[映画] ピーナッツ

2006/01/29(日) 15:53:14 | カテゴリ:映画
大方の予想通り、先週平日夜に前売りを買いに行くなんて器用な真似、
俺にはできませんでした。。。orz
なんで「今日こそはっ」ていう時に限って、残業てんこもりになんのさ。。。


てわけで。
「ピーナッツ」鑑賞してきました。
これから「裏ピーナッツ」を開封しますです。


早めに渋谷Q-AXに着いたので当日券でも十分席を確保することができたけれど、
開演の頃には90%ぐらいの席が埋まってました。
開演直前に後ろまで見渡したわけじゃないけど、たぶんそれくらい。

わりと普通に青春映画でした。
番宣で内村さんが言ってたとおり、まさに「おっさんたちの青春映画」。
ストーリー自体はベタの連続なので、
ベタ好きにはたまりません。
笑いどころがかなりあちこちに挟み込まれていたので、
ベタ連続であってもかったるくなることもなく、
その笑いがいいアクセントになってたんじゃないかと。
それがあるから、奇をてらわないストレートな話で十分だったとも思えるです。


ED曲「君の中の少年」。
アルバム「LAST PLAN」買ったきりまだ聴いてなかったので、
この映画で初めてフルコーラスで聴きました。
かなり好みかも。曲として。
仮にまだアルバム買ってなかったとしても、
映画見終わったら即買いに走ってたかもしれない。


キャストについては、まぁアレです。
「内村さんはやっぱり憂いを含んだ横顔がいい感じなんだよ、くぅーたまんねーっ」
とかファンの欲目満載で語り出すと2, 3時間経過しかねないので、
彼は置いとくとして。
他のキャストの中では、大竹さんが一番印象強かったです。
居酒屋のドアに寄りかかってちょっと空を見上げるシーンの表情が、
妙に記憶に残ってて。
あとは、カメオ出演のみなさんがいい味出してたんじゃないかと。

それにしても、カメオ出演、人多過ぎw
カメオじゃなくても、出演者の顔ぶれが、
これまで内村さんがやってきた番組のどっかで繋がってたような方ばっかりで、
その歴史を見てるようでした。

ところで、出川さんは一体どこで出てきたんだろう?

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック