[GMEV] オニオン弦楽合奏団 第三回演奏会

ゲーム音楽専門の弦楽合奏団「オニオン弦楽合奏団」の第三回演奏会に行ってきました。
会場は、江戸川区の小松川さくらホール。
17:00開演で、19:00頃に終了しました。

今回の演奏会で演奏された曲は、オールFF6。
FF6に登場するPTキャラクターに焦点を当てて、そのキャラクターたちのテーマ曲と関連曲をメドレー形式で演奏する、という形でした。

演奏形態は、楽団名の通り弦楽器+ピアノのみ。
総勢30名弱による、弦楽アンサンブルでした。

アンサンブルといってもあっさりしたものでは全くなく、むしろがっつりした演奏会でした。
管楽器がないのに、加えて本編では戦闘曲が一曲もなかったのに、迫力がすごかったです。
あの迫力は一体何なんだろう。
曲の良さに加えて、演奏者と編曲者の愛情がこれでもかと迸った結果でしょうか。

最初から最後まで丁寧に演奏されていて、ハーモニーがとてもキレイでした。
しかも、一音一音が色鮮やか。
演奏を聴きながら、容易にゲームのことを思い出せて、懐かしさにしみじみしました。
プロオケと比べると若干拙いところがないわけではなかったのですが、そんなものは些細な問題で、演奏技術力も表現力も豊かで本当に満足しました。

アレンジは、かなり強めです。
原曲主義の方にはちょっと受け入れ難いかもしれないくらい、アレンジが強かったです。
例えるなら、FF6のアレンジアルバム「Grand Finale」並み。
なので、編曲については賛否両論あるかもしれません。

俺は編曲どんとこい派なので、全く問題ありませんでした。
むしろ、曲を聴きながら編曲者の意図を考えることを楽しんでいました。
そういうのも、結構楽しかったです。

今回の演奏会は、弦楽アンサンブルというシンプルな構成ながら、FF6の世界観を独自解釈で重厚かつ鮮やかに描いて魅せた、非常に満足度の高いものでした。
次回演奏会は2015年11月29日と決まっているそうなので、曲目次第ではまた足を運んでみたいです。

その前に、同じプロジェクトの別楽団「シュデンゲン室内管弦楽団」の第三回演奏会(今年の12月に開催される方ではなく、2015年4月開催予定の方)の曲目が告知されていて、すごく行きたいです。
「魔界塔士SaGa」と「SaGa2 秘宝伝説」とか、なんて俺得!


これより下の追記に、セットリストと印象に残った曲ごとの雑感を記します。

[ゲームRev] テイルズ オブ ザ ワールド レーヴ ユナイティア

3DSのS・RPG「テイルズ オブ ザ ワールド レーヴ ユナイティア」を、テルン編・ナハト編両方クリアしました。
クリア時間は、テルン編クリア時点で25時間ぐらい。
その後引き続きナハト編をプレイして、両方クリアした時点で35時間ぐらいでした。
自分はLvを上げて物理で叩く戦法を取っていたので、そこそこ時間がかかりましたが、S・RPGにこなれている人がちゃんと戦略立ててプレイすれば、多分もっと短時間でクリアできると思います。
ちなみに、クリア時点の戦闘PTメンバーのLvは、テルン編が50前後、ナハト編が45前後ぐらいでした。

タイトルに「テイルズ オブ ザ ワールド」と名前がある通り、これまでのTOWと同様、これまでの「テイルズ オブ」シリーズ作品(P~X2)に登場したキャラクターが一堂に会して冒険するゲームです。
そのため、これまでの「テイルズ オブ」シリーズファン向けのゲームになっています。
というか、ファン以外にはあまりオススメできないです。
メンバー内の会話(特に好感度アップ時の会話)に、元作品の小ネタが結構散りばめられているので、元ネタを知らないとちょっと置いてけぼりくらいそうな気がします。

これまでのTOWと大きく異なる点は、戦闘システムでしょうか。
シリーズお馴染みのアクションではなく、完全にシミュレーションバトルになっています。
シミュレーションバトル自体は、いたって一般的なシミュレーションバトルです。
いくつかS・RPGをプレイしたことのある方だったら、あまり戸惑うことはないんじゃないかと。

ストーリーは、まぁ、真っ直ぐです。
最初は仲間集めから始まって、次第に強大な敵が見えてきて、みんなでやっつけるぞー!おー! っていうノリです。
捻られたところはなかったです。

そもそもファンアイテム的なゲームなので、メインシナリオよりも、好きなキャラクターを操ることや、好感度上げたときの会話を楽しむところの方に比重がかかったいるのかも。
自分も、そっちの方で楽しんでいたクチでした。

テルン編ではExマップという、メインシナリオから外れたマップがいくつか登場するのですが、Exマップで仲間になったメンバーはメインシナリオ上かなり空気です。
登場頻度がメインシナリオで仲間になったキャラクターよりもかなり低く、ただの賑やかし程度にしか出てこないです。
ぶっちゃけ、TOVのレイヴン目当てで買ったのに、ほとんどシナリオに絡んでこなくてしょんぼりしてました。
とはいえ、登場時にファン的にオイシイ台詞はいただけたので、その瞬間は非常に満足しましたが。
あと、ジェイドがかなり良い立ち位置だったので、そこも満足しました。

そんなわけで、思い入れのあるキャラクターの扱われ方次第で、ゲームの評価が荒れそうな気もします。
こういうゲームの制作は、その辺のさじ加減が難しそうだなぁ。

そんな感じのゲームだったのですが、地味に力はいっているなぁ、と思ったのは、音楽でした。
過去作品のバトル曲のアレンジも多々あったのですが、それ以外の新規追加曲と思われる曲も結構良くて。
ラスト付近のバトル曲がすこぶる良かったです。
あれ、過去作品曲のアレンジじゃないよなぁ。

良くも悪くもファンアイテムなので、これまでの「テイルズ オブ」シリーズで好きな作品がある、もしくは好きなキャラクターが登場している、というのであれば、プレイするのもいいかもしれません。
全くの一見さんには向いていないので、そこは要注意です。

[GMCD] X'mas Collections music from BRAVELY DEFAULT

3DSのRPG「ブレイブリーデフォルト」のアレンジアルバム「X'mas Collections music from BRAVELY DEFAULT」を一通り聴きました。
収録曲数は13曲。
再生時間は、トータルで53分強です。

全曲クリスマス風アレンジということで、どの曲も大体しっとりした曲調になっています。
ピアノやベル、鈴など、いかにもクリスマスな高音域の音色の使用率高めです。
原曲のようなカッコいいシンフォニックロック色はほとんどないので、そちらを求めている方は要注意かと。

アレンジャーさんは、曲によって異なります。
ただ、参加メンバーの中に古代祐三さんや桜庭統さんも含まれていて、そこは驚きポイントでした。
何気に豪華だな、アレンジャーの方々。

曲の良し悪しは曲と自分の好み次第で、結構バラバラな感じ。
激しい曲よりしっとりした曲の方が好みな自分にとっては、中にはあまり好みじゃないアレンジもありましたが、大体悪くない印象です。

このアルバムの中では一番好きな曲は、原曲も好きな「不死の国」でした。
というか、選曲もアレンジも、良い意味かついろんな意味でズルいです。
「不死の国」+クリスマス風は、勝てません。

次点で、桜庭さんの「光と影の地平」と、古代さんの「虚ろな月の下で」。
どちらもグッとくるアレンジでした。特に後半。
あと、高梨康治さんの「風が吹いた日」も好きです。
中盤のオーケストレーションがかなりツボでした。

まぁでも、正直なところ、どの曲も原曲の方が好きです。

そういえば、アレンジャーにクリスマス風にしやすい曲が好まれたためか、原曲が結構被っています。
原曲は同じだけどアレンジが異なる、というのが結構あります。
曲のタイトルを見てみると、評価の高い戦闘曲が軒並み外されているので、そもそもアレンジしやすい大人しい原曲が選ばれたんじゃないかと思わされます。
本アルバムに含まれている戦闘曲は、唯一「雛鳥」ぐらいでしょうか。
被ってるなら被ってるでアレンジの比較ができるので、それはそれで興味深いのですが、もうちょっと挑戦して欲しかったとも思います。
せめて、原曲が被らないように調整して欲しかったです。

突出してインパクトのある曲はありませんでしたが、クリスマス風アレンジと言うことで、冬の風情を出すためのBGMにはいい感じです。
全体的にしっとりしているので、読書用とか作業用のBGMにちょうど良いかと。

[GMCD] エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー オリジナルサウンドトラック

「ACE COMBAT 5 The Unsung War」のOSTを、iTunesで購入。
iTunes配信版の曲数は、全部で91曲。
再生時間は4時間長。
ちなみにiTunes配信版は、CD版より1曲少ないようです。
Amazonの商品紹介で照らし合わせてみたのですが、最後の1曲がiTunesに入っていません。
これ、CD版だけのボーナストラックかな。

購入のキッカケは、9月末のGame Symphony Japan 第二回演奏会でした。
そこで演奏された「The Unsung War」があまりにも素晴らしくて、感動して、いつかOST買うぞ! と決意。
それから1ヶ月ほどして、積みCDを一通り聴き終えて、念願のOSTを買う絶好の機会が到来したのですが、ちょうど私事都合によるひどい金欠状態とマッチング。
5日ほど迷いましたが、どうしてもGSJ2ndでの感動に我慢できなくて、OST購入を決めました。

iTunes版なのは、CD版より安かったからと、iTunes版にない曲をAmazonで試聴したところ自分の好みな感じじゃなかったからです。
あと、最近ゲーム音楽CDを収納している棚の空きスペースが無くなってきたので、なるべくデジタル配信版に切り替えていきたいっていう事情も。

全体的な曲調は、オーケストラ。
個性の強い曲はあまりないけれど、聴いているとジワジワと心に染み込んできます。
理性で抑えられているのに、少しずつ感情に訴えかけられてくる感じ。
曲の展開が飛び抜けてドラマティックというわけではないのだけど、聴き終わった後は余韻がなかなか離れません。
聴き込めば聴き込むほど、ハマるOSTでした。

曲の性質から、作業用BGMにちょうど良いかも。
耳当たりが良いので邪魔にならず、作業が捗りそう。

一番好きな曲は、GSJ2ndで生演奏も聴いた「The Unsung War」。
静かな和音から始まって、低音と男性コーラスの重い響きに続き、そこに女性コーラスや他楽器音が少しずつ重なっていき、サビで盛大に爆発する展開が、すごく興奮します。
力強くも哀愁の漂うメロディラインも胸にぐっときます。
このメロディラインを使った曲は他にもあったけれど、それらも含めて好きです。

それにしても、こんなに壮大な曲、ゲーム中ではどこで使われているんだろう。
ゲーム未プレイだし、STGは馴染みがないから、皆目見当が付きません。
この曲が流れるシーンだけ見てみたいなぁ。

そんなわけで、「ACE COMBAT 5」はシンフォニックな曲が好みな方にはオススメの作品でした。
ゲームを知らなくても、結構聴けると思います。