[本] テイルズ オブ ヴェスペリア 虚空の仮面(上)

2010/04/30(金) 20:37:29 | カテゴリ:
奥田孝明「テイルズ オブ ヴェスペリア 虚空の仮面(上)」(ファミ通文庫)読了。
[5/4] 感想をほんのり追記しました。

帝国の名門貴族アトマイス家の次男ダミュロン・アトマイスは、故郷ファリハイドで放蕩を続けた挙句、半ば追い出されるも同然の形で家を出て、帝都ザーフィアスの帝国騎士団に入団する。
帝都ならば新鮮な出来事に出会えるかと期待していたが、騎士団は貴族出身の騎士くずれの溜り場。毎日が同じことの繰り返しで新鮮味のまるでない日々に、ダミュロンは周りの騎士に流されるままの生活を送る。
しかし、一人の女性騎士キャナリとの出会いがダミュロンを大きく変える。
騎士としての在り方や自分の在り方を見つめなおし、充実した日々を送るダミュロン。
その数ヵ月後、戦争への遠征の命令が、ダミュロンの元に届く。


本作は、Xbox360/PS3のRPG「テイルズ オブ ヴェスペリア」の外伝的小説、待ちに待ったおっさん(レイヴン)編です。
作者はNBGIの、それもTOVのシナリオチームの方。イラストもTOVでアートディレクターを務めていた方だそうです。
ここまで本家本元が揃ってるってことは、この作中で語られてる内容、完全に公式設定ですよね。
※ 後付設定だって、後書きに書いてありました。ちゃんと読めよ俺。

今日発売日で今日ゲット、およそ4時間かけて一気に読破しました。
ゲーム本編ではおっさんがダントツで一番好きなキャラだったし、おっさん小説が出ると知って以来待ち焦がれ過ぎたあまり苦しいくらいの日々だったし。
その諸々が噴出したんでしょうか、俺にしては異例の早さで読み終わりました。
まぁ、読み終わったにもかかわらず、いまだにものすごく苦しいんですが。
話の内容を受けて、いろいろと。

内容は、おっさんの過去話。
騎士団入団~人魔戦争とその直後あたりが描かれています。
あまり書き過ぎると、ただでさえネタバレの塊であるおっさんらしく激しくネタバレになりそうなので、言いたいことは追記で書き殴りますが、読後の感想を簡潔に表すならばとりあえず二言。

「切ない」 と 「下巻の発売日はいつですか?」

なんというか、病気じゃない公式がとんでもない爆弾を投下していきました。
ゲームプレイ済みなので話の辿り着く先はわかっていたのですが、ラスト50ページの展開には読後しばらく呆然。
上巻ということもあってか、終わり方が非常に鬱です。わかっていたことだけど。
同時に、ゲーム本編との繋がりには納得しました。
こんな経緯があったから、あんな人物が形成されたのか、と。
そして、下巻が待ち遠しくて仕方ない現在。うがが。
※[8/1追記] 下巻が発売されたので、感想をこちらにアップしました。

ちなみに上巻では、ユーリなどゲーム本編のPTキャラは全く登場しませんでした。

TOV好き、特におっさん好きにはオススメ・・・・・・て言わなくても、おっさん好きなら買って読んでますよね、きっと。


以下、ネタバレ感想になります。

[音楽] 志方あきこ / 祈りの彼方

2010/04/29(木) 22:49:01 | カテゴリ:音楽
志方あきこさんの新作「祈りの彼方」をゲット。
収録曲は全4曲で、うち1曲は「祈りの彼方」のインストゥルメンタル版です。

収録曲のうち、表題作「祈りの彼方」はOVA「テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION テセアラ編」の、「朱隠し」はPCゲーム「あかやあかしやあやかしの」の曲だそうです。
また、1曲目の「TETHE'ALLA ?対の子どもたち?」は、TOSテセアラ編をイメージして作曲された書下ろしだとか。
イメージソングまで作っちゃうなんて、志方さん、OVA版TOSを気に入ったのかな?

曲調は、いつもの志方ソングです。どっぷりエスノ調。
幻想的な雰囲気までいつも通りで、志方ソングに惚れ込んでる身としてはすんなり聴けました。

1曲目の「TETHE'ALLA ?対の子どもたち?」は、格好いい曲です。
「アルトネリコ」や「うみねこのなく頃に」の志方ソングで垣間見られた、ほんのり切なさも感じられるけれど根底は力強い、そんな格好良さがあります。
TOSをイメージした曲というから、コレットのようなふわっとした雰囲気の曲を想像していたのですが、ちょっと違いました。
どちらかといえばゼロスに近いような気がします。
むしろクラトスか?(ぇ
志方さんのイメージするTOSはこんな感じなんですね。

3曲目の「朱隠し」は、エスノ調の中にどことなく和風っぽさが漂っています。
他の曲よりも一層幻想的です。
サビの部分の雰囲気がなんとも不思議な感じで、妙に耳に残りました。結構好きな節回しかも。

これまでの志方ソングが好きな方にはオススメです。

[GMCD] FINAL FANTASY 13 Original Soundtrack

FINAL FANTASY 13のサントラをゲット。
購入したのは発売日当日で、しかも初回限定版だったりするのですが、紐解いたのはつい最近。
ちなみに、ゲームも発売日に購入しておいて、プレイ開始したのはつい最近です。今、ようやく第4章。

1?9の頃のFFらしさは全くありません。
まぁ、10以降からはかつてのFFらしさが無くなってるので、「FFらしさ」にこだわりは無いんですが。
コンポーザが浜渦さんなので、らしくなくても仕方ない。
ただ、曲は悪くないと思います。
メロディラインがはっきりしない曲も多いので最初あまりピンと来なかったのですが、耳に慣れてくると「あ、結構いいじゃん」と思えるような、最終的にはそんな印象が残りました。

曲調は、コンポーザが浜渦さんだけあって、ほぼ浜渦節です。オケ調がメイン。
荘厳というか神秘的というかスタイリッシュというか、硬質な曲が多い気がします。
柔らかい曲調は、あんまり無いです。
とはいえ、FF13のゲーム本編が全体的に硬くて冷たい感じなので、ゲームとは合ってるんじゃないかと。
もっとも、ゲームクリアしてから改めて聴くと、印象ががらりと変わるかもしれませんが。

一部楽曲は、おそらく生オケなんじゃないかと思います。
どれがそうかってのははっきりわかりませんが、「生誕のレクイエム」は生オケっぽい。

女性ボーカル入りの曲もいくつかあります。
スタイリッシュで女性ボーカルということで、どことなくペルソナ4の曲と印象が被るのですが、まぁどっちも良曲なのでいいんじゃないでしょうか。

ところで浜渦さんって、植松さん時代のFFの曲、そんなに好きじゃないんでしょうか?
FF10のときもそうだったけれど、「プレリュード」とか「ファイナルファンタジー(メインテーマとも呼ばれるあの曲)」とか、歴代FFの定番曲がことごとく入っていません。
唯一の名残がチョコボのテーマぐらい。
「ファイナルファンタジー」はFFシリーズの中で一番好きな曲なので、ぜひ入れて欲しかったのですが。かなり残念です。

初回限定版についてきたDVDは、まだ未視聴です。
ゲームクリアしてから観賞した方が良さそうだなぁ、と思って放置。

このサントラ、FF10やサガフロ2の浜渦節が好きな方なら、いけると思います。
オススメは・・・・・・あー、突出して「これだ!」っていうのがないんですが、しいてあげるなら「エンディングロール」でしょうか。

[本] 震災列島

2010/04/24(土) 21:52:36 | カテゴリ:
石黒耀「震災列島」(講談社文庫)読了。

東海地震の発生が噂される名古屋市上汐町。この町の平穏は、不動産会社・阿布里住宅が乗り込んできたことで壊された。
阿布里住宅が上汐町にビルを構えて以来、ヤクザが上汐町内に居を構え、犬の死体が路上に放置されたりといった嫌がらせが相次いだ。町民は阿布里住宅のヤクザの仕業に違いないと警察に相談したが、誰の仕業か証拠がないため、取り合ってもらえない。
ついに、明石真人の父である善蔵が阿布里住宅に乗り込んだ。
その数日後、真人の娘の友紀が何者かに襲われた。容疑者として上がったのは、阿布里住宅の元従業員。容疑者は事件の直前に解雇させられたため、阿布里住宅とはなんら関係ないという。
事件の数日後、友紀が自殺。事件の裏を知った真人は善蔵とともに、阿布里住宅のヤクザの全滅を狙った復讐を計画する。それも、近日中に起こるであろう東海・東南海地震を利用した計画を。


端的に言えば、地学ミステリ、でしょうか?
話の主軸は復讐劇なのですが、途中で「○○プレート」や「断層」の話が普通に出てきます。
高校理科で物理・化学・地学を選択した地学好きとしては、こういう単語が出てくる度にわくわくしました。
地学楽しいのに、なんで選択できない高校ばっかりなんだろう。

とはいえ、作中で詳細な説明があるので、地震の発生メカニズムを知らなくても問題ないと思います。

前半3分の1で上汐町の現状を、中盤3分の1で復讐に向けた仕込みを、残り3分の1で地震と復讐の顛末が描かれています。
復讐のためのあれこれには稚拙さが目立って終始気になって仕方なかったのですが、最後に別キャラクターによるセルフツッコミがあったので、作者の確信犯のようですね。最後まで読んで妙に納得しました。

地震を利用した復讐劇よりも、個人的には原発の脆さの描写に引き込まれました。
中越沖地震の震源地からわりと近いところに実家があるので、もともと原発と地震には強い関心があったからでしょうか。
マグニチュードがそれほど大きくなかった(それでも十分強い地震だったと思うけれど)から、柏崎・刈羽原発はあの程度で済んだけれど、作中で描かれている浜岡原発のようなことが起こったらと思うと、少しぞっとします。

作中で描かれている地震被害がどれほどの調査の上に想定されたものなのか、真偽のほどは素人には判別できませんが、描かれていることが全て現実になったら実際にはどうなることか。
「事実は小説より奇なり」が現実にならないことを祈るばかりです。

[ゲームRev] 氷の墓標 一柳和、3度目の受難

「墓標」と書いて「はか」と読むことを、クリアしてから初めて知りました。
普通に「ぼひょう」だと思ってたよ。。。

PSPのAVG「氷の墓標 一柳和、3度目の受難」の真エンドクリアしました。
プレイ時間は、えーっと、どれくらいだろう。
自分の場合、PSPで一度ゲームを始めるとスリープで中断させるのがデフォルトで、ゲームを終了させることがほとんどないんですが、このゲームはスリープ中もタイマが回り続けていて、99時間59分カンストは余裕でした。
そのため、正確なプレイ時間は不明です。
たぶん、20~30時間ぐらいかな。

とりあえず、アデーレルートとアヒムルートとおまけシナリオはクリアしました。
ディルクルートとドプナールートは放置です。
真エンド見たらなんとなく展開の予想が付いたので、まぁいっか、みたいな。

本格推理AVGである「一柳和シリーズ」の第三弾。
キーワードを手がかりに、関係者に聞き込みしまくって事件解決の手がかりを探すという、シリーズおなじみの初心者お断り玄人向け仕様は変わらずです。
そのため、プレイヤー放りっぱなし感も変わっていません。
最初の足がかりを見つけるのがたいへんでしたが、今作は足がかり見つけてからもたいへんでした。
前作よりもプレイヤー放置度が上がってる気がします。
なんというか、聞き込みでそれっぽい手がかりが見つかっても、点と点が線にならないというか。

基本的に周回プレイが基本のゲームなのですが、前作のように真エンドにたどり着くためには最低3回プレイしなければならない、ということはないようです。
がんばれば初回でも真エンドルートを辿れるとか。
ただ、真エンドルートをプレイしていて思いましたが、別ルートを1つでもプレイしてからの方が良さそうな気がしました。
真エンドルートでは明かされないことも多いので。

シナリオは、短いですね今回。
ゲーム内時間が3日しかありません。1周プレイするのに、10時間はかからないんじゃないかと。
実際、探索の時間も短くて、意外とあっという間に終わってしまいます。
本当に聞きたいことに的を絞って聞き込みしないと、時間が足りません。
それと、前作以上に登場人物が活発に屋敷内を動き回っているため、目的の人物を探し回るだけでも、結構時間を消費してしまいます。
時間の消費が激しいため、探索パートでだらだらすることはあまりありませんでしたが、登場人物のタイムスケジュール表を作らないと、周回プレイでもちょっと辛いです。

前作に比べると、まぁプレイしやすくなっていると思いますが、なんとなく物足りなさもちょっと感じました。
某事件の真相が残念っていうか。真犯人(?)の犯行動機があまりに一方的でヒドいというか。
うーん、なんだか消化不良です。

次回作があるのかどうかわかりませんが、そろそろ舞台を日本に戻して欲しいなぁ。
一柳和シリーズに一貫して漂うあの独特の雰囲気は、じめじめした日本を舞台にした方が合ってるんじゃないかと思うのです。