[ゲームRev] FINAL FANTASY 7 ADVENT CHILDREN

Amazonにしては珍しく発売日当日に手元に届いたので、早速鑑賞。
# Amazonからの商品は、これまで大抵2?3日遅れだった。

ちょうど、ROのギルド会議と重なってしまったため、
ROをプレイしながらの鑑賞となってしまったけれど。


映像は、FF10や10-2のムービーを見てるような感じ。
確かにリアルはリアルなんだけど、
CG臭さが残ってるというか。
リアルさから比較すれば、映画版FFの方が上かと。
それでも、ゲームの正統な続編だから、
CGっぽさが残ってても、それはそれでアリかなとも思う。

アクションシーンが全体の半分以上を占めてるけど、
あれは、生身の人間使ってたんじゃ再現不可能かと。
映画「カンフーハッスル」の100倍以上の規模で「ありえねー」展開。
とはいえ、そのへんもCGっぽさが残ってるという点で、
なんとなく納得してしまえたり。
というか、あそこまで突き抜けると爽快。見応えたっぷり。

音楽は、ゲームに比べかなり脇役に徹していた。
もちろん、盛り上げるべきところは盛り上げていたし、
FF7の名曲をアレンジした曲も多くて、
GM好きとしては音楽だけでも楽しめる。
とりあえず、
スタッフロールのBGM中に
FFの楽曲の中でも一番好きなメインテーマが入ってたところで、
個人的には大満足。
# FF10も11も、メインテーマがないあたりでFFっぽくないと思ってる若干1名。

でも、最後のイメージソングはいらなかった気もする。


ムリヤリこじつけた感も多少あるストーリーだけど、
あの映像とアクションシーンが見られただけでもわりと満足。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック