[音楽] ORBITAL MANEUVER phase three : phototaxis

2006/08/20(日) 20:20:35 | カテゴリ:音楽
コミケには行けなかったので、Amazonで予約です。
前作「anemotaxis」では10日ほど待たされたけれど、今回は1日遅れただけでした。
一ヶ月以上も前に予約した品が発売日に遅れるっていう時点でアレだけど、
前回ほどではなかったので、まぁ許す(ぇ


コンセプトCD「ORBITAL MANEUVER」シリーズ3部作の3作目。
ついに完結です。
今回のボーカルは片霧烈火さん。作曲は前作から引き続き大嶋啓之さん。
アニメ版ひぐらしED「why, or why not」コンビですな。


「geotaxis」が純粋にテクノ、「anemotaxis」がテクノ+New Ageとすると、
今作「phototaxis」はテクノ+バラードかな。
前2作に比べると、力強さを感じました。
特に表題曲の「phototaxis」は、力強いというよりも激しい。
そういう曲調になったのは、今作が明確に人をテーマにしてるからかな。
曲の力強さが、星を離れた人の寂寥感や望郷の念を醸し出している気がします。

VOIのブログによると、
「arcana blue」の間奏にgeoとanemoのメロディが使われているそうだけど、
俺の耳じゃわかりませんでした。。。orz


3部作完結というと、なんだか感慨深いものがあるなぁ。
この3作品の世界観を映像化(PVではなく物語性を持たせたもの)したら、
おもしろいものができそうだけど。
誰かやらないかな(ぉ

phototaxisを十分聴いたら、
geotaxis、anemotaxis、phototaxisと続けて聴いてみよ。

-----
自分用のメモも兼ねて。

「geotaxis」は走地性、「negative geotaxis」は負の走地性。
「anemotaxis」は走風性。
「phototaxis」は走光性、「positive phototaxis」は向光性。
だそうです。英辞郎 on the Web様がそう言ってます。
「relative anemotaxis」は載ってなかったけど、
「relative」が相対性だから、「relative anemotaxis」はそんな感じ(何

「ORBITAL MANEUVER」は軌道操縦・軌道制御ていう意味だそうだけど、
「MANEUVER」ってどう読むんでせうか? まにゅーばー?

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック