[本] 秋の牢獄

2011/01/29(土) 18:23:03 | カテゴリ:
恒川光太郎「秋の牢獄」(角川ホラー文庫)読了。

朝、目が覚めたら11月7日だった。次の日も、その次の日も。周りの人は昨日と全く同じ言動を繰り返す中で、藍は一人、「11月7日」という1日を繰り返していた。
どうしてこんなことになったのか分からないまま、「11月7日」から脱するためにあれこれ試すも、日が変わる瞬間に全てがリセットされる。次の「11月7日」に引き継がれるのは記憶だけ。
そんな中、藍と同じく「11月7日」を繰り返す隆一と出会う。彼は、「11月7日」を繰り返す「リプレイヤー」は他にもいるという。


表題作「秋の牢獄」の他に2作を収録した短編集です。
恒川作品らしく、怖さはあまり強くないけれど、幻想的というか不思議で切ない話が詰まってます。

「秋の牢獄」の冒頭10ページほどを読んだときに、真っ先に思い浮かんだのは、解説であげられている「リプレイ」でも「ターン」でもなく、98年秋(だったと思う)に放送されたTVドラマ「世にも奇妙な物語」の「そして、くりかえす」でした。
今となっては、覚えてる人あまりいないでしょうが。
ある1日を何度も繰り返し、主人公がそれを利用してあれやこれやと試すも、やがて空しくなって途方に暮れるっていう展開がそのままだったので、ふと思い出してしまいました。
ただ、後半は謎の人物(?)が登場したりして路線が大きく異なってくるので、これはこれで楽しめました。

2作目の「神家没落」は、日本全国津々浦々、各所を定期的に転々と瞬間移動する家と、そこに住む人の話。
というと、ほのぼのした話のように聞こえるかもしれませんが、そこは恒川作品。
神家は必ず1人を敷地内に縛りつけ、縛られた人は敷地の外に出ることができなくなってしまうという条件付き。
そんな家の存在自体が、現代から見ると悪夢のように見えました。
そして最終的には、道具は使う人次第で善にも悪にもなれる、という印象が残りました。

3作目の「幻は夜に成長する」は、幻を他人に見せる「幻術」の能力を持った少女の話。
自分と違うものを排斥する悪意が詰まった話です。
唯一の救いは、少女の父親かな。あの1シーンには、少しほっとさせられました。
ああいうシーンがないと、短編とはいえちょっと精神的にキツかったかも。

角川ホラー文庫の作品とはいえ、嫌な気分にさせられるようなグロい描写やエグいシーンはあまりありません。
描写はキレイなんだけど、なんとなく切なくて、怖い。
そんな、じわじわ沁みこむ様な感じです。
恒川作品はそういう雰囲気のものが多いので、わりと安心して読めるのが強みだと思います。

[GMEV] Ritter der Musik ミニコンサート

ファイアーエムブレム(以下FE)シリーズのオンリーイベント「炎の聖戦」内で開催された、FE専門の管弦楽団「Ritter der Musik」のミニコンサートに行ってきました。

実のところ、「炎の聖戦」の会場と同じ建物内で開催されていたテイルズのオンリーイベントに用があったから、そのついでと言えばついでだったりしました。
ただ、テイルズの用事は来週のTOVオンリーでも良かったくらいなので、テイルズもミニコンサートも、どちらかが欠けていたら出かけていなかったと思います。

閑話休題。

ミニコンサートということだったので、開催前は四重奏や五重奏のようなアンサンブル形式のものを想定していました。
が、蓋を開けてみたら演奏者が約20人という、イベント内イベントにしては少し大きめな編成。
「そこまでやっちゃうのか!?」と、正直驚きました。

演奏曲目は、
  メインテーマ
  「聖魔の光石」より 進撃準備
  「紋章の謎」メドレー
  「外伝」より1曲(アンコール)
でした。
アンコールの曲、曲名がわからなかったんですが、「アルム1」か「アルム2」でしょうか?
ちなみに、演奏時間は30分弱でした。

なお、俺のFE暦は、「暗黒竜と光の剣」、「紋章の謎」、「聖戦の系譜」で止まっています。
(「トラキア776」はサントラ持ってるけれど、ゲームはプレイしたことない)
そのため、演奏される曲についていけるかどうか、聴く前は不安でした。
予想通り、今日演奏された曲目のうち半分は知らない曲でしたが。
ただ、知らない曲も普通に楽しめました。
「進撃準備」もアンコール曲もどちらもカッコいい曲で、惚れそうです。
サントラ欲しいなぁ、と思ったら、FEってあまりサントラ発売されていないんですね。ちょっと残念。

「紋章の謎」メドレーは、どの曲が入っていたのか正確にはわからなかったのですが、全曲ではなかったと思います。
マップとイベント曲が中心でしょうか。
1曲あたり1ループのみのため、曲が次々と変わっていき、畳み掛けるような構成でした。
「紋章の謎」の曲の中では「聖戦」がもっとも好きな曲だったので、それを生で聴けたのが嬉しかったです。
やっぱり、FEの曲はオケとの親和性が高いですね。

演奏について。
一曲目の「メインテーマ」で、ちょっと空中分解しかけていたところは気になりました。
一発目の曲がヘロヘロになってしまうのは、指が温まってないから、仕方ないと言えば仕方ないところでもありますが、そこはかとない不安を感じました。
とはいえ、曲が進むごとに徐々に持ち直して、最後のアンコールではまとまっていたと思います。
アンコールの曲が一番良かったです。
ヴァイオリンの早弾き、すごく頑張ってた感じがしました。

今回の編成ではパーカッションが一切なかったので、音にどこか物足りなさがありました。
スネアドラムのような小さな打楽器一つあるだけでも、雰囲気が変わりそう。
今秋の演奏会でパーカッションが加わると、より一層迫力が出そうだなぁ。

演奏とはあまり関係ない点ですが、できれば窓を背にするのではなく、壁を背にして演奏してほしかったです。
見ていてちょっと眩しかったです。特に俺、光に弱い闇属性なので(ぇ

第一回演奏会が今年の10/16(日)に亀戸で開催されるそうなので、ぜひ行ってみたいと思います。
「聖戦の系譜」の全章マップ曲メドレーを聴き逃すわけにはいきません。「運命の扉」が楽しみ。

[ゲームRev] サガ3 時空の覇者 Shadow or Light

GBからDSにリメイクされた「サガ3 時空の覇者 Shadow or Light」をクリアしました。
難易度はEasyで、クリア時のプレイ時間は約30時間。
ちなみに、GB版サガ3も昔クリアしています。5周ぐらいやりました。

PT編成は、ほぼ最初から最後まで、人間(デューン)+エスパー(ポルナレフ、ミルフィー)+メカ(シュリー)。
GB版プレイ時、この編成が個人的には鉄板だったもので。

GBの「サガ3」のリメイクですが、プレイしてみた感触としては、DS版サガ2のシステムにサガ3のシナリオを乗っけた感じでした。
発掘とかフリーシナリオとかミニマップとか、かなりDS版サガ2に似ています。
が、逆に言えば、GB版サガ3のシステムとは大きく異なります。
成長システムは、従来のレベル制を撤廃。サガ2などと同様にランダムでパラメータがアップする仕組みが採用されています。
また、Easy以外のモードでは、武器の使用回数が決められています。
魔法も買って覚えるタイプではなく、魔法書を使うタイプに変わっています。
この変更は、きっと、GB版サガ3発売時に巷で「サガらしくない」と糾弾されたためなんでしょう。
個人的には、ランダムでパラメータがアップするタイプの成長システムや武器の使用回数制限って苦手だったので、GB版サガ3はすごくプレイしやすかったのですが。

シナリオも、大筋はGB版のままで、台詞回しがちょこちょこ変わっています。
DS版サガ2があまりにGB版の台詞そのままだったのに対して、こちらはメインキャラクター4人の性格がはっきりと付いたためか、台詞に人柄が出てます。
また、CERO対策なんでしょうか、表現が若干変わっているところもありました。
結界発生装置爆破のディオールとか、ステスロスとジュピターとか。
確かこのあたりって、もっとえげつない状態だったと思うのですが。

とはいえ、ストーリーについては非常に懐かしくて、しみじみしながらプレイしていました。
今、大人になってからプレイすると、滅びの未来を救うための人々の想いの強さに気付かされたり。
主人公たちだけが戦っているわけじゃないっていうところがGB版以上に強く出ていて、そこは良かったと思います。

GB版との変更点が多いので、良リメイクかどうかは判断の難しいところかと。
人によって判断が大きくわかれそうです。
とりあえず、DS版サガ2のシステムが好きな人にはオススメかもしれません。

[GMCD] サガ3 時空の覇者 Shadow or Light Original Soundtrack

DSのRPG「サガ3 時空の覇者 Shadow or Light」のOSTをゲット。
ちなみにゲームは現在プレイ中です。もう少しでクリアできそう。

GB版OST収録曲と同名タイトル20曲+追加タイトル6曲+ボーナストラック1曲の、計27曲収録。
同名タイトル曲は、全てGB版からアレンジされたものだと思います。
追加タイトル曲のうち、「真・神戦」は、GB版ラスボス曲のフレーズの一部を使用してるっぽいです。
他5曲は、完全新曲かな?
既存曲の編曲、および新曲の作・編曲は、全て伊藤賢治氏と笹井隆司氏が担当されています。

GB版のイメージを持ったまま聴いたためでしょうか、随分様変わりしてることに驚きました。
かなり大きくアレンジされています。
曲によっては、「あれ、こんな曲だったっけ? ていうか、原曲のメロディラインはどこいった!?」って思うほどにアレンジされているものもあります。

曲調は、全体的にロック調。
GB版はどことなくテクノっぽさがあったのですが、そっちの面影はあまり感じられませんでした。
イトケンさんが参加されているからでしょうか、曲の雰囲気がロマサガやDS版サガ2に近づいたような。
ゲーム自体がDS版サガ2に似せてリメイクされたから、曲もそっちに近づけたんでしょうか。

ボーナストラックは、笹井氏による「オープニング」のアレンジ。
GB版サガシリーズ共通のオープニング曲を、シンフォニックロックというかハードロックというか、エレキギターとドラムが炸裂してるアレンジでした。
笹井氏が手がけてるから、GB版ぽいテクノっぽさが出るのかと思ったら、ゴリゴリのロックでした。

原曲からかなり大きくアレンジされているので、このアレンジについては賛否両論あるかもしれません。
GB版サガ3への思い入れが強い人は特に、聴き始めは「ん?」て違和感を感じるかも。
一方、イトケン風の曲が好きな人にはオススメかもしれません。

[本] 教室の亡霊

2011/01/16(日) 13:45:52 | カテゴリ:
内田康夫「教室の亡霊」(中央公論新社)読了。

高崎市内の中学校で教鞭をとる梅原彩の元に、刑事が尋ねてきた。某中学校の教室で澤吉博の死体が発見され、そのポケットから澤と彩が2ショット写真が見つかったためだった。しかし、彩には写真に心当たりはない。澤とも直接的な面識はなく、澤が病気療養する代わりに赴任したのが彩だったというくらい。
しかし、その写真の存在に、彩は不安を隠せない。
その不安を察知した彩のクラスの生徒・竹内は、彩を心配しつつ、ある伝を利用して浅見に事件捜査を依頼する。


昨年春に3ヶ月連続で刊行された浅見光彦シリーズ3作のうち、1番最初に発売された作品です。
昨年の10月末頃から読み始めて、ようやく読み終わりました。
一体、何ヶ月かければ気が済むんだ俺。

今回の舞台は群馬県高崎市周辺。
テーマは、タイトルからも推測できる通り、「教育」です。
少し前に実際にあった教員採用試験の贈収賄事件をモチーフに、今のモンスターペアレントの問題も絡んでます。
テーマがテーマなためか、あまり旅情的な話はありませんでした。

社会人になって早○年だし、学校と言うものから縁遠くなって久しいし、俺が小中学生の頃はそんな人いなかったので、モンスターペアレントというと遠い世界のことのように感じてしまいます。
まぁ、生まれ育ちが、隣近所の繋がりの密接な――というか、密接じゃなかったら暮らしていけないような山間のド田舎地区だったので、モンスターペアレントの出にくい風土だったのかもしれませんが。
ただ、この作品にもモンスターペアレントの話が少し出てくるのですが、このあたりの逸話は、きっと取材で知った実例を基にしてるんじゃないかと。
それくらい、あってもおかしくなさそうな話でした。

昨今は特に目立ってるように見えますが、そういえば教育現場の問題は昔からあったような気がします。
俺が小中学生の頃、地元の県では「閥問題」がニュースや新聞で大きくクローズアップされることがありました。
あれって、今どうなってるんだろう?

そんな感じで、教育に関する最近の諸問題が取り上げられていて、考えさせられることが多かったです。

[ゲームRev] タクティクスオウガ 運命の輪

PSPのS・RPG「タクティクスオウガ 運命の輪」をクリアしました。
クリア時の主な戦闘メンバーのLvが25~26。
総プレイ時間は、中途半端にサブイベントを消化して、約104時間。
たぶん、Lv上げ過ぎで時間かかり過ぎだと思います。

SFC/PS版のリメイク版となる本作。
SFC版は全く手を付けていませんが、PS版はほんの少しだけプレイしたことがあります。
その時は確か、バルマムッサが終わった直後ぐらいまで進めておきながら、結局放棄してしまった記憶があります。

辿ったルートはロウルート。
PS版の時も、バルマムッサで同じ選択をしてました。
たぶん、ゲームをプレイする前に読んでいたコミカライズの影響だと思います。

そういえば、初プレイでロウルートを選択したって人、あまりいないようです。
自分の周りに何人か(SFC版、PS版、PSP版問わず)タクティクスオウガをプレイした人がいるのですが、皆カオスルートを選んでいました。
まぁ、わからないでもないですが。俺も、マンガ版読んでなければカオスルート選んでただろうし。

ストーリーは、SFC/PS版をほぼ踏襲していると思います。
重厚なシナリオ展開は、さすが松野さん。
戦乱の苦さ、信頼と裏切り、欺き欺かれながら、祖国統一までの人の生き様が描かれています。
敵キャラの中にも人間性が細かく描かれていて、問答無用でボコれるキャラから、倒すのが惜しいキャラまで様々います。
なんというか、こう、とにかく重い。容赦なく重いです。

大まかなストーリーはほぼ変わっていないと思いますが、細かい部分が所々手が加わっていたような。
冒頭の公爵救出のところ、ゲーム開始から公爵の救出完了するまでの間に、もっと何度もバトルを繰り返していたような覚えがあります。
まぁ、10年近く前の記憶なんで、あまりアテにはなりませんが。

バトルシステムはあまり変わっていませんが、成長システムが大きく変わっています。
キャラクターごとのLvというのが廃止され、クラス(職業)にLvが付きました。
そのため、コツコツ育てたキャラと同じクラスのキャラであれば、途中参加してもそのキャラと同じLvからの参加になります。
逆に言えば、途中参加したキャラが全く新しいクラスだったりすると、一から育てなければならないわけで。
序盤はそれでも良かったのですが、戦闘にメインで使っているクラスのLvが20ぐらいになってから、まったく新しいクラスのキャラが参加すると、使えるようになるまで育てるのがたいへんでした。
プレイ時間がやたらかかったのは、それが一因でもあります。
もうね、育てるのたいへんでしたよ。特に姉さん。。。

戦闘はSFC/PS版と大きな変更はないと思います。
ドット絵のクォータービューの中で、やはりドット絵の3?4頭身ぐらいのキャラがちょこちょこ動く感じ。
今となってはどことなく懐かしさすら感じられる画面でした。

1戦闘あたり10?30分ぐらい(ラストバトル除く)なので、ちょっと時間の空いたときに軽く1戦、ということも可能かと。
例外的に長かったのは、ラストバトル2連戦のうちの1回目。ものすごく苦労しました。
あれは、どんだけレベル上げても苦労するバトルなんじゃないかと。

BGMは、SFC版にアレンジが加わって、より一層豪華になっていました。
とはいえ、原曲がほぼ残った状態でのアレンジなので、違和感はほぼ感じませんでした。
新規追加曲も同様です。
スタッフロールを見る限りでは曲によっては生音だったらしく、ぜひとも全曲オケ演奏会を、と願ってみたり。

重厚な戦記もののS・RPGが好きな方や、FFTが好きな方にはオススメです。

ところで、エンディングのスタッフロールの背景に表示された風景画がすごく欲しいのですが、どこで手に入りますか?

[GMCD] サガ バトル楽曲集

スクウェア(現・スクウェアエニックス)のサガシリーズのバトル曲を集めた「サガ バトル楽曲集」をゲット。

GBで発売された第一作「魔界塔士SaGa」から、SFCのロマサガシリーズ、PSのサガフロシリーズ、PS2で発売された「アンリミテッド・サガ」、SFCからPS2にリメイクされた「ロマンシング・サガ ミンストレル ソング」まで、各作品につき3曲ずつ収録されています。
選曲は、スクウェア・エニックス メンバーズの「沁み音」で企画されたファン投票によるそうです。
全30+1曲の計31曲。+1曲は、ボーナストラックの「Eat the meat」(魔界塔士SaGa版)。
なお、「SaGa2秘宝伝説」のDSリメイク版は収録されていません。GB版のみです。
SaGa3も同様です。

そもそも原曲にバトル曲が3曲しかないという作品もありますが、ファン投票による選曲だけあって良曲揃いです。
このCDを聴いて、「アンリミテッド・サガ」の曲の良さに気付いたくらい。
アンサガに限らず、このCDに収録されている曲の元のOSTは全部持っているのですが、アンサガだけあまり聴き込んでいなかったので印象が薄かったんです。
これを機にもう少し聴き込もうと思いました。

曲が古い作品のものから順に並んでいるので、頭から順番に聴いていくと、ゲームの音周りの変遷が見られて面白いです。
GBのピコピコ音が、SFCになってリアル音っぽさが増し、PSになってさらに音質が豪華になり、PS2ではついに人の声が入る、そんな経緯が見られます。

再録という性質上、サントラ持ってる人にとっては、コレクターアイテムの域を出ません。
が、以前からサガシリーズのバトル曲が気になっていたけれど、今からサントラを揃えるのは骨が折れる、という方にはオススメです。