[GMCD] 俺の屍を越えてゆけ COMPLETE SOUNDTRACK ~いつか きっと~

PSP用にリメイクされたRPG「俺の屍を越えてゆけ」のOSTをゲット。
ゲームクリア記念+「花」を聴きたいがために購入しました。

このCDはPS版のOSTではありません。
PS版のBGMがどんなもので、PSP版とどれほど違うのかは、PS版をプレイしていないのでわかりませんが、Amazonのレビューを見る限りでは多少異なる模様。
PS版のOSTが欲しい方は注意が必要です。

一通り聴いてみたところ、予想していた以上にBGMが身に染み付いていたんだなぁと実感。
ゲームプレイ中は、「花」および「花」アレンジ曲以外のBGMはあまり印象に残っていない感じがしていました。
が、改めてOSTを聴いてみたら、「あ、これあのダンジョンの曲じゃん」とピンときたケースが続出。
しかも、じっくり聴いてみると、結構良い曲が揃っています。

全体的な曲調は、ゲームに合わせて和風。
とはいえ、ゴリゴリに和風というわけでもないので、あまり意識せずに聴けます。

それにしても、「花」が素晴らし過ぎです。
数年前のPRESS STARTで初めて聴いて以来、サビのフレーズがずっと耳から離れなくて、いつかOST買った暁には聴き倒してやろうと画策していたのですが、聴き倒すまでもなくすぐに耳に慣れました。
ボーカルの力強さ、それでいてどことなく曲全体に漂う儚さが、曲にもゲームにもマッチしていて、すごく印象的です。

OSTには「花」のアレンジ曲も多数収録されていて、それらも良曲です。
個人的にはフィールド曲「百鬼」と「花 決意」が好きです。
本格的に「OST買おう」と背中を押したのは、この2曲でした。

OSTにはスタッフロールの曲「往来 All right!」も収録されています。
この曲、ゲームで聴いたときはインパクトの強烈さに紛れて気付かなかったのですが、改めてじっくり聴いてみるとバックに雑踏が聴こえるんですね。
ていうか、最後に「駒沢公園」って言ってるし。駒沢公園で収録したのかよw
収録風景を想像すると、なんというか、シュールな光景が目に浮かびます。

ゲームプレイした方はもちろん、ゲームはプレイしていないけれど「花」が好きな方にもオススメです。

[ゲームRev] 初音ミク -Project DIVA- extend

PSPのリズムアクションゲーム「初音ミク -Project DIVA- extend」を、2nd同様に友人から押し付けられた借りたので、プレイしました。
とりあえず全曲のNormalをクリアしながら、できそうな曲だけHardもプレイしつつ、最後にスタッフロールを観賞。
その時点でのプレイ時間は約8時間でした。

基本的なシステムは2ndと変わらず。
おかげで説明書を読まずとも、さくっとプレイ開始できました。
2ndから間を置かずに続けてプレイしたためか、2ndよりプレイしやすかった気がします。

ただ、細かいところに仕様変更が追加されていて、2ndよりもインターフェースが改善されていました。
一番うれしかったのは、フリープレイの曲選択画面から一発でPV閲覧できたこと。
2ndはイチイチDIVAルームへ移動しなければいけなかったので、それがひどく面倒に感じられたので、これは良い改善点でした。
おかげで、ずっとPVばかり見てることもあったりなかったり。

リズムゲーム部分は、2ndと変わらず。
個人的には、ボタン配置が2ndよりもプレイしやすくなっていたような気がしました。
Easyは2ndよりもクリアしやすくなっていて、アクション苦手な身としてはありがたかったです。
その反動からか、Normalでいきなり難易度急上昇っていう曲もありましたが。

2ndに引き続き、曲も良かったです。
2ndからの再録を除いた曲の中で、プレイ前から知っていたのは「ローリンガール」だけだったのですが、収録曲のうち半分ほどはすぐに耳に慣れました。
もちろん、なかなか慣れない上にあまり好きじゃない曲もありましたが。
そこは好みの問題なので。

2ndよりも和風や民族音楽調の曲が多くて、内心うれしかったです。
「千年の独奏歌」が、出だしからドストライクでした。

ちなみに、extend収録曲のうち特に好きな曲は、2ndからの再録を除くと、「パラジクロロベンゼン」、「裏表ラバーズ」、「*ハロー、プラネット。」、「ローリンガール」あたり。
このあたりは、繰り返しプレイしたりPV見たりしてました。
「裏表ラバーズ」のPVが、なんか好きです。あの爆裂した疾走感が、妙に中毒になる。

2ndに収録されていたけれどextendに再録されなかった好きな曲があるので、ぜひ配信販売して欲しいです。
ぶっちゃけ、extendで「ダブルラリアット」がプレイしたいです。
UMD入れ替えるの面倒くさいので。

VOCALOID曲には全く詳しくない自分でしたが、それでもすごく楽しめました。
プレイしていると妙にクセになります。なんなんだ、この中毒性。
本当によく出来てるゲームだと思います。
おそらく、アクション下手からエキスパートまで楽しめるんじゃないかと。

[ゲームRev] 初音ミク -Project DIVA- 2nd

PSPのリズムアクションゲーム「初音ミク -Project DIVA- 2nd」を友人から押し付けられた借りたのでプレイしました。
リズムゲームなんて「パタポン2」以来なので、約3年ぶりです。

とりあえず、プレイ可能な曲のうち1曲除いて全てNormalクリア。
簡単そうな曲はHardまでクリア。
ラスボス「初音ミクの激唱」のNormalをクリアした時点で、なんだかすごくやりきった感じがして、ひとしきり満足しました。
その時点で、プレイ時間は約11時間でした。

Extreme? 全く出来る気がしません。
なけなしの勇気を出して挑戦してみたこともありましたが、1分経たずして玉砕しました。
アクションスキル底辺の俺が、リズムアクションゲームでコンプリートなんて、天地がひっくり返ったって無理な話です。

ちなみに、前述のNormalクリアできなかった1曲というのは、「マージナル」という曲です。
いくらプレイしてもクリアできなくて投げました。
「マージナル」のNormalより「初音ミクの激唱」のNormalの方が簡単だったのですが。
連打はそれなりに得意だからかなぁ。

クリプトン社製VOCALOIDの曲によるリズムゲームで、ボカロ曲にそれほど詳しくない俺でも某動画投稿サイトで聴いたことのある曲がいくつかありました。
と言っても、片手で数えるぐらいしかわかりませんでしたが。
しかし、初めて聴くであっても、一回プレイしただけで「あ、この曲いいな」と思えるものが多かったです。
ボカロ曲ってこんなにいい曲があったのか、知らなかった。
ちなみに、「いのちの歌」、「ハト」、「ココロ」、「ダブルラリアット」、「初音ミクの激唱」あたりが好きです。

もちろん、「うーん・・・・・」っていう曲も中にはありましたが。
まぁ、好みの問題なので仕方ないです。

ただ、自分の好みドストライクな曲と、自分的にどうでもいい曲で、やる気の度合いが随分違いました。
好みの曲は、是が非でもHardまでクリアしてやろうという気にさせられたのですが、どうでもいい曲はNormalまでクリアして満足というかお腹いっぱいというか。
まぁ、好みの問題なので(以下略

ノリやすい曲だけでなく、スローテンポでメロウな曲やバラード調の曲もあって、バリエーションはすごく豊かでした。
てっきりロック・テクノ調の曲ばかりかと思っていたので、良い意味で裏切られた気分です。
どんな人がプレイしても1曲ぐらいは好みの曲にヒットしそうなくらい、いろんな曲が揃っています。

リズムゲーム玄人ややり込み大好きな人ならフルコンプを目指してもいいし、リズムアクション苦手な人はEasyをプレイしながら曲を楽しむということができるので、幅広くオススメかも。
アクション下手で定評のある俺ですらプレイできたので、割となんとかなります。

[音楽] 志方あきこ / Istoria~Kalliope~

2012/02/14(火) 00:13:46 | カテゴリ:音楽
志方あきこさんの音系サークル「VAGRANCY」より発売された「Istoria~Kalliope~」をゲット。
冬コミ最終日には行けなかったので、後日、ガストショップから特装版を取り寄せました。

数年前に発売された「Istoria~Musa~」の続編にあたるのでしょうか?
Musaも聴いているはずなのですが、ごめんなさい、あんまり印象に残っていないです。
そのため、どのあたりに繋がりがあるのか、全くわかりませんでした。

Kalliopeは、どこもかしこも志方節満載という感じでした。
エスノ調が強く、多重コーラス盛り沢山。
荘厳で、一曲一曲どっしりとした重さを感じます。
圧倒的な表現力と音の圧力のためか、音の流れに身を任せてると心地良いです。

歌詞は日本語と、何か別の言語が織り交ざっていて、歌詞カードがないと何を歌っているのかよくわからない曲が多いです。
とはいえ、志方さんの曲ではよくあることだし、それすらも幻想さを醸し出している一因なのですが。

どの曲も好きなのですが、一番印象に残ったのは「終の果て」。
この曲だけはっきりとわかるほどの鬱曲だったから、逆に印象的でした。
曲の終わりは、初めて聴いたときはゾッとしたけれど、2回目以降はなんだか病みつきに。

次点で「ピエリス」も好きです。
一番最初にすっと馴染んだ曲でした。

特装版に付属のブックレットも、曲に負けず劣らずすごかったです。
どの絵も美麗としか表現できないような素晴らしい絵でした。
こういう絵を描ける人って、すごいなぁ。どうやって描いてるんだろう。

幻想的なエスノ調の曲ばかりなので、「アルトネリコ」シリーズのヒュムノスが好きな人ならばオススメです。

[ゲームRev] テイルズ オブ イノセンス R

PS VitaのRPG「テイルズ オブ イノセンス R」(以下TOI-R)をクリアしました。
難易度は常にノーマルで、総プレイ時間は約37時間。
クリア時のPTは、ルカ、スパーダ、アンジュ、コンウェイ。
Lvは全員67ぐらいでした。

本作は、4年ほど前にDSで発売された「テイルズ オブ イノセンス」(以下TOI)のリメイクになります。
TOI-Rの「R」は「Re-immagination」の略で、「再構築」を意味するのだそうです。
確かに「移植」ではなく「再構築」と言った方が相応しいくらい、かなりの改変が加わっていました。

メインストーリーの大筋は、あまり変わっていません。
グリゴリの里やイリアの故郷など、TOIではもうちょっと複雑なエピソードがあったような気もするのですが、大きな流れはそのままです。
クリアしてみると、そういえばTOIもこんな感じの話だったなぁ、という印象が残りました。
ただ、宿屋スキットなどが追加されたことにより、現世キャラだけでなく前世キャラの見せ方にも幅が広がり、より一層物語の深みが増したように思います。
まぁ、深みが増したことにより、アスラとイナンナのバカップルさも増しましたが。

追加キャラのキュキュとコンウェイは、本作だけで言えば、やや蛇足なキャラのように感じました。
あまり物語に絡んでこないので、どうしても浮いている感が否めません。
ただ、制作サイドは続編を作る気満々っぽいので、そこでどういう展開を見せるのか次第で受け入れられそうな気がします。

とはいえ、キュキュもコンウェイも、キャラクターとしてはどちらも好きです。
特にコンウェイは、自分のツボにはまったキャラでした。
かなり序盤にPTインしてから、結局一度も戦闘PTから外れることがありませんでした。
それくらいお気に入りキャラ。

TOIにあった「ギルドクエスト」が廃されたことにより、テンポ良くストーリーを進められました。
TOIはクエストである程度レベル上げしないと次のダンジョンへ行けないくらいだったのですが、クエストが無くなったことによりそのあたりがうまく調整されていて、ボスが強過ぎて倒せない、ということは一度もなかったです。
やや苦戦することは何度かありましたが。

戦闘といえば、TOI-Rで追加されたレイヴシステム。
うまく使いこなせた気がしません。
気が付いたら溜まっていて、気が付いたら消えていた、ということばかりでした。
おかげで、レイヴシステムと連動する秘奥義が弱くて。
秘奥義を使っても、あまり爽快感は得られませんでした。

それ以外のバトルシステムは、ここ最近のマザーシップタイトルとほぼ同じだったので、あまり迷うことはありませんでした。

TOIの不満点を排除し、良い点を残しつつ新規システムの追加されたTOI-Rは、間違いなくプレイしやすくなっています。
今からプレイするなら、TOI-Rの方がオススメです。

[アニメEV] シュタインズ・ゲート 未放送エピソード先行上映会

2012/02/05(日) 00:21:46 | カテゴリ:雑記
アニメ版「シュタインズ・ゲート」のBD/DVD第9巻に収録予定の未放送エピソード(第25話)「横行跋扈のポリオグラフ」の先行上映会に行ってきました。
会場は、角川シネマ新宿。
キャパシティ300人の入場チケット争奪戦、よく勝てたなぁと思います。
最初から後ろの席狙いだったのが、功を奏したのだろうか。

以下、未放送エピのネタバレは極力避けるようにしますが、ゲームおよび放送済みのアニメについてのネタバレはぞろぞろありますので、ご注意ください。

今回の上映会の内容は、
 ・第23話、第24話上映
 ・未放送エピソード「横行跋扈のポリオグラフ」上映
 ・トークショー
 ※ゲストは桃井はるこさん(フェイリス役)、岩佐がくさん(アニメプロデューサ)
 ※司会進行は山本彩乃さん(天王寺綯役)
でした。
20:00開始で、進行が押した結果、終了は22:10頃。
まぁ、イベントが予定時間通りに終わることはまずないので、ある意味通常運行でした。

開始直後に山本彩乃さんが登壇されて、本日のお品書きを説明された後、上映会開始。
上映されたものは、どうやらBD第9巻をそのまま流していた模様。
次回予告もしっかり上映されていました。

第23、24話は神回過ぎて何回も繰り返し見た話でもあるので、内容については今更語ることもないのですが。
ただ、第23話の「特に意味はない」と「『最初のお前を騙せ、世界を騙せ』」は、映画館の大音量で改めて聞いてぞくぞくしました。大音量サイコー。
願わくば5.1chで、それがムリならバックスピーカーからも音声流して欲しかったです。

あと、やはりというか恒例行事というか、アニメ絵に見慣れていない俺でもわかるくらいの作画修正がちらほら入っていました。
第23話ラストちょい手前の鳳凰院凶真の高笑いシーンが修正されていたのは、内心ほっとしました。
その直後の左手・右手は・・・・・・どうだったかな?

未公開エピソードは、ネタバレのないように感想を述べるなら、「笑いと笑いと、そして感動」。
30分ほどのエピソードでしたが、前半は度々観客席から笑い声が上がっていました。

ちなみに、「横行」は「自由気ままに歩き回ること」、「跋扈」は「ほしいままに振る舞うこと」(大辞泉より)。
なるほど、ド真ん中に的を射てるタイトルだと思いました。

上映会の後は、山本さん、桃井さん、岩佐さんが登壇されてトークショー。
第23話で「スカイクラッドの観測者」を挿入するエピソードが印象的でした。
最初から「アニメに『スカイクラッド』入れたい」という話はあったそうです。
ただ、尺の都合により、入れたら中途半端なところで切れてしまうという問題が発生。
途中で「スカイクラッド」挿入を諦めかけたことも。
しかし、前半の尺をあれこれ調整するという努力の結果、なんとか「スカイクラッド」を入れることに成功。
それが、あの第23話のシーンになったそうです。
それがあの名シーンに繋がった点には、視聴者としても感謝感謝です。
何事も、諦めちゃいけないんだな。

フリートークの後は、上映会開始前に取ったアンケートの結果発表。
アンケートの内容は、
 1. あなたのベストシーンは?
 2. ゲストに質問したいことは?
の2つ。

まずは1について発表・・・の前に、桃井さん、山本さん、岩佐さんのベストシーン発表。
桃井さんは、第9話の「秋葉原から萌消失」ではなく、第17話ラストのフェイリスの台詞「前世からのふっか~い仲なのニャ」を押されていました。
山本さんは、第20話のミスターブラウンが自殺したのと同時間帯、何も知らない綯が朝食を2人分作って待っているシーン。
アニメ版では、その後オカリンが即座に取り消しDメールを送っているため、天使の綯ちゃんのままで済んで良かったと、ひたすら語られていました。
ゲーム版の「綯さん」のこと、ファンから嫌われているんじゃないかと、結構気にされているみたいです。
まぁ、俺は怖い綯さんも好きですが。
そして岩佐さんは、インタビューされるたびに同じ質問をされるそうですが、最近見返した結果、今は第16話「鈴羽とダルの抱擁シーン」だそうです。

そして、アンケート結果発表。
票数までは公開されませんでしたが、随分票がばらけたそうです。

第3位は、第22話「オカリンとクリスのキス」、そして同票数で第16話「失敗した失敗した(以下略」。
この2つが並ぶってのが、また・・・・・・。
ちなみに、アンケート用紙にびっしりと「失敗した」が書き込まれていたものもあったそうです。
それ、なんてホラー?w

第2位は、第24話ラストの「オカリンとクリスの再会」。
山本さんは、いつにない優しい声音の「これが『シュタインズゲート』の選択だよ」に痺れたそうです。

第1位の発表の前に、次点の発表。
他に、第9話「秋葉原から萌消失」、第22話「オカリンの勝利宣言」が票を集めていたそうです。

そして栄えある第1位は、第23話「未来オカリンからDメールを受け取って、オカリンが立ち上がり、『スカイクラッドの観測者』が流れてエンディング」のシーン。
・・・・・・長いシーンだなw
しかし、この結果はすこぶる納得です。
ちなみに、俺もこのシーンに投票しました。

次は2について。
3つほど質問が上がっていました。
その中でも一番気になったのは、やはり「劇場版の進行度は?」。
岩佐監督曰く、「今は草案段階で、5pb.(現MAGES)のシナリオライター・林さんが来週から進める」とのこと。
第24話と未放送エピの間の話にするか、未放送エピの後にするか前にするかと、未放送エピソードとの立ち位置をどうするかで、少しぶれているそうです。
未放送エピの話はアニメ版の最初の段階で既に決まっていた話だそうで、本来は未放送エピ(第25話)で一度完結させようという話だったのが、アニメの反響が良かったため、かなり後になって劇場版の話が出てきたとか。
ただ、どのエピソードも「なかったことにしてはいけない」ので、シュタインズゲート世界線の話にするそうです。
というわけで、比翼恋理の世界線はきっぱり否定されていました。
現段階でそのような状態のため、劇場版公開が今年の夏ってのは間違いなくなさそうです。
今年公開ってのも危ういかも。

そして、抽選会。
賞品は、サイン入りTシャツでした。
Tシャツは、冬コミのフロンティアワークスブースで販売されていた「コミマに行ってきました」のアレです。

最後は記念撮影会があって、終了。
撮影の合図は、もちろん「エル・プサイ・コングルゥ」。
それと、桃井さんのTwitter用には「フェイリス!」「ニャンニャン!」が採用されました。

非常に楽しい上映会でした。
未放送エピだけでもおもしろかったのに、様々な貴重な裏話も聞けて、得した気分でした。
いっそ、シュタゲ全話上映会をどこかの劇場で開催してくれないだろうか。
・・・・・・まぁ、約10時間観賞に自分の体力が耐えられるかどうかは、また別問題ですが。