[GMCD] iFUTURELIST

山岡晃氏が手がけたBEMANIシリーズの楽曲を一枚に収めた作品。
・・・・・・だったっけ?


ゲームコンポーザが手がけた楽曲として聴くと、
異質な感じの曲が多い気がする。
なんて言ったらいいんだろう。
無機質なのに有機的に重く響く音が、生理的な部分を直撃するような感じ。

初めて一通り聴いたとき、

なんて艶かしい音なんだっ!

と感じました。そういう意味で異質。
ちなみに↑は誉め言葉のつもり。

海外で受けがいいという話も、なんとなく納得。
全体的に、どことなく洋楽っぽい匂いがする。


気に入ったというか気になった曲ごとに。

[The policy of the iFUTURELIST]
「Akira Yamaoka」が聞き取れたので満足。

[Maria]
こういう静かな曲も書けるんだΣ
ピアノと弦とボーカルの、非常にシンプルな曲。
このアルバムで唯一落ち着ける場所かと。
サビへと盛り上がっていくシーケンスが聴きどころ。これイイ、オススメ。

[狂った季節]
ボーカル以外がかなりツボ。
冒頭1分がものすごく好きです。
とはいえ、ボーカルも曲の雰囲気には合ってるから、これはもう好みの問題かと。

[ライオンはともだち~ライオン好き]
山岡氏はライオン好きなんですか?
「好き」の方は、なんか好きです。
どこがというのはわからないけど、漠然と曲の雰囲気がおもしろい。

[bitmania]
うぐいす嬢バージョンから毒を抜くとこうなりました、という感じ?
とはいえ、うぐいす嬢バージョンの第一印象のためか、
そっちが耳から離れてくれません。
あまりにしつこく張り付いてくるから、最近お気に入り曲になりつつあります。

[エイプリルフールの唄]
今日聴けたから非常に満足。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック