[GMEV] リトルジャックオーケストラ 第8回定期演奏会

ゲーム音楽専門の管弦楽団「リトルジャックオーケストラ」の第8回定期演奏会に行ってきました。
チケットのプレオーダー抽選では一度落選の憂き目にもあいましたが、一般販売で無事ゲット。
プレオーダーで落ちたときはショックのあまり「いいもん、行けなかったらグッコミ行ってやる!」と半ば不貞腐れもしましたが、それもまた今となっては良い思い出(遠い目

会場は、横浜みなとみらいホールの大ホール。
俺の席は、3階中央付近の一番後ろの席でした。
前回の第7回演奏会のときは最前列だったのに、なんで俺のクジ運はこうも極端なんだろう。
ちなみに、約2,000人ほど収容できるホールの9割以上の席が埋まっていました。
そりゃ、チケット争奪戦にも落ちるわけだ。

開場後まもなくの12:15より、ロビーコンサート開催。
10人弱の管弦楽器によるアンサンブルでした。
曲数は4曲(うち1曲はメドレー)。詳細は、本エントリの追記を参照してください。
正味15分ほどの演奏でしたが、あまり演奏会では聴くことのないマイナーな曲も聴けて、楽しかったです。
ただ、ピアノぐらいの弱さで表現しなければならない部分の演奏の不安定さは、ちょっと気になりました。
アンサンブルは、勢いのある曲の方が演奏しやすそう。

予定通り、13:00開演。
演奏された曲目は、ほぼスクエニのゲームで占められていました。
リトルジャックオーケストラの成り立ち上、これは仕方ないことなのかも。
ただ、ゲーム音楽メインの楽団では老舗であることを窺わせるような、非常に調和の取れた演奏だったと思います。
アマチュアの楽団だと「俺が俺が!」と前面に出たがる楽器パートが1つや2つありそうなものですが、それがほとんどありませんでした。
たぶん、ゲーム音楽系の楽団の中では、最も調和の取れた演奏をする楽団ではないかと。
聴いていて、本当に心地良かったです。
もっと前の席で聴きたかったなぁ。

まぁ、激しい曲では時々音のバランスが崩れることもありましたが、そこはそれ。

志村健一氏の指揮も素晴らしかったです。
迫力が、なんかすごかった。
全身を用いてオケを率いている感じが、背中からひしひしと伝わってきました。
あと、時折見えたタクトをクルンって回す動作が好きです。

本編終了後とアンコールの間に、スペシャルゲストとして、ゲーム音楽コンポーザの下村陽子さんが登壇。
前回の第7回公演では光田康典さんが登壇されていたので、「今回もまさか・・・」とは思ってましたが、やっぱりでした。
登壇されるや客席に向けて両手で手を振ったり、指揮の志村氏と手を振り合ったりといったお茶目な振る舞いは、ライナーノーツの雰囲気そのまま。
そのままインタビューに雪崩れ込み、演奏会の感想と、「drammatica」の選曲こぼれ話、今後のスケジュール(という名の「聖剣伝説全曲集」の宣伝)について話をされていました。
前打ち合わせのないままステージ上で答えられていたそうですが、淀みなく答えている様はさすがという感じでした。
それにしても、聖剣全曲集、そこに収録される全OSTを持ってる俺は、どうすればいいんでしょう。
特典DVD見たいのに・・・orz

本編後、アンコールを2曲演奏。
演奏会は15:15ぐらいに終了しました。

今回の演奏会、1点だけ不満な点があるとすれば、会場内がかなり暑かったこと。
俺のいた席が天井に近いところだった、というのも原因かもしれませんが。
我慢できないほどではなかったけれど、少々気になる暑さでした。

全体的に、非常に満足のできた演奏会でした。
どこを取っても楽しかったです。
次回は来年8/12(日)にみなとみらいホールということなので、ぜひ都合をつけて行ってみたいです。


でも、8/12って、ひょっとするとコミケ最終日とモロ被りじゃない?(ぼそ


これより下は、セットリストと印象的だった曲ごとの雑感になります。

[本] 風のなかの櫻香

2011/08/27(土) 21:45:21 | カテゴリ:
内田康夫「風のなかの櫻香」(徳間書店)読了。

ルポライターの浅見は、母・雪江のお供として、奈良県の尼寺・尊宮寺を訪れた。その尼寺では、施設から引き取った少女・櫻香を後継者として育てていた。だがここ数ヶ月、その櫻香の周辺で不穏な事件が多発し始めたという。2ヶ月前、櫻香が見知らぬ女性から声をかけられた。その女性は、「櫻香」という名前は知っていたのに、彼女の苗字は知らなかった。その後、10日前に施設の方へ櫻香の消息を尋ねる男から電話があった。そして5日前、尊宮寺に届いた「櫻香を出家させるな」という手紙。櫻香の安全を願う尊宮寺からの依頼を受け、浅見は事の真相を探ることになった。


読了までに3ヶ月ぐらいかかってるとか、いくら遅読とはいえかかり過ぎだろう俺。
ページ数はそれほど多くないです。ハードカバーで320ページぐらい。

舞台が尼寺というのは珍しいのではないでしょうか?
普通の寺社・仏閣が舞台っていうのは、ままありますが。
尼寺に関する説明が冒頭に出てくるので、尼寺が何かを知らなくても問題ありません。
っていうか、自分がいかに尼寺について知らな過ぎたってことに気付かされました。

殺人事件がメインではないためか、あまり血なまぐささはありません。
話は重いけれど、読後感はさっぱりしてる気がします。
浅見シリーズというと殺人事件というイメージがあるのですが、本作はそこからちょっと外れてます。
まぁ、人が1人も死なないってわけでもないですが。

でも、最近の浅見シリーズは、こういうあまり人の死なない作品が多いような。
まぁ、こういう作品も嫌いじゃないです。
ただ、さっぱりした作品を読んだ後は、がっつり重いものを読みたくなります。
次回作はどんな作品になるんだろう。

あと、読了後、妙にハンバーグが食べたくなりました。
うん、読んでいただければわかるかと。

[ドラマCD] Steins;Gate α 哀心迷図のバベル ダイバージェンス0.571046%

Xbox360/PSPのADV「Steins;Gate」のドラマCD「Steins;Gate α 哀心迷図のバベル ダイバージェンス0.571046%」をゲット。
俺にとっては、γβに続く最後の1枚です。

今回の舞台は、ゲームプレイ済みの方なら世界線変動率からわかる通り、紅莉栖ルートのChapter.10です。
そういえば、今改めて聞いてて思ったけれど、ちょうど今週のアニメもこのあたりをOAしてたなぁ。
冒頭の岡部と紅莉栖の会話を聞いて、「あれ、ついさっきもこれと似たような会話、聞いたぞ?」と思ったら、直前にニコ動で見てきたアニメ(第21話)でした。

舞台はChapter.10ですが、最終話の重要なネタバレが含まれています。
なので、ゲームでトゥルーEDクリアしていない方は注意が必要です。

主役は紅莉栖。Chapter.10のもう一つの物語が、紅莉栖の目線で描かれています。
準主役はフェイリス。
紅莉栖とフェイリスというゲーム本編中ではほとんど見られなかった組み合わせに、このドラマCDの多くの時間が割かれています。
その他の登場人物は、岡部、まゆり、鈴羽、それとラボメンじゃない人が2人。
とはいえ、紅莉栖とフェイリス以外は、わりとちょい役的な存在でした。

ストーリーにあまり触れるとネタバレになりそうなので詳しくは話せませんが、個人的にはシナリオに対して違和感が拭えません。
視聴後だけでなく、3回聞いても、シナリオに慣れないです。
トゥルーEDルートでのアノ人の姿を既に見ているからでしょうか。
その人が紅莉栖に向けた想いが、ドラマCDで語られているほどキレイなものだったとは、とてもじゃないけれど思えないです。
それとも、α世界線のアノ人だから最終章のアノ人とは性格が違う、てことでしょうか? うーん。

他2作品に比べると、ややギャグテイストが効いてます。
シリアス路線で始終したβやγと比較して、クスッと笑える箇所がぽろぽろとあります。
その効果でしょうか、βやγより気楽に聞けたような気がします。

ドラマCDとしてはしっかりした作りになっているので、シュタゲが好きな方にはオススメです。
さらに紅莉栖好き、もしくはフェイリス好きなら、他2作品よりもオススメかもしれません。

[GMEV] モンスターハンター オーケストラコンサート 狩猟音楽祭2011

昨日8/20に、カプコンのACT「モンスターハンター」シリーズのオーケストラコンサート「狩猟音楽祭2011」に行ってきました。
会場は東京国際フォーラムのホールA。
会場がどこか知ったときの感想は「でけぇ!」でした。
5,000人も入るホールなんてそうそうないし、首都圏で最も広いコンサートホールなんじゃないかと。

それでも、席はほぼ埋まっていました。
前売チケットはすぐに完売してしまったようで、改めてモンハン人気を垣間見ました。

ちなみに、俺自身はモンハン未プレイです。
OSTは一通り聴いたけれど、ゲームのどこでどんな曲が流れるとか、全く知りません。
かろうじて、「英雄の証」がタイトル曲だってことを知ってるぐらい。

そんなモンハン無知の俺でしたが、演奏会は楽しめました。
ゲームの特性上、派手な曲が多かったからかもしれませんが。
飽きることなく、最後まで聴けました。楽しかったです。

力強い曲が多かったからか、最初から最後まで金管楽器に惚れてました。
トランペットとトロンボーンの音色の格好良さに痺れます。
こういう勢いのある曲における金管の格好良さは、ほんと神がかってる。

前半は3(tri-)の曲がメインで、後半は3rdの曲がメインというセットリスト。
そのため、後半は原曲どおり、和風テイストが強かったです。
オケ+尺八や三味線の相性が意外と良くて、驚きました。

今回の演奏会で不満があるとすれば、会場が広過ぎたためスピーカーを使っていた点。
5,000人も収容できるホールなので、後ろまで音を飛ばすにはスピーカーを使わざるを得ないということは理解できるのですが、やっぱり本当の意味で生音で聴きたかったです。
次回は、2,000人ぐらいのホールに規模を狭めて、その分回数増やしてやって欲しいです。

あと、公演時間の短さも少し気になりました。
まさか2時間超えないとは思いませんでした。
派手な曲が多くて演奏してる方も聴いてる方も意外と疲れる、という配慮から、公演時間をやや短くしたのかもしれませんが。

何はともあれ、演奏自体はすごく楽しく観賞できました。
もう「英雄の証」を生音で、しかも2回も聴けたことで、いろいろ満たされました。

以下、セットリストになります。

-----
1. 狩猟音楽祭2011 オープニング<プロモーションムービー(3rd-ver.)より>
2. 陽昇る水景
3. 英雄の証 / 3(tri-)Version
4. 狩猟生活への扉~海と陸の共震 / ラギアクルス
5. 静謐の呼び声 / 凍土~零下の白騎士 / ベリオロス
6. 高まる鼓動~健啖の悪魔 / イビルジョー
7. 砂海に浮かぶ峰山~迎え撃つ大銅鑼
8. 生命ある者へ

<休憩>

9. 秘湯を求めて
10. 狩人の集う秘湯
11. 絶対零度
12. 大風に羽衣の舞う~嵐の中に燃える命
13. 閃烈なる蒼光 / ジンオウガ

[アンコール]
14. 可愛いアイルー
15. 牙を剥く轟竜 / ティガレックス~闇に走る赤い残光 / ナルガクルガ
16. 英雄の証
-----

[GMEV] PRESS START 2011

ファミ通主催のゲーム音楽オーケストラコンサート「PRESS START 2011」の昼の部に行ってきました。
一昨年、去年に引き続き、3回目の参加です。

会場は新宿文化センターの大ホール。
去年や一昨年に比べると、会場の規模は少し小さめ。
それが原因ってわけでもないでしょうが、昼の部は満席でした。

今年は、セットリストの半分以上が聴いたことのない曲だったので、どこまで楽しめるのか正直なところ不安でした。
ゲーム音楽は、知ってる曲の方が楽しめるのを知ってるので。
でも、知らないなら知らないなりに、気が付いたら楽しんでいました。
それだけ、迫力のある演奏だったのかなと思います。

去年に比べると、あまり遊びのない公演でした。
インタラクティブ性はほとんどありません。
その分、聴くことに集中できたので、それはそれでいいんじゃないかと。

今年のPRESS STARTは、最新のゲーム曲と8bit/16bit時代のレトロゲーの2極に分かれていて、その中間があまりなかったという印象もあります。
中間と言えるのは、「大神」と「ゼノギアス」ぐらいでしょうか。
レトロゲー好きにはたまらなかったかもしれないけれど、個人的には年代を幅広くやって欲しかったなぁと思いました。
あと、全体的に任天堂とスクエニに偏ってるのも気になりました。
まぁ、企画人が企画人だから、仕方ないのかもしれませんが。

それにしても、FF4といいニーアといい大神といい、そのゲームで一番有名な曲を外してくるのはワザとなんでしょうか?
FF4の「愛のテーマ」や「プロローグ」、ニーアの「Ashes of Dreams」、「大神」の「太陽は昇る」なんて、有名曲なのに。

以下、セットリストと印象的だった曲の雑感になります。

[ドラマCD] DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 80 LIMITED

Xbox360/PS3のRPG「テイルズ オブ ヴェスペリア」の新作CDが夏コミ先行販売されたので、買ってきました。
今年の夏コミ初日の企業ブースは、暑さでほんとヤバかったです。
フロンティアワークスブースの待機列にいたとき、本気で2回ほど昇天しかけました。

今回のCDは、ドラマパートとラジオパートの2部構成。
ドラマパートは、23分ほどの短編ドラマが1本。残りがラジオパートで、計62分。

ドラマパートは、PTメンバーは全員登場。
パティもフレンも参加しています。

ドラマパートにネタバレは、たぶんないと思います。
コメディテイストは、これまでのアンソロジードラマCDと同等ぐらい。
もうちょっとはっちゃけても良かったような気がします。

ドラマパートの雑感:
・ジュディスの本気ツッコミ。容赦ない。
・パティの妄想の暴走っぷりが、ツッコミどころ満載。
・ジュディスの本気ツッコm(ry
・海際の女性のためなら水嫌いも克服するラピード。
・おっさんがどつかれ要員と化してる。
・ユーリはそろそろ、もう少し歳相応の社会性を身に付けた方がいいと思う。
・カッチカッチツールツールピーキピーキドカーン(超軽
・ラピード>>>>(超えられない壁)>>>>>おっさん
・フレンがフレンだった。なんか安心した。
※最近シュタインズ・ゲートにハマってる故の感想です。
・巨大タコ戦、凛々の明星はなんも活躍してないな。
・戦闘後の巨大焼きタコ、砂付いてるんじゃない?
・やっぱりかフレンw 腕を振るうなww
・脚本の、おっさんの扱いがヒドい。いいところ、まるでなし。
・ていうか、脚本、奥田孝明さんかっ!

ラジオパートのパーソナリティは毎度おなじみの中原さんで、ゲストは鳥海さん、森永さん、竹本さん。
このゲストの顔ぶれ、今年の「テイルズ オブ フェスティバル2011」のTOV組ですね。
ラジオパートにはゲーム本編のネタバレが若干含まれているので、プレイ前に聞く場合はちょっと注意が必要です。

ラジオパート雑感:
・初っ端からやる気のない鳥海さん、森永さんと、やたらはりきってる竹本さん。
・鳥海さんと竹本さんのノリが、テイルズフェス2日目昼の部のまんま。
・鳥海さん、肌弱いんだ。へー。
・この4人、素の声と各キャラの声の違いがほとんどないからか、ユーリ・エステル・リタ・おっさんが雑談してるように聞こえる。
・「どうぞどうぞ」ギャグ、TOVに限らず最近あちこちでよく聞く気がする。
・お絵かきネタにしやすのか、ラピードは。
・鳥海さんのラピードが一番近いと思うけれど、他は正直五十歩百歩。
※4人が描いたイラストは、ブックレットに載っています。
・森永さんの「どや」がかわいい。
・連想ゲーム、鳥海さんの言葉選びがうまい。が、森永さんがヒドいw
・鳥海さんと竹本さん、いいコンビだ。
・森永さん、中原さんコンビの最初のお題はなんだったんだろう?
・キャラ真似、森永さんがすごく似てる。鳥海さんは似てるときと似てないときがw
・竹本さんのキャラ真似がヒドいww
・鳥海さんは、前回のドラマCDでカロルの真似してるからなぁ。
・中原さんは、やっぱりエステルだw
・竹本さん、素でデュークの名前間違えてるw バレンタインてww
・キリッwww
・「虚空の仮面」CMキターーーッ!
・TOVメンバー仲良いなぁ。和気あいあい。

このCD、9月14日に一般販売が始まるようなので、夏コミで買えなかった方も日は遅れるけれど問題ありません。
これまでのアンソロジードラマCDとは異なり、アニメイトショップ専売というわけではないようです。
少なくとも、Amazonにも注文ページができていました。

TOVのCD、次回冬コミでもきっと販売されますよね。期待しています。
まぁ、それよりも、ぶっちゃけアニメが見たいです(ぼそ

[ドラマCD] Steins;Gate β 無限遠点のアークライト ダイバージェンス1.130205%

Xbox360/PSPのADV「Steins;Gate」のドラマCD「Steins;Gate β 無限遠点のアークライト ダイバージェンス1.130205%」をゲット。
俺にとってはγに続く2枚目のドラマCDです。

βはγ以上にネタバレの宝庫なので、これより下の文章では、ドラマCDだけではなくゲームのネタバレにも触れてしまう可能性があります。
なるべくネタバレ回避するようにしたいですが、完全回避しようとすると何も書けなくなるくらいネタバレの嵐です。
ゲームでトゥルーEDクリアしていない方は、回れ右した方が将来後悔せずに済むと思います。
いや、かなりマジで。

βの舞台は、トゥルーEDルートの最終章。
アトラクタフィールドβの8月21日、岡部が世界から消滅していた1分間の出来事を中心に、ほぼまゆり視点で描かれています。
ゲームにはないオリジナルシナリオで、ほぼずっとシリアスです。
まゆりすらシリアスなので、代わってダルが緩衝材になってくれてる気がしました。

話の内容は、すごく絶妙なところを突いてきたなぁ、と感じました。
シチュエーションが上手いというか。
最初聞いたときは細かいところが理解できなかったんですが、2周目を聞いたときは目から鱗がボロボロでした。
この流れがあの時代のあの人に繋がって、ああなってこうなるのかと。
・・・・・・こそあど言葉ばかりで、何がなんだかわかりませんね。

登場人物は、岡部、まゆり、ダル、鈴羽、るか。
るかはほんのちょっとしか登場しませんが。
紅莉栖、フェイリス、萌郁は登場しません。

冒頭でも触れたように、メインはまゆりです。
ただし、被保護者でアホの子のまゆりではなく、一人立ちしようとしてるまゆりです。
ゲームのまゆりより、かなりしっかりした強い子になってます。
ただ、儚い子っていうところは変わらず。
報われないってわかってて、それでも健気なまゆりが愛らしかったです。

普通の大学生の岡部は、あまりにも普通にイケメン好青年っぽかったです。
ただ、普通過ぎて物足りない感じ。
鳳凰院凶真って岡部にとっても周りの人にとっても、すごく重要な要素だったんだなぁ。
それにしても、岡部の出血量は、ゲームとドラマCDで合算すると、死亡レベルは軽く超えてると思われ。
まぁ、都度リセットされるから、最終的にはトゥルーEDルートのあのときの傷しか残らないだろうけど。

γのときもそうだったけれど、ダルがいい感じに気持ち悪いです。
中盤の、鈴羽とまゆりを気遣うシリアスなダルはカッコいいのになぁ。

トゥルーEDクリア済みで、まゆりが好きな人には特にオススメのドラマCDです。

[GMEV] Ensemble Game Classica 第8回演奏会

ゲーム音楽を室内楽形式で演奏している団体「Ensemble Game Classica」の第8回演奏会に行ってきました。
会場は、東京北区の北とぴあスカイホール。
第一回(12:00~)の公演の方に参加しました。

演奏形式は、弦楽五重奏。
演奏曲目は、

1. エストポリス伝記2
2. Final Fantasy Tactics
3. かまいたちの夜
4. 天地創造
5. サンサーラナーガ2

と、SFC~PS初期のあまりメジャーではなく、だけど一部で名作と名高い作品で占められていました。
最近の作品がなかったためか、観賞客の年齢層は比較的高めだったような気がします。
観賞客数は70人ぐらいかな。席はまだ余裕がありました。

演奏時間は1時間30分弱。
いわゆる劇場ホールではなく、音楽室のような小さな部屋+固い椅子だったので、時間としては妥当なところではないかと。
長くもなく、さりとて短くもなかったです。

これまでゲーム音楽の生演奏というと、オーケストラや吹奏楽など大規模編成のものしか聴いたことがありませんでした。
室内楽というと、こじんまりとした地味なイメージがあったので、正直なところあまり期待していませんでした。
ところが、一発目の「エストポリス伝記2」から、その意外な迫力に圧倒されまくり。
ハーモニーが半端なかったです。
小規模編成だからこその、見事な調和を感じました。
また、演奏者一人ひとりのスキルが高いから、演奏も安定していたし、安心して聴けました。

まぁ、とある曲は、演奏云々とは違う意味でハラハラしっぱなしでしたが。
どれとは言わないけど、「かまいたちの夜」が。

たまには室内楽の演奏会もいいなぁ。
ちょっと病み付きになりそうです。
弦楽器の音色が好きな人間にはたまりませんでした。


以下、曲ごとの感想になります。

[ドラマCD] Steins;Gate γ 暗黒次元のハイド ダイバージェンス2.615074%

Xbox360/PSPのADV「Steins;Gate」のドラマCD「Steins;Gate γ 暗黒次元のハイド ダイバージェンス2.615074%」をゲット。
他の2枚のドラマCD+OSTとともにAmazonに注文しましたが、一番最初に届いたのがγだったのでこれから聞いてます。
αから順番に聞いた方が良かったんだろうか?

先週末にゲーム(PSP版)をクリアして、数日後の今現在こんな状態からもわかる通り、いともあっさりシュタインズ・ゲートにハマリしました。
スピンオフ作品がたくさんあることを事前に知っていたので、ハマったら破産するからハマるまいと誓っていたんですが、あえなく陥落。
あの神がかったシナリオの前じゃ、どんな誓いもムダでした。。。orz

ゲームでは全く触れられなかった、完全なオリジナルシナリオで展開。
ゲームプレイ済みの方なら「ダイバージェンス2.615074%」で察すると思うのですが、本作の舞台はゲームで登場することのなかったアトラクタフィールドγのようです。
作中の台詞から察するに、ゲーム後半のあるイベント直後に転移した世界線らしいです。
また一気に飛んだなぁ、世界線変動率。
それだけに、最初からクライマックスでした。
岡部が、相変わらずの追い込まれ体質を発揮しています。

全体的に暗くてシリアスなムードで話が展開。
ほっと一息付けるのは、一番最後だけではないかと。
そのためか、岡部の厨二病はほとんど出てきません。
シリアスなオカリンが好きなので、最初からいろいろたまりませんでした。
とはいえ、高笑いを一度も聞けなかったのは、それはそれで少し寂しくもありましたが。

終始シリアスなんだけど、瞬間的に吹いたシーンがあったりもしました。
どことは言わないけれど、主に「鳳凰院凶真」のくだりが。

登場キャラは、ゲームでおなじみの面々が揃っています。
ラボメンは全員登場。あと、ミスターブラウン。
メインは萌郁と岡部。
他の面々はちょこちょこ登場します。
そして、まゆりの立ち位置が儚いです。

世界線やDメールなどのバックグラウンド、ある人やある人の正体などの説明が一切ないので、少なくともゲームプレイ済みでないと理解できないところが多数あると思います。
ゲームのネタバレも、かなりあります。
トゥルーEDでなくてもいいけれど、少なくともChapter.9あたりまで進んでいること推奨かと。

ゲームでは出番も口数も少なかった萌郁がかなり前面に出ているので、萌郁好きには特にオススメです。