[マンガ] きみのカケラ 第5巻

第1, 2巻が出た頃は、「最終兵器彼女」と比べられて、
何かとカワイソウな作品だったけれど、
最近はあまり比べられるという話も聞かなくなったような。

それはともかく。
今回の巻で、下の世界に落ちてからの流れに、
まずは一区切り付いた感じ。
巻を重ねるごとに話が重く痛くなってきてるような気もするけれど、
おもしろかったので個人的にはOKです。
特にナマズ(飛行船)から脱出するところ。
イコロのけなげさもいいけれど、
戦族の体育会系なノリの手助けが好きです。


次巻、新章突入って感じかな。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック