[GMCD] Monster Hunter 10th Anniversary Compilation 【Self-cover】 / 【Tribute】

モンスターハンターシリーズの10周年記念CD「Monster Hunter 10th Anniversary Compilation 【Self-cover】」と「Monster Hunter 10th Anniversary Compilation 【Tribute】」をまとめて聴きました。
収録曲数は、両方とも10曲ずつ。
再生時間は、「Self-cover」が45分ほどで、「Tribute」が48分ほど。

「Self-cover」は、モンハンシリーズ(スピンオフ含む)の歴代コンポーザが、自身の曲をアレンジした曲を収録。
「Tribute」は、これまでモンハンシリーズと関わったことのないコンポーザがアレンジした曲が収録されています。
参加されている方々の顔ぶれは、なるけみちこさんや菊田裕樹さん、山根ミチルさん、桜庭統さん、伊藤賢治さん、土屋昇平さん、古代祐三さんなど、かなり豪華です。
さすがは10周年記念の名を冠しているだけのことはあります。

まずは「Self-cover」の方について。
原曲が全体的にオーケストラ色の強い楽曲でしたが、本作はロック調が強めな印象です。
ゲームの特性を考えると、無難にアレンジするならそういう方向性で行くだろうな、という感じ。
違和感はあまりありません。

そんな中で、他とは方向性のずれたアレンジだったのが「生命ある者へ」と「目覚め」、「英雄の証」だったかな。
個人的に好みだった曲は、「生命ある者へ」、「ポッケ村のテーマ」、「目覚め」でした。

次に、「Tribute」について。
どの曲も、コンポーザの方々の個性が強く出ているアレンジでした。
なるけみちこさんのアレンジされた「旅立ちの風」はまさになるけ節でしたし、イトケンさんのアレンジされた「牙を剥く轟竜/ティガレックス」も後半はイトケン節だし。
桜庭統さんの「迎え撃つ大銅鑼」も、古代祐三さんの「英雄の証」も、最初に聴いた時点で「あぁ、なるほど」とすとんと腑に落ちた感じがしました。

コンポーザの方々がモンハンの枠に囚われていないためか、「Self-cover」よりも「Tribute」の方がいろんな曲調を楽しめます。
コンポーザによって曲の色ってこんなにも変わるんだなぁ、としみじみ実感させられました。

「Self-cover」も「Tribute」もどちらも、個人的には原曲が一番だと感じましたが、原曲とは一味以上に違ったアレンジばかりだったので、これはこれで楽しめました。
とはいえ、アレンジが強めだし、1枚3,000円とそこそこのお値段なので、人を選ぶアルバムだと思います。
購入前にe-CAPCOMで試聴音源聴いてから判断した方がいいかも。

これより下の追記には、印象に残った曲ごとの感想になります。

[GMCD] シェルノサージュ オリジナルサウンドトラック ~音と世界の受信記録 Sec. 2~

PS Vitaのゲーム「シェルノサージュ」の2枚目のOST「シェルノサージュ オリジナルサウンドトラック ~音と世界の受信記録 Sec. 2~」をゲット。
CD2枚組みで、全36曲収録。
そのうちの12曲はボーナストラックだそうです。
再生時間は、トータルで84分ほどになります。

シェルノサージュは、OFFLINE版を現在進行形でプレイ中です。
試練編第二幕をちまちま進めています。

1枚目が発売されていから随分時間が経ちましたが、ようやく2枚目が発売されました。
Genometric Concertも含めて、たぶん、これで全曲揃ったのではないかと。
全部揃うまで、長かったなぁ。

本作のコンポーザは、志方あきこさんの他多数。
前作のSec.1が志方さんだけだったことを考えると、今回は賑やかというか華やかというか。

曲調は、民族音楽調だったり、オケっぽかったり、時々デジタル色強めだったりロックっぽかったり、そんな感じ。
BGMに徹しているためか、全体的に大人しいという印象が残りました。
突出してインパクトの強い曲はほとんどありません。

ただ、悪くないです。
いろんな曲調の曲が詰め込まれていますが、そのどれもが小粒なりとも色彩があって、聴いていて楽しい良曲が多いです。
作業しながら聴いていて、ふと「あ、この曲いいな」と思わされることがしばしば。
聴いていて不快に感じた曲はなかったし、メロディやハーモニーの好きな曲が結構ありました。
Sec.1よりも聴いていて楽しかったです。

個人的には、おそらくボーナストラックと思われるDisc.2に好きな曲が多かったです。
Disc.2のコンポーザは阿部隆太さんと浅野隼人さんなのですが、お二方のどちらの曲もすごく良かったです。
浅野隼人さんは「Ar nosurge Genometric Concert side.紅 ~天統姫~」のインスト曲も書かれていた方で、それもすごく自分の好みの曲だったので、今後の活躍も気になります。
ガストといえば柳川和樹さんの曲も好みだし、ガストの曲の方向性が自分の好みと一致してて、物欲センサー刺激されまくりで嬉しい悲鳴が出まくりです。
ふ、懐が・・・・・・でも、曲が聴きたい・・・・・・うがー。

Disc.1の志方さんの曲も、全体的に好きでした。
曲によって色合いは様々なのに、どこか一貫性が感じられるという不思議さ。
そのためか、全体ループで聴いていて飽きませんでした。
特に「天涯星夜」が好きです。背後で薄く聴こえるコーラスがたまりませんでした。

思っていた以上に楽しめたOSTでした。
「アルノサージュ」や「アルトネリコ」シリーズなどのOSTの雰囲気に似ているので、そちらが好きな方にはオススメです。

[GMCD] Ciel nosurge Genometric Concert Vol. 3 ~帝賜の詩~

PS Vitaのコミュニケーションゲーム(ていうのかな?)「シェルノサージュ」のボーカル曲を収録したミニアルバム「Ciel nosurge Genometric Concert Vol. 3 ~帝賜の詩~」を鑑賞。
全4曲入りで、再生時間はトータルで20分弱。

ちなみに、「シェルノサージュ」のゲームは「OFFLINE」版を現在プレイ中。
ようやくキャスとプラムが出てきたところまでしか進んでいません。
とはいえ、「アルノサージュ」はPS3版クリア済みなので、「シェルノサージュ」のストーリーもなんとなく知っています。

昨年8月に発売されたVol.2から1年以上が経過して、ようやく発売されたシェルノサージュのボーカルCD「Genometric Concert」シリーズの第三弾。
たぶん、これが「Genometric Concert」の最後の作品だと思います。

前2作に比べると、収録曲4曲とも自分にはハマりました。
すごく良かったです。
1年以上待ちぼうけをくらっていたことをあっさり忘れさせてくれたほど、良かったです。
いずれもシェルノサージュ終盤で流れる挿入歌と思われますが、クライマックスに相応しい壮大な曲ばかりでした。
1曲だけ軽やかな曲でしたが、それも含めて全曲好きです。

あまりに良かったので、Vol.1、Vol.2と通して聴きたくなったほど。
たぶん、このエントリ投下後に聴いてると思います。

全4曲のうち、軽やかなワルツ1曲、民族音楽調3曲。
曲の展開に予測困難なクセが若干あるけれど、Vol.1や2に比べると聴きやすいしハマりやすいと思います。

歌詞は相変わらず何言ってるのかわからない部分があります。
歌詞を見ても、今どこを歌っているのかわからないことがしばしば。
まぁ、アルトネリコから続くあるあるネタなので、もはやあまり気になりませんが。
歌詞はわからなくてもあまり問題なかったですが、当然知っていた方がより楽しめます。

サージュコンチェルトやアルトネリコシリーズのボーカル曲が好きな方にはもちろん、民族音楽調の曲が好きな方にも、すこぶるオススメのCDです。
収録曲数が少ないですが、聴き応えはたっぷりでした。


これより下は、曲ごとの感想になります。

[ゲームRev] 真 流行り神

PS3/PS Vitaのノベル系ADV「真 流行り神」の全シナリオ(隠しシナリオ含む)を一通りクリアしました。
全シナリオクリア時点のプレイ時間は20時間ほど。
音楽とイメージは100%取得、EDは30%ぐらい、Sランクは1シナリオでしか取得していません。
ちなみに、プレイしたのはPS Vita版です。

流行り神シリーズは、1~3プレイ済みです。
PS2、PSP版をプレイして、かつDS版までプレイして、既読率を全て99~100%にする程度には、好きな作品です。

シリーズ最新作となる本作は、「都市伝説」になぞらえたシナリオや一部システムこそシリーズ作品のものを踏襲していますが、登場人物も舞台もガラリと変えてきています。
新規シナリオの発生条件も異なっていて、これまでの章立て編成は廃止されました。
最初のシナリオを最後まで読むと、途中の選択肢に新たな選択が出現して、別シナリオに派生するという、「かまいたちの夜」方式が採用されています。

そのためか、序盤と分岐後のシナリオの整合性にムリが発生していたような気もします。
最初の事件がこじつけ感満載だったり、登場人物の性格がなんか違っていたり。

シナリオ分岐を探すこと自体は、分岐フローをよく見ればヒントがあるので、あまり困ることはありません。
何度も同じシナリオを読まずとも、総当りしなくても、分岐線の角度を見ればピンポイントで探り当てることができます。
ちょっと面倒な分岐は、1つだけでした。

また、「科学ルート」と「オカルトルート」という、1つのシナリオを2つの側面から見られる仕組みもなくなっていました。
この仕組みが結構好きだったので、ちょっと残念でした。

今回の舞台は、S県警C村分署という田舎の小さな警察署の窓際部署「特殊警ら課」(通称特ラ課)。
主人公は、そこに所属する若手の女性刑事・北條紗希。
過去シリーズ作品の主人公だった風海同様、正義感の強い不憫キャラでした。

ただ、プレイしていてつくづく感じたのは、「風海・小暮コンビは性格的なバランスがすごく良かったんだなぁ」と、「癒し系ヒロインが欲しい」でした。
本作主人公の北條の、強気でどんな悪にも立ち向かう、窮地でも最後まで諦めない姿勢は、ヒロインというよりはヒーロー的。
ただ、正義感が強過ぎて突っ走った挙句に解りやすい罠にハマるという展開が多く、ストッパー兼ツッコミ役が不在でプレイヤーがツッコミ役にならざるを得なくて、なんだか疲れました。

ちなみに、過去シリーズ作品に癒し系ヒロインなんていたっけ? と首を傾げるかもしれませんが、小暮さんのことです(きっぱり
見た目はともかく、あの性格と存在は癒されます。

シナリオは、前半に出現するものがかなりグロかったです。
自分はあまり怖さは感じなかったのですが、ひたすらグロくて気持ち悪かったです。
流血シーンどころか残虐シーン満載でした。
CERO Z指定は伊達じゃなかったです。
最初からCERO Z判定覚悟のシナリオになっています。

一方で、後半で出現するシナリオはそれほどでもなく。
後半のシナリオは比較的これまでの流行り神っぽくオカルト要素多めだったので、結構楽しめました。
ただし、芋虫・昆虫系が苦手な人は、一部シナリオに要注意。

なお、警察史編纂室メンバーの登場シーンはありませんでした。
匂わせる記述も、俺が読んだ限りではありませんでした。
匂わせるぐらいなら、ちょっとでいいから欲しかったなぁ。

システムは、これまでの「カリッジ・ポイント」、「推理ロジック」、「総合評価」、「F.O.A.Fデータベース」は継続採用。
「セルフ・クエスチョン」がなくなった代わりに、新たに「ライアーズアート」というシステムが導入されました。
端的に言えば、時間制限ありの選択肢の連続です。
この時間制限がクセモノで、選択肢の文言にざっと目を通すだけで大分時間を取られるので、悩むような余裕はありません。
とっさの判断が必要になります。

プレイしていて、この「ライアーズアート」がすごく苦手でした。
何度やっても良い方向に行かなくて、苦労させられたこともしばしば。
制限時間で焦らされて冷静でいられなくなるから、なおのこと上手くいかなかったのかも。

新たな装いで登場した「真 流行り神」でしたが、過去シリーズ作品がすごく好きなだけに、残念なポイントがちょっと目立った作品でした。
CERO Zなので18歳未満プレイ禁止ですが、その分かなりおどろおどろしい作品になっているので、背筋が寒くなるような感覚が好きな方ならイケるかも?

というか、「真 流行り神」プレイしたら、「流行り神」の1~3をプレイしたくなって仕方ないのですが。
UMDパスポートで買っちゃおうかな。

[GMEV] FCB12th LIVE in KAWASAKI KYOUBUN

本日10/5に開催されたファミコンバンド(FCB)の第12回演奏会に行ってきました。
会場は、川崎市教育文化会館。
15:00開演で、19:00頃終演しました。
途中2回の15分休憩があったとはいえ、さすがに4時間は長い。
長くて足と腰が痛くなったけれど、それと引換にしても悔いはないくらい、十分に楽しかったです。

ちなみに、チケットは17:25頃に全て配布されたとのこと。
台風近付いていて足元が超悪いにもかかわらずの快挙、すごいです。

FCBの演奏会は、前々回の第10回公演には行ったことがあります。
その時も演奏時間が長いなと思いつつも、存分に楽しめた記憶があります。

FCBの演奏形態は、
  1面:吹奏楽+ちょこちょこ演出
  2面:バンド+盛大に演出
  3面:吹奏楽で直球勝負
という三段構え。
演出はゲームの1シーンを小道具(衣装含む)と人力で再現するというもので、知っていればすこぶる楽しめる、知らなくてもなんとなく楽しめるという、目でも耳でも楽しめるものです。

演出は、すごく凝っていました。
大掛かりなものもあれば、ちょこっとしたものもあったり、演出の規模は曲によって様々でしたが、どれも熱意の強いものでした。
全力でバカなことをやっている姿から本当に好きでたまらないという熱い想いが感じられて、すごく面白かったです。

とはいえ、俺自身あまりファミコン時代のゲームは知らないので、曲や演出の全てがわかったわけではありません。
それどころか、半分も元ネタがわかりませんでした。
それでも、雰囲気だけでも十分に楽しむことができました。
舞台上と客席の一体感が凄まじく、雰囲気に飲まれてしまう感じです。

それだけの凝った演出なのに、演奏も半端ではなく、どの曲も高い演奏技術力を感じさせられました。
どこのアマチュアの吹奏楽団よりもレベルが高いんじゃないかと。
ハーモニーは綺麗だし、出だしが崩れることはないし、音が外れることもほとんどなかったし。
落ち着いた曲はMOTHERとサガ2にあったくらいでしたが、金管楽器の苦手な弱い音でも安定していて、綺麗な和音でした。
また、ピロピロしたフレーズも、見事に演奏しきっていました。

本当に、演出と演奏の練習時間をどうやって確保しているのか、不思議でたまりません。
それくらい、完成度が高かったです。

欲を言えば、もう少しボリュームの大小にメリハリが欲しいところ。
音色のバランスを重視されているためか、演出に体力を取られているためか、最大出力で欲しいフレーズのボリュームが若干抑え目に感じられて、少し物足りなくもありました。

今回で、川崎市教育文化会館での演奏会は最後・・・・・と、中の人たちはそのつもりだったらしいのですが、ホール側の都合により、ひょっとしたら次回13thも同じところで開催されるかもしれないとのこと。
次回第13回も、もし都合が付けば、かつ聴きたい曲があれば、ぜひ足を運んでみたいです。


これより下の追記は、セットリストと曲ごとの感想になります。

[GMEV] THE LEGEND OF RPG COLLECTION 第三章 伝説の剣とリズム

ゲーム音楽プロオーケストラ「JAGMO」の金管アンサンブルコンサート「THE LEGEND OF RPG COLLECTION 第三章 伝説の剣とリズム」の昼の部に行ってきました。
会場は、新宿の明治安田生命ホール。
13:00より10分ほど遅れて開演、15:00ちょっと前に終演しました。

第一章で木管アンサンブル、第二章で弦楽アンサンブルと続いてきた「THE LEGEND OF RPG COLLECTION」シリーズ。
今回の編成は、金管とパーカッション、ドラム、電子ベースのリズム隊がメイン。
曲によってはそこにサックス、ピアノが追加、という編成でした。

ちなみに、このシリーズ、自分はこれまで第二章のみ鑑賞しています。
第一章は別件と被って行けませんでした。

演奏曲目は、過去のコンサートと出典ゲームはダダ被りでも、曲は異なる感じです。
第一章や第二章でも演奏された曲があるにはあるけれど、ごく一部です。
詳細は、追記のセットリストをご覧ください。

今回のコンサートは金管アンサンブルということで、バトル曲のような攻撃的で派手な曲と演奏が目白押しという印象でした。
肌に感じる音の圧力が、ほぼずっと強かったです。
ゆったりした曲はロマサガ3の「ポドールイ」とFF10の「いつか終わる夢」ぐらいではなかったかと。

そのためか、演奏時間のわりには、終演後の疲労感が強かったです。
あまり一息つける曲がなかったからだと思うのですが。

演奏は、さすがプロオケだけあって、各演奏者の息はピッタリでした。
音の出だしのタイミングがキレイに揃っていて、技術力の高さを感じさせられました。

ただ、音色の表情は全体通してあまり変わらず、わりと終始のっぺりした感じ。
曲ごとに色を変えて欲しかったなぁと思いました。
金管楽器だから仕方ないのでしょうか。

それと、結構目立つ音外れがちらほら。
プロオケなので、そこはきっちり音を出して欲しかったです。

そんな印象の中、トロンボーンはすこぶる格好良かったです。
演奏されたお二方どちらも。
特に、ここぞというときのポルタメントがたまりませんでした。

個人的には、前回の弦楽アンサンブルより印象の薄い演奏会でした。
弦楽器の音色の方が自分の好みというのも影響しているかもしれませんが、なんかこう、惜しい感じがしました。
とはいえ、相対的に見てそう感じただけで、楽しかったことには違いありません。


これより下の追記は、セットリストと曲ごとの感想になります。