[IT] オープンソースカンファレンス2009 Tokyo/Spring

2009/02/20(金) 19:53:57 | カテゴリ:IT
つい最近異動してしまった同僚のススもあって、午後からオープンソースカンファレンス(1日目)に行ってきました。
セミナーは二つほど受講。14:00?のHP社のNagiosを使った監視システムと、16:15?のエディタ論争。
Nagiosは仕事絡みで、エディタ論争は完全に個人的な興味というか趣味で。
もちろん、本命はエディタ論争ですが何かw

Nagiosの方は、ちょっとイマイチだった。もう少し具体例や導入例が欲しかったなぁ。

エディタの方は、パネラーが5人の予定だったのにviやEmacsなどエディタ系の方が急遽来られなくなって、EclipseとNetBeansのJava系IDEの一騎打ち・・・・・・というほど、火花散らしてたわけでもなく。
NetBeans代表の方がEclipseに敵意剥き出しだったのに、Eclipse代表の方はNetBeansと友好関係を築こうとしているっていう、なんだか現実の人間関係にありがちな構図に。
当初5人でドンパチやる予定が2人に減ってしまったので、当然、時間が半分ほど余ってしまったわけだけど、その後ひょんな流れでパネラー vs 参加者という状態に。
それはそれで、十分におもしろかった。参加者の意見もいろいろ参考になる部分があったし。
個人的にはエディタ系の話を聞きたかったんだけど、まぁおもしろかったからいっか。
次回もこういう企画があったら、ぜひ参加してみたいな。
今度こそエディタ系も参加して、思いっきり宗教論争を繰り広げてほしい。
あと、NetBeansは、後日インストールして試してみよう。
# Eclipseは2年前に試してみたものの、あまりにメモリスワップがひどくて使い物にならなかった経緯あり。

展示も一通り見て回った。
CodeGear、pgpool-II、PostgreSQL、ZABBIX、もじら組の中の人にいろいろ優しく教えてもらった。
俺なんてヘタレプログラマ兼SE兼サーバ保守・管理・運用担当者なのに、みんな、なんて温かいんだ。しかも、話が結構おもしろい。これは病み付きになりそう。
特にもじら組の方々。前の人の話が終わるの待ってる間、いろいろ話聞かせてもらったり、バッチやマグネットいくつももらっちゃったり。ほんとにお世話になりました。

アンケート回答者限定くじ引きで、W3Cのマグカップが当たりました。うわぃ。

[雑記] 親子カテゴリ

2009/02/16(月) 00:35:13 | カテゴリ:雑記
FC2ブログのカテゴリに親子関係を持たせられることをつい最近知ったので、早速試してみました。
実は先週の日曜日にも、自力でなんとかしてみようとテンプレートをいじってみたのだけど、なんだかちょっとうまくいかなくて断念。
そんなこんなで、今回は再チャレンジ。
再チャレンジするからには予備知識を仕入れねば、というわけで、下のページを参考にしてみた。

親子カテゴリの覚書

細かい解説付きで、すごく解りやすかったです。

でまぁ、実際やってみたわけだけど、意外とあっさり実装完了。
デザインとか全くこだわってないので、正確には仮実装だけど。
いわゆる「半永久的にベータ版」という状態。

カテゴリに親子関係が持たせられなかったから、今までゲームプレイ記とか控えていた(カテゴリが見にくくなりそうでイヤだった)んだけど、これで心置きなくできそうだ。
ただし、実際にやるかどうかはまた別の問題(ぁ

[ゲームRev] 副都心連続殺人事件 体験版(ストーリー編)

先日、D3パブリッシャーの公式サイトで、DS版浅見光彦「副都心連続殺人事件」の体験版が公開された。
なので、早速レッツプレイ。

プレイ時間は約10分。
ひたすらクリックしてストーリー読んでくだけで終了しました。
体験版、というよりは、序盤のストーリー紹介?

画面の構成を見る限りでは、オーソドックスな推理系ADVっぽい。
基本的に下画面のタッチパネルで操作、ステータスや結果は上画面で表示、みたいな。
うん、推理系ADVはそれでいいと思う。奇をてらったシステムにしてブチ壊すよりは。
ADVって、システムよりもストーリーが重視されるジャンルじゃないかと思うのです。

声については、最初こそほんの少し違和感があったけれど、すぐに慣れました。
ビジュアルも、思っていたよりもすぐに慣れたな。

近々、ギミック編なる体験版も公開される模様。
そっちがシステム寄りの体験版になるのかな。

[DVD] ゲームセンターCX

2009/02/01(日) 16:06:53 | カテゴリ:雑記
会社の仕事仲間からDVD「ゲームセンターCX」のVol.1と2を借りたので、まとめて一気に視聴。
いやー、想像以上に面白かったです。
作業のBGM代わりに垂れ流しておこうと思って再生開始したのに、作業の手が全然進まなくなったくらい、集中して見てました。

「ゲームセンターCX」で取り上げられているゲームは、SFC以前の作品ばかりの模様。
実家がゲーム禁止の家庭だったので(隠れてプレイしてたけどw)、レトロゲーに関しては主に雑誌から仕入れた情報程度の知識しかありません。もしくは、友人宅でやらせてもらったくらい。
そんな俺でも、チープな音楽といいドット絵といい、何もかもすごく懐かしく感じました。
今時のゲームには今時なりの良さがある一方で、昔のゲームには昔なりの良さがあったよなぁ。しみじみ。

そんな旧き時代の難関ゲーム(主にアクションゲーム)を、有野さんが知恵と技術を振り絞ってクリアを目指す姿に、ついついテレビ越しに応援してしまったり。
ステージクリアする度に、自機がやられる度に、見てるこっちも一喜一憂してました。
レゲー好きにはたまらない番組だな、これ。
まぁ、俺はレゲー好きでも懐古主義者でもないんだけど、それでも気がついたら夢中になって見てました。

このDVDのシリーズ、もう結構出てるんだなぁ。
これは続きも見たいかも。仕事仲間にねだってみようっと。