[音楽] MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I LOVE U"

2006/07/10(月) 00:06:37 | カテゴリ:音楽
DVDの方です。
ツアーの感想はこっち参照

発売から1ヶ月半以上経っているので今さらな感じもしますが、
でも発売日には購入してたんです。
ただ、3時間というまとまった時間を確保できなくて今に至ってしまいました。

DVDに収録されているのは、ツアーラストの東京ドーム追加公演分。
全24曲+おまけ+Bonus Track。

以下、ツアー鑑賞ではわからなかった点とかいろいろあれこれ。

OPENING
オープニングムービー収録ですよ♪ これじっくり見たかったんだ♪
改めて見てもすごく綺麗で、特に自然美が最高。

LOVEはじめました?跳べ
ステージメンバーの笑顔率高し。
加えて桜井さんのテンション激高し。
すごく楽しそうで、TV画面見ながらつられてニヤニヤしてる自分。
はたと気付いて我に返って恥ずかしかったり。

この楽しそうなノリ+ハイテンションは最後の「Sign」まで続くんだけど、
最近のツアーDVDは、本当に曲を楽しんでるって感じが
ステージからひしひしと伝わってくるのがいい。

innocent world
みんなで1番を合唱するところは、会場の一体感が伝わってきていい感じ。
そんな中、妙に気になったのは、バックフェンスに書かれた「新潟米」。
なんか、画面に映り込む度に目が行ってしまったのは、出身県だからですかね。。。

くるみ
1番は必聴。やっぱこの曲、じんわりと胸をうつなぁ。

Monster
改めて聴いても、やっぱりかっこいい。
低音が強調されてるせいかな。

名もなき詩
アコギとドラムだけでこんなにも聴かせる曲になるのか、と感心。
構成はシンプルなのに、すごい迫力。
そもそも曲が持っている力と、ボーカルが為せる技なのかなぁ。

ラララ
バスドラが加わると、曲の雰囲気が太くなります。
元々繊細だった曲に、太い芯が一本通った感じ。
好みの問題だろうけど、俺はこっちも好きです。

Worlds end
ライブ音源に限らず、アルバム音源でもそうだけど、
この曲を聴くと、決まって胸がつまって泣きたくなります。
もはや条件反射なんじゃないかとも思うくらい。
なんで泣きたくなるのかは不明。理由があるなら俺が聞きたい。

Hallelujah?and I love you
「Hallelujah」の最後のコーラスと「and I love you」のサビを被せるところは感動。
「Hallelujah」+「花」のときと同じくらい感動できる。
「Worlds end」から「and I love you」までの3曲は、聴くときに正座してしまいそう。
それくらい感動。

潜水
この曲の最後のコーラス、Mr.Childrenのメンバー全員が歌っていたのか。
全然気付かなかった。
全員コーラスを知ってしまうと、この曲、また違った意味を持ちそう。

Sign
小林武史さんがすごくにこやか笑ってるΣ
いつもしかめっ面で近寄り難いイメージがあったから、これにはかなりびっくり。

Bonus Track:「未来」のムービー
ライブのときから思ってたけど、このムービーいいよね。
いろいろ突っ込みどころ満載なわりに、いろいろ考えさせられるところもあって。
通行止めの障害物を片っ端から跳ね飛ばすところがお気に入り。
途中で終わってしまうのはちょっと残念。
最後、世界樹(?)ができるところまでムービー欲しかったなぁ。

おまけ:メニュー画面
すごくのどか。その雰囲気がいい。この画面だけで30分過ごせそう。


まだ、Disc.1のBonus Trackを見ていないので、
来週の休日にでも時間を見つけて見ようかと。

-----

ものすごい勢いでどーでもいい余談。

ライブDVD見ててふと思ったけど、
Mr.Childrenのメンバー見てたら、
「TOA」のジェイドがあれで35歳ってのもアリな気がしてきた。
# 少なくとも、ライブ当時の桜井さんとは同い年。

・・・・・・だからどーしたって言われると、身も蓋もないんですが(汗

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック