[GMEV] Game Addict's Music Ensemble 6th Concert

6/17に、ゲーム音楽専門の吹奏楽団「Game Addict's Music Ensemble」(通称、GAMEバンド)の演奏会「6th Concert ~イーファの樹の下で~」が開催されたので行ってきました。
会場は、越谷サンシティホールの大ホール。
開演は16:00で、終演は19:15頃でした。

■3時間超という長時間の中に凝縮された音によるゲームの世界
久しぶりに、3時間以上という長時間の演奏会を体験しました。
ここ最近は、公式主催(あるいは公式が後援)の演奏会の開催が随分増えましたが、そういった演奏会の大半は大体2~3時間。
そうではない有志による演奏会でも、3時間を超えることは滅多にありませんでした。
そういえば、3時間もたっぷりとゲーム音楽の生演奏漬けになったのは、いつ以来だろう。

途中2回の休憩があったものの、3時間以上座りっぱなしだったので、さすがに演奏会後はいつも以上に疲労感を感じましたが、同時に充実感もたっぷりでした。
ゲーム音楽を主体としたゲームの世界が、3時間の中にぎゅっと詰まっていて、とても濃密な世界がそこにありました。
ゲーム好き、ゲーム音楽好きとしては、そこに魅力を感じないわけはなく。
終わってみれば、あっという間の3時間でした。

とはいえ、尺が今回の演奏会以上に長かったら、さすがにダレていたと思います。
鑑賞する身としては3時間前後が限度でしょうか。
今回ぐらいの尺が、個人的にはちょうど良く感じました。

■回を重ねるごとに演奏はレベルアップ
GAMEバンドの演奏会に行く度に感じることですが、演奏自体は回を重ねるごとにレベルアップしているように思います。
GAMEバンドの演奏会には「2nd Concert」から足を運び続けていますが、その頃に比べると確実に相当上手くなっています。

2ndの頃から、ゲーム音楽への情熱は、他の団体に負けず劣らずでした。
ただ、情熱が先走っていて、演奏自体は決して手放しに褒められるものではありませんでした。
それが、数回前から音色に安定感が出るようになり、演奏を安心して聴けるようなっていきました。
音を盛大に外したり調和が乱れる回数が劇的に減って、すごく聴きやすくなりました。
その点は、今回も健在でした。

今回はその上に更に、ゲーム内の世界観や登場人物たちの情感までもが、曲によってははっきりわかるほど表現されていたように感じました。
ただ演奏するだけでなく、ゲームを知っている人だけでなく、ゲームを知らない人にもその雰囲気が少しでも伝わるようにという、そんな意思を演奏の端々から受け取りました。
ただ「この曲が好きなんだーっ!」という情熱をステージから放出するだけではなく、演奏側と観客側の間で思い出や記憶も含むゲームの世界を共有する空気感がありました。
その空気感が、とても心地良かったです。

■吹奏楽らしい力強く楽しい演奏
演奏自体は吹奏楽らしく非常に力強いものでした。
腹に響くような金管の低音や、心地良く耳を撫でていく木管、場に彩を与えて盛り上げる打楽器、どれも見事な演奏でした。
それらが上手く融合して一体となった音が、洪水となって押し寄せてくる様が感じられるほどに、圧倒されました。
その圧倒される感じが、楽しかったです。

楽しいと言えば、演奏者の方々からも「楽しい!」オーラをしばしば感じました。
難しい曲であるほどに、それが強かったように思います。
ゲーム音楽を演奏できる喜びはもちろんのこと、もっと根幹の吹奏楽自体も楽しんでいる様子が窺えました。
和音が綺麗に揃った時、難しいフレーズを決めたとき、その時々にそのような雰囲気を感じられて。
それに中てられたのか、その点も鑑賞していて嬉しいというか楽しかったです。

■吹奏楽用に原曲をうまく落とし込んだ編曲
アレンジはそれほど強くなく、かといって全くないわけでもなく。
原曲やゲームの雰囲気を色濃く残したまま、吹奏楽、それもアマチュアの楽団で演奏可能なレベルに落とし込まれていました。
原曲を忠実に再現するのではなく、ゲームの世界観や原曲のニュアンスを忠実に再現するような、そんな感じです。

原曲を知っている曲でも、違和感は特にありませんでした。
むしろ、吹奏楽用に壮大さが2~3割増しにアレンジされていた分、非常に熱くて満足しました。

ここはどうしても外せないという超絶技巧部分もいくつか残っていましたが、そこは演奏されている方々が頑張ってクリアしていました。
そのような難解な部分であってもトチることはあまりなくて、見事にクリアしていっていました。
そういう点からも、演奏者の方々のレベルアップっぷりを感じました。

■吹奏楽に合唱が加わったことによる幅の広いハーモニー
今回の演奏会には、ゲーム音楽のコーラス団体「Chor Crystal Mana」(以下、CCM)も賛助参加。
4th Concert以来の再登場です。

CCMのコーラスも、端的に言えばとても素晴らしかったです。
とてもしっかりと響き渡る歌声で、吹奏楽の演奏にさらなる花を添えていました。
吹奏楽だけでは限界がある表現の幅を、CCMの参加によってググッと広がっていて。
歌声が乗るだけで、こんなにも表現に幅が出るものかと感嘆しました。

また、CCMのコーラスの入り方が絶妙で。
ここでコーラスが欲しいなぁ、というところに入ってくるのはもちろんのこと。
ここでコーラスが加わるのか、という意外性もところどころにあって。
とにかくとても良かったです。
歌声の偉大さを、改めて実感しました。

■演奏会のテーマは「映画」
今回の演奏会の構成は、全3部構成。
第1部と第3部はがっちりした演奏で、第2部はGAMEバンドではお馴染みの演出たっぷりな演奏でした。

今回の演奏会のテーマは「映画」。
第1部と第2部は、その「映画」をもとにしたストーリー仕立てで進行しました。
そのテーマの都合上、某TVの映画枠のOPに流れるジングルが演奏されたり、映画館の上映前告知でお馴染みのカメラ頭のアイツが登場したりといった仕込みもありました。
カメラ頭のアイツについては、ちょうど演奏会の数時間前に映画館へ行ってきたばかりだったので、なんだか妙なデジャヴュを感じてみたり。
数時間前に見たばかりで本家本元の映像が記憶に新しくて、それと比較しながら見ていたのですが、再現度があまりに高くて驚きました。
違和感が仕事しませんでした。

第3部はテーマから離れて、FF9の曲を組曲仕立てでがっつりと演奏。
第3部は演出一切なしの、演奏によるガチンコ勝負でした。

GAMEバンドでお馴染みの演出は、全体平均を考えると、過去の演奏会に比べて控えめでした。
演出にかける力の大半を第2部に注ぎ込んだ形になっていたため、第2部だけが突出して演出が強かったです。

その第2部の演出ですが、力の入れ具合が良い意味でおかしなベクトルにすっ飛んでいました。
かなりがっつりとした演劇がステージ上で披露され、それに吹奏楽団による生演奏のBGMが付いたような感じです。
ネタを盛り込みつつも、シナリオだけではなく台詞まである演出で、本格的でした。
演奏よりも演劇の方に集中力を取られてしまって、演奏をあまりしっかり聴けなかった点だけが心残りでしたが、演出が素晴らしかったので文句はあまりありませんでした。
むしろ、楽しかったです。

■コスプレ楽団は今回も健在
GAMEバンドの演奏会と言えば、演奏者のコスプレも魅力の一つ。
今回も、第1部と第2部は、コスプレ姿で登場されていました。
それも、GAMEバンドの演奏者だけでなく、CCMの方々まで。
4thのとき以上にCCMがガチのコスプレをしていたことには驚きました。いいぞもっとやれ。

どのコスプレもゲームにちなんだものばかりなので、ゲーム好きとしてはたまりません。
自分の好きなキャラのコスを見つけると、テンションが上がりました。
なんだろう、なんでコス一つでこんなに熱く楽しくなれるんだろう。

■感想まとめ
毎回、耳で楽しめて目でも楽しめるGAMEバンドの演奏会ですが、今回も非常に楽しい演奏会でした。
今回は演奏により一層磨きがかかっていて、とても聴き応えのある演奏会でした。
CCMとのタッグも絶妙で、互いに良い感じに共鳴し合っていて、迫力と表現の幅のある演奏だったと思います。
次回の演奏会の概要の発表はありませんでしたが、次回もあればぜひ参加したいと思います。


これより下の追記は、今回の演奏会のセットリストと、ゲームタイトルごとの感想になります。


セットリストは次の通りです。

-----
[開演前アンサンブル]
P-01. ミュージックベルアンサンブル
クロノトリガーより ミュージックベルプチメドレー
やすらぎの日々/クロノとマール~遠い約束~/遥かなる時の彼方へ/エピローグ~親しき仲間へ~

P-02. FEだいすき混成アンサンブル
ファイアーエムブレムシリーズより いくか来た遠征
遠征(覚醒)/遠征~炎(覚醒)/いつか来た旅路~轟(if)/いつか来た旅路(if)

P-03. サックスアンサンブル
ロックマン9より ロックマン9メドレー
Stage select/we're robots/Galaxy Fantasy
アニメ「けものフレンズ」より「ようこそジャパリパークへ」

[第1部]
1-01. 大乱闘スマッシュブラザーズXより「メインテーマ」
1-02. エースコンバット・ゼロより「ZERO-near the border-」
ZERO/near the border
1-03. 天外魔境II 卍MARUより「エンディング」
宇宙空間(卍丸のテーマ)/Lマップ(聖剣あり)/極楽のテーマ/カブキのテーマ/絹のテーマ
1-04. GRAVITY DAZEメドレー
万有引力の発見/オルドノワ/プレジューヌ/ヘキサヴィルの亡霊/反抗と殲滅/フェイタルムーブ!/GRAVITY DAZE~重力的眩暈

[第2部]
2-01. ときめきメモリアル
ときめき/思い出の数だけ…/Fan! Fan! Summer Vacation/気になるチョコレート/こたつでみかん/プラネタリウム/通学途中のあのお店/つかの間の休日/告白/二人の絆
2-02. FINAL FANTASY IXより 劇中劇「君の小鳥になりたい」
アレクサンドリアの空/ブラネ登場~劇開幕/この刃に懸けて/Vamo' alla flamenco/今宵/あやまちの愛/バトル1/ファンファーレ

[第3部]
3-01. 組曲『FINAL FANTASY IX』
【第1楽章】
いつか帰るところ/辺境の村ダリ/ジタンのテーマ/黒のワルツ/バトル2/南ゲート突破
【第2楽章】
あの丘を越えて/ハンターチャンス/フレイヤのテーマ/永遠の豊穣 Eternal Harvest/ローズ・オブ・メイ
【第3楽章】
飛空艇ヒルダガルデ/テラ/時を刻む城 パンデモニウム/独りじゃない
【第4楽章】
破滅への使者/最後の闘い/記憶の歌/盗めぬ二人のこころ/その扉の向こうに


[アンコール]
E-01. FINAL FANTASY IXより「Melodies Of Life~Final Fantasy」
E-02. スーパーマリオメドレー
スーパーマリオワールドより「エンディング」
ヨッシーアイランドより「アスレチック」
スーパーマリオワールドより「エンディングギャロップ」
スーパーマリオ64より「スライダー」
マリオカートWiiより「レインボーロード」
スーパーマリオギャラクシーより「ウインドガーデン」

-----

これより下は、ゲームタイトルごとの感想になります。

P-01. ミュージックベルアンサンブル
ミュージックベルによるアンサンブルが、ロビーにて披露されました。
普通(?)の楽器とは演奏や楽譜の読み方の勝手が違うので、音を合わせるのがたいへんそうでしたが、完成度はかなり高かったと思います。
少なくとも、途中で空中分解するようなことはありませんでした。

また、選曲もミュージックベルに合ったもので、そこも好印象でした。
さらに、越谷サンシティホールのロビーの響きが意外と良くて、その点もミュージックベルにとって良い方向に作用していたような。
澄んだ音色が耳に気持ち良くて、心が洗われるようでした。

P-03. サックスアンサンブル
まさか「けものフレンズ」とはっ!
演奏された曲はアニメのOP曲でしたが、けもフレ自体は確かスマホゲームが発祥なので、ゲーム音楽専門のGAMEバンドが演奏してもおかしくないと言えばおかしくありませんが。
しかし、まさか「けものフレンズ」とはっっ!(大事なことなのでry

意外と言っては語弊を招きそうですが、これがまたすこぶる格好良い演奏でした。
原曲のどったんばったん大騒ぎ感もありつつ、スマートさも含ませたような演奏で。
萌えればいいのか惚れればいいのか、良い意味で困惑しながら鑑賞していました。

というか、サックスであれだけ颯爽と吹ければ、そりゃ格好良いに決まってるじゃないですかー!
サックス格好良いよサックス。

1-01. 大乱闘スマッシュブラザーズXより「メインテーマ」
パンフレットで曲名を見たときは「たぶん知らない曲、かも?」と思っていましたが、聴き覚えありました。
数年前に「題名のない音楽会」のゲーム音楽特集回で演奏された曲でした。
演奏が始まってすぐに気付きました。
あの曲って、スマブラXの曲だったのか。今更知りました。。。

CCMのコーラスによる歌唱付きの演奏で、初っ端からCCMが大活躍でした。
特に、男声および女声ソリストの方の歌声が素晴らしかったです。
芯の通ったしっかりした歌声で、安定感がありました。
安心して聴いていられる美声で、とても耳当たりが良かったです。

1-02. エースコンバット・ゼロより「ZERO-near the border-」
自分の大好きな曲がめちゃくちゃ格好良く演奏されて、テンションが一気に天井をぶち破りました。
以前PRESS STARTで初めて聴いて一目惚れしてOSTを衝動買いして以来、「ZERO」は大好きな曲の一つだったので、まず、この選曲自体が嬉しかったです。
その上、あんなに分厚い低音の響く力強い演奏をされた日には、もはやたぎらないはずがありません。
カスタネットを始めとしたパーカッションの連打に加えて、10人前後による一糸乱れぬハンドクラップ付き。
そして、CCMのコーラスの響き。
どこを切り出してもものすごく迫力のある演奏で、非常に満足しました。

欲を言えば、カスタネットがもっと前に出てきてほしかったなぁ、と多少思いもしましたが。
カスタネットがすごく格好良い曲なのに、他の音に埋もれてしまった点は少々残念。
でも、他の楽器の演奏も格好良くて、その点を補って余りがあるほどでした。

またCCMとともに演奏会を開催される際には、次はぜひエスコン5の「The Unsung War」を演奏してほしいです。

1-04. GRAVITY DAZEメドレー
GRAVITY DAZEは、OSTを持っているもののゲームは中盤あたりで詰んだ身だったので、曲に馴染めるかどうか不安もあったのですが、今回演奏された曲はどれも聴き覚えのある曲ですこぶる楽しめました。
ゲームをプレイしていると何度も耳にする曲ばかりだったし、原曲に沿った形の編曲と演奏だったので、とても聴きやすかったです。
まぁ、そのためか、ゲームプレイ中の苦い記憶も思い出されましたが。
360度視点を変えられるため、敵を見失うわ見当違いの方向に落ちていくわ思った方向へ飛んで行けないわで、「あ、俺、やっぱりアクションゲーム下手だった」と気付かされたことを、演奏を聴きながら思い出して軽く凹んでいました。
曲も演奏も素晴らしかっただけに、余計にプレイ当時のことを如実に頭を過って仕方ありませんでした。

でも、なんだかんだ言っても、GRAVITY DAZEは良曲が多いなぁ。
今回の演奏会で、改めてしみじみ感じました。

2-01. ときめきメモリアル
ときメモは、実はゲームの概要もシステムもBGMもほぼ知らないのですが、今回の演奏会で少なくとも「爆弾処理」に意味は把握しました。
演奏前のMCで妙に念押ししていたけれど、なるほど、そういう意味だったのか。

演劇の内容は、途中で結末を容易に予想できたくらいに、分かりやすい典型的なコメディタッチ。
そのおかげか、ときメモについてはほぼ無知の自分でも、非常に面白おかしく鑑賞できました。

ただ、その一方で、曲の方は正直あまり記憶に残っていません。
演劇の方に目と耳を向けていたため、BGMまで意識を回せませんでした。
途中でふと「演奏が良い演出の一役になっているなぁ」と感じた覚えがあるので、少なくとも邪魔に感じることはなかったと思います。

2-02. FINAL FANTASY IXより 劇中劇「君の小鳥になりたい」
この劇中劇ですが、吹奏楽団の演出の一つとしてはお釣りが出るほどに、とても完成度の高いものになっていました。
それは「力の入れる方向を若干間違っていないか? 劇団ではなく、楽団だよね?」と思わずにいられなかったほどです。
それくらい、本格的な演劇になっていました。

演出のタイミングの合わせ方や表現、工夫された小道具など、細部の一つ一つまで丁寧に配慮されているのが、鑑賞しているだけでも窺えました。
そして何よりも、殺陣がものすごく迫力がありました。
武器の振り方や避け方、捌き方が、完全にガチ。
ステージ上だけでなく、観客席までも舞台にして走り回りつつ、殺陣を繰り広げていました。
その上で、ゲーム中のタイミングゲームもばっちり再現。
ここまで再現するために、どれくらい練習を重ねたのだろう。
なんか、とにかく凄かったです。

その一方で、演奏も素晴らしかったです。
その中でも特に印象に残ったのは、殺陣のシーンのバックで流れていた「Vamo' alla flamenco」。
フラメンコ調の情熱的で勇ましいリズムが殺陣のシーンとピッタリ合致していて、良い感じに相乗効果を発揮していたように思います。

それにしても、GAMEバンドって演奏だけでなく演劇までやり遂げてしまうのだから、本気で「総合エンタテインメント楽団」と名乗って良いのではないでしょうか。
ここまで来ると「吹奏楽団」という肩書だけでは役不足な気がします。

3-01. 組曲『FINAL FANTASY IX』
第3部はまるっと、今回の演奏会のメインディッシュであるFF9。
全4楽章構成で、FF9の世界が展開されました。

このFF9の演奏がとてもすごくて、圧倒的な音の洪水で会場全体を飲み込まんとするほどの、圧巻の演奏でした。
さらに、それだけでなく、ゲームで表現されるキャラクターたちの心情を反映したかのような情感も、音色に込められていたように思います。
ただ上手に楽しく演奏しただけではなく、ただゲーム音楽が好きという情熱を込めただけでなく、ゲーム音楽を演奏することでゲームを表現しようとした、その断片のようなものが時々垣間見えた気がしました。

また、構成が緩急のメリハリの付いたものになっており、最後まで飽きることなくワクワクした楽しさを維持したまま鑑賞できました。
総合的に、とても良い構成、編曲、そして演奏でした。

【第1楽章】
「いつか帰るところ」をリコーダーアンサンブルで演奏した点は、本当にGJです。
この曲は、下手に編曲して音を重ねるよりも、原曲通りのリコーダーアンサンブルの方が落ち着きます。
リコーダーアンサンブルというシンプルだからこその良さがそこにあると思うし、今回の演奏でもそれが引き出されていたと思います。

「バトル2」のAメロに、主旋律とそれよりほんの少し遅れて追従する伴奏があったのですが、それが完璧に再現されていたのがすごかったです。
タイミングを合わせるのがとても難しい箇所だったと思うのですが、乱れることなくほぼ完ぺきに吹きこなされていました。
ここまで細かいことはせず主旋律で一本化すると思っていただけに、GAMEバンドのこだわりの強さを感じました。

【第2楽章】
短い曲なのですが、FF9の中でも個人的に1, 2を争うくらいに好きな「永遠の豊穣 Eternal Harvest」をがっつりしっかり演奏してくれたのは嬉しかったです。
踊れるようなテンポの良さも転調も原曲通りで、とてもたぎりました。
その再現度の高さ故に、フレイヤの踊りの脳内再現が余裕なほどでした。

【第3楽章】
第3楽章は何と言っても「独りじゃない」がとても良かったです。
途中から入ってくるパーカッション隊とドラムが、良いところを片っ端から掻っ攫っていったようで。
原曲よりも力強い演奏で、迫力ががありました。

【第4楽章】
ラストバトルの「破滅への使者」「最後の闘い」の迫力が素晴らしかったです。
いかにも最終決戦と言わんばかりの力強い演奏で、HPがガリガリ削られていく様が見て取れました。
吹奏楽ならでは、生演奏ならではの荒々しさもある攻撃的な演奏で、とにかく迫力が凄まじかったです。
死地に赴くが如くの真剣さの中に、しかし、その状況すらも楽しんでいるような雰囲気が、演奏の中で感じられたような気もします。
最終決戦という緊張感と、その決戦を楽しんでいる節が感じられて、こちらも不思議と楽しさを感じてたように思います。

「最後の闘い」の冒頭のおどろおどろしいうめき声は、CCMの方々GJでした。
良い感じにおどろおどろしさや不気味さが醸し出されていました。
やる方はたいへんだったかもしれませんが、その甲斐は十分にあったと思います。

最終決戦後のエピローグ、本編最後の「その扉を開けて」は、ドキドキワクワクしながら聴きました。
ゲームプレイ済みなので展開は分かっているのですが、それでもラストのグワッと盛り上がるところは、今回の演奏でも再現。
それを聴いて、心の中で喝采を上げました。
大団円で綺麗にまとまって、本当に良い結末でした。

E-01. FINAL FANTASY IXより「Melodies Of Life~Final Fantasy」
本編が「その扉の向こうに」で終わった時点で、アンコールが「Melodies Of Life」であることは明白でした。
が、いざ生で演奏されると、やはり感動的なものでした。
「やっぱりこの曲がないと、FF9は終われない!」という想いがありつつも、「泣ける!」という条件反射的な想いもあり。
良曲は何度聴いても心に響く曲なのだなと、しみじみ実感しました。

GAMEバンドの演奏にCCMのコーラスが加わって、感動がより倍増。
歌詞に込められた想いが歌声に乗って響くと、楽器演奏以上の表現力があって、もはや感動しかありませんでした。

そして、FFメインテーマの国歌っぷりといったら、もう。
このメインテーマが流れた途端に、空気感が涙腺崩壊余裕の感動的なものからビシッと引き締まったものに一瞬で変わったのが、興味深く面白かったです。
この曲は我々の業界の国歌の一つであると、もはや遺伝子レベルで刷り込まれているような気がするくらい。
それくらい、FFメインテーマの国歌っぷりが半端なかったです。
壮大で奥深くて思い入れも一入で、胸に手を当てて聴きたい演奏でした。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック