[音楽] 大嶋啓之 / 睡眠都市

2009/09/26(土) 21:41:13 | カテゴリ:音楽
大嶋啓之さんの自主制作ミニアルバム「睡眠都市」ゲット。
体力的な問題でコミケではゲットできなかったので、大人しくAmazonで注文しました。

インスト1曲+ボーカル曲6曲の、計7曲収録。
ボーカルは、アニソンやゲーソンで活躍中の茶太さんです。

全体的な雰囲気を一言で表すなら、「ポップ+アンビな鬱曲」。
曲調はそれほど暗くないんですが、歌詞が程よく鬱です。
ボーカルが茶太さんということもあってか、ORBITAL MANEUVERの「anemotaxis」に似てます。ウィスパーボイスの再来。

というか、こういう曲調はなんて言えばいいんですかね。
風のない水面のような静謐な透明感があって、それでいて触れたら壊れてしまいそうな脆いガラスみたいな曲調って。
とりあえずアンビエントかなぁ、と思ってるんですが・・・・・・ちょっと違う気がする。かといってヒーリングでもない気もするし。うーん。

どの曲も主張は強くありません。何かの作業中にエンドレスでかけていても決して邪魔されないので、BGMとしては最適かも。
ただ、ずっと聴いていた後に再生を止めると妙な寂しさを感じるから、気が付いたら脳内にそっと刷り込まれてる可能性はあります。
それはそれで、なんというか、すごいと言うか怖いと言うか。

ORBシリーズが好きな方にオススメな曲です。


話は変わって。
大嶋さんの2枚目の自主制作CD「Paradise Lost」も販売終了されたそうですね。
あのアルバム、かなり好きだったのでちょっと残念。「天路暦程」は今でも神曲だと思ってます。
またエスノ調やオケ調のアルバムを制作してほしいなぁ、とちょっと期待。

[ゲームRev] 雨格子の館 PORTABLE 一柳和、最初の受難

PSP版「雨格子の館」をゲット。
PS2版プレイ済みなので、とりあえずさくっとSランククリアして、斑井ルートと那須ルートを見ました。

PSP版はPS2版をベースに、おまけシナリオ「那須ルート」とCGが十数枚、さらにEASY MODEを追加したもののようです。本編の流れに大きな違いはありません。
あと、チュートリアルが懇切丁寧になってました。
ただ、初プレイならともかく、PS2版プレイ済みの身としては、2日目の初回探索時のチュートリアルが少々うるさく感じられたりもしました。スキップできると良かったかも。
ひょっとして、2周目からはスキップできるのかな?
2周目は、2日目の2回目の探索開始直後にセーブしたデータからプレイし直したので、2周目のチュートリアルは見てないんですよね。

本編についてはPS2版とほぼ変わりないので、レビューはPS2版のものを参照してください。
違いは、PSP版で追加されたCGにほんのりドキドキしたくらいです。
日織好きだからでしょうか、追加CGにちょっと悶えました、日織が演じた日織諒に。

PSP版の追加シナリオ「那須ルート」は、「斑井ルート」と同様に素敵にギャグパートでした。
斑井ルートよりもフラグ立てるのが厳しいみたいですが、一読の価値はあるんじゃないかと。
こういう、おまけまで全力で楽しめるゲームは大好きです。那須さん、いいキャラだww
最後のオチは、ちょっと犯人に同情しました。うん、確かに怖いと思います。いろんな意味で。

取扱説明書にそっと掲載されているし、公式サイトにも掲載されているのですが、一柳和シリーズの第3作目が開発中だそうですね。
第2作目の「奈落の城」が、決してつまらないわけではなかったのだけど、色々と引っかかるところもあったので、改善されてるといいなぁ。

ちなみに、「奈落の城」もPSP版が発売されるそうです。
こちらも追加シナリオがあるそうなのですが・・・・・・うーん、どうしよう。
・・・・・・なんて迷いながらも、ふと気が付いたら買ってそうな気がします。いつものパターンで。

以下、那須ルートへ入れたときにやったことのメモです。あくまで自分用なので、正確なデータではないと思います。参考程度に。

[ゲームRev] 流行り神2DS 都市伝説怪異事件

ここのブログ、最近流行り神ネタばかり続いているような気がします。
・・・・・・いや、きっと友達の友達から聞いた噂に違いない――わけないよっ!

DS版流行り神2、ようやく終章まで読み終わりました。プレイ時間は約37時間。
隙間録目当てだったので、総合既読率は99%止まり。端から100%にするつもりはありませんでした。
2は、総合既読率100%にするのがほんっとたいへんなんです。多重フラグがいくつかある上に、フローに出てこないシナリオ分岐も数箇所あるし。
BGM集のためとはいえ、よくPSP版で100%にしたなぁ俺。

PSP版2に、追加シナリオ「隙間録」を追加した本作。
やっぱり1DS同様に、フォントなどのちょっとした演出は移植し切れていません。
さらに、DSのハードスペックの問題かコーディングの問題かわかりませんが、どことなく動作がもっさりしてます。特に推理ロジックの判定。
それと、サウンドテストの曲数がPSP版より少ないです。PSP版には、2で使われなかった1の曲も全て入っていたんですが、それがごっそり削減されてるんじゃないかと。おそらく容量の問題でしょう。

ちなみに、総合既読率100%を早々に諦めたのは、このもっさりした操作感とDSの音質がヘボいことが原因でした。
もっさり操作感で繰り返しプレイするには自分の根気が足りず、仮に足りていたとしても、総合既読率100%にして得られるBGM集の音質はPSP版の方が良好で曲数も多いので、そりゃ諦めるってもんです。

本編については、PS2版、PSP版とプレイ済みなので、今更あまり語ることはありません。こちらを参照してください。

隙間録は、1DS同様、ほんとにちょっとした話が多いです。話というか、むしろ寸劇w
ただ、1DSよりは「ほぉ?」という話があったような印象を受けました。かごめが編纂室に異動してきた理由、とか。
個人的には、隠しシナリオ「かごめ編」で、冒頭のとある選択肢を選んだときの後日談が語られたのが、ほんのりうれしかったです。やっぱりきたか! とも思いましたがw

隙間録目当てでなければ、やっぱりDS版よりはPSP版の方がオススメです。
シナリオは全部網羅したいという方なら、DS版をプレイするのもいいかもしれません。

[GMCD] サガ2 秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY Original Soundtrack

今週発売予定の「サガ2 秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」のOSTが一足先に発売されたので、早速ゲットしました。

GB音源からのアレンジ曲に加えて、追加曲は6曲。ボーナストラックが2曲。計27曲収録。
追加曲、思ってたより少なかったなぁ。というか、サガ2の原曲が比較的どれも自己主張が強いので、追加曲の影が妙に薄いような。

GBからDSへの移植作のサントラなので、どこまで編曲されていのかに興味があったのですが、一通り聴いてみたところ、あまり大きく変わった印象はありませんでした。
もちろん、音色はピコピコではなくて楽器っぽくなってるし、音数も増えているので、その分豪華にはなってます。
ただ、メロディラインに大きな変化はないので、「ロマンシング・サガ ?ミンストレルソング?」の変わりように比べれば変化の度合いが小さい気がしました。
おかげで、あまり違和感なく聴けたような。
というか、どの曲もなんだか懐かしい・・・・・・。

はたして、この曲がDS移植版にどれだけマッチしているんだろう。
ゲームの発売日が待ち遠しいです。

オススメは・・・・・・GBからのアレンジはどれもオススメなんですけれど、独断と偏見で選ぶなら、「Save the world」かなぁ。この曲、聴いてるだけで力が入りますね。

[ゲームRev] 流行り神3 警視庁怪異事件ファイル -3-

PS3のAVG「流行り神3」のネタバレありまくりレビューの後半戦、最終話+隠しシナリオ+薫編の言いたい放題レビューです。
前半も長かったのですが、後半はさらに1.5割増しになりました。
最終話一本分だけで有り得ない長さになってます。なんだこれ(お前が言うか

前半に引き続きネタバレ満載なので、未クリアの方はご注意ください。

なお、前半(序章~第三話)はこちら

[GMCD] 大神 オリジナル・サウンドトラック

Wiiへの移植も控えている「大神」のOSTを、ついにゲットしました。

ちなみに、ゲームは未プレイです。
アクションスキルが絶望的な俺の腕前を知っている大神プレイ済みの友人からは、「お前にはムリ」とはっきりきっぱり言われました。
どーせ俺なんて、マリオの開始直後のクリボーが最大の山場っていう程度の腕前しかありませんよ。

「神曲が揃ってる」という話はずっと前から噂で聞いていたので興味はあったのですが、ディスクが全部で5枚という大ボリュームと、そのボリューム故の値段設定に、ちょっと及び腰だったのです。
あと、和楽器はそんなに好きじゃないということもあり・・・・・・だからといって苦手というわけでもないんですが。
まぁ、そんなこんなで先延ばしにしてきたのです。

それが一転したのは、今年のGM系オケコン「PRESS START 2009」の演目の一つだったから。
予習も兼ねて、一度は聴いておかねばなるまい! と一念発起し、ゲットしました。

・・・・・・というのが、今から1ヶ月半くらい前の話。

その後、ついうっかりクラシック音楽にフラフラと寄ってみたり、志方さんの曲に没頭してしまったりといった紆余曲折があって、ようやく集中的に聴いたのがつい最近。

想像していたほどゴリゴリの和製音楽ではなくて、聴きやすかったです。
全体的に、オケっぽい曲に和楽器の音色が重なっているような感じ。
一般的なゲーム音楽と、そう大きく変わりません。やや和楽器が強いかな、という程度。
GMをよく聴く方ならば、特に抵抗もなく聴けるんじゃないかと。

噂に違わず、確かに良曲・神曲も多いと思いました。特にDisc4は満遍なく神がかってます。
きっと、ゲームプレイ済みならば、もっと楽しめるんだろうなぁ。ゲームも神だって言われてるくらいだし。

曲は、「・・・其の一」「・・・其の二」と、トラック間に無音部分のない繋がった曲が多数あります。
そのためランダム再生してると、途中でブツッと切れたり、途中から突然始まったりすることも、かなりの確率で発生します。
仕方ないのは解かるんだけど、普段GMを聴くときはランダム再生がデフォルトの身としては少々困りモノ。まぁ、いいんだけど。

オススメは「極北の国 カムイ」。其の一も二も好きです。初聴で惚れました。
あと、普通に「「Reset」~「ありがとう」バージョン」も好きです。きっとEDかエピローグの曲ですよね、これ。

[ゲームRev] 流行り神3 警視庁怪異事件ファイル -2-

先日8/28からPlayStation Storeで配信開始された追加シナリオ「薫編」もクリアし、現在、2周目おさらいプレイ中。
2周目プレイしながら、あれこれ言いたい放題の感想を書き留めているところなのですが、気が付いたら、なんだかとんでもない長さになってきました。2のネタバレレビューの比じゃありません。
あまりに長いので、2分割で投下することにします。とりあえず、序章~第三話まで。
最終話と隠しシナリオ、さらに薫編のネタバレレビューはこちら

なお、序章?第三話だけでなく、最終話や隠しシナリオなども含めた全ての話に関するネタバレ満載なので、未クリアの方はご注意ください。

[音楽] 志方あきこ / 片翼の鳥

2009/09/02(水) 23:45:30 | カテゴリ:音楽
志方あきこさんのシングルCD「片翼の鳥」を購入。

アニメ版「うみねこのなく頃に」のOP曲らしいのですが、実は「うみねこ」はアニメもゲームも見たことがありません。
でも、どっちも関連曲のCD持ってます。志方さんの曲だから。

収録曲は、表題曲の「片翼の鳥」とカップリング「VII」、あとはこの2曲のカラオケ版。
カラオケあったって凡人にはとても歌いきれない気がするのですが、きっと俺の歌唱力がなさ過ぎるからそう思えてしまうのでしょう。
・・・・・えぇ、カラオケで撃沈しましたともっ。。。orz

曲調は、なんて言えばいいんだろう? ゴシック調?
エスノとはちょっと違う気がします。
「片翼の鳥」よりは「VII」の方がゴシック色が強いかな。
「VII」はゴシック+ワルツというのが第一印象でした。

相変わらず、多重コーラスが炸裂してます。
聴けば聴くほど、志方さんの声色は何種類あるのか不思議です。
多少の加工は入っているのでしょうが、それにしたってすご過ぎる。
幾重にも重ねられた声の洪水がドッと押し寄せてくるような感覚には、いつ聴いても圧倒されます。

声と音の洪水に流されたい人にオススメです。