[GMEV] コスモスカイオーケストラ 第5回定期演奏会

ゲーム音楽を中心とした映画・ドラマ曲など劇伴音楽(実用音楽)を演奏する管弦楽団「コスモスカイオーケストラ」の、第5回定期演奏会に行ってきました。
会場は、文京シビックセンター 大ホール。
16:10開場、17:00開演。終演は20:45。

20時過ぎるとは聞いていたけれど、まさか21時近くになるとは思いませんでした。
座席の影響か、長かった割には腰や背中が痛くなることはなかったですが。

コスモスカイオーケストラの演奏会は、第3回演奏会に続いて2回目になります。
前回の第4回演奏会は別件と完全にブッキングしてしまい、泣く泣く見送りました。
今思い返しても、あれは悔しかった。

というわけで、およそ3年ぶりのコスモスカイオケの定演でした。

久しぶりにコスモスカイオケの演奏を聴いたのですが、やっぱりレベルが高いです。
第3回演奏会や4starの時よりも、さらにレベルアップしていたような。
演奏の安定感、ハーモニーのバランスの良さは、以前聴いたときよりも更に磨きがかかっていて、安心して聴けました。
これでチケット0円(実質、手数料のみ)って、もはやお得感しかない。

それでいて、プロオケのゲーム音楽演奏会にはない熱意やノリの良さも感じられて、最初から最後まで本当に楽しかったです。

今回の演奏会は、全3部構成(+α)。
様々なゲームの曲を多数演奏する第1部。
ゲーム音楽だけでなく、映画やドラマ、アニメの曲も織り交ぜて、指揮者も演奏者もはっちゃけた第2部。
ゲームを2つに絞って、メドレー形式に濃厚に演奏する第3部。

個人的には、第1部が一番楽しめました。
第一部は、最初からクライマックス、かつ最後までクライマックスでした。
どこを切り出しても聴きどころしかなくて、冒頭から第1部終了までたぎりまくりでした。

アレンジは、全体的に強めな方かな。
「ピアノ協奏曲第1番”蠍火”」のように編曲の余地の少ない曲など、モノによっては比較的そのままだったものもありましたが。
ただ、強めとはいえ、原曲破壊の著しいものはなかったので、どれも違和感なく楽しめました。

コスモスカイオケは、選曲もユニークだと思います。
映画やドラマの音楽も入れてるからユニークだ、というわけではなく、ゲーム音楽の選曲もユニークだなぁと。
第3部にかなりメジャーなタイトルを持ってくるのはともかく、第1部はあまり広く知られていないマニアックな曲がちらほら。
マニアック過ぎてほとんど誰も知らないというわけではなく、ゲーム音楽好きのある一角ではよく知られている(と思われる)絶妙なラインの曲が選ばれているような。
色々なゲーム音楽を聴きまくってる身からすると、セットリストだけでいい感じにツボを刺激されて、聴く前からニヤニヤが止まらなかったりします。
コスモスカイの選曲担当の方とは、いいゲーム音楽仲間になれそうな気がしますw

最初から最後まで、ひたすら楽しかった今回の演奏会。
次回も行けたら、ぜひ足を運びたいです。
チケット取れたら、ですが。


以下、今回の演奏会のセットリストと、曲ごとの雑感になります。

[GMCD] FINAL FANTASY IV ORIGINAL SOUND TRACK REMASTER VERSION

「FINAL FANTASY IV ORIGINAL SOUND TRACK REMASTER VERSION」をゲット。
CD2枚組みで、全57曲(ジングル込み)。再生時間は、トータルで1時間32分ほど。

SFC版FF4のOSTのリマスターバージョンという位置付けの本作。
確かに、20年ほど前に発売された原盤より、幾分音がクリアになっているような気がします。
ぼやっとした感じが無くなっているというか。
でもやっぱり音源はSFCなので、聴き比べでもしない限り、音質の違いはあまりはっきりしません。

それよりもはっきりした違いは、一曲あたりの再生時間。
「プレリュード」や「オープニング」など、原盤では途中でブツ切りになっていた曲が、最低でも1ループ分はちゃんと収録されるようになりました。
その分、原盤ではCD1枚だったのが、リマスター盤ではCD2枚組になりましたが。
まぁ、仕方ないです。

「エンディングテーマ」は、DS版OSTと同様に、3分割されています。
この点は、SFC版仕様に合わせるなら分割する必要ないんじゃない? とも思いました。
頭から連続再生しているときは3分割されていても特に問題ないのですが、ランダム再生するときにちょっと困ったことに。

で、今回「エンディングテーマ」が分割収録されたことにより気になるのが、将来発売されるFF6のリマスター盤の「妖星乱舞」と「蘇る緑」。
仮に「妖星乱舞」が4分割されたとしても、それはまぁ理解できます。
でも「蘇る緑」は分割して欲しくないです。ぜひとも21分一本勝負をぶちかまして欲しい。

ジングルは、DS版OSTで収録された曲の他に、「ギザールの笛」「ハミングウェイ」「デビルロード」が追加。
また、DS版では1曲にまとめられていたものが、それそれ別トラックに分解されました。

本作はSFC版のリマスターなので、DS版OSTにあった「月の明かり」や「オープニングムービー」は、当然収録されていません。
ついでに、8cmCD「ミニマムアルバム」収録曲も入っていません。

発売後に公式に発表された楽曲の一部欠損ですが、作業用BGMとして流しているなら聴き逃しそうだけど、ちゃんと聴いていると結構はっきり欠けているのがわかります。
「踊る人形カルコブリーナ」の冒頭1秒ぐらいが抜け落ちてます。
原曲を知らない人でもおかしいと感じられるレベルです。

公式サイトでディスクの無償交換を受け付けているようなので、気になる方は交換した方がいいかも。
俺は、Web申し込み+着払いで郵送が面倒(特に後者)なので、とりあえず交換は見送る予定。
そもそも原盤もあるからいっか、という感じ。

FF4のOST持ってなくて、これから買おうと考えている方は、リマスター盤の方がオススメです。
既に20年ほど前に発売された原盤を持っていて、それで特に不満のない人は、あえて買う必要は無いかも。

[GMCD] 今井麻美・関智一のRADIO STEINS;GATE+線形拘束のフェノグラム サウンドトラック

科学アドベンチャーシリーズ第二弾「STEINS;GATE」の関連CD「今井麻美・関智一のRADIO STEINS;GATE+線形拘束のフェノグラム サウンドトラック」をゲット。
本作はタイトルの通り、Webラジオサイトの「音泉」や「響 - HiBiKi Radio Station -」で定期配信された「今井麻美・関智一のRADIO STEINS;GATE」の音源と、今年4月に発売されたシュタゲの新作「STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム」のOSTが一緒になったものです。


Webラジオの音源が格納されたDVDの方がDisc.1とされているので、まずはそっちの感想から。

Webラジオは、定期配信された全6回分に加えて、2回分の音源が別途追加されており、全部で8回分の音源が収録されています。
追加された2回分の内訳は、今年の4/6に開催された劇場版公開直前プレミアムイベントにおける公開録音のうち配信されなかった夜の部の分が1本と、新規録り下ろしが1本。
全8回分になるので、結構ボリュームがあります。

内容は、Webラジオで配信されていたものを聞いたことがある方ならわかると思いますが、あんまりSTEINS;GATE関係ないです。
これを聴いたから、STEINS;GATEの豆知識が増えるとか、造詣が深まるとか、そんなことはまずないです。
ゲストの方が来られる回もありますが、大体関係のないネタで盛り上がってます。

そして、関さんのセクハラ・下ネタ発言がすごく多い。
パーソナリティに関さんがおられる時点で、そういう展開になるのは自明の理でしたが、それにしても多い。
あまり下ネタが得意じゃないからか、第1回配信分から連続で聴いていたら、第3回あたりから少し気持ち悪くなりました。
それくらいの下ネタマシンガントークです。
今井さん、よく耐えられたなぁ。結構、同情します。

そんなノリのラジオですが、どれも笑えます。
と言っても、「バッカだなぁwww」「くだらねーwww」といった脱力系の笑いですが。
スタッフも含めて(というかスタッフが率先して)全力でバカやってるような、そんな内容でした。


で、次、Disc.2の「線形拘束のフェノグラム」のOSTについて。

収録曲数は24曲。
うち、3曲はOP・ED曲(いずれもshort ver.)、10曲はケータイの着信音。
再生時間は約61分です。

収録曲の半分近くが着信音ということから分かるように、作中に流れるBGMの部分はあまり多くないです。
「線形拘束のフェノグラム」自体が本編の続編だから、新規書き下ろし曲が少ないのでしょう。
だからこそ、「線形拘束のフェノグラム」のOST単品ではなく、Webラジオとの抱き合わせでCDを販売したのだと思います。

曲調にこれといった特徴はなく、普通にゲーム音楽なのですが、どれも結構好きです。どれも良曲だと思います。
印象的なイベントシーンで使われる曲が多いためか、シュタゲ本編のOSTよりも印象的な曲が多ような気がします。

タイトル曲「GATE OF PHENOGRAM」は、途中で挟み込まれる「GATE OF STEINER」の旋律が流れるあたりで、反射的にたぎります。
また「I'M MAD SCIENTIST」も、曲名はちょっとイタい感じだけど、スタイリッシュというか静かに熱い曲で、すごく好きです。
アルパカマン登場シーンで使用された曲(曲名はそのものズバリ「ALPACAMAN」)ですら、繰り返し聴いていたらカッコよく聴こえるようになってきました。冒頭はいかにもなジングルはともかく、後半はすこぶるカッコいい。
阿保さん、本当に良い仕事されてます。

なお、ブックレットには、阿保さんの曲解説が掲載されています。

ちなみに、ゲームのサウンドテストにはあった「比翼恋理のだーりん」の曲は、収録されていません。
そういえば、「比翼恋理のだーりん」の追加曲って、CD化も配信もされてないよなぁ。
あのタイトルバック曲(「GATE OF STEINER」をポップにアレンジしたアレ)、欲しいんですが。


抱き合わせ商法一粒で二度おいしい本作ですが、どんなネタでも許せるシュタゲ好きならかなり楽しめると思います。
Webラジオの方は人を選ぶかもしれませんが、OSTの曲は良曲が揃っていると思うので、興味を持たれた方は一聴してみるのもアリではないかと。

[GMCD] 組曲 イーハトーヴォ物語 ピアノ版アルバム (2013年最新録音)

SFCのRPG「イーハトーヴォ物語」のピアノソロ曲集「組曲 イーハトーヴォ物語 ピアノ版アルバム (2013年最新録音)」が、最近DLmarketで販売開始されたので、早速一括購入しました。
某日の朝に流れてきたツイートを見て、数分後にはDLしていました。
いやぁ、決済まで早かった。

曲数は、ピアノ版8曲+シンフォニック・アレンジ版「イーハトーヴォ賛歌」の計9曲。
総再生時間は、約33分。
なお、DLファイルの中にブックレット(PDF)も同梱されていました。

ちなみに、俺自身、ゲーム本編は未プレイです。
恥ずかしながら、どんなゲームなのかも、ほとんど知らないくらいのレベルです。
でも、曲は大好きです。

ボーナストラック以外のピアノ版8曲は、作曲者である多和田吏氏による演奏だそうです。
作曲者本人が演奏しているので、曲のイメージの再現性は最も高いのではないかと思います。

一通り聴いてみたときの第一印象は、「心地良い」でした。
柔らかくて、優しくて、でも少し切ないメロディラインが、なんというか、心の中にある懐かしい何かをくすぐられる様な感じがしました。
確かにOSTでも「懐かしい何か」を刺激された覚えがありますが、ピアノソロだからでしょうか、OSTよりもその傾向が強いような気がします。

正直なところ、OSTより聴きやすかったです。

派手さはありません。トゲトゲしい音もほぼありません。
古色蒼然とした落ち着いた雰囲気の喫茶店などで、薄くBGMとしてかかっていても不思議ではないくらい、ひどく柔らかいです。
作業用BGMとして流していても、曲が作業を邪魔しないし。
作業の小休止にふと現実に戻ってきて曲に耳に傾ければ、気持ちが安らぐし。
気持ちを落ち着かせたいときに最適かも。

シンフォニック・アレンジ版「イーハトーヴォ賛歌」も、すごく楽しめました。
ピアノ版の「イーハトーヴォ賛歌」も良かったですが、シンフォニック版も良かったです。
シンフォニック版の方が音の広がりやハーモニーが雄大で、迫力があって、ヘビロテ余裕でした。

ちゃんと聴き比べしていませんが、編曲は「オーケストラによるゲーム音楽コンサート5」に収録されていたものに似ているようで、ちょっと違うと思います。
音の交わり具合は、本作の方が好きかな。

「イーハトーヴォ物語」の曲が好きな方には、問答無用でオススメです。
ヒーリング系の落ち着いた曲が好みの方にも、オススメできる曲集だと思います。