[GMCD] Symphonic Fantasies Tokyo music from SQUARE ENIX

今年1月に都内で開催された「Symphonic Fantasies Tokyo - music from SQUARE ENIX」の模様が収録されたCDが、9月のTGS2012で限定発売されました。
当初、TGSには行く予定がなかったのですが、友人に誘われたことと、このCDが発売されると耳にしたことで一念発起。
暑さと行列がヒドかった中でなんとかゲットし、ようやく今になってゆっくりと聴いています。
まぁ、真夏の某有明イベントに比べれば、1時間待ちでCDゲットできただけまだマシです。
比較対象、間違ってる気がしないでもないけれど。

2枚組みで、アンコール1曲を含む全6曲収録。
再生時間は、トータルで80分ほど。
ギリギリで1枚に収まらなかったらしい。

なお、前述の通り、このCDはイベント限定発売だそうです。
TGS2012以外のイベントでも発売されるのか(もしくは、されているのか)は、不明です。

「Symphonic Fantasies Tokyo - music from SQUARE ENIX」には足を運んでいるので、感想は当時投下したエントリを参照してください。
本編は、スクエニから一般販売されているCD「Symphonic Fantasies - music from SQUARE ENIX」とほぼ同じです。
そのCDと大きく異なるところは、アンコール「ファイナル ボス 組曲」が追加されている点ぐらいです。
曲の編成等で明確に異なるところはないんじゃないかと。

アンコール曲は演奏会で一度聴いたきりだったので、こうして音源化してくれたのは非常にありがたいです。
ラスボス戦曲という単発でも強力な曲が、作品の垣根を越えたメドレー形式で、しかもオケで演奏されて、すごく衝撃と印象が強かったので。
「Destati」や「子午線の祀り」、「世界変革の時」、「妖星乱舞」に「片翼の天使」などの重厚かつ迫力のある演奏が、そのまま収録されています。
ずっと聴いていると、ものすごくたぎります。

とはいっても、さすがに生音に勝るものはないと思いますが。特にオケは。
CDでリピートしまくって聴いていると、また演奏会で聴きたい欲求がふつふつと沸いてきます。
爆音+ヘッドホンでとりあえず抑えているけれど、一度生音の臨場感を知ってしまうと、それでも結構ツラいです。
また開催してくれないでしょうか。

イベント限定発売ということで入手できる場は限られますが、一般販売されている「Symphonic Fantasies」をまだ持っていない方でこっちを入手できる機会に恵まれた方は、アンコールが収録されている分、こっちの方が断然オススメです。
「Symphonic Fantasies」を既に持っている方は、財布および巡り合わせと相談してください。

[GMCD] ペルソナ4 ザ・ゴールデン オリジナル・サウンドトラック

PS Vitaに移植された「ペルソナ4」のOST「ペルソナ4 ザ・ゴールデン オリジナル・サウンドトラック」をゲット。
全15曲、再生時間はトータル45分ほど。
曲数から分かる通り、PS2版P4の曲は含まれていません。
そちらの曲も聴きたい方は、別途入手する必要があります。

P4G追加曲のコンポーザは、目黒将司さんと喜多條敦志。
1曲だけ土屋憲一さんも参加されています。
最近のペルソナシリーズの作品で、喜多條さんの名前をよく見かけるような。
目黒さんの作品の方向性と似ているので、目黒さんの作品の中に喜多條さんの作品があっても、あまり違和感はありません。

曲調は、クールでスタイリッシュ。
要するに、P4っぽいです。
曲によってはP4よりほんのりポップというか、若干はっちゃけてる感じもします。
追加イベント専用の曲が多いからかもしれません。

個人的にスマッシュヒットだったのは「SNOWFLAKES」。
1月以降の稲羽市散策中のBGMですが、しっとりして少し物悲しい雰囲気が雪の景色とすごくマッチしていて、ゲームプレイ中のときから印象的な曲でした。
曲単体で聴いても、良い曲です。
なお、このOSTには、この「SNOWFLAKES」のアレンジバージョンも収録されています。

印象的といえば、P4Gで追加されたミツオ戦の曲「真・ミツオ転生」も印象が強いです。
通常中ボス戦曲「I'll Face Myself」をそのまんま8bitピコピコ音にアレンジした曲ですが、他がクールでスタイリッシュな曲だけに、この曲だけ突出して異色作です。
それだけに、耳に残りやすい曲になっています。
たまにはこういうのも、おもしろくていいけれど。ミツオ戦に合ってるし。

追加ダンジョンのBGM「記憶」も結構好きです。
ピアノの響きが醸し出す物寂しい感じに、ぐっと来ます。
追加ダンジョン自体は面倒くさかったけれど、この曲聴きたいがために、しばらくシャドウとぶつからないようにウロウロしてたこともありました。

そういえば、アニメでも流れた「True Story」がこのOSTにも収録されています。
とはいえ、こっちはバンドバージョンとのこと。そしてフル版。
アニメ版を1, 2回しか聴いていないため、さらっと聴いた感じでは違いはあまりわかりませんでした。
聴き比べると違うのがはっきりするのかもしれません。
しかし、この曲のサビを聴くと、アニメ版のりせちーの振り付けが自動的に脳内再生されるのは、ちょっとどうにかしたい。

というわけで、今回もP4らしさ溢れる曲を堪能させてもらいました。
P4G好きはもちろん、P4Gは未プレイだけどP4のOSTは好きという方にもオススメの一枚です。

[ゲームRev] ペルソナ4 ザ・ゴールデン

PS VitaのRPG「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」を真EDクリア。
難易度はNORMAL。プレイ時間は約123時間。
クリア時のPTのレベルは、ほぼ全員99。
12月の時点で主人公他4人ほどがLv99カンストしていました。

本作は、PS2の「ペルソナ4」をPS Vitaに移植した作品になります。
が、単純な移植ではなく、かなりの追加要素が加えられています。

個人的に一番大きな追加要素は、足立コミュでした。
PS2版プレイ時に心の底から切望した足立コミュが、P4Gで念願叶って軽く発狂しかけました。
前半のコミュシナリオは、素晴らしくウザかったです(←褒め言葉
そして後半。12月以降の追加イベントとか、P4Gで追加された○○○EDとか、3/20の手紙の追加部分とか、本当に開発スタッフGJです。

もう一つの追加コミュ、マリーコミュも良かったです。
最初、ちょっとアクの強いツンデレに「なんだコイツ」と苦手意識が勝っていたのですが、真ED2の後日談の斜め上っぷりにあっさりやられました。
なんなんだあの娘、つつくと意外と面白いぞ。

それ以外の既存コミュシナリオは、PS2版と同じだったと思います。

コミュが追加されたことで、ペルソナも追加されています。
ペルソナのデザインは、一部「デビルサバイバー2」で見たものがちらほら。

メインストーリーは、PS2版とほぼ同じ。
追加された1, 2月分のシナリオ以外、大きな違いはありません。
というわけで、プレイ時間が120時間越えしていますが、これでもメインストーリーはさらっと流したつもり。
PS2版を3周ぐらいプレイしていて、さらにアニメも全話試聴済みなので、今さらじっくりやる気はあまりなく。
あ、例外的に12月だけはじっくり堪能しました。いつプレイしても、12月は外せません。

PS2版では12月が終了すると3/20まですっ飛ばされたのですが、P4Gでは1, 2月分イベントが追加。
さらに、ダンジョンが一つ追加されました。
とはいえ、追加ダンジョンは他のダンジョンと比較にならないほどクセが強いので、あまりじっくり堪能する気が起きず、さくっとクリア。
正直、ちょっと面倒くさいダンジョンでした。

追加イベントは、この他にもざくざく。
海水浴や花火、ジュネス屋上ライブ、正月、スキー旅行やバレンタインなど、かなりの数のイベントが追加されています。
ここまで追加されていると、移植のレベルを超えているというか。

日常にできることも増えています。
これまでは釣りや読書、バイトぐらいでしたが、川釣りに加えて海釣りが可能になり、さらに家庭菜園、虫捕りまで。
コミュも増えて、日常にできることも増えて、主人公のリア充っぷりもうなぎ上りです。
さすがに忙し過ぎだろ主人公。少しは休め。

釣りといえば、釣りシステムがPS2版と変わっていて、難しくなっていました。
アナログコントローラの微妙な動きが必要になり、神経を使うシステムになっています。
連打ゲーだったPS2版は楽だったなぁ、と思い馳せることも少なくありませんでした。特に、海ヌシ様釣りの時は。

ダンジョン探索やバトルシステムは、基本PS2版と同じかと。
ただ、ダンジョンをうろついてるシャドウが可愛くなくなったのが、ほんのり残念です。
PS2版のダンジョンにいた、ふわふわ浮いてる丸いシャドウが何気に好きだっただけに。

あと、ネットワーク機能を用いた救援信号システム。
最初の頃はかなりお世話になりましたが、後半、りせのペルソナが育ってきたあたりから、ほとんど使わなくなりました。
また、P4Gプレイヤーの少ない時期にプレイ開始したためか、救援信号を呼びかけても1人か2人ほどの返信しかなくて、密かに切ない思いをしたこともしばしば。
この救援信号、今後日が経つにつれて、あまり意味を成さなくなっていくんじゃなかろうか。

元々メインストーリーが面白い作品なので、アニメから入ったプレイヤーには無条件でオススメです。
追加要素がこれでもかっというほどに盛り沢山なので、PS2版でハマったプレイヤーにもオススメの作品になっています。
自分自身、PS2版もそれなりにやり込んだつもりでしたが、それでもP4Gはかなり楽しませてもらいました。

でも、一周100時間越えしてると、2周目プレイはちょっと躊躇ってしまうところ。
刈り取るものから最強の武器・防具を巻き上げたり、最強のボス戦や2周目以降限定ペルソナなど、P4Gで改めてやってみたいことはあるんですが。

[GMCD] FINAL FANTASY VII CHIPS 他

先日の東京ゲームショウ2012のスクエニミュージックの物販ブースで「FINAL FANTASY VII CHIPS」、「FINAL FANTASY VIII CHIPS」、「FINAL FANTASY IX CHIPS」、「FINAL FANTASY X CHIPS」をまとめ買いしたので、まとめて聴き倒しました。
当初の予定では別のCDが目的で、CHIPSシリーズは購入するつもりがなかったのですが、1時間近く待たされた腹いせ(?)にはっと気がついたら手にしていました。
場の雰囲気って、怖い。

本CDには、FINAL FANTASY 7~10のBGMを8bitピコピコ音でアレンジされたものが収録されています。
各CDにつき10曲ずつ。
ちなみにこれらCDはスクエニのe-STORE専売だそうです。一般販売はされない模様。

アレンジャーは、SQシリーズでおなじみの方々。
とはいえ、「SQ Chips」「SQ Chips 2」よりアレンジはシンプルです。

全体的には、あまりアレンジを施さずにストレートにピコピコ音にした曲が多いです。
FF8「Fisherman's Horizon」やFF9「いつか帰るところ」のような音数の少ない原曲のアレンジは、結構すんなり聴けます。
あと、バトル曲も比較的聴きやすいです。
FF7「更に戦う者達」や「J-E-N-O-V-A」はそのままゲームに適用しても通じるんじゃないか、というくらい違和感がありませんでした。

その一方で、ピコピコ音にしたがために「え、こんな曲、あったっけ?」っていう曲になっているものもあります。
また、「どうしてこの曲を選んだし・・・」という曲もあります。
ボーカルやコーラスの入っていた曲は大体「無茶しやがって」な感じになってる気がします。FF10の「Otherworld」とか。

一通り聴いてみて、原曲が他作品と比べてシンフォニック寄りなFF8、音がリアルに近くてボーカルやコーラス入りの原曲が多いFF10のアレンジは、あちこちで苦心の跡が見えました。
一方、原曲が割とハキハキした電子音の多いFF7は、どれもアレンジしやすそうでした。
聴いていても、一番引っ掛かりが少なかったです。
FF9は、最もアレンジに演出を加えて遊んでいる印象が残りました。
ストレートにピコピコ音にしたらつまらなかったのか、それともアレンジャーのセンスなのかは不明ですが。
個人的には、あまり演出を加えずにピコピコ音にして欲しかったなぁ、とも思います。

ピコピコ音という特性上、音がダイレクトに頭に響くので、聴く人を選びそうなCDですが、FF7~10のBGMが好きで、古き良きピコピコ音も好きな方にはオススメです。
また、ピコピコ音にするとこうなるのかぁ、っていう新鮮さも味わえます。
1枚あたりの値段はそれほど高くないので、ネタとして聴いておくのもアリかもしれません。

[ゲームEV] 科学アドベンチャーライブ2012 ドラマステージ「時空交錯のトリプレット」

5pb.(MAGES)より発売中のゲーム「科学アドベンチャーシリーズ」初の総合ライブイベント「科学アドベンチャーライブ2012」に行ってきました。
会場は、パシフィコ横浜国立大ホール。
開演18:00で、終了は21:15頃。
休憩なしで3時間長ぶっ通し。かなりのボリュームでした。

「ドラマステージ」と銘打ってありますが、内容は結構盛り沢山。
前半は、声優による生アフレコによるドラマパート。
後半は、声優トークショー。
それらの合間合間に、アーティストによる曲披露が挟み込まれていました。

ドラマパートは、「CHAOS;HEAD」「STEINS;GATE」「ROBOTICS;NOTES」それぞれの登場人物たちが、ひょんな事件をきっかけに一堂に会してしまい、事件の原因を追うというような内容。
簡単なあらすじを追記に記しましたので、ざっくりしたストーリーはそちらをご覧ください。
ただし、ネタバレを多数含みます。

科学アドベンチャーシリーズは各作品ごとの色が強いから、うまく溶け合うことができるのか、開演する前は少し不安でした。
しかし、意外といい感じに役割分担できていて、すごく面白かったです。
全体的にはカオヘ組とロボノ組で真面目にストーリー進行、シリアスもギャグもどんとこいなシュタゲ組が笑いを誘う、と言ったバランス。
とはいえ、始めこそ固かったカオヘ組やロボノ組も、シナリオが進むにつれて真面目に不真面目なシーンが増えていき、中盤は笑えるシーンが多かったです。
そして終盤は少し考えさせられる結末が用意されおり、しみじみしていたところで笑劇のラストがドーン。
笑いあり涙(?)ありのハチャメチャ展開でした。

特に印象的だったのは、ダルとフラウの会話。
開演前からこの2人の会話が楽しみで仕方なかったのですが、すごく満足しました。
尺の問題がなければ、この2人だけで30分ぐらいヲタ談義させたいくらい面白かったです。

ドラマパートは、重大なネタバレは無かったものの、各作品プレイ済み推奨なネタがちらほら。
ストーリーに絡む重要なネタ(ギガロマニアックスなど)は軽く説明されましたが、細かいネタはプレイしていないと分からなかったんじゃないかと。

声優トークショーはフリートークではなく、各作品ごとによくキャストへ投げかけられる質問を、別の作品のキャストに投げかけて回答してもらう、というものでした。
質問内容と回答の組み合わせは以下の通り。

「CHAOS;HEAD」の質問:「ギガロマニアックスで妄想を具現化するなら、何をしたいですか?」
→回答:ロボノのキャスト5人

「STEINS;GATE」の質問:「過去の自分タイムリープするなら、どの時代に戻りたいですか?」
→回答:カオヘのキャスト5人

「ROBOTICS;NOTES」の質問:「居る夫」でコスプレさせるなら、誰に何のコスプレをさせたいですか?」
→回答:シュタゲのキャスト5人

普通の回答あり、天然な回答あり、期待通りのオチありで、終始笑いが止まらなくて腹筋が痛くなりました。
特にシュタゲ組の場慣れっぷりが半端無かったです。
あと、最近名前をよく見かける某声優さんの意外な一面が見られたことは、一つの収穫でした。
なお、細かい感想は書くと長くなりそうなので、追記に書きます。

このトークショーで、各作品ごとの最新情報が一つずつ公開されました。
初出し情報は、劇場版STEINS;GATEのタイトルと、huke氏によるキーイラストの公開。
来春公開予定ということで、今から楽しみです。

というか、帰宅してからじっくり確認したキーイラストで気になる点があって、楽しみにせざるを得ません。
紅莉栖が抱きしめてる白衣とか、本気で気になるんですけど! どっ!!

ライブパートも、ボリューム満載でした。
参加されたアーティストは、
 Zwei
 ファンタズム(FES)
 nao
 いとうかなこ
 アフィリア・サーガ・イースト
 ※敬称略

各アーティストごとに最低でも2曲ずつ。
いとうかなこさんは持ち歌が多いので6曲ぐらい歌われていました。
個人的には「スカイクラッドの観測者」でテンションMAX。アンコールの「Hacking to the Gate」でテンション振り切れました。
あと、アフィリア・サーガ・イーストの踊りの運動量は、いつ見ても鬼畜レベルだと思います。
あんな地味に体力奪われまくる動きをしていて、よく倒れないなぁ。

パンフの内容が値段の割に薄かったり、ドラマパートの映像ミスが多かったりと、不満な点がないわけではないけれど、すごく楽しかったイベントでした。
「2012」と銘打たれているということは、次回も期待していいんでしょうか。
それ以前に、ぜひ今回のイベントをメディア化して欲しいです。
一部ピー音加工は仕方ないとしても、できるだけカット無しで。


これより下の追記では、ドラマパートのあらすじとネタバレ感想、トークショーの細かい感想などになります。

[ドラマCD] DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 82 LIMITED

TOVのドラマCD「DJCD テイルズリング・ヴェスペリア COMIC MARKET 82 LIMITED」をようやくゲット。
やむを得ず今年の夏コミには参加できなかったため、一般販売待ちでした。

内容は、これまでのテイルズリング・ヴェスペリアと同様に、ドラマパート1本、ラジオパート1本という構成。
ドラマパートが約42分、ラジオパートが約33分の、計75分。
思っていた以上に、ドラマパートのボリュームがあります。

今回のドラマパートは、中身入れ替わり。
ネタとしては定番です。ベタです。
でも、ハマった作品で一度は見てみたいネタでもあります。

一応、PTキャラは全員参加。
ただし、動物キャラのラピードと別行動中のフレンは、入れ替わりが発生しません。

色々ツボったところが多数あったので、感想は箇条書きで。

・とってもノリノリな鳥海さん(中身がレイヴンなユーリ)。
・とってもノリノリな久川さん(中身がパティなジュディス)。
・というか、全体的にみなさんノリノリ(入れ替わっていないラピード、フレン除く)。
・リタ(身体はエステル)の説明台詞がいつも以上に専門用語満載で長いのは、中原さんへの挑戦だと思われ。いったい何テイクしたんだろう。
・エステル(中身リタ)の変わりように壊れ気味なフレン。
・ギルド「ラブリーニャン2」=某ゲームの「メイクイーン・ニ○ン2」。
・しかもオムライスだし。この繋がりは、ドラマCDが同日発売だからか?
・ラピードはカロル(中身ユーリ)について行ってるのか。さすが男前。

なんというか、やはり声優ってすごいです。

ラジオパートは、これまでのテイルズリング・ヴェスペリアと同じノリ、同じ面々です。
パーソナリティは中原さん、ゲストは鳥海さん、森永さん、竹本さん。
今回もミニゲームの尺が長く、フリートークが短め。

ミニゲームの解答は、CDのブックレットに載っていました。
CD聞く前にブックレット見て「なんぞこれ?」と思いましたが、CD聞いてから見て納得しました。いろんな意味で。

テイルズリングを聞くたびにいつも思いますが、TOVのキャストのみなさんは仲良過ぎです。
仲良過ぎで、ノリが良過ぎです。
ものすごく和気藹々としています。
聞いてる側もほっこりしてきます。
あと、解答(ネタ)がどれも想像の右斜め上を行っていて、面白かったです。

年2回のテイルズリングシリーズが続いているTOVですが、このまま続いてくれることを期待しています。
さしあたって冬コミでも出ると確信しているのですが、信じて待ってていいんですよね?