[ゲームRev] ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者

と言っても、ディスクシステムの方ではなく、
GBA用に発売されたファミコンミニシリーズの方です。


コマンド入力タイプのテキスト型アドベンチャー、とはいえ、
ファミコン時代の作品だからストーリーはショボいんじゃないの?
なんてプレイ前は甘く見ていたけれど、
ごめんなさい、甘く見てた俺が悪かったです(平謝
かなりおもしろかったです。
さすが、ファミコンミニで復刻されただけのことはありました。
良作を貸してくれたnagyu嬢に感謝。

犯人は前編半ばの時点で漠然とわかってしまったけれど、
後編の後半の「後継者ってお前かよっ!」ていうところから始まる
怒涛の展開にのめり込んでしまい、
最後まで一気にプレイしました。

とはいえ、後編は攻略記事がないとちょっと辛かったかも。
「聞く」の項目がかなり多くなるし、
フラグの立ち方も複雑になるし。
それより何より、
あんなところで「捜査止める」を選択するなんて、思わないだろ普通。


そいや、結局、宇木探偵事務所の所長って
話の話題には出てもビジュアルは一度も出てこなかったような。
どんな人だったんだ??

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック