[GMCD] The Epic of Zektbach -PIANO COLLECTION-

BEMANIシリーズで展開された「The Epic of Zektbach」(ゼクトバッハ叙事詩)のピアノソロ集「The Epic of Zektbach -PIANO COLLECTION-」をゲットしたので、一通り聴いてみました。
全17曲収録で、再生時間は約63分。

ちなみに、BEMANIシリーズはほぼ未プレイです。
ただ、OSTは何作品か借りて聞いたことがあり、その中に収録されていた「Blind Justice」や「Apocalypse」、「Turri -Panta rhei-」が妙に強く琴線に引っかかりました。
それがキッカケで「The Epic of Zektbach」シリーズの曲がどうも好みそうだと直感し、アルバム「Ristaccia」と「Masinowa」も両方入手して聴いたことがあります。
その流れでPIANO COLLECTIONも存在していることは知っていましたが、「Ristaccia」と「Masinowa」で満足してしまっていたこともあり、なかなか手が出ず幾星霜。
そんな時にふと立ち寄ったショップでこのCDを見つけて、気が付いたら手に取ってレジに並んでいました。
衝動買いってこわいわー(棒

そんなすこぶる軽いノリで買った本作ですが、意外と結構ツボな曲が多かったです。
原曲に負けないくらいの迫力ある演奏とアレンジでした。
むしろ、ピアノの音色だからこその煌びやかな力強さと物悲しさ、切なさが感じられて、自分の好みの曲が多数。
格好良さと儚さがあちこちに散りばめられていて、こういう曲大好きです。

それと、「よくこんなに指が動くなぁ」と思うような超絶技巧曲ばかりなところも驚きでした。
トリッキーな動きをする曲があちこちにあったり、一見物静かな曲なのに伴奏部分がなんだかすごい連打になっていたり、なんだかすごいです。
これだけピアノを弾ければ、きっと楽しいだろうなぁ。
というわけで、これ、誰か生で演奏してくれないでしょうか(ヒドい無茶振り

なお、「PIANO COLLECTION」という名前の通り全曲ピアノソロなので、ボーカルや他の楽器音は入っていません。
その点については購入時点から頭では理解していたのですが、どうやら感覚が追い付かなかったらしく、最初に本作を聴いたときは若干の物足りなさを感じました。
原曲が耳に染み付いていたからでしょうか、「あれ、こんな曲だったっけ?」という違和感のようなものがありました。
ただ、何周も聴いているうちに、次第にこれはこれで良いんじゃないかと感じられるようになり。
そのうち「あ、よく聴けば、この曲格好いいじゃん」と感じるまでに至りました。
今では、このCDを聴きながら、ボーカルは脳内補完されています。

収録曲の大半の出典元は「Ristaccia」のようです。
3曲だけ「Ristaccia」未収録曲もありますが、それらはボーナストラック的な立ち位置にあります。
どうやら発売が「Ristaccia」→「PIANO COLLECTION」→「Masinowa」の順だったらしいので、基本軸が「Ristaccia」なのはもっともかと。

わりとどの曲も良かったと思いますが、その中でも特に気に入っている曲は、

・Overture -Ristariccia- 序曲リスタチア
・Shamshir Dance -シャムシールの舞-
・Apocalypse -罪狩りの聖女-
・Turri -Panta rhei- トゥーリと星の民
・L'erisia(Primal Logic) -赤き天使-

あたりでした。
後者3曲は連続で並んでいて、ここの流れは本当に聴き応えがあります。たぎります。

それと、

・Holy Kingdom of Noigllado -傀儡の王国-
・Blind Justice -それぞれの正義-

は、流れが好きです。
明確に2曲で1つの流れになっているというか。
ゼクトバッハ叙事詩で描かれている物語の内容はほぼ把握していないのですが、曲から物語がなんとなくイメージできるところが気に入っています。

ゼクトバッハ叙事詩を知らなくても、BEMANIシリーズを知らなくても、このアルバムだけでも十分に聴ける作品になっています。
とても聴き応えのある良曲ばかりで、このまま埋もれてしまうのは勿体ないと感じるくらいです。
ドラマティックなピアノソロ曲が聴きたい方にはオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック