[GMEV] ブラス・エクシード・トウキョウ 第12回演奏会

ブラス・エクシード・トウキョウの第12回演奏会「吹奏楽が奏でるゲーム音楽 Vol.3」に行ってきました。
会場は、府中の森芸術劇場どりーむホール。
予定よりほんの少し遅い18:05開演で、終演は21:10頃でした。

それにしても、府中遠いです。
しかも、会場最寄りの東府中駅の付近で人身事故が発生して京王線のダイヤが乱れて、たどり着くまでがたいへんでした。
前回の第11回は台風直撃だったし、ブラス・エクシードの演奏会は間接的に何かが発生してるような。

閑話休題。

今回で3回目となるブラス・エクシードのゲーム音楽特集。
前回、前々回と比べると、より多彩な曲が集まっていました。
しかも、ブラス・エクシード初のスクエニ以外の楽曲もあり、今後もっといろんな作品を拾ってくれることを期待せざるを得ません。

プロ奏者で構成された吹奏楽団ということで、演奏技術はもとより、表現力もさすがでした。
音色はしっかりしているし、ハーモニーが崩れることはないし、緩急の流れがスムーズだし、とにかく安定感がありました。
そして、どの曲も情熱的で、ひたすら圧倒されまくり。
しかも、3時間超えという長丁場のコンサートだったのに、それが最後まで継続。
技術的にも表現力的にも集中力的にも体力的にも、プロってすごいと思わずにはいられませんでした。

おかげで、終始耳が幸せで、昂揚感を感じるとともに、全身で音楽を感じる喜びすら感じました。
これまでの3回のゲーム音楽特集の中で、今回が一番興奮したかもしれません。

演奏について一つ難点を上げるなら、ちょっと音がごちゃっとしていたところ。
吹奏楽固有の現象かもしれませんが、いろいろな楽器が一斉にフォルテで鳴らすところは、いろいろな音が混ざり合い過ぎて、和音がなんだかよく分からなくなっていたことがありました。
その分「なんかすごい」と思いもするのですが、もう少しバランスを調整しても良かったかも。

演奏以外では、MCの方が印象的でした。
ゲーム紹介は台本通りなのでしょうが、ちょっとしたゲーム内ネタを絡ませるところは、うまくゲーマーの心を掴んでいたと思います。
しかも、ゲームソフトの発売日とディズニーネタを絡めてきたり、最終的には友人の誕生日と絡めるなど、どう考えてもツッコミ待ちなネタに持ってきて笑いを誘ったり。
長過ぎず短過ぎず、堅苦しくもなくユル過ぎでもない、聞いていて楽しく、それでいてしっかりゲーム紹介になっているという、絶妙なバランスでとても良いMCでした。

そんなわけで、最初から最後まですごく楽しかった演奏会でした。
オーケストラにはない、吹奏楽ならではの力強さを感じさせる、良いコンサートだったと思います。
ブラス・エクシードはそもそもゲーム音楽専門の吹奏楽団ではないので、そろそろゲーム音楽以外の曲も演奏したいという内部の声がありそうですが、年一回程度でもいいのでこれからもゲーム音楽特集を続けて欲しいです。


これより下は、セットリストと曲ごとの雑感になります。

[GMCD] 聖剣伝説 RISE of MANA オリジナル・サウンドトラック

iOSで配信中の「聖剣伝説 RISE of MANA」のOST「聖剣伝説 RISE of MANA オリジナル・サウンドトラック」をゲット。
全28曲収録(テーマソングのVocal無し版含む)。再生時間はトータルで67分ほど。

ゲーム自体は、iOS端末を持っていないので未プレイです。
Android版配信待ちなのですが、一体いつ配信開始されるんでしょうか。

そんなわけで、Android版配信よりも先にOSTが手に入ってしまったので、とりあえずOSTを聴いているのですが、ゲームを知らなくてもすんなり入り込めるくらいに良曲揃いでした。
全体的にはどことなく牧歌的で、やわらかい曲が多かったです。特に前半。
後半は、格好良さの強い曲が増えるのですが、それでもなんとなくやわらかさを感じます。
でも、やわらかいとは言え明るいわけではなく、そこはかとなく漂っている哀愁や脆さが曲の魅力の一つかも。
攻撃的な感じや殺伐とした感じは、無いわけではないけれど、そんなに強くないような。

メインコンポーザは、関戸剛氏。
なんとなくTHE BLACK MAGESのイメージが強いせいか、ガンガンいこうぜ的な曲になるのかと思っていたので、やわらかい曲調はちょっと意外でした。

歴代の聖剣シリーズ曲を手がけたコンポーザのうち、伊藤賢治氏は書き下ろし1曲と「Rising Sun」のピアノソロアレンジ1曲、菊田裕樹氏と下村陽子氏は各々1曲ずつ、曲を提供しています。
歴代コンポーザの曲を目当てにOST購入すると、ちょっと肩透かし食らうかもしれません。

下村陽子氏の曲「心踊りし魂の住処」は、聖剣LoMの「ホームタウン ドミナ」っぽさを感じました。
ちなみに、以前に発売された「X'mas Collections II music from SQUARE ENIX」にアレンジ版が収録されていますが、その原曲になります。
伊藤賢治氏の曲「何時、彼の使いの恐怖を知るや」は、サガフロのラスボス戦曲ぽい感じでした。
菊田裕樹氏の曲「美しき想いの雫」は、すごく聖剣2や3ぽかったです。
咄嗟に曲名が出てこないのですが、聖剣2や3の森の中の曲っぽい感じでした。

他に、山中康央氏が1曲提供しています。
なんというか、掴みどころの無い、不思議な曲でした。

テーマソングは、KOKIAさんの歌う「Believe in the Spirit」。
曲調は、ヒーリングエスノと言うのでしょうか。
KOKIAさんの透明感のある歌声が、聴いていてすごく気持ちよいです。
何回も聴いていると、じわじわと感動します。

Android版の配信を待たずして手を出したOSTですが、ゲットして良かったOSTでした。
ゲーム音楽に慣れ親しんでいる人ならば、ゲームを知らなくても楽しめると思います。

[GMCD] 逆転裁判 ピアノアルバム

逆転裁判1~3のBGMをピアノソロでアレンジしたCD「逆転裁判 ピアノアルバム」をゲット。
収録曲数は全部で19曲。再生時間はトータルで約46分。

収録曲のうち11曲は、 シンコーミュージックより発売されている楽譜「やさしいピアノ・ソロ 逆転裁判 ベストセレクション」の実演になります。
残りの8曲は、本CDオリジナルの演奏です。

ピアノどころか他の楽器演奏すらロクにできない自分が言うのもなんですが、やさしいピアノ・ソロVer.の曲はいずれも、初心者向けに作られた楽譜のためか、確かに簡単な譜面のように聴こえます。
音が飛んだり跳ねたりすることや、早いアルベジオが少ないような。

だからといって、つまらないと言うわけではありません。
原曲に忠実なピアノアレンジなので、違和感はほとんどありません。
そのため、原曲が好きで、かつ原曲重視なアレンジが好みの方には、結構ハマるのではないかと。
また、演奏の妙技により、思っていた以上に聴き応えのある曲になっています。

欠点は、原曲に忠実なピアノソロのため一曲一曲がかなり短く、それが少し勿体無いところ。
基本的に、原曲の1ループ分しか収録されていません。
そのため、多くの曲が1~2分前後、一番短い「タイホくん ~ 守ってあげたい」にいたっては30秒にも達していません。

CDオリジナルVer.は、原曲に多少のアレンジを加えた、重厚なピアノソロになっています。
とはいえ、それほどアレンジが強いわけではなく、原曲の雰囲気はかなり残っています。

やさしいピアノ・ソロVer.に比べると、実際に演奏するのが難しそうな感じです。
よく指が動くなぁ、と思うようなフレーズがちらほらあります。
とはいえ、超絶技巧必須というほど難しくはなさそう。
FFのPiano Collectionsよりも少しだけ易しそうな感じです。
頑張れば一般人でも弾けそうなレベルで、演奏できるようになったら楽しそうです。

難しくなった分だけドラマティックさが増しているため、個人的には聴いていて楽しいのはこっちでした。
と言っても、歴然とした格差があるわけではなく、比較の問題という程度の違いです。

ちなみに、本CDにはCDオリジナルVer.の楽曲全てのスコアが封入されています。
とはいえ、スコア自体が非常に小さいので、曲を聴きながらスコアを目で追って楽しむ分には問題ありませんが、これを使ってピアノを弾くのはちょっと厳しいのではないかと。
ピアノを弾くのに使いたい場合は、拡大プリントしないとダメかも。

本CDは逆転裁判1~3の楽曲のみではありますが、想定していたよりも聴き応えがあって楽しめました。
欲を言えば、プロしか演奏できないような、もっとぐわっと来るようなドラマティックな楽曲が1, 2曲欲しかったところですが、これはこれで楽しかったので、そういった曲は次作があればそのときの楽しみということで。
逆転裁判の曲が好きで、ピアノソロに抵抗のない方にオススメです。
ピアノで弾いてみたい人ならば、楽譜と合わせるとより一層楽しめるかも。

[GMCD] PIANO OPERA FINAL FANTASY VII/VIII/IX

FF7~9の曲をピアノソロアレンジしたCD「PIANO OPERA FINAL FANTASY VII/VIII/IX」をゲット。
収録曲数は12曲。再生時間はトータルで約43分。

これまで1~6の曲でCDをリリースしてきたPIANO OPERAシリーズの最新作。
今回のターゲットは、タイトル通り7~9の曲になります。

今回の曲はどれも、これまでのPIANO OPERAシリーズの曲よりもドラマティックになっているような印象を受けました。
FF7でプラットフォームがPSに移行されたことによって、1曲あたりの演奏時間が長くなったことで、原曲がそもそもドラマティックだからかもしれませんが。
でも、思っていた以上に、どの曲も聴き応えがありました。
演奏にしっとりして力強い重みがあって、耳と心へのインパクトが強いです。
演奏もアレンジも、とても素晴らしかったです。
あぁ、生演奏で聴きたかった・・・。
# 発売記念の演奏会のチケット、機会がある度に何度も申し込んだけど、トコトン落とされまくりました。。。orz

7~9はいずれも以前にPiano Collectionsが発売されていて、それと今回の収録曲で原曲が被ってる曲がいくつかありますが、アレンジが被ってることは多分ありません。
どれも、今回新たにアレンジされています。

今回の収録曲ですが、有名曲はあえて外されているそうで、FF7の「片翼の天使」や「エアリスのテーマ」、FF9の「いつか帰るところ」など、ゲームは知らないけれど曲は知ってるという人の多そうな曲が収録されていません。
聴く前はその点に関して勿体無いなぁと思っていたのですが、今回の出来が素晴らしいので、聴き終えてみたらあんまり気にならなくなりました。
これはこれで、いいんじゃないかと。聴き終えたら非常に満足したし。
もっとも、今回のクォリティで「片翼の天使」や「エアリスのテーマ」を聴いてみたい気もしないわけではないのですが。

というわけで、FF7~9の曲のピアノソロ集ということで、FF7~9の曲が好きな方にはオススメの一枚です。
ピアノソロだと思って侮るなかれ、なかなか聴き応えがあって楽しめます。

ところで、PIANO OPERAシリーズって、10以降も続くのでしょうか?
10と13は聴いてみたいけれど、10以降はコンポーザが植松さんだけじゃなくなるから、どうなるんだろう。