その後、正午頃にカプコンブースの前を通ったら、「逆転検事」の試遊コーナーに入場制限がかかっていた。
今回、カプコンブースのあちこちで試遊希望者殺到による入場制限があった模様。

D3パブリッシャーブース
昨日発表された新作の映像展示だけでもあるかと軽く期待していってみたが、さすがになかった。ちょっと残念。
悔しかったのでパンフだけもらいました。

バンダイナムコブース
「テイルズ・オブ・ハーツ」と「テイルズ・オブ・ザ・ワールド レディアントマイソロジー2」の映像展示を観賞。
「ハーツ」の方は、アニメーションバージョンとCGバージョン、両方のPVを流していたけれど・・・・・・アニメーションバージョンの圧勝かも?
買うならアニメーションバージョン買います。
テイルズでリアルな3DCGって、なんかちょっと、イメージに沿わない。アニメーションの方がしっくりくるなぁ。
「レディアントマイソロジー2」は、かなり「1」を踏襲してるっぽい。
まぁ、あの作品に関してはそれでいいかも。そもそもファンサービスに近い作品だし。

SCEブース
「パタポン2」の映像を観賞。
1ですら途中で挫折した身としては、映像見ただけでお腹いっぱいでした。
映像見ただけで、もうクリア無理っス。

「パタポン2」の映像を見ている脇のステージから流れてきた「白騎士物語」のテーマ曲?に、一緒に行った友人と2人ですこぶる反応しました。
民族音楽調でかっこいい。もうちょっとじっくり聴きたかった。

SEGAブース
通路を通りながら「428」の映像がちらっと見えたんだけど、シナリオ、我孫子武丸さんだったのか。知らんかった。
「街」のザッピングシステムがなんだか自分には合わなくて途中で挫折してしまったので、「428」に手を出すのちょっと躊躇している。が、我孫子さんがシナリオ担当と知って、少し興味が沸いてきました。

マーベラスブース
「アヴァロンコード」の映像を観賞。
アクションRPGだから、アクション苦手な身としては少し難しそうに見えたけれど、まぁやってやれなくはなさそう。
イメージイラストは結構好きなタイプなので、そこは好印象。

スクウェア・エニックスブース
近寄れませんでした。人多すぎ。

物販コーナー
アイレム横丁のネコにひかれて、つい衝動買い。
マグカップとキャンパストートをゲット。
あのネコは、卑怯なくらいかわいいなぁ。くそぅ。

スクエニは、音楽CDだけ別コーナーになってて驚いた。
しかし、スクエニのゲーム音楽CDで欲しいのは既に持ってるのでスルー。
つか、リストにあったCDのうち、半分以上は持ってるよ。

[ゲームetc] DS内田康夫ミステリー 名探偵・浅見光彦シリーズ 「副都心連続殺人事件」

ディースリー・パブリッシャーの初出しタイトルは着せ替えシミュレーションRPGと推理アドベンチャー
浅見光彦&コスプレイヤー? ディースリー・パブリッシャーDS新作2タイトルを発表

きたきたきたっ! ついにきたーっ!!

赤川次郎さんの作品はGB初期の頃からよくゲーム化されているし、最近では西村京太郎さん監修のゲームや山村美沙さん原作のゲームも出てるもんだから、(ヘタレとはいえ)ゲーマー兼浅見光彦ファンとしては浅見作品のゲーム化を望むのは当然の帰結だろう。
そんな状態の中、少し前のAMCの会誌に「現在企画中」という報告を見たときは、思わずガッツポーズしてしまったくらいうれしかった。
それ以来、詳細発表はいつだろうとずっと待っていたけれど、まさかTGSにぶつけてくるとは。
やるな、D3。

ゲーム化にあたり一番不安だったビジュアルは、記事に掲載されている絵を見る限りでは、とりあえず許容範囲内かな。
個人的な好みとしては、まぁ可もなく不可もなくって感じ。
欲を言えば、浅見さんはもうちょっとだけ優男風でもいいかなぁ、という気もするけれど。
どうせプレイしてしまえば慣れるだろう・・・・・・多分。

内容は完全オリジナルだそうな。
内田康夫さん自らが手がけているなら、シナリオは期待できそう。
それにAMCが監修に入ってるというし、少なくともゲームの雰囲気や空気感が原作をぶち壊すっていうことはなさそうかな。

若干の不安要素は、発売元がD3というところか。
D3の作品は、良く言えば作風の幅が広い、悪く言えば節操がないので。
このゲームに限ってはまずないと思うけれど、さすがにキワモノに走らないよなぁ。。。

来春発売予定だということで、今からかなり楽しみ。
とりあえず、明日TGSで映像流してないかどうかぐらい確認してこようかな。

[IT] CEATEC JAPAN 2008

2008/10/03(金) 21:16:31 | カテゴリ:IT
今日の午後からCEATECに行ってきました。
やっぱり幕張は遠い。。。orz

現地着が午後3時過ぎていたため、全部見ることはできなかったけれど、
まぁ見たいところは一通りざっくり見られたと思う。

[マイクロソフト]
メインステージでひたすらWindows Vista, Mobile, Liveをプッシュしていた。
Surfaceのデモも見たけれど、確かにあれはすごく便利かもしれない。実現できれば。
というか、マイクロソフトが今回見せたデモって一見すると便利そうなんだけど、なんだかどれも必要用件が高すぎるような。
あと、マイクロソフトが掲げる技術って、どれもWindowsでしか動かないっていうのが一番の欠点のような気がする。

IE8は、W3Cの勧告にどれくらい従ってるのかが気になる。
IE6や7のように独自仕様で突っ走るのは、ほんとにもう勘弁して欲しい。。。orz

[SONY]
有機ELテレビ、薄っ!
なにあの薄さ。両端持ってパキッてやってみてぇー!!(←きっと高いからやめとけ

[SHARP]
液晶テレビを横目で見ながら、WILLCOM D4を触ってきた。
以前、店頭展示品をいじりまくったから今更なんだけど。
D4は、なんだかんだで来場者の食い付きが良かったような。

[富士通]
思わずブレードサーバのパンフレットに手が伸びた時点で、結構深刻な職業病だと後で思った。
仕事でプログラム開発の他にサーバやインフラの管理もやってたりするのだが、別にやりたくてやってるわけじゃなく、気がついたら押し付けられる形でやらざるを得なかったっていう経緯なのに、なんか地味に侵されてるよ俺。

富士通製に限らないけれど、UMPCは2ndか3rdに1台欲しいかも。
あの画面の小ささも、ちょっとネットで調べ物っていう程度なら使えそう。

[日経]
日経・・・のどれだろう。PCかエレクトロニクスかBPかわからないけど、とりあえず日経ブース。
MIDやUMPCがずらっと並んでいたのが、なんだかおもしろかった。
東芝のマシンだけ少し触ってみたけど、時間に余裕があれば1つ1つじっくり触ってみたかった。

[地方ブース]
地元新潟県のブースの前を通ってみた。
胎内と中条と柏崎が前面に出てた感じだったなぁ。あと、米粉と直江兼継。
そういえば、なんで巨大ガンダムが展示されていたんだろう。謎。