[本] 三毛猫ホームズの夢紀行

2012/04/30(月) 20:16:57 | カテゴリ:
赤川次郎「三毛猫ホームズの夢紀行」読了。

引きこもりの青年・小出弘一は、母の雪子と二人で暮らしていた。小出は長年、一歩も外へ出ず、生活のほとんどを母親に頼りきっていた。
そんなある日、雪子が自宅の台所で射殺された。
雪子の事件を捜査することになった片山は、やがて雪子が専業主婦らしからぬ大金を貯金していたことを知る。そんな大金を、普通の主婦であった雪子が一体どこから手に入れたのか。片山は、雪子が別人のような格好をし、ボディガード2人を連れて入っていったというビルの調査へ向かう。


久しぶりに本1冊読みきった気がします。何ヶ月ぶりだろう。
今回は諸事情により帰省中に読みきらなければならなかったため、遅読に定評のある俺が5時間ぐらいで読みきりました。
まぁ、そこは最近の赤川作品、わりと簡単に短時間で読み切れるので、威張れるもんでもないのですが。

2012年春ドラマで連ドラ化した三毛猫シリーズですが、ドラマ版第一話が大いに不満だった俺としては、本作品には逆にほっとさせられました。
「あー、いつもの片山ファミリーだ」と。
確かに原作の片山さんもダメ刑事だし、晴美も強気な女性ではあるけれど、ドラマ版は残念な方に誇張され過ぎてまるで別人だったので、ちょっとなんだかなぁと思っていました。
石津については、もはや片鱗すらほぼ無いので、ノーコメント。
そんな中読んだ小説の方は、さすが本家本元、長年慣れ親しんだ片山ファミリーのほのぼのドタバタっぷりが発揮され、ひとしきり癒されました。
やっぱり、片山一家はこうだよなぁ。

話の内容は、高層ビルなのに妙にローテクだったりとか、二次元嫁についてとか、ヲタクな技術者の端くれとしてツッコミたいところが多々ありましたが、最終的には楽しめました。
テンポはいつも通り、良く考えれば状況は深刻だけど、表現があっさりしてるのであっさり読めます。
まぁ、赤川作品は気軽に楽しめるところが良いのではないかと。

というわけで、少し時間があるときに気楽に読書したいときには、赤川作品はオススメです。

[ゲームRev] ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

PSPのAVG「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」をクリア。
総プレイ時間は・・・どれくらいだろう? たぶん20時間ほどではないかと。
難易度は、一番簡単なものにしました。
あまり時間的余裕がなかったので。

内容は、とある学園内に閉じ込められた生徒たちが、学園の外に出られる権利を巡って「殺人」と「裁判」を繰り返しつつ、学園に仕掛けられた謎に迫る、という内容。
ゲームの流れは基本的に、

1. 他生徒とコミュニケーションを図る「日常パート」
2. 殺人事件が発生後、犯人特定のための情報を集める「非日常パート」
3. 殺人事件の謎を解き、犯人を特定する「学級裁判」

に分かれています。
日常パートと非日常パートは、3Dで再現された学園内をうろうろ歩き回りながら探索するという、よくあるAVGの様式です。
で、学級裁判パートが、このゲームの本質であり最大の特徴ではないかと。

その学級裁判、システムがユニークで面白かったです。
非日常パートで収集した証拠や裁判中の発言を弾丸にして、他生徒の発言に含まれる矛盾に撃ち込むというのが、「ダンガンロンパ」というゲームタイトルそのままで、うまくやったなぁと感じました。
他にも、追い詰められた生徒の駄々っ子のような悪あがきな発言を片っ端から撃ち落す「マシンガントークバトル」や、画面上に浮かぶ文字を撃ち落すことで謎を解明するための単語を完成させる「閃きアナグラム」など、飽きさせない様々な仕組みが盛りだくさん。
どこもかしこも、弾丸へのこだわりばかりでした。

逆に、仕組みが様々あるため、最初は操作を覚えるのがたいへんでした。
ボタンを押し間違えてあらぬところに弾丸撃ち込んでしまい、判定結果が下がったこともしばしば。
操作方法を勘違いして、初っ端からゲームオーバーになったこともありました。
うん、俺にアクションスキルを求めるのは、やっぱりムリ。

難易度を一番易しいものにしたからまだ楽だったものの、一つレベルを上げていたらやらなければならない操作が増えていたので、ちょっとクリアが厳しかったかも。
とはいえ、一番難易度の易しいものであれば、操作自体はわりと単純なので、すぐに慣れます。

ただ、アクションによるスリル感を味わいたいのであれば、一番易しい難易度はあまりオススメできないです。
本当に簡単で、ちょっと単調になるので。

ひたすら弾丸にこだわったシステムですが、謎が解けたときの爽快感は、ぶっちゃけ逆転裁判に劣る気がしました。
スピード感というかテンポが、悪くはないんですがあと一歩という感じ。
ひょっとすると、難易度を上げれば、また印象が変わるかもしれません。

あと、推理要素が簡単で、ほとんど自分で考えることがなかったような気がします。
これも、難易度を調整すれば印象が変わるかもしれません。

ストーリーは、面白かったです。
謎解きAVGなので詳細には触れられませんが、学園の謎と黒幕が判明するラストの展開は熱くなりました。
一つ一つの事件も作り込まれていて、あまりモヤモヤしたものは残りませんでした。

その一方で、残酷描写が結構多いので、そういうのが苦手な人は要注意。
CERO D判定は伊達じゃなかったです。
個人的には、同じくCERO DのCHAOS;HEAD(PSP版)よりもキツくて、かまいたちの夜2と同程度という感じでした。
作中で描かれる血液の色が総じて蛍光ピンクだったのですが、あれが紅かったらCERO Zだったかもしれません。

ストーリーといえば、登場人物の生徒たちが誰も彼も、各々のベクトルで突き抜けています。
平凡なのは、主人公の苗木だけ。
キャラの名前は覚えられなくても、キャラの性格はすぐに覚えられるぐらい特徴的です。
もちろん、中には「こいつムカつく」というキャラもいるのですが。
ただ、話を進めていく中で少し性格の変わるキャラもいて、最初ムカついても後で少しデレるキャラもいます。
逆に、話を進めていくと性格が豹変するキャラもいます。
「お前、そんなヤツだったのか!」と、何度画面に向かってツッコミ入れたことか。
あまりに突き抜けた性格にリアリティはあまり感じられませんが、その変わり方には妙なリアリティを感じました。

お気に入りキャラは、完璧なようでいてどこか詰めが甘い十神かな。
あと、最終的には腐川も、ボケ担当として好きなキャラになりました。
霧切は、最初から最後まで、どストライクなキャラでした。

事件がちゃんと作り込まれているので、ミステリAVGが好きな方にはオススメかと。
ただし、残酷描写への耐性は必須です。

[ゲームRev] 英雄伝説 空の軌跡FC

ファルコムのRPG「英雄伝説 空の軌跡FC」のPSP版をクリア。
総プレイ時間は約53時間。
クリア時のレベルは40でした。

会社のゲーム好きの同僚らにオススメされて以来、気になっていた「軌跡」シリーズ。
ようやくその1作目をプレイしました。

プレイしてみた一番の印象は「びっくりするほどオーソドックス」。
ストーリーもシステムも、全体的にはすごく王道です。
世間の評判があまりに高いので、驚くようなシナリオ展開が待ってたり、斬新なシステムが搭載されていたりするのかなと思っていたんですが。
あまりに王道路線一直線だったので、逆に驚きました。

バトルシステムは通常のコマンド入力型とは少し異なり、シミュレーション要素が多少あります。
また、敵が雑魚キャラでも結構クセモノ揃いでそこそこに強く、そのためプレイヤーの戦略性が問われます。
いつもレベルを上げて物理で叩いているヘタレプレイヤーとしては、バトルが少し辛かったです。
なかなかレベルが上がらない上に、レベルを2, 3上げてもあまり強くなった実感が得られなくて、最初から最後まで苦戦し続けていたような気がします。
歯応えのあるバトルが好きな人には、ちょうど良い難易度なのかもしれません。

シナリオは、クエストをこなしながら国を巡る旅を続けていく中で、キナ臭い陰謀に巻き込まれるという話。
まぁ、すごく王道です。結構簡単に先が読めました。
王道であるが故の安心感はありましたが、もう一捻り欲しかったなぁ。

ただ、最後があからさまに「続きがあります」という終わり方としているので、FCだけでは語りきれないところがあるのだと思いますが。
おそらく続編のSCもプレイして、ようやくこのゲームの良さがわかるのでしょう。
というわけで、現在SCの到着待ちです。早く来ないかなぁ。

キャラクターは、突拍子のないキャラはいないものの、どのキャラも十分に魅力的で好感が持てました。
猪突猛進型のエステルと冷静沈着なヨシュアの2人をメインに、サブを固めるキャラクターたちの一癖ある人となりのバランスが良い感じ。
個人的にはオリビエが好きです。あの飄々とした性格、ちょっとクセになりました。

個人的に最も「これはっ!」と思ったのは、音楽でした。
少しオーケストラ寄りのサウンドが、どことなく牧歌的なゲームにほどよくマッチしていました。
テーマ曲の「星の在り処」も好きですが、ラストダンジョンの曲が一番好きです。

シナリオやシステムの王道っぷりといい、いろんな意味でファルコムらしいRPGだなぁと感じました。
王道RPGをプレイしたい人にはオススメです。

[GMEV] PERSONA MUSIC LIVE 2012

本日開催された「PERSONA MUSIC LIVE 2012 -MAYONAKA TV in Tokyo International Forum-」に行ってきました。
会場は、イベント名にある通り、東京国際フォーラム。
その中で一番収容人数の多いホールAでした。

出演者は、コンポーザの目黒将司氏を始め、「ペルソナ3」や「4」、およびそれらの派生・メディアミックス作品でヴォーカルを担当された川村ゆみさん、Lotus Juiceさん、平田志穂子さん、喜多修平さん。
他にサポートメンバーの方はもちろんのこと、ダンサーの方なども参加されていて、かなり大規模な編成による演奏でした。

演奏形態は、エレキギターやベース、ドラム、キーボードやDJなどで構成されたバンド形式。
バンド演奏でよく見られる観客総立ち+サイリウムによる合いの手などで、会場は終始一体感に包まれていました。
まぁそんな中、昔からそういう全員で合わせる所作が苦手な天邪鬼な性格なので、一切しませんでしたが。
だって、曲をじっくり聴きたいし。
もし会場(2階席)で一回も席から立たなかったヤツがいたら、それはきっと俺です。
もしくは、俺の友人です。

曲はP3、P4はもちろん、P4Aやトリニティ・ソウルもありました。
OP、ED曲はほぼ網羅されていたと思います。
それ以外の曲は、P4の「Reach Out To The Truth」や「Heaven」、P3の「Mass Destruction」など、ヴォーカル入りのBGMがメインでした。
インストオンリーの曲は、5曲ほどだったのではないかと。

曲のアレンジはあまり強くありませんでした。
かなり原曲重視。
曲によってはほぼ原曲のままというものもありました。
そもそも原曲がロック・テクノ調だから、あえて手を入れる必要がなかったのでしょう。

数少ないインスト曲の中で、一番印象的だったのはP4の「霧」でした。
サビの部分のエレギがすこぶる格好良かったです。
欲を言えば、サビの2ループ目で主旋律にオクターブ違いの低音を重ねて欲しかったですが、それを差し引いても曲のノリの良さがライヴにマッチしていたと思います。

大半を占めていたヴォーカル曲。
ヴォーカルの方々、誰も彼もすごく良かったです。
川村ゆみさんの熱情のこもった声の表現。
平田志穂子さんの伸びのある高温シャウト。
Lotus Juiceさんのテンポの良さと切れのあるラップ。
喜多修平さんの若々しい声。
スタイリッシュなペルソナシリーズの曲に負けないヴォーカルで、声の圧力をひたすら肌で感じました。
ペルソナシリーズは本当にヴォーカリストに恵まれているなぁ。

ヴォーカル曲で印象的だったのは、「Heaven」、「キミの記憶」と「Never More」。
「Heaven」は、激しい曲が続いた中での演奏だったので、息を吐ける瞬間でほっとしました。
演奏されたのは、「Never More -Reincarnation PERSONA4-」バージョン。
CDで聴いたときも思いましたが、バーで食事をしながら生でしっとりじっくり聴きたいです。
そういうミニイベント、計画されたら喜んで行きます。懐事情次第で。

「キミの記憶」は、川村さんの苦労と工夫が垣間見えたところが記憶に残っています。
おそらく、川村さんの声域より「キミの記憶」の音域の方が少し上で、ファルセットを使っても出ないんでしょう。
ところどころ、高音部分をコーラスの平田さんが補っていました。
歌う前にひたすら「人間が歌う曲じゃない」「目黒さんはおとなしそうでいてドSな曲を書く」と仰られていたのも納得です。

「Never More」は、会場全員の大合唱。
歌い辛い曲なので、あまり会場からの声は大きく聞こえませんでしたが、これ以上一体感を感じた曲はなかったです。
全員合唱で放出されるエネルギーって、やっぱりなんかすごい。

曲を鑑賞していてちょっと気になったのは、音割れがひどかったこと。
座席の位置があまり良くなかったのかもしれませんが。
特に平田さんの高音シャウトで、音割れが強かったです。
平田さんの場合、あまり声量の出ない低音も思いっきり伸びのある高音も口とマイクの距離がほぼ同じだったから、アンプの設定値を低音に合わせていて高音が割れてしまったのではないかと。
その分、迫力のすごさは伝わってきたので、次回以降に期待します。

全体のイベントの流れは、本編(という名の第一部)、アンコール(という名の第二部)、第二アンコール。
ところどころでアニメーション(一部実写)が差し込まれていました。
ただ、一緒に行った友人の帰りの新幹線(最終)の都合上、第二アンコールの「Reach Out To The Truth」が終わった直後に国際フォーラムを飛び出したので、ひょっとするとその後にも何かあったかもしれません。

なお、アニメーションのモチーフは、先日最終回を迎えたばかりの「Persona 4 THE ANIMATION」。
2012年3月21日から約2週間後の4月8日、TVの中の世界に戻ったクマから特別捜査隊の元に、TVの中の世界への招待状が届く。指定の日にTVの中へ向かうと、いつものTVの中の世界とは少し違った雰囲気。そこで、都会に戻ったはずの主人公と再開する。主人公もまた、クマから招待状を受け取っていた。そうこうしているうちに、特捜隊メンバー(と来場者)を観客にした、クマのプロデュースによるステージの幕が上がる。
・・・という導入が、アニメーションで描かれていました。
実際のステージ上は、TVの中の入口広場を完全再現。
導入部のアニメーションと相まって、シンクロ率激高でした。
演出や舞台美術は、ものすごく良い仕事をされていました。あれは素晴らしかった。

アニメーションは導入部だけでなく、他にもちらちらと挿入。
ある時は、「時価ネットたなか」の田中社長による会場限定グッズの紹介(特別出演:浪川大輔氏)。
もっとも、宣伝するまでもなく、紹介アニメが流れた時点でグッズはB2ポスターしか残っていませんでしたがw
そして、またある時は、各地(主に稲羽市内)からのLIVE中継。
個人的には、1カットだけだけど足立が見られただけで、たいへん満足です。
足立登場の一瞬後の会場の沸きようが、他のコミュの面々が登場したときとは比べ物にならないくらい大きかったのも印象的でした。
つか、足立は普通にしていればカッコいいんだな。
1カットだけだったこともあって、それが足立だって気づくまでに一拍かかった。

今回のイベントの功労賞は、クマ(実写)だと思います。
モニタに映し出されたクマ(アニメ)動きに合わせて、クマ(実写)ががんばって動いていた様に、ひたすら癒されました。
また、カーテンコールにも出てきて、ステージ左から出てきて演奏メンバーとハイタッチしながらちょこちょこと右へ横切り、右端で半回転してちょこちょこと左へ戻り、また右へちょこちょこ向かい、最後にステージ脇の影から半身だけ出して手を振った後サッと消えるという、とんでもない芸当まで見せてくれました。
なんなんだ、あの可愛い生き物。

今回のライヴイベントはどこもかしこも楽しかったのですが、運営側に一点希望が。
日曜日開催の場合は、遠隔地から来る人のためにももう少し早い時間に開演するか、公演時間をもう少し短くするか、チケット販売時にあらかじめ公演時間が何時間になる予定と告知するか、どれかの配慮をお願いしたいです。
18:10頃開演で、休憩ほぼなしでイベント進行したにもかかわらず、21:15でも終了しないというのは、ちょっと予想していませんでした。
通常、ライヴというと2~3時間なので。
もしかすると、ホールの利用可能時間など、やむを得ない事情があってあの開演時間だったのかもしれませんが。
次回開催時は一考をお願いしたいです。

そんなこんなで、最初から終わり(ラストまでいられなかったけれど)まで、隅々まで楽しめたライヴでした。
ペルソナシリーズの曲が好きで、ロックバンド形式の曲が苦手でなければ、オススメのイベントだと思います。

あと、個人的には、ペルソナシリーズの曲でオケ演奏会やって欲しいです。
どんな感じになるのか聴いてみたい。

[GMCD] ピアノ・コレクションズ ニーア ゲシュタルト&レプリカント

Xbox360/PS3で発売された「NieR Gestalt」および「NieR Replicant」のBGMをピアノソロにアレンジしたアルバム「ピアノ・コレクションズ ニーア ゲシュタルト&レプリカント」をゲット。
全11曲収録。
総プレイ時間は45分ほどです。

ついにというか、順当にというか、FF、キングダムハーツに続いて、ニーアもピアコレの仲間入りです。
「エミール」と「イニシエノウタ」の2曲だけ「15 Nightmares & Arrange Tracks」に収録されたピアノver.と原曲が被っていますが、アレンジは異なります。

原曲が激しさのないドラマティックな鬱曲ばかりだったので、ピアノソロになってもあまり違和感はないだろうなと思っていましたが、やはり違和感はほぼ感じませんでした。
ニーアとピアノソロの組み合わせは、親和性がすごく高いです。
FFやキングダムハーツより高くて、サガフロンティア2と同レベルなんじゃないかと。

激しい曲は、ほぼありません。明るい曲も、ほぼありません。
どれもしっとりと落ち着いた曲になっています。
ピアノソロになったことで、壮大さと鬱っぷりが多少中和されていますが、物悲しさが強調されていたように感じました。
聴いている人を問答無用で落ち着かせる効果がありそうです。
朝起きてすぐに聴くよりは、夕方とか夜とかに聴く方が向いてそう。そんな感じ。

欲を言えば、もう少しドラマティックな感じが欲しかったです。
あと、ピアノの演奏自体がなんとなく”弾いているだけ”という印象を受けました。
悪くはないんだけど、なんというか、やや不完全燃焼。

収録曲は「エミール」や「オバアチャン」、「イニシエノウタ」、「魔王」、「愚カシイ機械」など、NieRの代表曲は一通り網羅されているのではないかと。
その中でも個人的には「光ノ風吹く丘」と「掟二囚ワレシ神」が好みでした。

収録曲の「Ashes of Dreams」は、グランドピアノと違う楽器で弾いているのか、それとも加工が入っているのか、俺の知ってるピアノと違う音色でした。
ゲーム未プレイなのでなんとも言えませんが、そっちの方がゲームと合ってるのでしょうか?
でも、原曲がすごく好きなので、グランドピアノの音色で収録してほしかったです。

NieRの曲が好きで、しっとりした曲が好きな人なら、一度は聴いてみても良いのではないかと。