[本] ワン・ドリーム~みんなでひとつの悪い夢~

2011/03/21(月) 16:55:08 | カテゴリ:
中井拓志「ワン・ドリーム~みんなでひとつの悪い夢~」(角川ホラー文庫)読了。

和歌山県の海岸沿いにある、人口三万の町・娃南。「海女の枕」と呼ばれる岬には、かつては国の保養施設、現在は陸上自衛隊第三師団の駐屯地がある。ただし、駐屯地とは名ばかりの、「人類史上最も人道的な戦術兵器」の実験場であった。
その駐屯地に、サイレンが鳴り響いた。まもなく、逃げ遅れた自衛隊員たちは、総じて「悪夢」に被爆し、四肢を引き攣らせて昏睡状態に陥った。その「悪夢」は駐屯地だけでは飽き足らず娃南の市街地にまで及び、そこに存在する一般の人々をも巻き込む。
事態を知った陸自は混乱収集とデータ採取のため、救難隊を娃南に送り込む。
それと同時期、「戦術兵器」を奪わんとする空挺と空自が娃南で暗躍し始め、事態はさらなる混乱に陥る。


一気に広く伝播し感染する「悪夢」の話。
ホラーものというよりは、パニック+謀略ものという感じでした。
ホラー文庫の作品ですが、怖さはあまりありません。

前半は説明部分が多くてやや退屈だったのですが、後半は一気に読み進めてしまいました。
双子の姉が登場したあたりからかな。
陸自と空挺と空自の三つ巴状態と、検体と双子の相似性がはっきりしてからは、面白かったです。

前半といえば、説明口調の台詞が多いのが気になりました。
会話でこんな風には言わないだろうっていう、違和感が拭えなくて。
後半はそういうのがあまりなかったので良かったのですが。
ここぞという盛り上がりの真っ最中に、とあるキャラが説明口調でぺらぺら話されても、読んでる側は気分を削がれるだけになるかと思うので。

「夢」と「兵器」に、というネタは、ユニークで興味深かったです。
欲を言えば、三つ巴状態がもう少し入り乱れて発展していれば良かったかなとも思いました。

あと、「悪夢」の描写が度々登場するのですが、最後までイメージがうまく思い描けなかったです。
「幻覚定型」はともかく、そこから「極限心象」への展開が特に。
まぁ、それはそれでいいのかもしれませんが。所詮、夢だから。

[GMCD] 蒼穹紅蓮隊 オリジナル・サウンドトラック

アーケード、セガサターンのSTG「蒼穹紅蓮隊」のOSTが復刻されたのでゲット。
オリジナル版の発売は1996年だそうですから、発売から約15年越しの復刻ということになります。

ちなみにゲームは未プレイです。
俺にSTGなんて、クリアできるわけがありません。
まぁ、それどころか、「蒼穹紅蓮隊」っていうゲームすら、実は知らなかったわけですが(ぁ

復刻ということで、ACで使用された曲とSSに移植されたときの追加曲、それとアレンジバージョンが4曲入っています。
アレンジは復刻版のみの収録と思われます。

コンポーザは崎元仁さん。
アレンジ4曲は、ベイシスケイプ所属の方々が担当されています。
そんなわけで、購入理由はコンポーザです。

崎元仁さんでSTGということで「レイディアントシルバーガン」を思い出しましたが、それよりも聴きやすいような気がしました。
STGらしくすこぶる激しい曲ばかりですが、曲によってはそこはかとなく「タクティクスオウガ」っぽさも感じられます。
激しいというよりも、勇ましくてカッコいい曲が多いです。

気になるのは、これがゲーム上ではどんな風に聴こえるのだろう、ということ。
曲がSTGらしいようならしくないような感じがして、ちょっと想像つかない。
ボス戦曲はなんとなくわかるんですが、ステージ曲が特に。

ゲームを知らなくても、普通に聴けたOSTでした。
崎元さんの曲が好きなら、STGだからと敬遠せずとも、意外といけるかもしれません。
オススメは「雲海降下」。一番馴染みやすい曲だったので、「タクティクスオウガ」っぽくて。

[GMCD] More SQ

スクウェア・エニックスのゲームのBGMをアレンジしたアルバム「SQシリーズ」の最新作「More SQ」をゲット。
スクエニというよりは、スクウェア時代+アルファと言った方が正しいかも。
スクエニになってからのゲーム曲は1曲だけで、他はスクウェア時代の曲なので。

全13曲収録。
今回は、
 ・FINAL FANTASY 5, 6, 8, 9から1曲ずつ
 ・FINAL FANTASY メインテーマ2曲、プレリュードとチョコボのテーマが1曲ずつ
 ・クロノ・トリガーから2曲
 ・サガフロ2、ニーア、LIVE A LIVEから1曲ずつ
という構成。
全体的にFFに偏ってます。
ニーア ゲシュタルト&レプリカントに挑戦されたことは「おおっ!」と思いました。すごく挑戦的だなぁ、と。良い意味で。
このSQシリーズ、どうもFF、クロノ、サガ、LAL、今回はないけど聖剣あたりで定番が固定化しかけているのが、ちょっと気になっていたので。
ルドラの秘宝とか、バハムートラグーンとか、ゼノギアスとか、スクウェアが良くも悪くも尖がってた時代に生み出された、たくさんの良曲にも目を向けて欲しいです。

今回は、前作とは異なり、特にアレンジの方向性の指定はないようです。
全体的にはダンスっぽい、のかな。
ノリが良くて激しい曲が多いです。

かなり原曲を破壊しているアレンジ曲が多いので、原曲が好きな人は要注意かも。
曲によっては、雰囲気からして180度がらっと変わってるものもあります。

一通り聴いたところ、「これはいい」と思える曲と「ちょ、えー・・・」ていう曲と、両極端の印象が残りました。
曲として、というよりは、アレンジの方向性として。
原曲からあまりにかけ離れすぎていて受け入れ難い曲が2, 3曲ほどありました。
それ以外は、「こういうアレンジにしたのか、ほー」というものばかりです。

全体的には、まぁ悪くないかな、という印象。
スクウェアのゲーム音楽とダンス系の曲が好きな方ならいけるんじゃないかと。
個人的には、LALの「メガロマニア」と、サガフロ2の「Rosenkranz」に好印象を持ちました。

[GMCD] KINGDOM HEARTS Birth by Sleep & 358/2Days Original Soundtrack

キングダムハーツのOST「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep & 358/2Days Original Soundtrack」をゲット。
PSPの「バース バイ スリープ(FINAL MIX追加曲含む)」、DSの「358/2」、それとCDタイトルには書かれていないけれど「Re: コーデッド」の曲が収められています。3枚組で、計80曲。
全部入りだからこのサントラの単価はほんのり高いけれど、1本ずつOSTを発売されるよりはトータルで安くて助かりました。

ちなみに、ゲームはどれも未プレイです。
BbSのFM版が出たから、そろそろプレイしたいと思ってはいるのですが。

コンポーザは、KHではおなじみの下村陽子さん。
一部楽曲には、関戸剛さんと石元丈晴さんも携わっているようです。

一通り聴いてまず思ったことは、「すごくKHだ」でした。
全体的にハキハキしたサウンドだけど、そこはかとなく憂いも感じられる、そんな感じ。
1や2のOSTに似ています。

曲調は、オケ調主体。時々はっちゃけてます。
そのあたりも、KHシリーズを踏襲しているかと。
おかげで、1や2の曲が好きな身として、いい感じにツボを刺激されました。
曲も相変わらず良曲ばかりだし。

曲の中には、ところどころで1や2の曲のアレンジが含まれていました。
KHシリーズのメインテーマでもある「Dearly Beloved」はもちろんのこと、1の「Hollow Bastion」や「Scherzo Di Notte」、「Destati」などのアレンジがありました。
あと、「CRISIS CORE -FINAL FANTASY 7-」の曲のアレンジも1曲あるそうです。

個人的にツボだったのは「Dealy Beloved」(BbS版)と、358/2の「Vector to the Heavens」。
特に後者が突出して好きです。
メロディラインを奏でるピアノの、寂寥感を孕みつつも力強い旋律が、ピンポイントでツボ過ぎました。

これまでのKHシリーズの曲が好きな方、下村さんの曲が好きな方に特にオススメです。