[本] テイルズ オブ ヴェスペリア 虚空の仮面(下)

2010/07/31(土) 04:59:43 | カテゴリ:
奥田孝明「テイルズ オブ ヴェスペリア 虚空の仮面(下)」(ファミ通文庫)読了。
[2011/03/04] 祝わずにはいられなかったので、ほんの少しだけ追記しました。

人魔戦争が終結してなお、その痛手が大きく残る帝国騎士団。アレクセイは団長として、騎士団の建て直しを図り奔走する。その傍らで、戦争で見せ付けられた強大な魔物の力に対抗するための力を求めて、魔導器の研究にも力を注いでいた。
人魔戦争を生き抜いた「英雄」として絶大な賞賛を浴びていたシュヴァーンは、そんな世間の評判をよそに、騎士団の再建を願うアレクセイの意思に従って有能な人材の育成に努めていた。
騎士団の敵対勢力である評議会は、そんな騎士団の様子を危惧する。戦争によって弱体化した騎士団が再び力を付けることは、評議会にとっては何の得にもならない。むしろ、障害でしかない。そんな中、評議会において特に騎士団を敵視していたカクターフは、アレクセイに審議で負かされたことから彼を逆恨みし、騎士団に対して物理的な強硬策に手を出す。
そして、事件が起こった――。


上巻のレビューはこちらを参照してください。無闇に長いですが。

というわけで、待ちに待っていた下巻がついに発売。
発売日当日は、朝から本当に楽しみで、会社で仕事しながらずっとそわそわしていました。
会社の業務時間終了とともに、同僚に「帰ります!」宣言して定時ダッシュ。その足で下巻を購入。
まぁ、下巻をゲットするまでに、都内の書店を4ヵ所巡りましたが。
中規模の書店なのに、なんで置いてないんだよっ!
はっ、もしかして早々に売り切れてたのかっ!!
# たぶん、違うと思う。。。

上巻よりもボリュームがあったけれど、それでも6時間で一気に読破。
病気じゃない公式が盛大に炸裂してたため、読み始めたら止まりませんでした。
なんだかんだで読み終わったのが、夜中の1時半。でも、眠くないです。
読後の興奮のためでしょうか。
しかし、この興奮状態で、俺はこの後、無事に眠れるのだろうか。。。

TOVのおっさん(レイヴン)に焦点を当てた外伝小説の下巻。
話の内容は、人魔戦争後?ゲームの第二部後半が描かれています。
本書の約5分の3以降はゲーム本編をおっさん視点で描いた形になっているので、あのシーンの裏であんなこと起こっていたのかと、目から鱗がぼろぼろでした。
上巻読み終わった後にも思いましたけれど、下巻読み終わった今ゲームをプレイすると、見方がかなり変わりそうです。

下巻は上巻に比べて、ゲームに登場した人物が数多く登場しています。
上巻に引き続き登場のアレクセイ、デュークはもちろんのこと、ドンやルブランなどおっさんを語る上で外せない面々から、ユーリたちゲームのPTメンバーまで登場。
フレンもちょこっとだけ出てきます。意外なところで出てきて驚きました。
逆に、予想していたよりも登場頻度が少なかったのが、イエガー。
ほんの1シーンのみで、少し寂しかったです。

また下巻には、ゲーム本編でそこはかとなく仄めかされた出来事が多かったように思います。
あんまり書くとネタバレになりそうなので、詳しくは追記で。

上巻が一人の男の人生が描かれたものであれば、下巻は人へと再生する様が描かれています。
とはいえ、上巻の終わり方が終わり方だったので、冒頭からの前半のおっさんはひたすらローテンション。時々例外的に感情が出るけれど、しばらく底辺進行が続きます。
まぁ、寡黙で鬱なおっさんもカッコいいので、個人的には全然OKですが。
人への復活の兆しが見え始めるのは後半に入ってから。
でも、そう簡単に復活できるわけもなく、上巻に負けず劣らず、もしかすると上巻以上に色々なイベントが起こり、その度におっさんが翻弄されてます。
特に、第七章最後の4ページの展開は、読んでる方も大きな衝撃を受けました。
上巻で最も印象的なラスト50ページぐらいで受けた衝撃は、緩やかにじわじわと押し潰されるようにくるものでしたが、下巻の第七章最後の衝撃は瞬間的にぶわっときました。なんというか、胸に錐を刺し込まれるような感じというか。
あれは、きつかったです。文章表現も上手だから、余計に辛さが伝わってきて、気が付いたら涙ぐんでました。
本当に、たいへんな人生だと思います。主に後ろ向きに。

他にも衝撃的な展開が目白押し。
ドンとの出会いやブラストハート発動の他に、ゲームでも描かれたアレとかソレとか、数え上げたらキリがありません。
その中でも特にショッキングだったのが、アレクセイが変わるきっかけになった事件。
あまりの惨さに、アレクセイがああなってしまったのも肯ける気がしました。

おっさん好きとしても、TOV好きとしも、非常に楽しめた小説でした。
ゲームのノベライズとして、かなり良作だと思います。TOVプレイした方にはオススメです。
せっかくなので、上巻と合わせて、ドラマCDで聞きたいです。コミカライズもいいなぁ。

[2011/03/04 追記]
とか言ってたら、ドラマCD化が決定したそうです。
アニメイトオンラインショップに予約ページができていました。ふぉぉぉぉ。

以下、ネタバレ感想になります。

[GMCD] Piano Collections FINAL FANTASY XIII

FF13のピアノソロアレンジ集「Piano Collections FINAL FANTASY XIII」をゲット。
やはり発売されましたかピアコレ。もはやFFシリーズの恒例行事ですね。

収録曲数は全10曲。
アレンジは、FF13のコンポーザである浜渦正志氏自身が手がけているそうです。
ピアノ演奏は、FF10のピアコレに引き続き、黒田亜樹さんという方です。

曲調は、激しいものから静かなものまで様々。
メロディラインの立っている原曲が多く選ばれたような気がします。
ただ、どの曲も自己主張が強くないので、聴かせる曲という感じはあまりしませんでした。
どちらかというと、BGMに適してる感じ。
部屋の中で薄くかかってると適度に和める気がします。

サガフロ2のピアノアレンジ(?)集「Piano Pieces SF2」の時も感じましたけれど、浜渦氏の楽曲ってピアノとの親和性が高いと思います。
原曲通りという曲はあまりなくて、アレンジが加わっているのだけど、原曲との違和感はあまりありません。
曲名を見ても咄嗟にどんな曲だったか思い出せなかったけれど、実際に聴いてみて、そういえば原曲にこんなメロディの曲があったな、と思ったものばかりでした。

オススメは、「ライトニングのテーマ ? 閃光」と「FINAL FANTASY XIII プレリュード FULL VERSION」。
前者はゲームをプレイしていれば頻繁に聴いた曲ですし、後者はOPムービーの曲だったかと。

[ゲームRev] アルトネリコ3 ~世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く~

PS3のRPG「アルトネリコ3 ~世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く~」をティリア・トゥルーエンドでクリア。
総プレイ時間は35時間ほど。
クリア時のレベルは76前後。
難易度は、ほぼEASYでプレイ。
最初のほんのちょっとだけNORMALでやってましたが、途中でムリだと悟りました。

プレイのきっかけは、神曲揃いのサントラCD(ヒュムノスコンサート含む)でした。
ヒュムノス――特に「EXEC_COSMOFLIPS/.」や「EXEC_FLIP_ARPHAGE/.」、「EXEC_EP=NOVA/.」がどこでどんな風に使われているのか、そのシーンが気になって仕方ありませんでした。
とはいえ、発売前情報で伝え聞いたゲーム内容が、2以上にアレでソレな方向に突っ走ったものだったから、なかなか手が出ず、時間だけが経過。
最近、たまたま安売りしていたところを見かけて、ついうっかり手が伸びていました。

ちなみに、アルトネリコシリーズは、1未プレイで2プレイ済みです。
1は、あんまり良い評判聞かなかったものだから、サントラで満足してしまいました。


第3作目の本作の舞台は、第3の塔「ソル=クラスタ」。
最初は「人間とレーヴァテイルの争い」から話が始まりますが、徐々に「星の再生」へシフトしていきます。
まぁ、アルトネリコシリーズの最終章なので、最終的には星をどうにかする方へ話の軸が移ることはわかっていたのですが、でもシフトの仕方はスムーズで良かったと思います。

世界観は前作とほぼ同じなので、あまり戸惑うこともなく。
2プレイ済みだからあまり問題なかったけれど、「レーヴァテイル」や「大地の心臓」などアルトネリコ固有の単語がぽんぽん出てくるので、3からプレイする方は、用語の意味を理解するのにまず苦労するかもしれません。
そういえば、いつでも読める用語解説って実装されてましたっけ?
クリア後に閲覧できるEXTRAにあったのは見たけれど。

とりあえず、1や2をクリアしていなくてもプレイできるようにはなっています。
が、話の端々に1や2のネタが出てくるので、プレイ済みの方がより楽しめると思います。


戦闘システムについて。
2に比べて、さらにアクション性が高くなっています。
が、基本的に攻撃ボタン連打でなんとかなりました。序盤までは。

中盤以降は、レーヴァテイルの詩魔法がほぼ必須です。
が、この詩魔法、パージさせるとより強い詩魔法を紡げるのですが、このパージがクセモノで。
パージ時のムービーは見てるこっちまで恥ずかしくなる、というのもあるのですが、それより何より、パージの操作性が悪い。
PS3のモーションセンサ(コントローラを上下に振る)を感知してパージが実行されるのだけど、これがなかなか感知してくれませんでした。
コントローラを新品に交換してもあまり改善されず、仕方ないので毎回毎回、力いっぱい素早く下から上へ振り上げて、ようやく感知するような状態。
おかげで、プレイするとやたら体力を使った気がしました。主に腕の。
簡単に感知してしまうと誤動作の元になるから、そういうやや鈍い感度になっているのでしょうが。
感度をユーザに設定できるような仕様だったら良かったんだけど、PS3本体の仕様で難しいのでしょうか。


キャラクターについて。
実は、あまり感情移入できるキャラがいませんでした。
主人公のアオトもそうだし、ヒロイン2人もそう。
なんかこう、いろいろ「イラッ」とさせられることが多かった気がします。
だから、最初から第3のヒロイン(ティリア)しか眼中になかったです(ぁ

ココナは、2での活躍もあるので、最初から好きでした。
あと、先生が地味にお気に入りでした。あのヘタレっぷりがw

それにしても、アルトネリコシリーズの男性キャラって、コスモスフィアでの扱いがヒドイですねw
お約束のネタだとは理解してるけれど・・・・・・うん、まぁ、おもしろいからいいか。


冒頭にも書きましたが、特筆すべきはやはりBGM。
ヒロインにインストールする「ヒューマ」の組み合わせ方次第で通常バトル曲が変化する「R.A.H.システム」は、本当にうまくできてるなぁと思いました。
ベースとなるメロディラインがヒロインごとにあって、それに音素材をうまくのせて曲を自動生成してるっぽい感じ。
どのヒューマを使っても特に違和感がなくて、ちゃんと曲になっていました。
まぁ、どの曲にしても戦闘曲っぽくない気もしましたが、そこはそれ。

イベント戦闘時にヒュムノスがかかることがよくあったのですが、そのヒュムノスがまた、シリアス系から脱力系まで多種多様でした。
というか、今回のヒュムノスは、ほとんど戦闘BGMとして使われることが多かったような気がします。
ところで、ラスボス戦のヒュムノス(?)はヒュムノスコンサートにも未収録なんですが、何か意図があるんでしょうか?

それにしても、ヒュムノスの歌詞をちゃんと理解するには、やっぱりゲームをプレイしないとダメだということに、プレイ後になって気付かされました(遅
「Ec Tisia」の重みがプレイ前と後では全然違うし、「EXEC_COSMOFLIPS/.」の歌詞は完全に誤解してたし。
# 「EXEC_COSMOFLIPS/.」については、某動画投稿サイトの超訳が分かりやすかった。
そういう意味では、ゲームプレイして良かったかもしれません。


不満がないわけではないけれど、シナリオやBGMで楽しめた作品でした。
1から2を経て3で完結という流れがちゃんとできていて、締めくくりとして面白かった作品だと思います。

[GMCD] Xenoblade Original Soundtrack

WiiのRPG「Xenoblade」のOSTゲット。
ちなみに、ゲームは未プレイです。
Wii持ってないし、アクション性高そうで出来る気もしない。。。

コンポーザが光田康典さんと下村陽子さんというので、これは買わないわけにはいかない! と喜び勇んで購入したところ、お二方担当の曲はあまり多くはありませんでした。
CD4枚組で計91曲中、下村さんは十数曲、光田さんは1曲のみ。
他は、清田愛未さんとACE+さんという方々が手がけた曲。
どちらも初めて見る名前でした。

光田さんの曲が1曲だけというのは、あらかじめ何かのインタビューで知っていたので、あまりがっかりもしなかったのですが、下村さんの曲が思いのほか少なかったのはちょっとがっかり。
でも、清田さんやACE+さんがかなり健闘されていたと思います。
「あ、これいいかも」と思える曲がいくつもありました。
ゲームをプレイすれば、また印象が違ってくるかもしれません。

曲調は、全体的にややオケ寄りだけど、まぁ一般的なゲーム音楽調です。
一部にエレギがバリバリの激しい曲もあります。

きっと、ゲームプレイしてからの方が楽しめるサントラだと思います。

オススメは、「メインテーマ」、「神を絶ちし剣」、「怒り、心の闇」の後半。

[ゲームRev] ゴーストトリック

DSのAVG「ゴーストトリック」クリア。
総プレイ時間は、正確なところはわからないけれど、15~20時間ぐらい。
攻略サイト等は一切見ずにプレイしてましたが、そんなに長くはなかったです。

昨年のTGSのカプコンブースで「ゴーストトリック」を試遊した友人が、TGS以降しきりに「ゴーストトリック、マジヤベェよ! 発売日に買うよ!」と連発していたので、ついうっかりつられて発売日に購入。
ディレクター・巧舟氏のシナリオは好みだったし、元々「逆転裁判」シリーズが好きだったので、ためらう理由もなかったわけで。

物語は、事件に巻き込まれて命を落とし、タマシイだけの存在となった主人公シセルが、命なきモノにトリツいてアヤツったりしながら、一連の事件の過程で死んだ人をその死者の力で救いつつ、失われた自分の生前の記憶を探すというもの。
巧氏らしくものすごい勢いで2転3転するシナリオのため、止め時がなかなかわからず、時間を忘れてついつい夢中になって進めてました。
シナリオのノリやテンポは、「逆転裁判」によく似ています。
笑わせるところで笑わせ、しんみりさせるところではしんみりさせる。
その緩急がちょうどいい。
ところどころで思わず「なんだってーっ!!」って叫びたくなるようなトンデモ展開もあるのですが、そんなことがどうでもよくなるくらい、シナリオが良かったです。

「逆転裁判」のときも思いましたけれど、巧氏のシナリオって、言葉の操り方が秀逸ですよね。
特に韻の踏み方や、単語の重ね技が。
あれは、なかなか真似のできるものではないんじゃないかと。ほんと、すごい。

登場人物たちは、誰も彼も前向きで明るいです。
死んでるのに、妙にあっけらかんとしていて、プレイしていて気持ちが沈むことはあまりありませんでした。
人の死を扱っているのにジメジメした雰囲気にならなかったのは、彼らの明るい性格に救われていたのではないかと。
個人的にはミサイルが一押し。あと、順当にシセルがいい感じ。
とはいえ一番印象に残ったのは、実は、看守(先輩)の「テンテコの舞い」だったんですが。
ぜひ「キリキリの舞」も見たかった。

システム面ですが、プレイ前はちょっと面倒そうに感じていたけれど、プレイしたらすんなり慣れました。
できることが「トリツク」と「アヤツル」、シナリオを進めると使えるようになる「トリカエ」に限定されていたからでしょうか。
パズル的要素も、最初は本当に簡単ですぐに解けるのですが、少しずつ複雑かつ難しくなっていって、10数回繰り返したものもありました。
中には時間制限付きのものもあって、そういうものは多少のアクションも要求されます。
でも、アクロバティックな操作は必要なくて、しかも難しくてもコンティニューは何度でもできるため、いろいろアヤツって試しているうちに解決方法が見出せるんじゃないかと。
アクションセンス底辺の自分にもなんとかなったので、たぶんなんとかなります。

パズルが解けていく様は、見ていて爽快でした。
一つ一つは小さな動きなのに、複合的に組み合わさってパタパタと解けていくところは、まるで「ピタ○ラスイッチ」のよう。
この爽快感もまた、止め時がわからなかった理由なのかもしれません。

世界観のわりにはポップでほんのりハードボイルド、なんだかかなり気楽に楽しめたゲームでした。
「逆転裁判」好きはもちろん、AVGやパズル好きにもオススメです。

[ゲームRev] ペルソナ

PSP版「ペルソナ」の雪の女王編を、今更になってようやくクリア。
難易度はNORMALでプレイしました。
総プレイ時間は・・・・・・どれくらいだろう?
プレイしながら寝落ちしたり、PSPをスリープ状態にしたまま1週間放置したりしたから、ゲームのタイムカウントは500時間超えてましたが、実質50~60時間ぐらいではないかと。
で、クリア時のレベルは、主人公が65ぐらいで、他は40後半~50前半。

ちなみに、PS版もプレイ済みで、セベク編だけはクリアしました。
当時、セベク編をクリアした時点で力尽きて、雪の女王編までプレイする余力がまるでなかったのですが。
そんなわけで、リメイクされたPSP版では雪の女王編をプレイ。
異界化直後の学校で、ゆきのさんを探しまくって意地でも校外に出なかったら、気が付けば雪の女王編が始まってた、なんてことはないんだからねっ!(ぁ

PSP版はPS版に比べて多少プレイしやすくなってるような気はしますが、ほんとに多少。
3Dダンジョンで、常に左下にミニマップが表示されるのは、すごく便利でした。
他は、PS版と大きく変わった印象はありませんでした。

ゲームの難易度も、NORMALでプレイしたからか、PS版とあまり変わらなかったような。
1時間かけてがっつりレベル上げしたのに、悪魔からバックアタック食らってあっさり全滅させられて、セーブからやり直し、なんていう鬼畜仕様に、アトラスらしさを感じました。
PS版でもよくあったなぁ、こういうこと。
ラストダンジョンで3時間もかけてレベル上げしたのに、あっさり全滅させられたときには、さすがにプレイするのやめようかと思ったけれど。今となっては、そんなことも良き想い出。しみじみ。

雪の女王編のシナリオは、なんというか、かなり淡々としている感じでした。
セベク編ほど、「うわぁ・・・・・・」っていうのが少なかったような。
まぁ、雪の女王編はシナリオが短いですし。
セベク編が本編で、雪の女王編はおまけ、という感じがどうしても拭えませんでした。

シナリオが短いとはいえ、やはり雪の女王編をクリアして力尽きました。
さすがに、PSP版でもう一回セベク編やるほどの気力はないです。
これをもう一回やるのは、ちょっと辛い。。。

ただ、やっぱりペルソナ合体や戦闘は楽しいです。
あっさり全滅させられてしまうのも、見方を変えれば緊張感を保った戦闘ができますし。
そのあたりは、P3や4にも受け継がれてる要素だと思います。

あとはやっぱり、悪魔との交渉。
悪魔たちの反応のバリエーションが豊富で、ついついいろんなコマンドを試してしまいます。
「この交渉コマンドで興味が上がるのかよ」っていう意外性があったり。
そういえば、悪魔との交渉って、P3や4からは無くなってたっけ?
制作されるかどうかわからないけれど、P5が出るのであれば、悪魔交渉をぜひ復活させて欲しいです。

PS3や4からペルソナシリーズを知って、ペルソナに興味を持った方ならオススメ・・・・・・いやでも、P3や4とはゲームスタイルや雰囲気、難易度が全然違うからなぁ。あまりの違いに度肝を抜かれるかも。
とりあえず、PS版よりはPSP版の方がオススメです。

女神異聞録ペルソナがリメイクされたのなら、ぜひとも2もリメイクして欲しいです。2作とも。
個人的には1より2の方が好きだったので。