[GMCD] Twilight Sky エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~ ボーカルアルバム

ガストのRPG「エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~」(以下エスロジ)のボーカル曲を集めたアルバム「Twilight Sky」を一通り聴きました。
収録曲数は、全14曲(インスト曲2曲含む)。
再生時間は、トータルで約57分。

一通り聴いたときの感想を一言で表すならば、「相変わらず、ガストの音楽は完成度高い」でした。
どの曲もノリやすいといか、ハマりやすいというか。
感情豊かなボーカルと叙情感たっぷりの楽器パートが醸す空気感に、気が付くとどっぷり浸かっていることが多かったです。

ストレートなバンドサウンドもあるけれど、全体的に不思議な雰囲気の曲も多かった印象です。
そのためか、曲によってはものすごくクセがあります。
初めて聴いたとき、その独特でクセのある音色やリズムに、「なんだ今の曲!?」と思わずスピーカーの方を振り返った曲がいくつもありました。
ただ、そのクセに慣れると、それがクセになって離れられなくなります。

クセが強いためか、ランダム再生すると曲調のバラつきをすごく感じますが、頭から収録曲順に再生しているとあまり感じませんでした。
むしろ、起承転結のある物語を追っているような、そんな気分になりました。
ゲーム未プレイだからゲームのストーリーをほとんど知らないので(一応、アニメは試聴済み)、「こういう展開なのかな?」と勝手に想像しながら聴いたりもしたのですが、それもまた結構楽しかったです。
曲順にもかなり気を使われているのでしょうか。

そんなわけで、エスロジのOSTはアーシャに比べて今一つな感じがしましたが、ボーカルアルバムはアーシャの「Twilight Hour」よりこちらの「Twilight Sky」の方が好きかもしれません。

曲は本当にどれも好きですが、「なんだこれ!?」という第一印象を最も強烈に刷り込まれたのが、「蜂群崩壊症候群 -Colony Collapse Disorder-」。
歌は杉並児童合唱団。
メロディラインや伴奏自体がそもそも不穏で攻撃的なのに、そこにもってきて「児童合唱団にそんな歌詞唄わせていいの?」という一抹の不安にかられるような歌詞で。
その相乗効果の結果でしょうか、強烈な印象を残した一曲になりました。
そんな、かなり不穏で攻撃的で終末的でネガティブな曲ですが、個人的にはわりと好きな曲です。
元来、そういう曲が好きな性格ネガティブ人間なので。

ボーカリストの名前を確認して「ふぁ!?」となったのは、「Sky of Twilight」。
ボーカルはいとうかなこさんです。
いとうかなこさんといえばニトロプラスやMAGES.(特に科学ADVシリーズ)のイメージが強くて、それらとは全く関係のない作品に参加されていることがすごく意外に感じられました。
ただ、曲を聴いて「あ、いつものいとかなさんだ」と思いつつ、意外とアトリエシリーズの空気感に溶け込んでいたと思います。
あの力強い歌声は、アトリエシリーズの雰囲気から浮くんじゃないかと不安に思ったりしたのですが、案外そうでもなかったです。

「Sky of Twilight」の曲調自体は普通にバンドサウンドですが、終わりそうに見せかけてなかなか終わらない、先の読めない展開の多い曲です。
そして、ところどころでかなりの高音になる、歌いこなすのがちょっと難しそうな曲でした。
そのおかげ、というのも変ですが、一曲の中でこんなにもいとうかなこさんのファルセットを聴ける曲はそうないかも。
よく歌い切ったなぁ、いとかなさん。

バンドサウンド繋がりで、初めて聴いた時に一発で格好良いと感じたのがACRYLICSTABの「無限大クロニクル」。
OSTにもジングル的なサイズでサビの部分だけほんのちょっと入っていましたが、その原曲です。
曲の展開は王道で、そのためか、独特の特徴を持つ曲の多いこのアルバムの中では逆に異色な感じがしました。
が、曲調が前向き力強くて、聴いていると自然とたぎってきます。
この曲の前が「蜂群崩壊症候群 -Colony Collapse Disorder-」だから、余計にそう思えたのかもしれませんが。
すごくライブ映えしそうな曲で、確か2年前のガストプレミアムライブで聴いたときに強烈に魅かれた覚えがあります。
ガストプレミアムライブに参戦する前に聴いておけば良かったなぁ。もったいないことしたなぁ。

OSTにショートバージョンが収録されていたチリヌルヲワカさんの「ミルク色の峠」は、このアルバムではフルバージョンが収録されています。
「甘いご褒美」は、OSTと同じものかな。違いは特に見当たりませんでした。
いつ聴いても独特の雰囲気に圧倒されるような圧迫感を感じるのですが、それがクセになってるのか不思議と聴き飽きません。
OSTでも何度も聴いてるハズのに、いつもイントロから耳を奪われます。

ここでは特に言及しませんが、他の収録曲もそれぞれに特徴のある良曲揃いで、すこぶる満足しました。
ゲームを知っている方がより楽しめると思いますが、ゲームを知らなくても十分に聴けるアルバムです。
ガストのゲームのボーカル曲が好きな方なら、特にオススメです。

[GMCD] エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~ オリジナルサウンドトラック

ガストから発売されたRPG「エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~」(以下エスロジ)のOSTを一通り聴き終わりました。
CD3枚組で、全96曲収録。
再生時間は、約3時間6分。

エスロジは「アトリエ」シリーズ中唯一アニメ化された作品(2016年1月時点)だそうで、そのアニメを見ていたので、ゲームは未プレイですがストーリーだけはなんとなく知っています。
といっても、アニメはきっと細かいエピソードが端折られていると思うので、大まかな話の流れだけですが。
それに、アニメでどんなBGMが使われていたか覚えていないので、アニメを見たからといってそれがゲームのOST視聴に影響を及ぼすかと言えば、そんなことはないような気がしました。

そんなわけでゲームの方のOSTですが、曲の雰囲気はアーシャによく似ています。
曲の統一感はあまりなくて、強いてあげれば全体的にほんのり民族音楽調だったりアコースティック感があるくらい。

ただ、アーシャに比べると、大人しい印象を受けました。
心にドカンと来るような、インパクトのある曲が少なかったです。
BGMとしては正しい形だと思いますが、ゲーム未プレイでOSTだけ聴いていると全体的にあまり記憶に残らないというか。
とはいえ、ゲームをプレイすれば印象が変わるような気もしています。

そんなわけで、感想を一言で言ってしまうと、悪くないけれどアーシャのOSTに比べると今一つ。
それだけに、逆にゲームプレイしてみたくなりました。
ゲームプレイ後に聴いたら、印象が変わりそう。

今回エスロジのOSTを聴いて明確に気付いたのですが、柳川和樹さんの曲が結構自分のツボにハマりやすいかもしれません。
「アルノサージュ」のOSTを聴いたときから薄々感じていたのですが、柳川さんの曲がかなり好みです。
「あ、この曲いいな」と思うと、大抵柳川さんの曲だったりしました。
今回のOSTで言えば「Kitchen Dance」と「双翼」が特に好きで、流れると思わず作業の手が止まってしまうことがよくあったのですが、どちらも柳川さんの曲でした。

柳川さんの曲以外では、「The Pen and the Sword part3」が好きです。
聴いてると胸が高鳴る感じが、とても良かったです。
ちなみに、同名で「part2」はあるのですが、「part1」が見当たりません。
前作アーシャのOSTに収録されているのかと思って探してみたけれど見当たらず。探し方が悪いのかな。

ボーカル曲は、チリヌルヲワカさんの「ミルク色の峠」と「甘いご褒美」が収録されています。
ただし、前者はOP sizeということでショートバージョンです。
アーシャのボーカルアルバム「Twilight Hour」の収録曲同様に、今回も独特の雰囲気を全力で発していました。
個人的にはあの暗くて不穏な雰囲気はわりと好きなので、ゲーム関係なく曲単体で聴けば、2曲とも結構好きな曲です。
とはいえ、「甘いご褒美」はOSTの収録位置的におそらくED曲と思われますが、EDであの不穏な雰囲気はどうなんだろう、という疑問も抱きました。
それとも、ED曲じゃないのかな。
もしかして、ゲームでは意外とマッチする曲なのかな。
うーん、やっぱりゲームプレイしたいなぁ。

そんなわけで、ゲーム未プレイでは全体的に印象の薄いOSTでしたが、でもゲームをプレイしてから聴きなおすと印象の変わりそうな予感もしました。
また、小粒ながらも良曲もあって、それらがゲーム中でどのように使われているのか気になります。
いつか、できれば今年中にゲーム本編をプレイしたいところです。
とりあえず、懐と相談します。

[GMCD] Twilight Hour アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~ ボーカルアルバム

ガストのRPG「アーシャのアトリエ」のボーカル曲だけを集めたアルバム「Twilight Hour アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~ ボーカルアルバム」を一通り聴きました。
全9曲収録で、再生時間は約42分。
なお、「花標」と「Altair」はOSTに収録されたものと同じだと思います。

ゲームは未プレイなので、各曲がどこでどう使われたものなのかは全くわかりません。
が、率直に言って、とても良いアルバムでした。
ゲームを知っている方がより楽しめると思いますが、知らなくても十分に楽しめました。

各々方向性の異なる突出した特徴を持つ曲が揃っていて、そのためかアルバム全体として妙に耳に残りました。
よく言えばバリエーション豊か、悪く言えば好き勝手やってる感じ。
ただ、特徴のあり過ぎる曲は好き嫌いも激しくなることがあるのですが、このアルバムに収録されている曲はどれもすっと耳に馴染みました。
一曲一曲の完成度が高かったからか、バラバラな感じが逆に聴いていて楽しかったです。
ボーカルの長音が不安定+わずかな音ズレで若干残念な曲もあるにはあるのですが、さほど気になりませんでした。

そんなわけで、アルバム全体的な方向性はよくわかりません。
とはいえ、なんとなくシリアスな曲が多い印象が残りました。
ほのぼのした曲もないわけではないけれど、どことなく影を背負っていたり、曲は明るいけれど歌詞が辛辣だったりする曲が多いような。
このアルバムを聴く直前まで、「花標」のような牧歌的な曲調で統一されているのかな、と勝手に思っていましたが、全然そんなことなかったです。
アトリエシリーズってほのぼのしたイメージがあったのですが、ちょっと認識改めようかな。

個人的に一番好きなのは、2曲目の「Mystic Pendulum」。
ミステリアスな曲という時点で自分のツボ直撃でした。
さらに、Aメロからサビへのメロディの盛り上がりがたまりませんでした。
静から動への変化が聴きどころかと。
気が付くと、脳内エンドレス再生している曲の1つです。

同様に無意識のうちに脳内エンドレス再生しまくっていたのが、「宵の星」。
一音一音は普通のバンドサウンドなのに、全体的に後ろ向きに不思議な雰囲気の漂う曲で、それだけにインパクトがありました。
ボーカルの歌い方や声の響きに特徴があって、すごく耳に残ります。
それと、Bメロの音の刻み(4分音符5発の部分)が、なんか好きです。

それと、じわじわ来たのが「MARIA」。
「メイリア」と読むそうですね。言われてみれば、確かにそう歌ってました。
スローテンポの落ち着いた曲ですが、壮大な展開とボーカルとコーラスの力強くも神秘的な感じにハマりました。
とても人気のある曲なのだそうですが、納得です。

OSTのレビューでは特に触れませんでしたが、「花標」も何気に好きな曲です。
全体的にシンプルな曲ですが、ポコポコしたシロフォンが醸し出す牧歌的な感じが印象的で。

そんなわけで。
ボーカリストが曲によって異なるのでアルバム全体の統一感はあまりないのですが、逆に色々な曲が楽しめ、しかもどれも印象的な良曲揃いという、たいへん聴き応えのあるアルバムでした。
OSTも含めて、アーシャのアトリエは本当にBGMが良いと思いました。
どこでどの曲が使われているのか、すごく気になります。
やっぱり、近いうちにゲーム買ってプレイしてみたいなぁ。

[GMCD] アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~ オリジナルサウンドトラック

ガストから発売されたRPG「アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~」のOSTを一通り聴き終わりました。
CD3枚組で、全94曲(Off Vocal版、インスト版、ジングルなど込み)収録。
再生時間は、約3時間22分。

ちなみに、俺が聴いたのはAmazonデジタルミュージック配信版です。
昨年2015年3月にアトリエシリーズ、アルトネリコ、サージュコンチェルトのOSTが一斉に配信開始されたときに、破格の値段でバーゲンセールを開催していたので、アトリエシリーズの「黄昏」シリーズ三部作のOSTとボーカルアルバムをまとめて購入した次第。
DL購入してから9ヶ月も経過してしまいましたが、ようやく時間が空いたので、1作品ずつ聴き始めました。
なので、これから多分、「黄昏」シリーズのOST、ボーカルアルバムのレビューが続くと思います。

アトリエシリーズのCDを聴くのは、2009年に発売された「Atelier Vocal Historia 1997~2009」以来。
OSTに限って言えば、2006年に発売された「イリスのアトリエ グランファンタズム」以来になります。
もうそんなに経つんだ・・・・・・時間の流れは早いなぁ。

「黄昏」シリーズは、ゲーム発売の頃から気になっていました。
これまでのアトリエシリーズとは異なり、若干終末的世界観の匂いがするので、たぶん自分好みではないかと思っています。
とはいえ、ゲームはまだ未プレイです。
やってみたいなぁと思いつつも、先にOSTを購入してしまいました。

曲調に統一感は、あまりありません。
しいてあげるなら、ほんのり民族音楽調というかアコースティック感があるくらい。
シリアスな曲からコミカルな曲まで、色々な曲が揃っています。

ただ、全体的に良曲が多かったです。
コミカルな曲はものすごくコミカルだけど、シリアスな曲はすごくシリアスだし、格好良い曲はすこぶる格好良い。
これは買って良かったOSTでした。

個人的なイチオシは、「昨日の敵は今日の材料」。
すごく格好良い曲でした。
電子音の強いロック調だけど、弦や管にピアノの響きもあってか、激しい曲があまり得意ではない俺でも普通に「カッコイイ!」と思えました。
曲名はアトリエシリーズのシステムについて少しでも知識があれば「あぁ・・・」と思うようなド直球なものですが、そんなネーミングも含めて好きな曲です。

それと、「Slag Toccata」。
生音なんじゃないかというぐらいのオーケストラ調の曲なので、これも激しい曲ですが聴きやすい曲でした。
狂ったようにかき鳴らされる金管楽器と、皮を叩き破らんばかりに激しいティンパニの音が印象的です。
これは、オーケストラ調のゲーム音楽好きだけでなく、クラシック音楽が好きな方にはオススメです。

曲が流れてしまうとつい意識がそっちに向いてしまうことが多かったのが、「誘いの花 ~ 春」。
アコースティックギターの音色がとても印象に残る、何とも言えない不思議な曲です。
これがどこで流れるのか気になって、ゲームをやってみたいとも思っています。

そして、短いながらも微笑ましく可愛くて、妙に耳に残る曲「パナすぺしゃる」(全4種類)。
ボイス違いで3種類、ボイスなしが1種類。
原曲はビゼーの「カルメン」ですが、ボイスが非常に可愛いです。
1曲あたり30秒程度の短い曲だけど、これは一聴の価値があるかも。

他にも良い曲がたくさんあって、非常に満足できたOSTでした。
アトリエシリーズのOSTはすごく久しぶりに聴いたけれど、刺さる曲が多かったです。
俄然、ゲームの方にも興味が沸いてきたので、そのうちきっとプレイします。
今ならPlusのベスト版が出るまで待った方がいいのかな・・・・・・でも、それまで耐えられるかどうかが問題だな。