[雑記] 山奥紀行

2006/08/11(金) 22:16:19 | カテゴリ:雑記
帰省恒例の山奥探索に行ってきました。
標高が高い(といっても700mとか800mぐらい)なので、ものすごく涼しかったです。
快晴の下にいても、全然汗出てこないくらい。

以下、写真掲載。
見る人が見れば、どこかわかるかもしれない。

行った先は2箇所。どっちも生まれ育った場所に近いところ。
なので、もう馴染みの場所です。


最初はブナ林。

20060811_buna01.jpg
ブナ林入り口付近を流れてる小川。すぐ上から湧き出している川の源流。不純物のない水なので、普通に飲めるらしい。
まぁ、ブナ林入り口に清水が沸いているので、わざわざここで飲む必要もないんだけど。


20060811_buna02.jpg
ブナ林。かなり奥まで続いてます。
オニヤンマが何匹かいました。久しぶりに見たけれど、やっぱりでかい。
あと、ブナ林出たところでカラスアゲハが数匹飛んでました。
どっちもカメラに収めたかったけど、じっとしてくれないので断念。。。

ぐるっと一周できる遊歩道(といっても獣道っぽい道)があります。まぁ、獣道で十分。ヘタに整備されても幻滅するだけなので。
遊歩道のどっかに炭焼窯跡があったり、清水が湧き出してたり、なんかいろいろあった気がする。
何十回と来てる場所だけど、ぐるっと一周したことなんて一回しかないかも。森林浴するにはいいところなんだけど。

あと、この林の中で、人の拳ぐらいのナメクジ見つけました。デカいというよりは、威厳がある。ヌシみたいなヤツ。写真取ってくればよかった。


二ヶ所目。ハンググライダー離陸場。

060811_hung01.jpg
離陸場から見た信濃平と千曲川。
携帯(ウィルコム)のカメラじゃよくわからないな。おまけにガスかかってるし。まぁ、正午頃だったから仕方ないか。
実際見るとすごいんです、ここ。180度のパノラマ風景を望めます。何度来ても飽きません。

平日ってこともあって、ハンググライダーは飛んでいませんでした。
けれど、この雄大な景色をゆっくり堪能できたから、かなり満足。


生まれてから18年間、身近な場所でこんな景色を望める環境で過ごしてきた。
その土地を離れて早○年。
離れてみて初めてわかったのは、ここで過ごせたことって幸せだったかもということ。

東京で生活していて、時々無性に森林浴が恋しくなるのは、
こういう風景を恋しく思うからなのかもしれない。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック