[ゲームetc] 魔界塔士SaGaの記事

この時代に、GB版「魔界塔士SaGa」の記事を目にするとは。。。!


サガシリーズといえば、
「魔界塔士SaGa」から始まり、
「SaGa2 秘宝伝説」「SaGa3 時空の覇者」とGBで3作出したあと
プラットフォームをSFCに変えて「ロマンシング サガ」シリーズを3作、
さらにPSで「サガ・フロンティア」を2作、
PS2で「アンリミテッド サガ」とロマサガ1のリメイクと、
歴史がかなり長い。
よくよく考えてみれば「アンリミテッド」以外は、
クリアしたかどうかは別として、必ず1回は触れている。
SFC時代のロマサガはどれもおもしろかったし、
一部では批判の多いサガフロ2もかなり楽しめた。

が、個人的に一番好きなのは第一作目の「魔界塔士SaGa」だったり。
一般的に評価の高い2より好きです。
あの突き放したストーリーや、
夢や希望を極小に抑えたダークな雰囲気がかなりツボです。

てわけで。
当然、WS版も持ってますよ。
絵がキレイになってキャラの成長が早い分、やりやすかったです。


サガシリーズはGBの3作とSFC以降とでは別物、と言われているけれど、
GB版1と2で採用されたレベル制を廃した成長システムは
結局SFC以降でも継承しているし、
何より「神(もしくはそれに匹敵する存在)と人との戦い」という構図は、
一貫していると思うのです。
そういう点ではFFシリーズよりは結びつきが強いかと。
そんなこんなで、俺の中ではサガシリーズはGB版から繋がってるです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック