[映画] 劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ

2013/04/20(土) 22:48:03 | カテゴリ:映画
ゲーム・アニメとマルチに展開されている「STEINS;GATE」の劇場公開アニメ「劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ」を鑑賞してきました。
ちなみに鑑賞したのは、角川シネマ新宿の初日舞台挨拶付き回(1回目の方)。
チケット確保がんばったよ俺。
でも、アニメ未放送エピソードの先行上映会のチケット争奪戦よりは、楽に取れたような。偶然かな。

劇場版シュタゲは本編トゥルーED後の話で、完全新作です。
本編に関する説明は一切なし。
きれいさっぱり潔く、一見さんお断り設計でした。
なので、劇場版シュタゲの鑑賞前に、少なくともゲームのトゥルーEDルートクリア、もしくはアニメ本編を一通り鑑賞しておかないと、ほぼ確実に置いてけぼりを食らいます。

本編さえ把握していれば、劇場版は一通り見られます。
が、アニメで端折られたゲームネタや、第25話ネタが散りばめられているので、シュタゲの世界を深く知っていればいるほど、楽しめるような作りにもなっています。
このあたりの詳細は追記で。

話の内容についてネタバレせずに書くのは、正直ちょっと難しいです。
どこに触れてもネタバレになりそうというか。
あえて言えば、公式サイトで公開されているPVが、まさしく劇場版の概要です。
劇場版のPVは、公開前から何回見ても「公式がネタバレだよなぁ」と思っていましたが、鑑賞後は印象が変わって、むしろああいうPVにしか成り得なかった気がしてます。

要するに、「主人公=牧瀬紅莉栖、ヒロイン=岡部倫太郎」というか、オカリンルートというか、「岡部倫太郎の消失」というか、そんな話です。

劇場版鑑賞直後は、「話の展開が淡々としているところが、いかにもシュタゲっぽい。満足もしたし、スッキリもしたけれど、欲を言えばもうちょっと盛り上がりが欲しいなぁ」っていうのが率直な感想でした。
それから数時間が経過した今、劇場版のアレコレが今になってジワジワ来てます。
ジワジワ来過ぎて、ちょっと苦しくなってきました。
明日朝あたりでピークに達して、禁断症状に悶え苦しみそうな予感。

話の流れ上、岡部が抱える孤独感がクローズアップされていて、それが第三者視点で晒されることによって、一層強烈な印象を抱きました。
そういったところに思いを馳せると、なんかもう、切なさ大爆発です。

なんにせよ、これは2回目も見ないと。
ま、きっとこんなことになるだろうと、明日分の鑑賞チケットは既に予約済みなんですが。


初日舞台挨拶で登壇されたのは、原作者の志倉千代丸氏、監督の若林漢二氏、岡部倫太郎役の宮野真守さんの3人。
初日舞台挨拶は上映後だったので、ネタバレOKなはずだったのですが、ネタバレっぽいネタバレはあまりなかったような。
そんな舞台挨拶で印象に残ったことは、

・作中でミスター・ブラウンと萌郁が歌っている歌は、ミスター・ブラウン役のてらそまさんの即興。
・キャラクターに関するコメントが、若林監督の一言により、岡部や紅莉栖を差し置いてミスター・ブラウン語りで終わるところだった。総ツッコミが入って、ギリギリ回避。
・監督はSTEINS;GATEがすごく好きらしい(宮野さん談)
・最後の宮野さんのコメントがやたら長かった。自分の内の感情を消化し切れていない模様。もはや語りのレベル。

といったところ。


これより下は、ネタバレ満載な感想になります。
閲覧の際にはご注意を。

[GMEV] ブラス・エクシード・トウキョウ 第10回記念演奏会

東京近郊の音楽家を中心に結成された吹奏楽団「ブラス・エクシード・トウキョウ」の第10回演奏会に行ってきました。
会場は、府中の森芸術劇場どりーむホール。
開演13:30で、終演は16:45頃でした。結構長かったです。

ホールのキャパシティ2,000席ちょっとのうち、1階席は8割ほど埋まっていたと思います。
2階席は、どうだったんだろう?

ブラス・エクシードはゲーム音楽専門の吹奏楽団ではないのですが、今回の演奏会はゲーム音楽特集ということだったので、会場が府中という点に少し躊躇しつつも、チケットを取って参戦しました。
でも、やっぱり府中は遠かったです。
しかも、帰りに京王線が人身事故で止まるし。むぅ。

今回の演奏会では「クロノトリガー」「聖剣伝説~ファイナルファンタジー外伝~」「FINAL FANTASYシリーズ」と3つのゲームの曲が演奏されましたが、メインはやっぱり「FINAL FANTASY」。
演奏時間全体の3分の2はFFでした。

今回の演奏会は、ブラス・エクシードによる独自アレンジされた曲は、他の演奏会に比べるとあまり多くない印象がありました。
オーケストラアレンジ盤をそのまま吹奏楽で演奏したような曲が多かったような。
スクウェア・エニックスと、何かそういう取り決めでもしたのでしょうか。
個人的には、せっかく音楽家が揃っているので、ブラス・エクシードならではの吹奏楽アレンジを聴きたかったです。

演奏についてはアマチュア吹奏楽団より技術力が高かったです。
テンポの速い曲でも、乱れることはほぼありませんでした。
さすがは、音楽家中心で結成された吹奏楽団。
でも、ゲーム音楽ってそもそも生演奏されるために作られたものじゃないから、すごく演奏し辛そうなのは、なんとなく伝わってきました。まぁ、そうだよね。

技術力以外の点、演奏に込められた熱意というか想いというか、そういう信念のような部分は、ゲーム音楽専門のアマチュア楽団に及ばなかったです。
きっと演奏された方の中には無類のゲーム好きの方もいらっしゃったと思いますが、とはいえ演奏者全員がゲーム好きとは限らないから、まぁ、仕方ないかなとも思います。
けど、せめて指揮の方は、今回演奏された曲のゲームをプレイするか、その曲が流れるシーンなり背景なりを熟知した上で、演奏に望んでほしかったです。
演奏されたものを聴いた感じでは、あまり背景をご存知な雰囲気ではなかったので、少し気になりました。

今回、会場には植松伸夫氏も来られていて、ちょこちょこ登壇されては制作秘話を披露されていました。
記憶にあるところでは、

・最初はあーしろこーしろと指示されることが多かったが、段々何も言われなくなった。
・FF7の「オープニング~爆破ミッション」は、「これに曲を付けて」とムービーを手渡されて、曲を付けて坂口氏に見せたら、なぜか英語で「Very Good!」という評価をもらった。
・8bit時代は、映像も音楽もショボかったから、メロディを大事にしていた。
・最近のゲームはどんどん映画的になっていってるけれど、ゲーム音楽は方向性をどこへ向けるのか。今、ゲーム音楽は模索段階。何か新しい発明をして欲しい。若い作曲家が。
・FF7の曲は全てシンセサイザーで制作。それがFF8ではOPとEDはオーケストラ録りして、FF9ではさらにオケ曲が増えた。
・ゲーム機の進化でオーケストラをゲーム内で流すことは、当時すごいことで、みんな喜んでいた。

などなど。
そういえば、FF7の曲って、全部SC-88pro(MIDI音源)で作られてるんでしたっけ。

ちなみに、植松氏は開演前や休憩時間中に、ちょこちょことホールで売り子をやってました。
しかも、一般人に紛れて、普通にホール内の通路を行ったり来たり。
自分が通路横の席に座っていたので、その様がよく見えたのですが、その紛れ込みっぷりはある意味神業級でした。
そのためか、初めて登壇された時に、すぐ後ろの席から「え、ウソ!」という驚きの声が。
うん、さっきからあなたのすぐ横を何度も通ってたよ。


これより下は、今回の演奏会のセットリストと、曲ごとの雑感になります。

[アニメEV] 「劇場版STEINS;GATE負荷領域のデジャヴ」 プレミアムイベント

2013/04/06(土) 18:47:31 | カテゴリ:雑記
科学ADVシリーズ第二弾「STEINS;GATE」の劇場版公開合わせのイベント「『劇場版STEINS;GATE負荷領域のデジャヴ』 プレミアムイベント」の昼の部に行ってきました。
会場はよみうりホール。
さすがにチケット一般販売が瞬殺だっただけあって、座席は満席でした。

今回のチケットは競争率が高かったらしく、先行抽選に漏れ、一般販売でも惨敗し、ほぼ完全に参加を諦めていたイベントでした。
が、3日前にキャンセル分チケットのゲットに成功。
めでたく参加することができました。
まぁ、キャンセル分チケットがあまりに簡単にゲットできてしまったので、「あれ、俺、騙されてるんじゃね?」と会場に入れるまで疑心暗鬼だったりもしたのですが。

イベントの内容は、

1. いとうかなこさん ライブ
  Hacking to the Gate、あなたの選んだこの時を
2. OPトーク(今井麻美さん、宮野真守さん、関智一さん)
3. 新作ゲーム「線形拘束のフェノグラム」トーク(声優陣+志倉千代丸氏、松原達也氏)
4. 劇場版「負荷領域のデジャヴ」公開直前トーク(声優陣+志倉千代丸氏、若林漢二監督)
5. 彩音さん ライブ
  いつもこの場所で、フェノグラム
6. 「RADIO STEINS;GATE」公開録音
7. EDトーク

といった構成。
うん、ベタですね。

イベント慣れしている声優陣のトークがひたすら楽しくて、終始笑わされ続けていました。
和気藹々というか、息の合った漫才を見てるような気分でした。
STEINS;GATEのイベントはこれで3回目か4回目だけど、いつもすごく楽しいし、今回も楽しかったです。

目新しい情報は、ほとんどなかったです。ほぼどれも既出の情報。
しいて上げるなら、新作ゲーム「線形拘束のフェノグラム」と劇場版「負荷領域のデジャヴ」の、新しいムービーが公開されたことぐらい。

イベントの作り込み具合は、正直「ギフトブリンガー」の方が上のように感じました。
カゲアナや抽選プレゼント企画、ドクペ配布など、細かいネタの仕込みが「ギフトブリンガー」ではありましたし。
でも、声優の方々のトークは面白いし、観客からの合いの手の入れ方もノリが良くて、しかもそれを舞台上の方々がちゃんと拾ってくれたりして、とにかく楽しいイベントでした。


以下、各コーナー別の雑感を、箇条書きで記します。

1. いとうかなこさん ライブ
・「Hacking to the Gate」のイントロが流れた瞬間の盛り上がり方がすごい。
・ついでに、多数の男性ファンたちの小慣れた合いの手が、いつ見てもなんかすごい。

2. OPトーク
・声優陣の息ぴったり具合は特筆すべきレベル。どつき合い漫才。
・今井さんって、司会進行がうまいと思う。委員長気質というか。
・宮野さんは、いつも通りのテンション。初っ端から鳳凰院凶真様降臨+フゥーハハハ。
・一方、関さんはなんだか大人しかった。下ネタもほとんどなかった。
・確かに、ダルはアドリブし難いキャラかも。ネットスラングに慣れてる必要があるし。

3. 新作ゲーム「線形拘束のフェノグラム」トーク
・初出しPVは、いきなりアルパカマンから。これだけ見てたら、ギャグシナリオかと勘違いしそうなクォリティ。
・壇上の方々の誰もが、すごくトークし辛そうにしてたのが印象的。
・そこから察するに、シナリオに少しでも触れると即ネタバレレベルというくらいに、シリアスな内容なのかな。
・なんでも、内容はシリアス9割だとか。
・残り1割のコメディパートのほとんどが、トーク前の初出しPVに含まれているとかいないとかw
・アルパカマンの中身が岡部だということを、さらっと宮野さんがバラしていたけれど、それって公開済みの情報だったかと。
・松原氏による〆の宣伝トークが、本当に素晴らしかった。今井さんのフリでハードルを上げられていたけれど、それを難なくクリアしたようなトークでした。

4. 劇場版「負荷領域のデジャヴ」公開直前トーク
・初出しムービーをまず鑑賞。
・素人目で見ても「ネタバレじゃないかこれ?」って不安になるくらい、物語の核心を突いてそうなムービーでした。
・案の定、ムービー鑑賞後、志倉氏から「これはダメでしょ」とダメ出しw
・若林監督のトークに対して、志倉氏が通訳情報追加トーク。
・トーク慣れしていないところを見ると、若林監督は本当に制作べったりの人なんだろうなぁ。親近感沸くわぁ。
・関さんが、今井さんの演技をベタ褒め。
・褒められた今井さんが、本気で感激してたっぽい雰囲気。

5. 彩音さん ライブ
・彩音さんの歌声をまともに聴いたの、今回が初めてかも。
・結構芯のある声で、STEINS;GATEの世界観に合ってるような気がする。
・「いつもこの場所で」が、割と俺好みかも。歌詞が。
・EDトーク時にバラされていたけれど、歌っている最中に衣装の胸元が徐々に下がってくるというハプニングが勃発していたらしい。胸元を手で押さえるしぐさが多かったし、歌い終わり頃に「・・・なんか、よく見ると大胆な衣装だな」と少し気になったけれど、道理で。

6. 「RADIO STEINS;GATE」公開録音
・昼の部で収録したコーナーは、「削除したいメール」と「ホウセイ謝罪メール」の2つ。
・前者はともかく、後者は一昨日公開された回を聞かないと、何のことかよくわからないかと。
・内容については、ここでは深く語りません。
・ただ、「削除したいメール」として満場一致で選ばれたメールが、本気でヒドかった。ドン引きレベル。
・あと、来場者全員による万歳三唱がすごかった。よみうりホールのキャパ、確か1,000人ちょい超だったよな。
・ていうか、どうしてこうなったw
・公開録音だからか、関さんの暴走はあまりなく。
・Web公開用に編集が入っても、おそらくピー音は一ヶ所か二ヶ所ぐらいかと。
・一回だけ、ストレートに放送禁止用語を発してました。で、今井さん、宮野さんが撃沈。

7. EDトーク
・ここでも、関さんが今井さんの演技をベタ褒め。
・これは、劇場版に期待せざるを得ない。
・ラストは、鳳凰院凶真様のありがたいお言葉+エル・プサイ・コングルゥで閉めて欲しかったなぁ。