[音楽] ORBITAL MANEUVER phase two : anemotaxis

2006/02/23(木) 23:43:37 | カテゴリ:音楽
Amaz○nからようやく届きました。
手元に届いたのが今週月曜。
発売1ヶ月前に予約し、届いてみれば発売日から10日遅れ。
待ってるだけでひどく疲れた気がする。。。orz


とまぁ、ショップに対するグチはともかく。


「ORBITAL MANEUVER」3部作の2作目「anemotaxis」。
前作「geotaxis」より待つこと4ヶ月。
ボーカル3曲にセルフアレンジ2曲、ボーカルレスが3曲という構成は前作と同じ。
コンポザも前作と同じく大嶋啓之さん。ボーカルは茶太さん

表題作「anemotaxis」は前作と同じような雰囲気で、
無機的で幻想的な透明感のあるTechno調の曲。
今作も収録曲全てがこの調子なのかと思ったら、
2曲目「風タチヌ」と3曲目「amrita」はNew Age色がやや強く、
「geotaxis」とは毛色の異なる面を見せてくれる。
まぁ、TechnoであってもNew Ageであっても、
収録されているどの曲も茶太さんの透明な声がよく合ってます。
すごく綺麗です。ヒーリング効果ばっちり。

というか、大嶋さんはNew Age系の曲の方がうまいと思うです。
Technoも素晴らしい曲多いんだけど、
そのさらに上をいくのがNew Ageの曲じゃないかと。
# NewAgeというよりは民族系だけど、
# 大嶋さんの2ndアルバム収録の「天路歴程」は名曲だと思う。
## 「amrita」がアムリタって名前なのはきっと偶然に違いないと思ってみる。


このシリーズのコンセプト、実は最近知りました(遅
知ってから歌詞を読んでみたら、スケールの大きさに感動。
一度は歌詞を読んで、じっくり聴くべき曲なのかも。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック