[GMCD] 珠洲ノ宮 / 咲夜琉命 アルトネリコ3 ヒュムノスコンサート

PS3のRPG「アルトネリコ3~世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く~」のOSTと同日発売だった

珠洲ノ宮~SUZUNO=MIYA~ アルトネリコ3ヒュムノスコンサート サイド紅
咲夜琉命~SAKIYA=RUMEI~ アルトネリコ3ヒュムノスコンサート サイド蒼

を2枚ともゲット。
この2枚のCDには、ゲーム中で流れる「ヒュムノス」というボーカル曲が主に収録されています。
各11曲(うち、インスト曲が各2曲)、全22曲収録。

OSTと被っている曲は、OP曲の「謳う丘~Harmonics TILIA~」のみ。
なお、OSTに収録されている「EXEC_HYMM_BATTLESPHERE/.」3種は収録されていません。

ちなみに、2枚セットのヒュムノケース3付きを購入。
結構しっかりとした作りのケースでした。

ついでに、やっぱりゲームは未プレイです。
土屋Dが突っ走ったおかげで、なけなしの勇気を叩いて購入した2以上に3は手を出し難くて、本当にどうしようかと。
2が面白かったので、興味はあるんですが・・・・・・・うん、どうすべきかこのジレンマ。

2枚のCDでそれぞれ歌い手さんが異なるところは、前2作のヒュムノスコンサートと変わりありません。
ただ、今作は参加された歌い手さんが多いです。今作から参加された歌い手さんが何人もいます。前作の倍どころの話ではありません。
初めて名前を見る方もいて、聴く前は期待半分不安半分でした。
ついでに、参加コンポーザさんも多いです。
伊藤賢治氏や弘田佳孝氏の名前もさらっとあって、軽く驚きました。
「え、これって、あのイトケンさん? 同姓同名の別人じゃなくて?」って疑問が沸いて、こっそりWikipediaで確認したくらい。

で、全部聴いてみたところ、サイド蒼はこれまでのアルトネリコシリーズっぽさがかなり強く残っているけれど、サイド紅は雑多感が強いような気がしました。
サイド蒼は従来通りのエスノ調。サイド紅はエスノ以外の曲調もあり、バリエーション豊かです。
曲自体はどれも良曲なので、あとは好みの問題かと。


以下、印象的な曲ごとの雑感になります。

[本] 三毛猫ホームズの用心棒

2010/02/13(土) 23:07:41 | カテゴリ:
赤川次郎「三毛猫ホームズの用心棒」(カッパノベルス)読了。

真夜中午前3時。三枝英子は帰宅途中に何者かに襲われたが、見知らぬ男に助けられた。彼は「あなたの用心棒」とだけ名乗って、姿を消した。
その一件以前にも、おかしなことが身の周辺で続いていた。気になった英子は、大学時代のサークル仲間であった片山刑事に、事の次第を相談をする。
その直後、英子に対して嫌がらせを働いていた会社の副社長が、自宅で殺された。


三毛猫ホームズシリーズの第46作目。
「水泳教室」「英雄伝説」「殺人協奏曲」「いたずら書き」、そして表題作の「用心棒」の全5作を収録。
このうち、前3作は別のアンソロジー集からの再録のようです。
「水泳教室」は「幽霊列車」シリーズの永井夕子との競演作ということもあって覚えていましたが、「英雄伝説」と「殺人協奏曲」は読んでいるハズなのに全く内容を覚えていませんでした。あれ?

赤川作品の特徴の一つでもある軽いタッチで書かれているため、ものすごくさらっと読めます。
通勤時の片道10分ほどの電車の中で読んでいたのですが、1週間ほどで読みきれます。
そのさらっとした感じ故に、三毛猫ホームズシリーズで読後感が悪いってことは滅多にないのですが、なんというか、相変わらず登場人物たちの悪意が強いですね。
メインキャラクターの片山兄妹とホームズ、石津を除いてですが。
特に犯人の悪意が強烈だと思うのです。悪びれないところが、なんともまた。
まぁ、それもまた、三毛猫ホームズシリーズの特徴とも言えるのですが。

このシリーズも長いですが、一体何作まで続くんでしょうか。
今まで通りのペースなら、50作までは確実か?

[GMCD] アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く オリジナルサウンドトラック

アルトネリコ3のOSTをゲット。
ヒュムノート欲しさに、初めてガストショップで予約しました。

ちなみに、ゲームは未プレイです。
回を重ねるごとにギャルゲーっぽさが上昇傾向にあるので、どうしようか躊躇ってるところです。

2枚組。ボーナストラック1曲を含む全78曲収録。
前2作に比べると、特徴の一つでもあったエスノ調が少し薄れたように感じました。
BGMに徹してる感じ、と言えばいいのかな。
そのせいでしょうか、前2作に比べると自己主張の強い曲が少ない気がしました。

でも、全体的にはやはり良曲が多いです。
ゲームプレイしてなくても、十分聴けます。
もちろん、ゲームプレイ済みの方がより一層楽しめると思いますが。

ヒュムノスは、「EXEC_HYMM_BATTLESPHERE/.」3種類以外は入っていません。
他のヒュムノスは、同時発売のヒュムノスコンサート(2枚)に収録されているようです。
逆に「EXEC_HYMM_BATTLESPHERE/.」は、このOSTのみの収録です。ヒュムノスコンサートには収録されていません。

というか、ヒュムノスコンサートとOSTで被っている曲は、曲目リストを見た限りでは、OPの「謳う丘~Harmonics TILIA~」だけじゃないかと。
そういえば、今作のED曲ってヒュムノスじゃないのかな? それとも、OSTには収録されず、ヒュムノスコンサートのみの収録なのでしょうか?

3になってボーカリストさんが数人追加されましたが、その中の一人・片霧烈火さんがコーラスを担当されている曲もこのOSTに収録されています。
アルトネリコではニューフェイスですが、ざっと聴いた限りでは、ほとんど違和感はないですね。
霜月はるかさんとは度々一緒に仕事されているようなので、さもありなんという気もしますが。

オススメは「謳う丘~Harmonics TILIA~」、「M・S・G・Y・E・C」、「青緑の大地」、「希紡」。
あと、妙に耳に残るという意味で「にゃものうた」。ある意味、電波曲w