[GMCD] The Epic of Zektbach -PIANO COLLECTION-

BEMANIシリーズで展開された「The Epic of Zektbach」(ゼクトバッハ叙事詩)のピアノソロ集「The Epic of Zektbach -PIANO COLLECTION-」をゲットしたので、一通り聴いてみました。
全17曲収録で、再生時間は約63分。

ちなみに、BEMANIシリーズはほぼ未プレイです。
ただ、OSTは何作品か借りて聞いたことがあり、その中に収録されていた「Blind Justice」や「Apocalypse」、「Turri -Panta rhei-」が妙に強く琴線に引っかかりました。
それがキッカケで「The Epic of Zektbach」シリーズの曲がどうも好みそうだと直感し、アルバム「Ristaccia」と「Masinowa」も両方入手して聴いたことがあります。
その流れでPIANO COLLECTIONも存在していることは知っていましたが、「Ristaccia」と「Masinowa」で満足してしまっていたこともあり、なかなか手が出ず幾星霜。
そんな時にふと立ち寄ったショップでこのCDを見つけて、気が付いたら手に取ってレジに並んでいました。
衝動買いってこわいわー(棒

そんなすこぶる軽いノリで買った本作ですが、意外と結構ツボな曲が多かったです。
原曲に負けないくらいの迫力ある演奏とアレンジでした。
むしろ、ピアノの音色だからこその煌びやかな力強さと物悲しさ、切なさが感じられて、自分の好みの曲が多数。
格好良さと儚さがあちこちに散りばめられていて、こういう曲大好きです。

それと、「よくこんなに指が動くなぁ」と思うような超絶技巧曲ばかりなところも驚きでした。
トリッキーな動きをする曲があちこちにあったり、一見物静かな曲なのに伴奏部分がなんだかすごい連打になっていたり、なんだかすごいです。
これだけピアノを弾ければ、きっと楽しいだろうなぁ。
というわけで、これ、誰か生で演奏してくれないでしょうか(ヒドい無茶振り

なお、「PIANO COLLECTION」という名前の通り全曲ピアノソロなので、ボーカルや他の楽器音は入っていません。
その点については購入時点から頭では理解していたのですが、どうやら感覚が追い付かなかったらしく、最初に本作を聴いたときは若干の物足りなさを感じました。
原曲が耳に染み付いていたからでしょうか、「あれ、こんな曲だったっけ?」という違和感のようなものがありました。
ただ、何周も聴いているうちに、次第にこれはこれで良いんじゃないかと感じられるようになり。
そのうち「あ、よく聴けば、この曲格好いいじゃん」と感じるまでに至りました。
今では、このCDを聴きながら、ボーカルは脳内補完されています。

収録曲の大半の出典元は「Ristaccia」のようです。
3曲だけ「Ristaccia」未収録曲もありますが、それらはボーナストラック的な立ち位置にあります。
どうやら発売が「Ristaccia」→「PIANO COLLECTION」→「Masinowa」の順だったらしいので、基本軸が「Ristaccia」なのはもっともかと。

わりとどの曲も良かったと思いますが、その中でも特に気に入っている曲は、

・Overture -Ristariccia- 序曲リスタチア
・Shamshir Dance -シャムシールの舞-
・Apocalypse -罪狩りの聖女-
・Turri -Panta rhei- トゥーリと星の民
・L'erisia(Primal Logic) -赤き天使-

あたりでした。
後者3曲は連続で並んでいて、ここの流れは本当に聴き応えがあります。たぎります。

それと、

・Holy Kingdom of Noigllado -傀儡の王国-
・Blind Justice -それぞれの正義-

は、流れが好きです。
明確に2曲で1つの流れになっているというか。
ゼクトバッハ叙事詩で描かれている物語の内容はほぼ把握していないのですが、曲から物語がなんとなくイメージできるところが気に入っています。

ゼクトバッハ叙事詩を知らなくても、BEMANIシリーズを知らなくても、このアルバムだけでも十分に聴ける作品になっています。
とても聴き応えのある良曲ばかりで、このまま埋もれてしまうのは勿体ないと感じるくらいです。
ドラマティックなピアノソロ曲が聴きたい方にはオススメです。

[ゲームRev] ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック

極限脱出アドベンチャーゲーム「ZERO ESCAPE 9時間9人9の扉 善人シボウデス ダブルパック」に収録された両作品ともクリアし、トロフィーコンプリートしました。
プレイ時間は、「9時間9人9の扉」(以下、999)が10~15時間程度。「善人シボウデス」がおよそ25時間。
どちらも”詰まったら攻略サイトを見る”という裏技(?)を駆使してそれくらいのプレイ時間だったので、全て自力でプレイしていたらもっとかかっていたと思います。
ちなみに、プレイしたのはPS Vita版です。

極限脱出シリーズ三部作のうち、前の2作品を1つのパッケージに収めた本作。
そもそも、999が3DSで発売された当時から、なんとなく気になっていた作品でした。
ただ、1本あたりのボリュームが少ないという話も耳にしていて、なんとなくプレイする機会を逸していた作品でもありました。
そこへ、999と善人シボウデスのダブルパックが発売されるという一報を入手し、しかも価格がそれほど高くないと知り、ここぞとばかりに購入してプレイした次第です。
予定では、今年(2017年)のGW中にプレイしているはずだったのですが・・・一つ前にプレイしていたゲームに思いの外時間がかかってしまい(以下略

999も善人シボウデスも、どちらもシステム的には似た感じです。
テキストベースで物語が進むノベルパートと、部屋に仕掛けられた謎を解く脱出パートの2パートから成り、それらを交互にプレイすることで物語が進行します。

ノベルパートは、途中の選択肢次第で後のシナリオが分岐する点は、よくあるテキストアドベンチャーを踏襲した感じ。
一方で脱出パートは、まさに謎解きです。
暗号一つとってもパターン数が無数にあり、手あたり次第に入力してみるという手が使えないので、限られた手掛かりをもとにあーでもないこーでもないとかなり頭を使います。
仕事で疲れたあとにプレイすると、余計に疲れて、夜ぐっすり眠れたほどです。

ただ、脱出パートに時間制限はないので、焦らされることなくゆっくりじっくり考えることができます。
ゲーム内では1分以内にパスワードを入力しなければならないような状況であっても、プレイヤーがそれを気にする必要はありません。
登場人物たちにとっては凄まじい極限状態だけど、プレイヤーにとってはそれほどでもないです。
あと、パッと見た印象ほどの怖い要素もあまりなかったような気がします。

シナリオは、999と善人シボウデスで繋がりがあります。
999をプレイせずに善人シボウデスをプレイしても一応問題ないとは思いますが、善人シボウデスの中で999のネタバレが盛大にぶちまけられているので、999からプレイした方が無難です。
ストーリーについては深く触れられませんが、率直に言えば「打越鋼太郎さんっぽさ満載」です。

というわけで、とりあえず999についての感想を。

ボリュームは、確かに少なく感じました。
周回プレイ前提の作りだからなのか、運良く(運悪く?)真エンドまっしぐらなルートを進んでいたら、6, 7時間でクリアしていたかもしれません。
その一方で、周回プレイ前提にしては同じ謎解きを何回もプレイする羽目になったのは、少々苦痛を感じました。
「またあれを一つ一つ解いていかなきゃならないのかよ」と思ったこともしばしば。

ただ、謎解き自体はそれほど難しくなく、自力でもなんとかなります。
手元にメモ帳があったら楽だったと思いますが、暗記でもどうにかなるレベルです。

自力ではどうにもならなかったのは、真エンドへ至るルート選択でした。
組み合わせの問題といえばその通りなのですが、全ての組み合わせを網羅的にプレイしていたら、全網羅する前に心が折れていた気がします。
まぁ、そこはあっさり攻略サイトに頼りましたが。

シナリオや演出のテンポが良くて、話がサクサク進むところは良かったです。
2D絵だったからか過剰な演出もなくて、シナリオを進めていくごとに色々と判明していく様も楽しかったです。

次に、善人シボウデスの感想を。

999の教訓を生かしたためか、ボリュームはかなりありました。
また、フローチャートに工夫が見られて、同じ謎解きを何度もやらなければならない状態も回避されています。
その点は、前作999から上手く改善された点だと思います。

その一方で、演出が鬱陶しく感じられることがしばしばありました。
ドアの開閉や経路進行の演出が、ちょっとウザかったです。

謎解きの難易度は、999よりもアップしていたと思います。
謎解き用の部屋の中には、シナリオ進行上必須のパスワードの他に、シークレット情報を入手するための隠しパスワードも存在するのですが、前者はともかく後者を入手するのが難しかったです。
隠しパスワードは手掛かりが少なくて、必須パスワードを解いた手掛かりから更にもう一歩頭を捻らないといけないところは苦労しました。
まぁ、逆に隠しパスワードの方が先に手に入ったものの必須パスワードがわからなくて先に進めないことも、1, 2回ありましたが。

そんな難しい謎解きでしたが、難易度設定があり、それを下げるとヒントがより多くもらえるそうです。
その代わりに入手できるシークレット情報が減るというデメリットもあります。
シークレット情報の入手率が真エンドルート出現に影響することをあらかじめ知っていて、難易度は一度も下げずにクリアしたため、それをを下げるとどれくらいヒントが増えるのかはわかりませんが。

善人シボウデスの方は、手元にメモ帳と電卓があると重宝します。
タッチパネルでフリー入力可能なメモ機能が実装されているけれど、小さな画面で2ページ分しかなくて足りないと感じることもままありました。
またタッチパネルで文字を書くのが思いの外難しくて、後で見返したときに自分の文字が読めないという事態にもなりました。
気になった単語があったらささっとメモ帳に書いておくと、後で過去の自分に感謝することができるかと。
あと、面倒くさい計算が出てきたりするので、電卓があると便利です。
暗算でも解けなくはないけれど、暗算に自信がないなら電卓を用意した方が無難かと。

シナリオは「囚人のジレンマ」をモチーフにしたものと思われ、999よりも空気感がかなりギスギスしています。
999も結構な極限状態だったけれど、それでも善人シボウデスに比べたらまだ平穏だったなぁ、とプレイ開始早々に思いました。

と、2作品続けてプレイしましたが、まだ解決していない謎が残っているので、第三作目「ZERO ESCAPE 刻のジレンマ」が少し気になっています。
せっかくだし最後までプレイしておきたいような気がするけれど、積みゲーが大量にあるしなぁ。
時間があれば、シリーズ完結作である刻のジレンマもプレイしたいと思います。