[本] 第134回芥川賞・直木賞

2006/01/08(日) 20:31:49 | カテゴリ:雑記
芥川賞候補に松尾スズキさん 直木賞とともに候補作発表

芥川賞は、どーでもいいや。

直木賞作品は、これまでいくつか読んでみたことがあるけれど、
ぶっちゃけどれもあまりおもしろくなかったり。
同じ作家の作品でも、直木賞受賞作より別の作品の方がおもしろかったです。
そういう点では、日本推理作家協会賞の方がまだ信用できます。

それはともかく。
直木賞候補作に、今年度の日本ホラー小説大賞受賞作が入ってるところに注目。
ホラー小説大賞は良作を数多く輩出しているところなので、
受賞作「夜市」もあらすじを見て読んでみたくはあったけれど、
ハードカバーという理由で、最後の一歩を踏み切れなかったり。
通勤電車の中で立ち読みするには、ハードカバーは少々重いしかさばるし。

今回、直木賞候補作に選ばれた、てことで、
期待が50%アップ。不安も50%アップ。
うーん、ホラー小説大賞受賞作だから期待は大きいんだけど、
直木賞候補に選ばれたってところが少々不安。。。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック