[GMCD] WORLD OF FINAL FANTASY Original Soundtrack

PS4/PS VitaのRPG「ワールド オブ ファイナルファンタジー」(以下、WoFF)のOSTを発売日直後に買ったきり放置していたのですが、ようやく最近になって一通り聴き終わりました。
CD4枚組で、収録曲数は全93曲収録。
再生時間は、トータルで4時間強です。
FFのスピンオフ作品の楽曲にしては、ボリュームがかなりあります。

ゲームは、PS4版をクリア済みです。
このOSTの一番最後に収録されている曲が流れるエンディングまでプレイしたので、たぶん最後までプレイしたと思います。
サブクエストやミラージュのコンプリートのようなやり込み要素は、それほどやり込んでいませんが。

収録曲のおよそ半分はWoFFオリジナルの楽曲、残りの半分はFFナンバリングタイトルのアレンジ曲です。
オリジナル楽曲は、主に浜渦正志氏が担当。
アレンジ曲は、主に片岡真悟氏が担当されています。

WoFFオリジナル楽曲は、全体的には明るくポジティブで、ちまちまぴょこぴょこしている感じです。
ゲームに登場するあの2頭身サイズのキャラクターたちがちまちま動いている様子を、そのまま曲として表現しているような。
音があちこちに飛び跳ね回っている感じがします。
ずっと聴いていたら、なんというか、こう、小動物の動いている様を眺めているような気分になりました。
小動物の動画のBGMにとても合いそうな曲が多いです。

そういう意味では、正しい意味でゲームのBGMに徹している感じです。
自己主張の強い派手さはあまりありません。

とはいえ、例外もあります。
「ランウェイ・メロディ」は激しい曲ですし、「メガミラージュ・メロディ」や「ギガバトル・ワールド」は正統派バトル曲といった趣の格好良さがあります。
バトル曲は大体どれも格好良いです。
浜渦さんのバトル曲が好きな方であれば、気に入るのではないかと。

というか、バトル曲に限らず、曲のあちこちから浜渦さんらしさが滲み出ています。
高音域が強くて煌びやかなところとか、曲の展開が時々ものすごくトリッキーなところとか。
浜渦さんらしさが強く感じられる曲ばかりです。

FFのナンバリングタイトルのBGMのアレンジの方は、原曲の主旋律を残したまま、かなり大胆にアレンジされています。
こちらもWoFFオリジナル曲に合わせたかのような、ぴょこぴょこした感じになっています。
格好良い曲もしっとりした曲も、大体どことなく可愛い要素が加わっている気がします。

ただ、アレンジとしては悪くないです。
原曲の良さを残して懐かしさを感じさせつつも、ゲームの可愛い世界観とマッチさせているところは、よくできていると思いました。

WoFFオリジナル楽曲もアレンジ曲も、例外はありつつもそんな可愛らしいちまっとした曲ばかりですが、きちんと耳に残るところがなんとも不思議な感じです。
ゲームをプレイしていたときにはあまり意識していませんでしたが、改めてOSTで聴き直してみたら結構耳に残っている曲が多くて驚きました。
OSTを紐解くまではゲームプレイ時の記憶を結構忘れかけていたのですが、OSTを聴き始めたら「そういえば、あのシーンでこの曲が流れていたなぁ」とプレイ時のことを思い出すことが多かったです。
やはり、ゲームプレイ中に長時間耳にしているから、耳に刷り込まれているのでしょうか。

あと、OSTで改めてBGMを聴き直して、良曲が多かったことにも気付かされました。
ゲームプレイ時はそれどころではなかったこともあり、あまり意識してBGMを聴いていなかったのですが、曲単体で聴き直したら「この曲、結構良いな」と感じることがしばしば。
「ノリノリ・メロディ」は、OSTで初めて良さを実感しました。この曲、今回のOSTの中ではかなり好きな曲です。

WoFFの曲は、可愛らしいちまっとした雰囲気の曲ばかりなので、そういう曲が好みの方にはオススメです。
ゲームをプレイしていないと入り込み難い類のOSTですが、ゲームをプレイしていて「この曲良いな」と思ったことが何度かあったなら、買いかもしれません。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック