[ゲームRev] ブレイブリーセカンド

3DSのRPG「ブレイブリーセカンド」(以下BSEL)をクリアしました。
第2章あたりから難易度を一番簡単なものに変更してプレイして、クリア時のプレイ時間は80時間超え。
クリア時のLvはカンストの99、JobLvは各PTキャラ半分弱ほどMAXまで到達していました。

前作「ブレイブリーデフォルト」(BDFFまたはBDFtS)の続編にあたる本作。
シナリオ的にも完全に続編なので、事前にBDFFかBDFtSをプレイしていることが推奨されます。
序盤はともかく、話が進むにつれて、前作の話がかなり絡んできます。

前作が多少の余韻を残しつつも、かなり綺麗にまとめられていたので、BSELのシナリオはプレイ前かなり不安でした。
前半はちょっと不満な要素があってなかなかゲームに集中できないことが多かったのですが、後半への転換点以降の展開は非常に面白かったです。
最終的には「前作のあの流れから、ストーリーを上手くまとめたなぁ」というのが、クリア時点での感想でした。
前作同様にプレイヤーも巻き込んだ熱い展開で、後半はひたすら先の気になる展開が続きました。
BDFtSやBSELで追加された「SP」という要素を自然に取り入れられていて、シナリオの転換点でのギミックや最後の最後でのイベントでは、見事にやられた気分。
特にラスボス戦はドキドキさせられました。色々な意味で。
あのギミック、頭ではわかっていたけれど、本当に怖かったです。
制作陣は、古くから続くRPGプレイヤーのウィークポイントをよく解ってると思いました。うん。

BDFFの最大の目玉であったシナリオ上のギミックについては、BDFFの続編となれば当然あるものと思ってプレイヤーは身構えるでしょうし、制作側もそれはわかっていたでしょう。
BSELはそこに真正面から挑戦していて、そして見事にそのハードルを上手に乗り越えていたと思います。
2番煎じのようでいて、そうではない形に昇華させて。
後半では「これもギミックの一つだったのか」と驚かされることが多かったです。
タイトル画面も含めて、シナリオ上無駄なものがほとんどないゲームでした。

ちなみに、前半の”不満な要素”は、主にサブイベント絡みで2点ほどあります。

BDFFで登場したジョブのアスタリスクはサブイベントで入手できるのですが、1つのサブイベントで登場するジョブが2つあり、どちらか一方しか入手できないことが、1つ目の不満点。
ジョブをフルコンプするには周回プレイ必須なのかよ、と気勢を削がれた気分でした。
この点については、実は周回プレイしなくても、メインシナリオの転換点を超えた先で残りを回収できると知ってからは、それならまぁアリかと考えを改めました。

2つ目の不満点は、どちらのジョブを選択しても、サブイベントの終わり方がすっきりしないこと。
大体、気が滅入る方向で終わります。
最初の1, 2個については「まぁそういうこともあるか」で済ませられたのですが、さすがに似たような終わり方のサブイベントが5, 6個も続くと、次第にサブイベントを消化するのが億劫になってしまって。
前半、なかなかゲームに集中できなかったのは、このサブイベントが原因だったような気がします。

これも、後半で再発生するサブイベントで好転するので、前半での後味の悪さは布石だったと後でわかるのですが。
でも、後半までプレイしないとそれがわからないので、ちょっとうーん、という気分です。

メインシナリオも、前半は結構粛々と進める感じで、あまり先の気になる展開ではなかったです。
あっち行って、次こっち行って、と作業的に進めてる感じがしました。
いろいろ判明する後半から一気に面白くなっただけに、前半はちょっと勿体無い気がします。

キャラクターですが、主人公のユウは、前半は弱気な彼になかなか感情移入できなかったのですが、後半で成長してから急に好感を持てるようになりました。
マグノリアは、最初からいい感じでした。ルクセンダルクの常識からちょっとズレたところとか。
でも、どちらもBDFFのPTキャラよりはアクが少ない感じです。
良く言えば無難なキャラ設定、悪く言えばそれほどキャラが立ってないというか。
キャラメイクに関して言えば、BDFFはよくできていたなぁと、しみじみ実感しました。

BSELで新規追加の他のキャラも、BDFFのキャラほどは印象が強くない感じです。
新アスタリスク所持者のバックグラウンドには複雑なものがあるけれど、性格的にはそれほどでも。
むしろ、BDFFから続投のアスタリスク所持者に食われていた感もあります。

BDFFから続投のPTキャラであるイデア、ティズは、あまり変わってなくて安心しました。
ティズは見た目がワイルドになったけれど、中身はBDFFのときのまま。
無個性が個性な彼だったけれど、BDFFの真EDというバックグラウンドがあるからか、PT加入時点でBDFFのときより好感度が高かったです。

余談ですが、個人的にはアルタイルさんが割と好きです。
飄々とした感じとか、野菜ネタとか、テ(禁則事項)とか、好みのキャラでした。
まぁ、中の人繋がりで、彼が喋るとT○Vのアレク○イ(白かった頃)に変換された映像が脳内再生されてましたが。

音楽についてですが、新曲がすごく頑張っていたと思います。
大絶賛されたBDFFの曲に負けず劣らず、結構良曲が揃っていました。
しかも、BDFFの曲の雰囲気に寄せつつ、ちゃんとゲームを盛り上げる曲になっていて。
終盤は特に熱い曲が多くて、OSTが聴きたくなるレベルでした。
# OSTもう持ってるんですが、まだ聴けてない。。。

街の曲や旧アスタリスク所持者戦、魔王戦などの曲は、BDFFの曲がそのまま使われています。
そこはBDFFの曲好きとしては嬉しい配慮でした。
特に街の曲は、BDFFの時点でイメージができていたので、同じ曲が流れたときは「そう、これこれ!」と嬉しくなりました。
そんな中であっても、新曲は浮くことなく溶け込んでいて、違和感はなかったです。

また、タイトル曲は新曲なのですが、BDFFのテーマ曲のフレーズが曲の終盤に組み込まれていたり。
BDFFの曲の雰囲気を踏襲しているところもそうですが、あちこちからBDFFへの敬意を感じました。
そこも新曲に好感を持てた一因かと。
BSELで音楽を担当されたsupercell(ryo)さん、相当苦労されただろうなぁ。
BDFFの曲が良過ぎたからプレッシャーは当然あっただろうし、でも本当に良い仕事をされたと思います。

そんなわけで、前半はちょっとフラストレーションがたまりつつも、後半の熱い展開には一気にハマったRPGでした。
クリアまでちょっと時間はかかるけれど、さらっと流すだけのプレイもできるし、逆にやり込み要素もあるので、BDFF同様にRPG好きならば万人に勧められるゲームではないかと思います。
最後の最後で次回作を匂わせる演出があったのは気になりますが、続編が出るなら出るで、今度はどんなギミックで驚かせてくれるのか楽しみでもあります。

[GMCD] ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 ORIGINAL SOUNDTRACK

GCで発売された「ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡」のOSTが最近になって発売されたのでゲットしました。
CD4枚組みで、収録曲数は64曲。
再生時間は、トータルで3時間23分ほどになります。

ちなみに、ゲームは未プレイです。
FEシリーズのプレイ暦は、暗黒竜、紋章、聖戦、そこからかなりの間があって、久しぶりにプレイしたのが覚醒です。
聖戦までは楽しくプレイしたのですが、正直難易度が高くてそこで力尽きました。
時期的に「俺の3時間を返せーっ!」と後で笑って済ませられるような時間的に余裕のある生活ではなくなってしまったのも、理由としては大きいかも。
以来、FEシリーズの新作が出る度に「今回も難しいんだろうなぁ」と尻込みしてしまい、結局やらずじまい。
その後、覚醒は「フリーバトルあるし、Lv上げれば戦略考えなくていいから、かなり楽」と友人から聞いて、久しぶりにプレイする気になったのでした。

そんなわけで、蒼炎は名前を知っていても、どんな物語か全く知りません。
とはいえ、FEシリーズは曲が良いし、7月に開催されるFE祭の予習も兼ねて、曲を聴くには良い機会かと思い、OST購入に至りました。

そんな状態でしたが、このOSTは結構楽しめました。
過去のFEシリーズの曲を知っていて雰囲気がわかっているからか、第一印象は「あぁ、こんな感じだった」でした。
基本的に全編オーケストラ調で、全体的に勇壮な感じ。
騎士道精神を曲で表すとこんな感じかな、という曲が多数です。
時々、穏やかな曲や澄んだ曲、歪んだ曲があるのも、FEシリーズらしいです。

蒼炎のコンポーザは辻横由佳さんだけではなく、他に多数の方が参加されています。
しかし、どの方の曲も素晴らしいです。
曲の雰囲気のバラつきはなく、全体的な統一感が半端ないです。

個人的に一番心にグッと来たのは、「To My Love」。
1ループのうち、前半はものすごく切なさに満ちているのですが、1分20秒以降の力強い盛り上がりには、いつ聴いても鳥肌が立ちました。
ギャップに弱い性質なので、こういう曲は好きになってしまわざるを得ません。

それと、聖戦のマップ曲が好きな身としては、「Side Battle」(聖戦の「第10章(光と闇と)」のアレンジ)には、聴く度に思わず反応してしまいました。
多少アレンジはあるものの、基本原曲重視。
ただ、音質が豊かになったので、曲の表情も豊かになった感じです。
これはこれでアリだと思います。

それと、FEシリーズならば外せない、FEシリーズのテーマ曲「The Theme of Fire Emblem」。
FEならばこの曲がないと、という気分で聴いていました。
「After the War」という曲もFEのテーマ曲が使われていますが、「The Theme of Fire Emblem」の方が正統派な感じで好きです。
ファイアーエムブレム サウンドミュージアムによると、蒼炎ではテーマ曲をOPではなくEDで使用していたみたいですね。
え、なにそれ、たぎる。

オーケストラ調のゲーム音楽や、そもそもFEシリーズの曲が好きな方にはオススメのOSTです。
ゲーム知らなくても聴けますが、たぶんゲームを知ってる方が楽しめるタイプのOSTだと思います。
そんなこんなで、OSTを聴いて少しゲームにも興味が出たのですが、今からプレイするには本体から揃えなければならなくて、ちょっとハードルが高いので、しばらく曲で堪能することにします。

[ゲームEV] テイルズ オブ フェスティバル 2015

6月6日、7日と開催された「テイルズ オブ」シリーズのイベント「テイルズ オブ フェスティバル」の1日目に行ってきました。
会場は、横浜アリーナ。
開演は、予定より10分押しの16時40分、終演は20時頃でした。
ここ数年は4~5時間ぐらいだったことを考えると、今回はちょっと短めでした。
まぁ、いつもならスペシャルスキット→キャストトークの後のミニコーナーがあったのですが、今回はそれがなかったからかもしれません。

なんだかんだで2011年以降毎年言っているテイフェスですが、今年はちょっと雰囲気が違いました。
主にスタッフ側の厳戒体制っぷりが。
入場時は持ち物検査だけではなく、持ち込みのペットボトルはその場で一口飲んでもらったり、金属探知機による身体検査もあったり。
さらにステージからセンター席へ降りる中央階段の両脇に警備員を配備する徹底っぷり。
どうしたバンナム、何があった?
まぁ、たぶん、TOZ炎上騒動を公式が大分重く見ていて、アンチによるテロを警戒していたんだと推察しますが。

そんな一部物々しい雰囲気だったところもありましたが、実際のステージはいつも通りのゆるゆるムード。
スペシャルスキットもゆるいし、キャストトークもゆるかったです。
とはいえ、スキットはアドリブ満載だったらしく、立て直すのがたいへんだった模様。
なんというか、本当にお疲れ様でした。

今年のスキットは、話題というか物語の目標があちこちに飛躍する展開が多くて、いつも以上にグダグダ感を強く感じました。
キャストのアドリブが醸し出すピンポイントの微笑ましいゆるゆる感とは違う、全体的なシナリオのグダグダ感です。
むしろ、キャストのアドリブがあったからこその面白さで脚本のグダグダさがカバーされて、ギリギリ面白かったと思えた感じです。
脚本、もうちょっとどうにかならなかったのかなぁ。

キャストトークは最新作であるTOZ一辺倒ではなく、満遍なくどの作品も話題として触れられていて、普通に面白かったです。
チームゼスティリアと絡むときは、小野坂さんからちょっと話題を振り難そうな雰囲気を感じましたが、逢坂さんが良い弄られネタ(=カジュアル服)を背負ってきたので、それで助けられた部分が多かったような。
逢坂さん、ある意味GJでした。

最新情報は、完全新作「テイルズ オブ ベルセリア」(TOB)の発表と、「テイルズ オブ ミュージアム」という企画展の告知。
TOBは、今のところいのまたむつみさんによる主人公ベルベットのイラストとCV、一部シーンを繋ぎ合せたPVしか公開されていないので、とりあえず様子見で。
ただ、クレジットに藤島康介さんの名前もあったので、どうやら今回のイラストもいのまたさんオンリーではなさそうです。

企画展は都合が付けば行きたいかな、と思いつつ。
夏休み期間と被りそうなので、行くなら平日に行こうかな。

ちなみに、最新情報のコーナーにバンナム社員(プロデューサーなど)は登場されませんでした。
さすがに空気読んだか。

ライヴは、20周年記念ということで、桜庭統さんが満を持して登場。
ゲーム音楽好きとしては、今回の本命はこのライヴでした。
最新作TOZからの曲が一番多かったですが、TOPからTOX2まで各作品から1, 2曲ずつ選曲されました。
桜庭さんが音楽を手がけているマザーシップタイトルでなかったのは、IとHぐらいでしょうか。D2とRはどうだったかな。
バンド編成ということもあり、全体的に戦闘曲が多かったです。
そのためか、非常に力強く迫力のあるライヴでした。至福でした。
やっぱり、生演奏はいいなぁ。迫力が違います。

そんなわけで。
正直、某騒動があったので、今年のテイフェスはどうなるのか不安があったのですが、つつがなく終わって、普通に楽しめたイベントでした。
20周年記念にしてはいつもよりこじんまりしている印象もありましたが、ノリはいつものテイフェスだったなぁ、というのが第一感想でした。


これより下の追記は、各コーナーの感想を箇条書きで書き殴ったものになります。