[演劇] LIVING ADV 『STEINS;GATE』 ネタバレ感想

シュタゲ舞台の熱が一週間近く経ってもなかなか冷めないので、いっそネタバレ全開の感想を思いっきり吐き出せば気が済むんじゃないかなと思い至って、試してみることにしました。

というわけで。
このエントリは、舞台版STEINS;GATEのネタバレを一切考慮しないレビューになります。
ここより下は、舞台版だけでなく、ゲーム・アニメのネタバレにも触れる内容になる予定です。たぶん。
読まれる方はご注意ください。

なお、情動の赴くままに書き殴るから、おそらく読み難くなる上に、相当長くなる予定です。
暇つぶしにでもどうぞ。


手始めに、メインキャストについて。
どのラボメン(+1)も、完成度激高でした。

まずは、我らが主人公、鳳凰院凶真様こと岡部倫太郎(オカリン)について。
なんというか、渡辺大輔さんお疲れ様でしたっ! の一言に尽きます。
今回の舞台で初めて知った方ですけど、この方、すごかったです。
全6ルート出ずっぱりで台詞の量も膨大だろうに、1000ページに及ぶ台本を完璧に覚え切ったのがすごい。
しかも、初稽古前の時点で覚えたとか、半端ねぇ。
さらに、テンションの上下動が激しく、世界線に翻弄されまくるオカリンを、ほぼ完璧に演じ切ったのが、またすごい。
大仰な所作だけでなく、喋り方や声質までゲームやアニメに似せてくるとは思いませんでした。
すっごい研究されてて、オカリン役がこの方で本当に良かったです。
PVではたどたどしかった鳳凰院凶真のカッコいいポーズ(両腕をクロスさせるアレ)も、劇中ではすごく様になっていました。
千秋楽のカーテンコールの退場際に、舞台最上段でやられたときは、本当にそこに凶真がいるかのようでした。

まゆしぃ☆こと椎名まゆり。
「まゆりは2次元だからこそ許される存在だろう、3次元じゃウザいだけなのでは?」とか思っていた昔の自分を殴りたいです。
会話のテンポや、醸し出される空気感が、確かにまゆりでした。癒される。
どちらかと言えば、アニメのまゆりに近かったように思います。ゲームよりは活発で強気な感じ。

ダルこと橋田至。
個人的には、今回の舞台における影の立役者だったと思ってます。
見た目も挙動も台詞も声も、まんまダルで、ゲームから出てきたよう。
しかもボケ・ツッコミの間が絶妙で、本当におもしろかった。
第一幕もそうだけど、特に第二幕の重苦しいシリアスムードの中、ダルの台詞や一挙手一投足が清涼剤でした。
縁の下の力持ちとは、彼のようなことを指すのだろうなぁ。
ちなみに、長友さんが芸人さんだということを知ったのは、最終日直前でした。

次、クリスティーナこと牧瀬紅莉栖(ツンデレ助手)。
美人だし、立ち姿がすらっとしてて凛々しいし、胸が大きいことを除けば確かに紅莉栖でした。
しかも、外岡えりかさんの声、ところどころがまんま今井麻美さんでした。
オカリンから投げ渡された白衣に袖を通して、長い後ろ髪をばさっとかき上げたのを見た瞬間、3次元紅莉栖はアリだと確信しました。
ツンデレ成分が若干少ない気もしたけれど、シナリオの尺の都合上、仕方ないかな。

閃光の指圧師こと桐生萌郁さん。
桐生萌郁の姿形を完全に再現。あのエr・・・セクシーな三次元美女を完全に体現されていました。
とにかく足! 足が綺麗!
中盤のライダースーツ姿も様になっていました。
ゲームやアニメの萌郁さんみたいな本気のボソボソ喋りではなかったけれど、それは舞台だから仕方ないかな。
無表情のボケっぷりが、密かにツボでした。IBN5100を机ごと運ぼうとしたりとか。
そういえば、千秋楽では机の上からIBN5100をひょいと持ち上げて運び出そうとしてたな。あれ、すごく面白かった。

ルカ子こと漆原るか。
思っていたよりハスキーボイスで、ところどころでちゃんと男の娘に見えました。
るかルートを見ていないからか、全体的に出番少なめな印象だったけれど、キラリちゃんコスはインパクト抜群。
紅莉栖じゃないけど、ついじっくり眺めてしまいました。だが男だ。

猫耳メイドのフェイリス・ニャンニャン。
エントリ投稿してから、1日後に抜けてることに気付きました。ごめんフェイリス。
現実的じゃないピンク髪のため、他のメインキャストに比べると少し違和感を感じるのですが、それでも観劇前に危惧していたほどではなく。
見てるうちに、次第に馴染んできました。
それよりも、フェイリスといえば、メイクイーンでのダンス!
「比翼恋理のだーりん」OP曲(2曲)に合わせたあのダンスが、すごくかわいかったです。
フェイリスかわいいよフェイリス。

バイト戦士こと阿万音鈴羽。
最初の「おっはー!」でやられました。
天真爛漫だけど影もある鈴羽が、確かにそこにいたように感じられました。
アクションも素晴らしかったです。あんなに綺麗に殺陣ができるの、すごいな。
β世界線で迷彩服じゃなかったことだけが心残りだったので、第二弾ではぜひ迷彩服で。
第二弾でSG編やるかどうかわからないけれど。

で、ラスト。ラボメンじゃないけれど、ミスターブラウンこと天王寺裕吾。
カツラじゃなく、あれ本当にスキンヘッドにされたんですよね。役者魂ってすごいな。
第1幕ではユーモラスなところを垣間見せつつも、第2幕の萌郁パートでは凄みのあるミスターブラウンを見られて、確かにミスターブラウンだと思いました。
特に、第2幕のvsオカリンのところの威圧感がすごかった。アニメとはまたちょっと違った凄みを感じました。


これより下は、観劇したルートごとの感想になります。

[演劇] LIVING ADV 『STEINS;GATE』

舞台版「STEINS;GATE」のSG編、鑑賞してきました。
ニコ生配信ではなく、現地(ZEPP ダイバーシティ東京)での鑑賞です。

オケや吹奏楽の演奏会の鑑賞なら沢山あれど、演劇の鑑賞は今回で2回目。
なので、演劇については超ド素人です。技術的なことは何一つわかりません。
というか、演劇自体そもそもそんなに興味ない人間です。

それなのに、今回足を運んだ理由は4点。

1) STEINS;GATEだから。
2) 一回も見ずに印象だけで批判するのはアンフェアなので、最低一回はとりあえず見て、それから考えようと思ったから。
3) 10年近く前に友人に引きずられて見に行った無名の劇団の演劇が思いのほか面白かったからか、演劇に対する抵抗感はあまりない。
4) 同じくゲーム原作の演劇「ペルソナ4」の評判が結構高くて、一回ぐらい見とけば良かったと軽く後悔したから。

そんなこんなでチケットをゲットして鑑賞してきた次第ですが、チケットゲットしたときは、正直そんなに期待していませんでした。
理由は、PVを見たときの違和感がものすごかったから。
「これ、マジで大丈夫なのか?」と、ひどく不安を覚えたものです。

なので、想定レベルの内容だったら、ブログに感想を書くつもりはありませんでした。
それなのに、今感想を投下しようとしている理由はただ一つ、想定を遥かに超える面白さだったからです。

ちなみに、これ以降もネタバレには極力触れないようなエントリを投下しようと思います。
あんまり自信ないけど。

当初、不安を覚えるほどの違和感を感じた登場人物たちですが、実際見てみたらそれほどでもありませんでした。
フェイリスのピンク髪は現実的な色じゃないので、他に比べると少し強く違和感を覚えるのですが、それ以外はそうでもなく。
意外とすんなり馴染みました。
たぶん、演者の方がゲームやアニメに近付こうとと努力された賜物なのかも。
ちょっとした仕草や喋り方など、結構研究されてるなぁと思わされる箇所がちらほらありました。

特にオカリンとダルは、声質まで似てたように思います。
アニメからそのまま飛び出てきたようでした。
オカリンは鳳凰院モードと素のときで声の使い分けまでされていて、役者ってすごいなと改めて感動しました。

ストーリーの内容は、最初のDメール送信から、トゥルーEDまでを網羅。
ゲームで30~40時間、アニメで約10時間の内容を、演劇では約3時間に凝縮。
そのため、かなりのジェットコースター展開。
あまりに内容を端折り過ぎていて、3時間ではわからないシュタゲ、でした。
これまでアニメにしろゲームにしろ、一度もシュタゲを見たこともプレイしたこともない人には解り難かったんじゃないかと。
なので、アニメ視聴済みかゲームプレイ済み推奨です。

ただ、端折り過ぎなのが悪いというわけではなく。
要所は押さえられていたので、実写で見たかったところは一通り見ることができた感じです。
シュタゲを知っている人ならば十分に楽しめる内容でした。

全体的に、ゲームよりはアニメを参考にして構築された模様。
台詞回しや演出が、かなりアニメを意識されていたように思います。

前半はややコメディ色が強め。
コメディタッチな展開の中に、ちまちまとサスペンス的な展開が挟まるような感じ。
オカリン(鳳凰院モード)の台詞や言い回しに軽くイラッ☆とさせられつつ、安定のダル落ち(ダルボケ+ダルツッコミ)につい笑ってしまったり。
特に印象的だったのが、フェイリス宅でなぜか自動扉が開かないダル。あれは必見w

後半は、前半から一転、シリアス展開の連続。
前半から、舞台上を右へ左へ走りぬける演出の多い演劇でしたが、後半はそれが加速。
アクションもあったりして、一瞬たりとも気の抜けない展開でした。

有名な三大トラウマの一つ、鈴羽の手紙は、演劇でもトラウマシーンでした。
ゲームやアニメに負けないぐらいの鬼気迫る演技で、背筋がゾワゾワしました。鈴羽の中の人、すごい。

他にも、オカリンvs萌郁さんの携帯奪い合いバトルも見物でした。
展開がゲームともアニメとも一部違っていたけれど、アレはアレで良い演出だったのではないかと。

そして、SG編ならではの展開(と思われる)「境界面上のシュタインズゲート」。
オカリン(の中の人)の迫力ある演技に、全て持っていかれました。
展開がわかっていても手に汗を握らざるを得ず、最後まで気の抜けないシーンでした。
オカリン、格好いいなぁ。

そんな中でも、ダルは一種の清涼剤でした。
アニメにあった演出が舞台上でも再現されていて、シリアスが続く中で息の付けるひと時になっていました。
ダル、いいキャラだ。

今回の演劇で、一つこうして欲しいという点を上げるなら、展開が速すぎて演出がややあっさりしてるところかな。
最初のDメールからトゥルーEDまでを3時間に凝縮しているわけだから、あっさり気味なのは仕方ないと解っているのですが。
もう少しじっくり堪能したければ、各ヒロインルートを鑑賞しろってことでしょうか。
それならば、仕方ないかな。

今回はSG編の鑑賞のみでしたが、鑑賞後、他のルートも俄然見たくなりました。
特に、紅莉栖編と鈴羽編は興味あります。
が、リア充な空気満載の台場にぼっちで行ったときの半端ないアウェイ感に耐えるのが体力的にも気力的にも正直辛い、平日は定時退社しても台場18:30にたどり着けない上に残業三昧でまずムリ、来週は日曜日に情報処理技術者試験があって終日行けないし土曜日はさすがに勉強しないとマズい、という三重苦のため、鑑賞できるのは今日1回きりになる可能性高し。
残業と試験が本気で憎い。ついでにリア充爆発しろ。
[2013.10.20追記] 結局、禁断症状には抗えず、試験ぶっち切って最終日昼・夜公演どちらも見てきました。てへぺろ☆

そんなこんなで、DVD購入フラグが立ったような気がしてます。

とりあえず今は、ニコ生のネットチケット購入してタイムシフト視聴しようか、本気で検討中です。
SG編以外のルートも、ニコ生配信してくれないだろうか。

というわけで、思っていた以上に、というか、全く思っていなかったくらい高レベルに面白い演劇でした。
シュタゲ好きの方はぜひ。


最後に、どうしても言っておきたいことが一つ。

白衣のヒラヒラは正義だっ!!
※ただし、イケメンに限る。


さらにもう一つ、気になったことを下に追記。
開演前や休憩中にかかっていた曲についてで、演劇の内容とはほぼ関係ないネタです。

[GMCD] STEINS;GATE SYMPHONIC REUNION

Xbox360やPSP、PS3などマルチに展開されているADV「STEINS;GATE」のオーケストラアレンジアルバム「STEINS;GATE SYMPHONIC REUNION」をゲット。
CD2枚組みで、全26曲収録。
内訳は、インスト曲14曲、ボーカル曲6曲、ボーカル曲のInstrumental版6曲。
再生時間は、トータルで1時間45分ほど。
ボーカル曲のInstrumental版を除くと、1時間15分ほどです。

2012年に発売されたPS3版「STEINS;GATE」と「比翼恋理のだーりん」のダブルパックの特典CD「STEINS;GATE SYMPHONIC MATERIAL」の拡張版とも言える本作。
ダブルパックの特典CDが巷でどれくらい好評だったのかはわかりませんが、Amazonで新品にプレミア付いてるっぽいところを見ると、評判は上々だった模様。
なんて言ってる自分も、特典CD目当てでダブルパックを購入したクチですが。

確かに、「SYMPHONIC MATERIAL」の出来は素晴らしかったです。
半年近く毎日のように聴き続けてたくらい、曲に聴き惚れていました。
「大好きなシュタゲの、大好物なオーケストラアレンジ」というバイパスが多大にかかってるかもしれませんが、ものすごく良かったです。
最初に一通り聴いたとき、入手できた喜びを心の底から感じた特典CDは、「キャサリン」の特典CD以来かも。

その「SYMPHONIC MATERIAL」が「SYMPHONIC REUNION」に進化して登場されたら、もう買わざるを得ません。
ゲットしないなんて選択肢、俺の中には存在しません。
発売決定の報せを受けた直後、光の速さでAmazonポチりました。
これはもう、「『運命石の扉』の選択」に違いない。

インスト曲は、「SYMPHONIC MATERIAL」からの再録6曲+新録8曲。
ボーカル曲は、「SYMPHONIC MATERIAL」からの再録4曲+新録2曲。さらにInst版付き。
新録が思っていた以上に多くて、嬉しい誤算でした。

インスト曲のうち「GATE OF STEINER」や「Laboratory」のような耳に残りやすい曲は、ほとんど「SYMPHONIC MATERIAL」に収録されてしまっていたので、新録曲はわりと地味な曲が多いような気がしました。
地味ですが、和やかな曲から緊迫感のある曲、悲愴感漂う曲まで、バリエーションは様々です。
どの曲も情緒豊かに演奏されていて、かなり聴き応えがあります。

基本的にシュタゲ本編から選曲されていますが、1曲だけ「線形拘束のフェノグラム」から「GATE OF PHENOGRAM」が入っています。
後半は「GATE OF STEINER」のアレンジだけど、「GATE OF PHENOGRAM」の前半も好きなので、これは嬉しかったです。

ボーカル曲のうち、新録は「Hacking to the Gate」と「いつもこの場所で」の2曲。
どちらもアニメ版の曲です。

どのボーカル曲も、オーケストラという特性上、原曲にあった爽快感というか疾走感、パキパキしたメカニカルな感じは、かなり失われています。
その代わり、感情に直接語りかけてくるような重厚さ、壮大さは、原曲より増しているのではないかと。
原曲ではノリの良さに隠れていた、曲の根底に潜む切なさや力強さが、オケアレンジによって表に引っ張り出されてきた感じもします。

インスト曲もボーカル曲も、オーケストラ好きにはたまらないアレンジに仕上がっていました。
もう本当に、言葉で言い尽くせないくらいに感動したし、満足しました。
おそらくこれから半年ほど、通勤・帰宅時のお供になると思います。

ついでに、オーケストラアレンジ盤発売記念として、オケ演奏会を開催してくれると嬉しいのですが。
日本BGMフィルとか、演奏してくれないかなぁ。

というわけで、語りだすとキリがないので、印象に残った曲ごとの感想は追記に書きます。