[ゲームEV] 東京ゲームショウ 2006

とりあえず。
CESAは入場をもうちょっと考えるべきかと。
さしあたって当日券販売所。
会場の当日券販売所はもっと駅寄りに設けないと。

 最後尾を横目に見つつ、入場口近くの当日券販売所へ
 →最後尾を探しつつ戻る
 →2倍長く伸びてるよっΣ
 →(号泣)

というパターンは改善すべき。
あと、海浜幕張駅改札出てすぐの当日券販売所は
混雑の原因の1つだと思うのです。

同様の理由でMicrosoft。
超絶に混雑してる駅構内で紙バッグ配布はやめてくれ。
これも混雑のもとです。
せめて混雑してる間だけは、駅構内ではなく外で配布してくれ。


ふぅ、ちょっとすっきりした。


というわけで、行ってきましたTGS。
入場してからの滞在時間は2時間。
ざっくり映像見てきただけだけど、去年よりはおもしろかったかな。

◆カプコンブース
逆転裁判のTGS特別法廷の映像を流してました。
後半半分しか見られなかったけど、
この特別法廷のメインキャラは成歩堂たちなので、ちょっと安心した。
ギャグセンスは相変わらず。
あとは、ドリマガに期待。

4の映像も流れたけれど、ストーリーが結構おもしろそう。
別に牙琉霧人がいいと思ったわけでは決してない。

◆SCEブース
「The Eye of Judgement」にかなり衝撃を受けた。
あれはおもしろそう。
カードバトル用のスペースが絶対必須なので、
1人暮らしの狭い部屋ではスペース作りに苦心しそうだけど、
TCGが好きならハマるかもしれない。
音声認識か音声通話もあると、なお良いかもしれない。

PS3は映像がかなり綺麗でした。
だけど、劇的に違いがわかるわけでもないので、
正直PS2でもはや十分な気もする。

◆バイダイナムコブース
IDOL M@STERのイベント待ちだろうか、ものすごい人だかりができてました。

TOWレディアントマイソロジーは、完全にテイルズファンを対象にしている感じ。
映像しか見てないけれど、
作品を超えてキャラ同士が協力し合うところを前面に出してました。
混雑してなければ、もうちょっとじっくり見たかったかも。

◆スクウェア・エニックスブース
映像出展だけ見てきたけど、いくつも抱え過ぎだと思いますスクエニ様。

・アドバンス版FF6
キャッチコピーの「近づく予感」にニヤリとさせられました。わかる人にはわかるハズ。
BGMに使われたティナのテーマを聴いただけで、やりたい衝動にかられました。
やっぱりあれは名曲かと。

・FF13
映像美は素晴らしかったです。
FF7ACよりは滑らか、映画版FFよりはやや無機的といった感じ。
ムービーオンリーだったので、
ゲームとしての中身がどんなもんなのかは結局わからず。

・すばらしきこのせかい
曲に惚れました。ちょっとサイケっぽさもあるポップな曲。誰だ、コンポザ?
ゲーム自体もおもしろそうです。今後チェックしとこう。

・聖剣伝説4
3DのアクションRPGのせいか、どことなくKHっぽさを感じました。
マイコニドやラビがつるんとしているのが気になった。
もうちょっとザラザラした質感の方がいいなぁ。

・聖剣伝説 HEROS of MANA
ペダンが舞台というから、3の流れを汲むのかね。
ストラテジーはあまり体験がないので、ちょっと不安も感じるけど、
ストーリーは俺好みの痛い話っぽい。

◆ファミ通ブース
みずしな孝之さんを生で見られただけで満足。お腹一杯。

◆物販ブース
逆転裁判のオケアレンジCDが欲しくて見てみたけど、
2時間待ちの前にあえなく敗北。。。orz

もういいよ。11月に一般販売されたら買うよ。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック