[GMCD] テイルズ オブ オーケストラコンサート2016 コンサートアルバム

昨年2016年11月30日に開催された「テイルズ オブ オーケストラコンサート2016」の模様を収録したアルバムが発売されたので、ゲットして一通り聴いてみました。
収録曲数は、全15曲。
再生時間は、トータルで約79分です。

ちなみに、開催されたコンサート自体には参加しませんでした。
今回は「テイルズ オブ ゼスティリア」(以下、TOZ)と「テイルズ オブ ベルセリア」(以下、TOB)の楽曲がメインになると事前に発表されており、開催された頃はまだTOBをクリアしていなかったからです。
TOZの曲は分かるし大好きだけど、もう一方のメインであるTOBの曲を全く知らずに行ってもなぁ、と考えた結果、今回は参加を見送りました。

その後、ようやくTOBをクリア。
そうしたら、TOBの曲が意外と良曲が多かったので、今回のコンサートアルバムの購入に至りました。
もしオケコン前にTOBをクリアしていたら、おそらくオケコン自体に参加していたかもしれません。

なんて、まだTOBのOST買ってない身で言っても、あまり説得力がありませんが。
いつか買うつもりでいます。

このアルバムの収録曲の半分近くはTOBの曲です。
残りの半分はTOZから数曲と、「テイルズ オブ」シリーズの初期作品(TOP、TOD、TOE)から1曲ずつ(OP曲)収録されています。
まぁ、コンサート開催のキッカケが”TOB発売記念”だったので、構成比としては妥当なところかと。

なお、コンサートで演奏されたはずのFLOWの楽曲は、このアルバムには収録されていません。
「BURN」と「風ノ唄」を演奏したと思うのですが。
「風ノ唄」だけでも聴いてみたかったです。サビのハンドクラップが大好きなので。
まぁ、大人の事情というヤツなのでしょう。仕方ありません。

TOBの曲はどの曲も、とても格好良くアレンジされ、そしてとても格好良く演奏されています。
TOBの楽曲が好きならば買って損はないと思いました。
確かにゲームプレイ中に良曲が多いなぁとは思いましたが、オーケストラ版はさらに格好良さに磨きがかかっています。
これは、現地で聴いてみたかったです。
もう少し開催日が後ろ倒しになって、TOBをクリアした後だったら、確実にチケットと休暇を取得して会場に行ってました。

特に「The way of the embodied dragon」がお気に入りです。
原曲はあまり覚えていないのですが、原曲に記憶がなくても魅了されるくらい、とにかく格好良いです。
Aメロの最後の「ダン、ダン、ダン、ダン」ていう部分が、聴いていて気持ち良いです。
打楽器と金管楽器の合わせ技の迫力がたまりません。

それと、順当に「Theme of Velvet」が良曲でした。
1分30秒からのメインテーマが最高潮に雄々しく鳴り響くところは、本当に聴きどころです。
この曲はゲームをプレイしていたときから好きな曲で、この曲のためにOSTが欲しいなと思っていたくらいなので、それをオケ版で聴けて満足です。
やっぱりOST欲しいな、買おうかな。デジタル配信してくれれば、軽率に買っているところなのですが。

TOZの曲は4曲収録。
そのうち、「スレイのテーマ ~導師~」と「『テイルズ オブ ゼスティリア』試練神殿メドレー」は、2015年に開催されたオーケストラコンサートの譜面とほぼ同じと思われます。
新しくオーケストラ用に編曲され演奏された曲は「Rising Up」と「ねこにん道」。
どちらも好きな曲なので、このセットリストには拍手喝采です。

特に「ねこにん道」は可愛さが溢れていて必聴です。
さすがに8bit音源ぽい部分は省略されていましたが、曲調が気紛れに変わっていくなど大体原曲に似た形で演奏されています。
また、「にゃにゃにゃーんにん♪」というコーラスも入っているので、さらに可愛さ倍増です。
観客の喝采の声や手拍子も入っているところからすると、現地でも大盛況だった模様。
その喝采や手拍子のおかげか、アルバム越しに聴いていてもまるでコンサート会場にいるかのような臨場感があります。
しかも、すごく楽しそうです。
いいなぁ、この曲も生演奏で聴きたかったなぁ。

TOZ、TOB以外の3曲のうち、TOPの「夢は終わらない ~こぼれ落ちる時の雫~」とTODの「夢であるように」は、2015年からの再演かと。
TOEの「flying」は新規に編曲された譜面になります。
「flying」はTOEをプレイして以来、久しぶりに聴いたので、非常に懐かしかったです。
OPムービーの脳内再生余裕でした。

そんなわけで、2回目となる「テイルズ オブ」シリーズのオーケストラコンサートの模様を収めた本作ですが、「テイルズ オブ」シリーズ好きとしても満足したアルバムでした。
特にTOZやTOBが好き、もしくはそのBGMが好きな方にはオススメです。
また、原曲を知らなくてもオーケストラ調のゲーム音楽が好きな方であれば、聴きやすいアルバムではないかと思います。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック