[音楽] ひぐらしのなく頃にイメージアルバム「かけらむすび」

2006/09/30(土) 00:14:14 | カテゴリ:音楽
「ひぐらしのなく頃に」のゲームは未プレイだし、
アニメは未視聴だし、
マンガも未読だし、
いまだに本編には一切手を触れていない罰当たりな俺ですが、
イメージアルバムはしっかり購入。
えぇもう大嶋信者ですともっ(ぁ

まぁ、きっといつか、オヤシロ様の祟りが降りかかるに違いな(ry


ネット上で活動している音系アーティストが一同に会した感のあるこのアルバム。
己の才能だけをを武器に活動してきた実力派が揃っているだけあって、
垂れ流してるといろいろ呪われそうです(特に後半)
# ↑ゲームがゲームなので、きっと褒め言葉。


以下、気に入った曲ごとに雑感。

緑の色のやさしい風
月の夜のつめたい風
なんというか、ものすごく天門さんっぽい。
天門さんっぽいというか、「雲の向こう、約束の場所」っぽい。
雰囲気が激似な気が。
まぁ、「雲の向こう」の楽曲好きなんで、俺的にはOKです。

when they cry
Rockだ。すごい勢いでRockだ。どーしたんですか大嶋さん。
昔Diverseで活動されてたし、1stの「Vanity Fair」がTechno系アルバムだったから
TechnoとかTranceとかならわかるけど、
Dist.G(多分)を多用したRockってのは、実はこれまでないのでは?
でも、かっこいいです。サビの変わりっぷりというか落ちっぷりが。

一つだけ、終わり方がちょっと気になりました。
最後のひぐらしの後の一音(一拍?)、いらなくないですか?

蝕み
このアルバムの中で一番呪われそうな曲。サイケなインスト。
最後の「ごめんなさい」が効果的です。一瞬ビビりました。

いろんなGMCD聴いてていつも思うけれど、
ベースとなるイメージがありつつ、かつ自分のセンスに逆らわず、
それでいてサイケデリックなインスト曲が書けるっていうのは、
実はすごいんじゃなかろうか?

hymn
聴き始め、「こんなジメっとした暗い曲がonokenさんの?」と驚いたけれど、
よくよく聴いてみたら、リズムはいかにもonokenさんっぽかったです。
今までの曲の雰囲気もあるんだけど、今までにはなかった曲というか。
なんて言うか、その辺の諸々も全部含めて、不思議な感じでした。

you -Visionen im Spiegel
このアルバムで一番のヒットでした。これは良い。すごく良い。
サビの部分の壮大な感じが、完全に好みです。Strings万歳。
ボーカルの癒月さんの声も、やわらかくて耳に心地いいし。
なんかもう、全部ツボです。
いっそ、「when they cry」と両A面でシングルカットとかどうですk(ry

ところで、これ、原曲はゲーム「ひぐらし」挿入曲ですか? よく知らないんですが。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック