[本] 壺霊

2009/04/26(日) 00:31:48 | カテゴリ:
内田康夫「壺霊」(角川書店)読了。

雑誌「旅と歴史」の編集長・藤田から、浅見指名の取材以来が舞い込んできた。取材先は京都。取材内容は、高島屋デパートの「ダイニングガーデン京回廊」の全店舗の料理を試食して、ルポにまとめること。破格の待遇に裏があるような気がして、一度は断りを試みるものの、結局藤田に押し切られてしまう。
その直後、兄の陽一郎を通じて、京都の伊丹家のトラブル解決の依頼を受けた。ついでだからと、浅見はそれを快諾する。
翌日、京都に到着し、まずは伊丹家を尋ねると、そこの娘の千寿から母・佳奈の捜索を依頼される。佳奈は、伊丹家にあった高価な高麗青磁の壺「紫式部」とともに失踪してしまったという。


浅見光彦シリーズの最新刊――あ、もう次の「砂冥宮」が出てるから最新刊じゃないか、その一つ前の作品です。
舞台は京都。これでもかっというくらい、どっぷり京都です。

今回の作品は、ルポライターと探偵を兼ねることのたいへんさがよくわかる作品になってますw
これまでの作品では、ルポライターとしての仕事振りの描写があまりなくて、どんな風に取材してるのか分かり難いけれど、この作品中では、事件の調査をしながらちゃんと取材ネタの調査までしてます。
取材先で事件に巻き込まれる度にこんな状態になってて、よく体力持つなぁ浅見さん。事件もルポもまとめるって、頭の切り替えが素早くできないとどっちも中途半端になりそうな気がする。

作品自体はそこそこ面白かったです。
が、作中に出てくる女性陣にことごとく共感できなかったのには参りました。ヒロインをはじめ、ヒロインの母親や被害者の女性など、ほぼ全員。こんなこと、小説読んでて経験したことなかっただけに、自分でもびっくりです。
たまたまこの作品の女性陣が気に入らなかっただけなのか、京都の女性像とは相性が悪いのか。
唯一、新聞記者の栗原だけは好感が持てたのは救いでした。

次作の「砂冥宮」は近いうちに読み始めるんじゃないかと。
今読んでる小説が読み終わった次くらいかな。

[音楽] supercell feat.初音ミク / supercell

2009/04/25(土) 20:04:41 | カテゴリ:音楽
友人から「supercell」を借りたので、聴いてみました。

実は、借りて曲目リストを見るまで、「supercell・・・・・・って何?」と思ってました。
巷で大繁殖中の初音ミクをヴォーカルに据えたCDだとは知らなかったんです。
最近ニコ動開いても、特定のゲームの実況プレイ動画かMADしか見てなくて、VOCALOID周りは全然チェックしてませんでした。
ちなみに、VOCALOIDの中ではKAITO兄さんが一番好きです(訊いてない

そんな俺でも、曲目リストだけで初音ミクのCDと気付けたのは、「メルト」が入っていたから。
このCDの中で「メルト」だけは、ニコ動で全曲聴いたことがあります。
曲云々よりも、激重かったストリームの方が印象強いのですが(ぁ
他は、名前は知ってるけど曲自体は聴いたことなかったり、替え歌MADのネタにされてたから伴奏部分は知っていたりと、要するにその程度。9割は初めて聴く曲かと。

全体の曲調はロックかな。時々バラードっぽいのもあるけれど。
近年のJ-POPを想像してもらえれば、おおよそ外れていないんじゃないかと。

初音ミクの声にはまだ機械的で平板な部分が残っているので、どうしても「初音ミク=機械仕掛け歌姫」というイメージが拭えません。
が、時々どきっとするほど生身の人間ぽく聴こえるフレーズがあったりして、プログラムが人に近づく過程を見てるよう。ハモリの部分になるとハーモニーによって機械っぽさが薄められるからか、より人間の声っぽく聴こえます。
初音ミクやVOCALOIDを知らない人が聴いたら、どう感じるんだろう。少し意見を聞いてみたい気がします。

オススメは「メルト」。聴き慣れてるからってのもあるだろうけれど。
あと、なんとなく耳に残るのが「ワールドイズマイン」。歌詞がなんというか、スゴいというかヒドいというかw

[ゲームRev] パタポン2

PSPのリズムアクションゲーム「パタポン2」をクリア。
難易度はイージー。
総プレイ時間は43時間。

パタポン1も一応友人から借りてやったことがあります。途中まで。
いくらパタポンやっても、貸し主からアドバイスを受けても、どうやってもパタポリスの豆を目覚めさせるアイテムが手に入らず、途中で挫折しました。
あれから約○ヶ月経過し、ついにパタポン続編発売。
1での屈辱を2でリベンジ! という意気込みには、正直なれませんでした。
いやだって、単純そうに見えて何気に難しいですよこのゲーム。人畜無害そうな顔して全力でボディブローしてくるようなゲームですよ。

それでも2をプレイする気になったのは、上記とは別の友人から誕生日プレゼントとしてもらったため。
その数ヶ月前にその友人に、P4を布教活動を兼ねて買って押し付けたので、そのお返しというか仕返しというか、たんぶソレだと思うのですが。
とはいえ、もらったからにはクリアせねばなるまい!

というわけで、プレイ開始したのが昨年12月。
途中で別のゲームに浮気したりしつつ、約5ヶ月かけてようやくクリアしました。

リズムアクションとしては良作だと思います。
操作方法はボタンをリズムに合わせて押すだけの単純なものなんだけど、何気に戦略を求められたりすることもしばしば。
ぼーっとしてるとリズムが狂って、やられるハズのない敵にボッコボコにされることもしばしば。
そんなわけで、程よい緊張感も得られます。

2からはパタポン育成システムも追加され、さらにやり込み要素が増えました。
俺はやり込み要素にはハマらない性質なので、パタポンはほとんど育成しませんでしたが。
やりポン、たてポン、ゆみポンはそこそこ育てたけれど、上位種のうちよく使ってたのはきばポンのみ。とりポン、ろぼポン、まじポンにいたってはノーマルLv1を誕生させたっきり一度も使いませんでした。

基本的に、きばポン、やりポン、ゆみポンの編成でバトル。
マップの傾向によっては、きばがたてに代わることもあったけれど、バトルの7割はこの編成だったような。
終盤、パタポンたちを育てるのがメンドくさくなっちゃって、この3種しか育てなかった結果、他の種類が弱過ぎて使えなくなったというw
まぁ、一極集中で育てても、とりあえずクリアできるっぽいです。


シナリオ的には完結してるっぽい雰囲気だけど、作ろうと思えば続編が作れるような感じでした。
パタポンではなく別のキャラで似たようなゲームになる可能性も、無きにしも非ずだけど。
まぁ、このゲームシステムをSCEがみすみす手放すとは思えないなぁ。