[GMCD] Tales of Zestiria ORIGINAL SOUNDTRACK

PS3のRPG「テイルズ オブ ゼスティリア」のOSTの初回限定版をゲット。
CD4枚組みで、収録曲数は全109曲。
再生時間は、トータルで約5時間弱。

ちなみに、ゲームはまだ未プレイです。
発売前の情報を見てもあまりピンと来なかったし、発売後は巷の評判が大炎上していたので、とりあえずお手ごろ価格に値下がりした頃を狙ってプレイしようかと画策中です。

ただ、ゲームの評判は散々ですが、OSTの評判はかなり良くて、OST発売日以降からずっと気になっていました。
そんなところで、ふと立ち寄ったCDショップで初回限定版を見つけてしまい、耐え切れなくなって購入。

今回、コンポーザはいつもの桜庭統さんの他に、椎名豪さんも参加。
比率的には、桜庭さんが3/4を担当、残りの1/4が椎名さんの曲です。
というか、ディスク1, 2, 4がまるごと桜庭さんの曲、ディスク3がまるごと椎名さんの曲という構成でした。

桜庭さんの曲は、いつものテイルズ オブシリーズっぽさ全開でした。
これまでいくつかテイルズ オブシリーズのOSTを聴いてきましたが、TOA以降のテイルズ オブシリーズの曲の雰囲気に非常によく似ています。
おかげで、初めて聴いた瞬間に「あ、いつものテイルズだ」という妙な安心感を感じました。

楽器編成は、弦楽器が強めのオーケストラ+アクセントにバンドという感じ。
これまでのテイルズ オブシリーズのOSTよりは、電子音が少なめでオケっぽさが強い印象です。
これまでの場合、前半はバンドっぽい威勢の良い音で前向きな明るい曲調、後半はオーケストラ(主に弦楽器)主体の重厚な音色の曲が多かったように思います。
が、今回のTOZのOSTでは、最初からこれまでの後半のような曲調でした。
もともとこれまでのテイルズ オブシリーズのOSTでは前半よりも後半の曲の方が好みだったので、個人的には最初からクライマックスな気分でした。

椎名さんの曲は、テイルズ オブシリーズらしさという点からは少し外れるけれど、すこぶる良曲揃いでした。
良曲揃いだったTOLを担当された経歴があり、テイルズ オブシリーズの派生作品で「あ、これいいな」というと大体椎名さんの曲だったこともあって、今回も期待して聴いたのですが、どれも本当に期待通りの良曲でした。
どの曲もドラマティックで壮大で、すさまじく聴き応えがあります。
正直なところ、椎名さんの曲のためにこのOST買っても損はないぐらい、ディスク3が神がかってます。

ディスク3には「Rising Up」と「Journey's End」というボーカル曲が2曲収録されているのですが、どちらも一発で気に入りました。
「Rising Up」は勇ましくて力強く、すごく気分が乗りやすい曲です。
気が付くと、リズムに合わせて体が動くような、そんな曲です。
もう一方の「Journey's End」は11分もある大曲なのですが、その長さが苦にならないぐらい聴き入ることができます。
緩急の展開が絶妙で、終盤はカタルシスすら感じるぐらい。
これら挿入歌がゲーム中でどんな風に使われているのかを知りたいという理由で、ゲーム自体が気になったぐらいに、好きな曲です。
まぁ、曲のタイトルからなんとなーく予想は付くのですが。

あと印象的だったのは、「ねこにん道」。
メロディラインは同じだけど曲調がころころと変わっていく面白かわいい曲で、聴いていて非常に楽しい気分にさせられます。
ねこにんの分際でこの全力投球っぷりはなんなんだ! という疑問が頭の片隅に沸いてくるぐらい、面白い良曲です。

桜庭さんの曲の中では、「スレイのテーマ ~導師~」が印象的でした。
ゲーム未プレイなのでどこで使用されている曲かわかりませんが、なんとなくフィールド曲っぽい感じ。
いかにも冒険!!って感じの、広がりのある壮大な曲です。

今回のTOZのOSTは、歴代のテイルズ オブシリーズのOSTの中でも1, 2位を争うぐらい、良曲揃いのOSTだったと思います。
テイルズ オブシリーズのBGMが好きな方には、まず間違いなくオススメです。TOZは未プレイでも、OSTはオススメです。
また、椎名さんの曲が好きな方も、一聴の価値があると思います。

[ゲームRev] FINAL FANTASY XIII-2

PS3のRPG「FINAL FANTASY XIII-2」を今さらながらクリア。
クリアまでのプレイ時間は約35時間でした。
プレイした手ごたえからすると、ストーリーを追うだけならばこれより5~10時間は短くなり、やり込み要素をがっつりやるならこの倍以上の時間がかかると思います。

FF13は一応クリア済みでしたが、ストーリーはほとんど記憶に残っていなかったし、そもそもほぼ理解できませんでした。
ファルシのルシがコクーンでパージされてなんとかかんとかっていうことしか記憶になく、そもそもファルシとかルシとかパージとかってなんだっけ? という状態。
それでもFF13-2をプレイしようと思ったのは、発売当時の評判がそこそこ良くて気になっていたからと、中古ショップで980円と安かったから。

発売当時、評判がそこそこ良かった理由は、プレイしてみてなんとなく解りました。
メインストーリーは短めだけどやり込み要素がかなり多い、というシステム面での良さもあるのですが、FF13が好きな人との親和性が高そうな作品で、そもそもFF13の続編だからFF13好きしかプレイしていないから評判高かったんじゃないか? という意味で。
FF13は好きでも嫌いでもないという自分にとっては、良かった点もありましたが、不満点も結構ありました。

まずはストーリー。
FF13のセーブデータがあったからなのかもしれませんが、FF13の最初から最後までのストーリー概要(ネタバレ多数)があったのは助かりました。
その概要でようやく、「あ、FF13ってそういう話だったのか!」と手を打って納得しました。
それくらい全然理解していなかったので、その概要はたいへんありがたかったです。

FF13-2本編のシナリオですが、FF13よりは全体の流れが理解しやすかったです。FF13よりは。
本編ストーリーが短めで、一つ一つのイベントはFF13ほど長くなく、比較的理解しやすいテンポで流れていった感じでした。
とはいえ、あくまでFF13との比較の問題なので、1本のゲームとして見ると、ちょこちょこと唐突なアイテムや展開が現れることがしばしば。
それらを頭の中で整理しつつ想像力で補完する前にイベントが自動的に流れていってしまうことがよくあり、結局「どうしてそうなった?」と混乱することがやっぱりありました。
それでもFF13よりは要点を追えたので、FF13よりは改善されていた思います。

ただ、FF13から無理矢理続きを作った感がそこかしこに感じられて、その点については若干首を捻らざるを得ないところ。
そこまで無理矢理押し込むくらいなら、FF13で終わらせておいても良かったんじゃないか? という思考が、プレイ中何度か頭を過ぎりました。

ちなみに、FF13-2はFF13の直系の続編なので、FF13プレイ済み前提で、FF13のネタバレが多数含まれています。
とはいえ、FF13をまっさらな状態から直球で楽しみたいという人でないなら、FF13のストーリーは概要で済ませて、FF13-2からプレイするのもアリかもしれないです。
だって、FF13を真面目にプレイしたのに、ストーリーほとんど理解できなかったし。。。

マルチエンディング形式らしいですが、1周目は必ず同じエンディングに辿り着くようで、それを見る限りでは、完全に続編ありきな終わり方をします。
素晴らしく潔くあからさまに「続編ありますっ!」という終わり方をするので、下手に匂わせられるよりは逆にすっきりさせられて、消化不良感は少なかったです。
ま、実際、続編(LR-FF13)が出ましたし。

システムについてですが、やり込み要素がFF13以上に多いです。
FF13も途中から一気にやり込み要素が増えるのですが、FF13-2は序盤からやり込み要素があります。
ロールによる戦略性はFF13と変わりませんが、そこにアイテム収集とマルチエンディング、モンスターのカスタマイズなどが加わって、さらにアップ。
全アイテムゲットに奔走するも良し、PTメンバーとモンスターを組んで最強もしくは低Lvクリアを目指すも良し、といった感じで、やり込み好きな人の心をくすぐる要素が満載でした。

でも、俺、コレクター魂もないし、最強を目指す気もさらさらなかったので、中途半端にしかやっていません。
ストーリー(と音楽)で楽しめれば満足、っていうタイプなので。
ラスボス戦はEASYモードでクリアしたぐらいの、残念ヘタレゲーマーです。

なお、完全にやり込みコンプするには、周回プレイが必須のようです。
攻略サイトによると、2周目以降で入手可能なアイテムや、倒せるようになる強敵が出てくるらしいです。

バトルシステムは、FF13をほぼそのまま継承。
各戦闘メンバーにロール(役割)を設定して、実際の行動はAI任せ。
一応、プレイヤーで行動まで設定することもできたのですが、ほとんど使いませんでした。
プレイ開始直後ぐらいにちょっと試してみたのですが、バトルのスピード感があり過ぎて、手入力だとそのスピード感についていけず、モタモタしている間に敵に連続でボコられて被ダメージが半端なかったので、「あ、手入力ムリだ・・・」と悟りました。

ただ、AIが若干バカなので、そこはストレスの元になることがしばしば。
細かい敵が多数出現して、強力な範囲攻撃で一掃して欲しいところなのに、単体攻撃でちまちま攻撃してくれたりとか。
あと、プレイヤーの動きを操作できないもどかしさもありました。
回復役なのに勝手に敵に近付いた挙句に攻撃されて一撃死したのには、さすがにコントローラ投げつけたくなりました。

そんなわけで、試行錯誤も八つ当たりするのも面倒くさくなった中盤からは、アタッカー+ブラスター+ヒーラーの編成で、ひたすら○ボタン連打でラスボス戦まで通しました。
それで大体解決したから、まぁいっか。

戦闘といえば、場所によってはエンカウント率が異常に高いところがあったのは、さすがにイラッとしました。
2, 3歩歩いただけでエンカウント、というのが立て続けに起きたときには、いつの時代のゲームだよっ!と心の中のちゃぶ台ひっくり返してました。
フィールド移動中にランダムに敵のシンボルが出現し、それを避けて距離を取れば戦闘回避できるのですが、狭い通路にデカイ敵が出現したらどうしようもないじゃん! という絶望感もあちこちで遭遇。
FF13は確か完全シンボルエンカウント式で、戦闘回避も比較的簡単だったような気がするんだけどなぁ・・・なんだろうこの納得いかない感。

もっとも、そのおかげでLvはがっつり上げられたので、ラスボス戦はそれほど苦労せず倒せました。
EASYモードだったけれど。

と、不満点ばかり続いたので、良かった点にも言及します。
グラフィックと音楽は、FF13から変わらず美しかったです。

キャラクターの表情とか動きとか、かなりリアルに動きます。
イベントムービーは3DCGの映画を見ているような感じだし、フィールド移動中のキャラクターの動作はモブも含めて滑らかでした。
また、風景描写も綺麗だし、高所からの遠景は素晴らしかったです。

音楽は既にOSTで聴いていたのですが、ゲームと合わさることで相乗効果発動。
全体的にどの曲も、ゲームの邪魔はせず、でもちゃんと盛り上げてくれるドラマティック感はあって、良かったです。
OSTで聴いていたときはそれほど好きではなかった曲でも、ゲームをプレイしたら印象が変わって、良曲に感じられたものもありました。
FF13のときもそうでしたけれど、音楽はすごく良かったです。

総合すると良かった点も不満点もあるしで、平均すると「まぁ、こんなもんかな」という印象でした。
FF13が面白かった人やタイムトラベルものが好きな人、やり込み好きであれば、オススメかもしれません。

エンディングが潔く続編ありきだったので、続きのLR-FF13もほんのり気になっています。
ここまでプレイしたら、最後までプレイしておきたいという気持ちもあるので、機会と気分次第でプレイしたいと考え中です。

[GMCD] The Epic of Zektbach -Masinowa-

先日聴いた「The Epic of Zektbach -Ristaccia-」の続編「The Epic of Zektbach -Masinowa-」を、これまたつい最近ゲット。
収録曲数は、BEMANIシリーズに収録されている曲のロングバージョン(?)と新曲を含む「ゼクトバッハ叙事詩」の12曲+オーケストラとコーラスによるアレンジバージョン5曲の、計17曲。
再生時間は、トータルで約67分です。

前作Ristacciaが思いのほか面白かったので、立て続けに続編Masinowaもゲットしました。
Ristacciaを聴いた後で、Ristacciaを見つけた中古CDショップへ行ったら、以前は無かったはずのMasinowaが狙ったかのように置かれていたので、もうこれは買うしかないな、と。

本作の奏でるゼクトバッハ叙事詩の舞台は、公式サイトによると、Ristacciaのときとは異なり、東方の国マシノワとのこと。
と言っても、俺の持ってるゼクトバッハ叙事詩に関する知識はWikipediaを軽く読んだ程度のものでしかないので、そもそもマシノワってなんぞ?という状態。
そのため、本作の物語性については深く考察していないので、話の流れについては特にこれといった感想はなかったりします。すみません。
ここでは、主に曲そのもののについての感想を記します。

曲調は、多国籍風味。
和風っぽくもあり、洋風っぽくもあり、南国っぽいところもあったり、野生的であったり。
ありとあらゆるエキゾチックさを付与した結果、ものすごく多国籍風味に仕上がった感じです。
公式サイトに掲載されている「オリエンタル」という単語が、確かにしっくりきます。

前作Ristacciaが洋風ゴシック調オケテクノでしたが、本作はそれとは印象が結構異なります。
電子的な音がやや減って、生楽器音(っぽい音色)が増えている感じ。
そのため、前作のイメージで聴くと、少し違和感があるかもしれません。

オリエンタル満載な曲調のためか、前作よりも掴みどころのない不思議な印象が残りました。
前作はメリハリの効いたノリの良い曲が多かったのですが、今回は全体的に輪郭がぼやっとしていて、貧しいボキャブラリーで表すなら「不思議で神秘的な世界」というイメージ。
ノリの良さよりも、そんな雰囲気や空気感を重視したような感じがします。
そういう点では、前作よりも空気感が統一されているような気もします。

ただ、前作のような雑多であってもダイナミックでドラマティックな曲展開が個人的には好ましかったので、本作にはほんのり物足りなさを感じました。
もうちょっとガツンとしたインパクトが欲しかったです。

オケ+コーラスでアレンジされた5曲ですが、悪くはないけれど、正直原曲の方が好きでした。
特に「Turii ~Panta rhei~ トゥーリと星の民」は、志方あきこさんの力強いヴォーカルが印象的だったから、合唱だと芯が弱くて力不足というか役者不足というか。
他のアレンジ版4曲には「Turii ~Panta rhei~」ほどの不満はありませんが、とはいえ必聴というほどすごいアレンジでもなかったです。

本作も悪くはなかったのですが、若干もやっとした満足しきれない印象が残りました。
前作Ristacciaが良過ぎて期待し過ぎたためでしょうか。
でも、曲調や曲の方向性は好みのタイプなので、もし第三弾が出ることがあれば、そちらも聴いてみたいです。

[GMCD] KINGDOM HEARTS -HD1.5 & 2.5 ReMIX- オリジナル・サウンドトラック ボックス

キングダムハーツのHDリメイク版である1.5と2.5のOSTをまとめたBOX「KINGDOM HEARTS -HD1.5 & 2.5 ReMIX- オリジナル・サウンドトラック ボックス」をゲット。
収録曲数は、1.5がCD3枚組みで全86曲、2.5がCD4枚組みで全105曲。
再生時間は、1.5が約3時間、2.5が約4時間半。

Amazonで定価7,000円という数字を目にしたときに「高っ!」と驚愕しましたが、CD7枚組みというボリュームを考えたら1枚あたり約1,000円で、実はそれほど高くないと思い直して購入。
1.5と2.5の単品を1本ずつ買うよりBOXで買った方が結果的に安かったので、こっちのBOXをゲットしました。

キングダムハーツシリーズのOSTは、ベスト盤を除いて一通り購入済です。
それでも今回のReMIX版を購入しようと決意した理由は、本品の評判が良かったことと、そういえば「The Other Promise」のゲーム版音源を持ってないと気付いたからでした。
「The Other Promise」はキングダムハーツシリーズの中で一番好きな曲なのですが、初出がFINAL MIXだったため、最初に発売されたキングダムハーツ2のOSTには収録されていませんでした。
下村陽子さんのベストアルバム「drammatica」に収録されているフルオケ版や、Piano Collectionsのピアノソロ版は、耳にタコができるくらい聴き込んでいるのに、原曲知らないとかないわーと思い直した次第。

ReMIXという名前が付いている通り、既存のオリジナル版の曲とメロディラインは同じでも、音色は結構異なります。
異なるといっても雰囲気からガラッと変わっているわけではなく、オーケストラ調はそのまま継続です。
ただ、より生音に近い音色に置き換わって、音のバランスが再調整されたような感じです。
それだけと言えばそれだけなのですが、それでも聴き比べなくてもはっきりわかるぐらい、顕著に違いが出ています。
オリジナル版よりもオーケストレーションに磨きがかかって、奥深さが一層増したような、そんな印象を受けました。

特に2がかなり洗練されていたように感じました。
2のOST(オリジナル版)が発売された当初、自分はほとんど気にならなかったけれど、巷でよく「音質が悪い」と言われていましたが、こうしてReMIX版を聴いてみた今、確かに音質が悪かったんだなぁとしみじみ実感。

参考までにどれくらい異なるか知りたい場合は、公式サイトに試聴音源(オリジナル版とReMIX版)があるので、そちらで聴き比べるとはっきり分かるかと。
「The Other Promise」の凄まじい違いっぷりは、ある意味聴き比べの価値があるかと。

収録曲ですが、1.5の方はキングダムハーツ1のほぼ全曲と、Re:チェイン オブ メモリーズ、358/2 Daysから数曲ずつ。
2.5の方はキングダムハーツ2のほぼ全曲と、Birth by Sleepから数曲。
ナンバリングタイトル以外の派生作品は数曲しか入っていないので、そこは要注意です。
なんでも、本品には新規録音された曲だけ収録されているため、派生作品の方は全曲収録にはならなかったとか。
まぁ、派生作品の曲の中でかなり好きな「Vector to the Heavens」は収録されていたので、数曲しか収録されていなくても個人的には満足しました。
そんなわけで、この点に関しては、自分の好きな曲が収録されているかどうかによって評価が分かれるかもしれません。

オリジナル版より音色がかなり洗練されていて、オリジナル版を知っていてもその聴き応えには感嘆せざるを得ないOSTでした。
とはいえ、1.5と2.5両方買うと結構なお値段になるので、オリジナル版のOSTを持っている人は、一度熟考した方が良さそうです。
ナンバリングタイトルのOSTを持っていない方だったら、今買うならこっちのReMIX版の方がオススメです。
キングダムハーツの曲が大好き、特にナンバリングタイトルは最高!という方も、買う価値があるかもしれません。