[GMCD] NieR:Automata Original Soundtrack

PS4で発売されたA・RPG「ニーア オートマタ」のOSTが発売されたので、早速一通り聴いてみました。
CD3枚組で、全46曲収録。再生時間はトータルで3時間34分ほど(HACKING TRACKS除く)。

ちなみに、ゲームはEエンドまでクリア済みです。
ゲームをプレイしている間から、「ゲーム性やグラフィックだけでなく、BGMもすごく良いな」と思っていました。
そのため、時折プレイの手を止めて、美しい背景を眺めながら曲に聴き入ることもしばしば。
ゲーム中の各場面との適合性の高さだけでなく、曲単体としてもすごく完成度が高いと感じていました。
そしてゲームクリアしてからはずっと、OSTの発売を心待ちにしていました。

改めてOSTでBGMを聴き直して、改めて曲の良さを認識しました。
率直に言って、すごく良いです。とんでもなく良いです。
「ニーア ゲシュタルト&レプリカント」の曲もとても良かったけれど、それに比肩するレベルだと思います。

一曲一曲どこにも手抜きが感じられなくて、どこにも捨て曲がありません。
表現はちょっと荒っぽいですが、曲に憑り付かれて離れられなくなるような、そんな魅力があります。
むしろ、そのような魅力しかないです。
どの曲も、思わず聴き入ってしまいます。

曲の雰囲気は、民族音楽調も取り入れられたアコースティックサウンド。
ピアノやストリングスようなアコースティックな音色によって、静謐さや神秘性が表現されています。
その中に、儚さや脆さが垣間見えます。
手を離したら消えてしまいそうな、それでいて少し触れただけでも壊してしまいそうな、そんな儚さと脆さです。
そこも「ニーア オートマタ」の曲の魅力なのかもしれません。

バトル曲のような激しい曲からも、非情さ、虚無感など、ネガティブな波動満載。
それでいて、使命感を掻き立て強い衝動を湧き起こさせるところは、もう絶妙としか言いようがありません。

唯一脱力するぐらいにポジティブな曲は、「エミール / ショップ」くらいでしょうか。
ゲームをプレイされた方ならご存知の方も多いと思いますが、あのエミールが歌う場違いに明るい曲です。
場違いにノリノリで可愛く楽しい曲のため、ある意味、唯一の癒し曲いなっています。
というか、エミール、お前、音痴だったのか。。。
まぁ、そこも微笑ましく感じましたが。
「どっこいしょ♪」とか、可愛過ぎかよっ!

「エミール / ショップ」に限らず、最近のゲーム音楽では珍しくなくなりましたが、コーラス入りの曲も多数あります。
とはいえ、コーラスの自己主張が強い曲はどこにもなく、どのコーラスも伴奏に上手く溶け込んでいて全く邪魔に感じません。
むしろ、その透き通ったウィスパーボイスが、「ニーア オートマタ」の空気感を醸し出す一助となっています。
また、どれも耳に心地よく響いて、良い感じに心を震わせてくれます。

再生時間はCD3枚分たっぷり詰まっているのに、曲数が他のOSTに比べて少ないのは、1曲あたりの尺が長いためです。
特にフィールド曲は、1曲あたり5, 6分の尺になっているものがほとんどです。
ゲームでは、フィールドを移動しているとコーラスが入ったり無くなったり、音数が増えたり減ったりしていましたが、それがOSTでも再現されています。
1つの曲が様々なバリエーションで展開されていて、結果、尺が長くなっています。
その展開がまたすごく凝っていて、そこにも手抜き無しの全力投球感を感じました。

作曲家陣は、「ニーア ゲシュタルト&レプリカント」の岡部啓一氏だけでなく、他の方々も参加されています。
その中でも、帆足圭吾氏の曲が結構耳に残ることが多かったです。
自分にとって特に印象的だった曲は、「遊園施設」(廃墟遊園地のBGM)。
あの曲が耳に入ると途端にゲームシーンにトリップできるし、さらにしばらく脳内で自動再生されてしまうくらい、感染力の強い曲でした。
もはや、洗脳曲とも言えるレベルです。
もっとも、好きな曲の一つなので、全く問題ありませんが。

「ニーア オートマタ」を語る上で重要な曲となる「Weight of the World」は、全4バージョン(英語版、日本語版、フランス語版、ヨルハ版)が収録されています。
その中でも、ヨルハ版は必聴です。
冒頭は8bit音源版から始まり、1サビ以降は英語版、日本語版、フランス語版が交互に入れ替わる状態に。
英語版、日本語版、フランス語版がそれぞれ、2B、9S、A2の唄と考えると、それだけで胸熱です。
その上、中盤以降にはバックにコーラスが入る全員合唱状態になるという圧巻の演出。
まさに、ヨルハ部隊の唄。
この曲を聴く度に、この曲が流れるゲームのシーンを強烈に想起させられて、その都度心が震えて泣きそうになります。

ついでに、早期購入特典の「HACKING TRACKS」についても少々。
「HACKING TRACKS」には、「ニーア オートマタ」の楽曲を8bit音源にしたものが収録されていました。
ハッキング時に流れるBGMです。
全16曲、約46分収録されています。

ゲームプレイ時はハッキングがあっという間に終わったり、BGMに耳を傾けている余裕がなかったりと、あまりちゃんと聴けていなかったので、ようやくきちんと聴けた気がしました。
8bit音源になったことで懐かしさを感じつつも、原曲の雰囲気を色濃く残しているので、なんだか不思議な気分になりました。
「ニーア オートマタ」が遥か未来の話ということもあってか、遠い未来の音が数十年前にタイムスリップしてきたような、そんな不思議な感覚です。
でも、悪くないです。むしろ、面白いと思いました。

ゲームプレイ時に感じた感動をそのままOSTに記録したような、心に突き刺さる曲の多いとても良い作品でした。
ゲームをプレイして、BGMに心魅かれた方はぜひ買いましょう。
また、ゲーム未プレイでもおそらく十分聴けるOSTだと思うので、アコースティックサウンドなゲーム音楽好きの方にもオススメです。
「ニーア ゲシュタルト&レプリカント」の曲が好きな方は、ゲーム未プレイでも問答無用で聴いてほしいです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック