[GMCD] 「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」アレンジサウンドトラック

PS Vitaで発売中のRPG「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」(以下、ルフラン)のアレンジサウンドトラックが発売されたので、ゲットしてきました。
収録曲数は17曲。再生時間は65分ほど。

昨年冬のコミケ(C91)に別の企業ブース目当てで参戦し、一通り目当てのものを勝ち取った後に一応チェックしておいた日本一ソフトウェアのブースへ行ってみたところ、それほど並ばずに買えそうだったので、このCDを購入してきました。
ルフラン自体は未プレイですが、「魔女と百騎兵」(以下、魔女百)と雰囲気が似ているということで、BGMも気になっていました。

確かに聴いてみたところ、「あ、これ、魔女百だ」と感じる曲が多かったです。
1曲目の「Draw Near」や2曲目「Witch's Depression」、「Labyrinth of the Refrain」は、魔女百の曲の雰囲気そのままです。
どこかじめっとしたほの暗さを感じる怪しげで気紛れでテンポの良い音色が、本当にそのまま。
特に管弦楽器やオルガン(かな?)の怪しい響きとコーラスの組み合わせにはゾクゾクしました。
魔女百のBGM好きにはたまりません。

とはいえ、全部が全部、魔女百っぽいかと言うと、そうでもなく。
しっとりした神秘的な曲、幻想的な曲もあります。
「Moonlight Piano」や「More Than Words」、「A the ha lluri da」がそんな雰囲気の曲です。
そういった曲が魔女サウンドの間に挟まり、その清涼感で怪しげな空気感を一度リセットしてくれるので、緩急の面でも良い展開だと思いました。
また、曲自体も普通に良い曲でした。しみじみ聴けます。

曲調は、全体的に民族音楽調が中心。
アコースティックサウンドの映える曲ばかりです。
これは、生演奏で聴きたいかも。
それも、大規模なオーケストラではなく、小規模の室内楽っぽい編成で。
3月25日に開催される魔女百のコンサートでルフランの曲も演奏されるそうですが、俄然楽しみになってきました。
どの曲が演奏されるんだろう、楽しみ楽しみ。

中にはロック調の曲もないわけではありません。
「Detuned Beat」は電子楽器がバリバリ鳴り響く激しい曲です。
でも、これがまたすごく格好良いです。
弦楽器とピアノとの相性も良くて、とても聴きやすいロックでした。

個人的に一番好きな曲は「Under Crasher」。
オーケストラとコーラスによる、とても壮大な曲で。
怪しさというよりも妖しさを含みつつ、格好良さと切なさが混ざり合ったような、そんな曲です。
初めて聴いたときに一発で気に入り、作業用BGMとしてこのアルバムを流しているときでも、この曲が流れると決まって手が止まります。
それくらい、自分のツボにハマった曲でした。

OSTは確か初回限定特典だったと思うので、ルフラン未購入な上に未プレイな自分は原曲を聴いたことがなく、そのためどれくらいアレンジされているのか判別が付けられません。
ただ、原曲を知らなくても十分楽しめるアルバムです。
魔女百の曲の雰囲気が好み、もしくは中世ヨーロッパを想起させられるようなアコースティックサウンドが好きな方にはオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック